マエダ (スーパーマーケット)

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
Jump to navigation Jump to search
株式会社マエダ[1]
Maeda Co., Ltd
Maeda logo.svg
Galamall main entrance.jpg
ガーラモール店
種類 株式会社
市場情報 非上場
略称 マエダ
マエダストア
本社所在地 日本の旗 日本
035-0071[1]
青森県むつ市小川町2-4-8[1]
設立 1977年昭和52年)5月8日
(株式会社マエダ百貨店)[1]
業種 小売業
法人番号 8420001012481
事業内容 スーパーマーケット経営[1]
代表者 代表取締役社長:前田惠三[広報 1]
資本金 7,000万円(2018年8月現在)[広報 1]
売上高 294億4400万円 (2018年3月実績)[広報 1]
純資産 61億5100万円 (2018年3月実績)[広報 1]
総資産 109億8300万円 (2018年3月実績)[広報 1]
従業員数 1,232名(2018年8月現在)[広報 1]
主要株主 (株)マークスホールディングス 100%
主要子会社 前田商事株式会社
株式会社むつ食品販売
外部リンク http://www.i-maeda.co.jp/
テンプレートを表示

株式会社マエダは、青森県むつ市に本社を置く、青森県に出店しているスーパーマーケットチェーンの運営企業である[1]

同じ青森県に本部を置く八戸市ユニバースと共にCGCグループに加盟し、青森県の主要スーパーマーケットとして県内各地に店舗を展開している。企業規模は県内第3位。

沿革[編集]

  • 1951年(昭和26年)4月 - 青森県川内町で「前田雑穀店」として創業[広報 1]
  • 1958年(昭和33年)4月 - 合資会社の前田商店を設立[広報 1]
  • 1969年(昭和44年)7月 - 株式会社に改組[広報 1]
  • 1977年(昭和52年)5月8日 - 株式会社マエダ百貨店を設立し、株式会社化[1]
  • 1985年(昭和60年)4月 - CGCジャパンに加盟する[広報 1]
  • 1997年(平成9年)10月 - マエダポイントカードを導入[広報 1]
  • 1999年(平成11年)10月 - 株式会社マエダへ社名変更し、スーパーマーケットへ業態を変更[1]
  • 2005年(平成17年)6月 - チルド・グロサリーセンターの稼動を開始[1]
  • 2014年(平成26年)
  • 2015年(平成27年)3月20日 - 五所川原市に五所川原北店を開店。
  • 2016年(平成28年)2月 - 青森市問屋町にマエダミートプロセスセンターを設立[広報 1]
  • 2017年(平成29年)12月 - 青森市問屋町にマエダ水産プロセスセンターを設立[広報 1]
  • 2018年(平成30年)
    • 3月 - 「マエダコジカカード電子マネー機能付」により電子マネーCoGCaを導入[広報 1]
    • 8月20日 - 同年9月29日付けで八戸市に展開している株式会社みなとや(スーパーみなとや)の全株を取得し、子会社になったあと、みなとや9店舗を順次マエダに切り替えることを発表。従業員はマエダ移行後もそのまま雇用。これより青森県内店舗数は41店舗でユニバースを抜き最大店舗になるとともに八戸市に初出店する。[3]

店舗[編集]

各店舗の詳細は公式サイト「株式会社マエダ 店舗案内」を参照。

脚注[編集]

[ヘルプ]

出典[編集]

  1. ^ a b c d e f g h i 流通会社年鑑 2003年版, 日本経済新聞社, (2002-12-20), pp. 357-358 
  2. ^ “東北4県のスーパー4社が経営統合 マエダ、マイヤなど”. 日本経済新聞. http://www.nikkei.com/article/DGXLASDZ01070_R00C14A8TI0000/ 2014年8月5日閲覧。 
  3. ^ “マエダ、みなとやの全株取得”. 東奥日報. (2018年8月20日). https://www.toonippo.co.jp/articles/-/72522 2018年8月20日閲覧。 

広報資料・プレスリリースなど一次資料[編集]

  1. ^ a b c d e f g h i j k l m n o 株式会社マエダ 会社案内”. 株式会社マエダ. 2018年8月23日閲覧。

関連項目[編集]

外部リンク[編集]