オギノ

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動
株式会社オギノ[1]
Ogino stores Inc.
OGINO-Kugawa.JPG
オギノ本部(奥の衣料館の2階)
種類 株式会社
市場情報 非上場
本社所在地

日本の旗 日本
400-0047
山梨県甲府市丸の内1-16-4[1]

山梨県甲府市徳行1-2-18

北緯35度39分18.3秒東経138度32分42.5秒座標: 北緯35度39分18.3秒 東経138度32分42.5秒
設立 1953年昭和28年)9月5日[1]
業種 小売業
法人番号 2090001000360 ウィキデータを編集
事業内容 総合小売業
代表者 代表取締役社長 荻野寛二
資本金 1億1840万円
売上高 745億円(2017年2月)
純利益 2億5805万8000円(2019年02月28日時点)[2]
総資産 214億8563万9000円(2019年02月28日時点)[2]
従業員数 2,104名(8時間換算ベース)
外部リンク http://www.ogino.co.jp/
テンプレートを表示

オギノは、山梨県を中心に店舗展開する、主に食品住居関連品衣料品を取り扱うスーパーマーケット甲府市徳行にあるオギノ貢川店2階部分を本部とする。

概要[編集]

1841年(天保12年)に荻野市左衛門が「竹の屋」として開業したのがはじまり。その後「荻野商店」と名前を変えて営業するものの、甲府空襲の影響などにより戦後は岡島百貨店の近くにバラック小屋を建てて営業していた。1953年(昭和28年)には株式会社化により社名を現在の「株式会社オギノ」に変更している。 

転機が訪れたのは1958年(昭和33年)、当時近隣にあった映画館「オリオンパレス」が閉館されることになった際、当時の社長の方針により跡地に移転。当初は小規模の服地専門店であったが、駅前の一等地であったことから商売は繁盛。木造2階建のスーパーマーケット、さらには7階建ての商業ビルに変貌していった。また1969年(昭和44年)にはチェーン運営を取り入れ、さらに1987年(昭和62年)には総合スーパー(GMS)運営にも進出し規模を拡大。1991年(平成3年)には本社を貢川地区へ移転。(旧本部は改装され、ファッションビル「パセオ」として2007年まで営業を続けている)1993年(平成5年)には生鮮食品を一括加工する「生鮮センター」を開設した。

2013年(平成25年)現在山梨県のほかに長野県静岡県に出店している。店舗のほとんどが新規開業であるが、近年では湯村ショッピングセンターや茅野ショッピングセンターなど居抜き出店をするケースが増えている。また主力である食品スーパー業態以外に、衣料スーパー単体で出店するケースが増えており、その場合は主にショッピングセンターのテナントとして入居している。

特徴[編集]

データに基づいた販売[編集]

スーパーでは系列各店の品揃えを同一にせず、店舗周辺の顧客にあわせて変えることは目新しいことではないが、オギノでは顧客を独自の多数のカテゴリーに分類し、どのカテゴリーの顧客が多いかを元に店舗の品揃えに特色を出し、売上げを伸ばしている[3]。顧客のデータ収集には、「オギノグリーンスタンプカード」を使用している。また、高い能力を持つ物流センターを活用することにより、店舗ごとに違う商品の陳列に対応した物流を行い、陳列の手間を省いている[3]。こうしたデータに基づいた店舗作りを考えるようになったきっかけは、1996年にダイエーが地元に出店することが決まったことだという(その後、ダイエーは1997年11月にオギノ貢川店の向かいに開店したが、1999年8月に不採算店として閉店した)[3]

また、FSPFrequent Shoppers Program カードによって顧客のデータを得る。データによって顧客を選別し、顧客ごとに適したサービスを提供する)を活用し、レシートで顧客一人一人にあわせた商品をポイントクーポン対象として勧めている(クーポン利用率は40%超)[3]

オギノグリーンスタンプカード[編集]

1996年平成8年)に導入され、カード会員数約43万人、平均カード利用率は90%を超える[3](参考:山梨県の人口は、2008年9月時点で約87万人[4])。カード発行時には店舗周辺の家庭を一軒一軒回り、1年で約20万人と多くの会員を獲得した[3]。また、提携店(オギノのテナントやガソリンスタンド)が多い。

店舗[編集]

チラシ・店舗情報を参照。

公式では「ショッピングセンター(SC)」「大型店」「中型店」「小型店(キャロット)」「衣料専門店(ファミリーファッション)」の5つに分類されている。

営業中店舗[編集]

ショッピングセンター[編集]

オギノを核に複数店舗が入居している。

甲府リバーサイドタウン内にある店舗。初めての総合スーパー形態の店舗であり、1987年昭和62年)11月に開業した。当初はオギノリバーサイドモールとして開業したが、1998年(平成10年)に「アピタ田富店」(2018年平成30年)9月9日閉店)が隣接する形で進出したため全面改装を行ない、同年11月に現店名に改称のうえリニューアルオープンした。
1階の吹き抜けフロアにあるイベント広場で毎週日曜日に山梨放送のラジオ番組「オギノリバーサイドサンデー」も公開収録がおこなわれていた(現在は放送を終了している)。
  • イーストモールショッピングセンター (山梨県甲府市朝気3-1-12)
1989年平成元年)3月にオープンした。
1998年(平成10年)にオープン。 山梨県外では唯一のショッピングセンター形態である。
  • 韮崎駅前店(山梨県韮崎市若宮2-2-23)
2009年(平成21年)4月29日にオープン。ライフガーデンにらさき敷地内に核店舗として出店している。形態としては大型店に近い。

大型店[編集]

食料品日用品以外に衣料品、寝具などの住居関連品を扱っている。

中型店[編集]

食料品と日用品のみを取り扱っている店舗。

  • 山梨県
    • 田富店(中央市)
    • 春日居店(笛吹市)
    • 朝日店(甲府市朝日4-5-11[1]
    • 城東店(甲府市)
    • 富士吉田店(富士吉田市
    • 河口湖店(南都留郡富士河口湖町
    • 下石田店(甲府市)
    • 上今井店(甲府市)
    • 竜王駅前店(甲斐市)
    • 塩山店(甲州市
    • 八田店(南アルプス市)
  • 長野県
  • 静岡県

小型店[編集]

オギノキャロット」として主に生鮮食料品生活雑貨を取り扱っている、50~200坪の小型店舗。

  • 山梨県
    • キャロット山宮店(甲府市)
    • キャロット南部店(南巨摩郡南部町)-旧ひうが南部店
    • キャロット中富店(南巨摩郡身延町)-旧ひうが中富店

衣料専門店[編集]

ファミリーファッション」として衣料品のみ販売する。山梨県外で施設内または近隣に食料品店がある場合にこの形態で出店する。

かつて存在した主な店舗[編集]

ショッピングセンター[編集]

かつて本店があった場所で、1991年にファッションビルとしてリニューアル。建物老朽化や再開発事業を理由に2007年7月25日閉店。跡地は再開発複合ビル「ココリ」が建てられた。
  • 昭和ショッピングモールJOY(中巨摩郡昭和町)
1993年11月に開店。建物は甲府市の不動産業者「ダイタ」が保有していた。賃料交渉の都合などにより2013年10月27日閉店。建物は解体され、跡地はバロー甲府昭和店が営業している。
  • オギノ湯村ショッピングセンター(甲府市)
山交百貨店保有の建物内に2003年開店、老朽化のため2018年8月26日閉店。その後甲府市の不動産会社が購入し、建物は解体され、ショッピングモールになる予定。

大型・中型店[編集]

  • かすがもーる店(甲府市)
甲府中央商店街にある甲府銀座ビル内に2003年(平成15年)開店したが、売上低迷のため2009年2月14日閉店。建物は2014年に解体され、跡地はマンションを主体とした再開発複合施設「デュオヒルズ甲府」が建てられた。
  • 韮崎ルネス店(韮崎市若宮1-2-50)
韮崎駅前の複合商業施設「ルネス」内に2004年9月開店、売上低迷のため2007年8月26日閉店。「ルネス」も2009年3月に閉店となり、建物は韮崎市が買取・改修のうえ韮崎市民交流センター「ニコリ」となっている。
  • 増穂店(南巨摩郡富士川町)2014年3月17日閉店
  • 後屋店(甲府市)2015年2月15日閉店
  • 敷島店(甲斐市)2015年11月5日閉店。なお、後継店舗として竜王駅前店が営業している。
  • 上田秋和店(上田市)2017年6月30日閉店
  • 石和井戸店(笛吹市)2018年12月2日閉店
  • 信州池田店(北安曇郡池田町)2019年5月26日閉店

小型店[編集]

  • キャロット山城店(甲府市)2013年2月17日閉店
  • キャロット中村店(甲府市)2015年11月15日閉店
  • キャロット六科店(南アルプス市)2017年9月30日閉店

衣料専門店[編集]

  • こどもの国店(横浜市青葉区)‐2011年閉店。これにより神奈川県から一時撤退していたが、大雄山店開店により再進出している。

POSシステム[編集]

脚注[編集]

[ヘルプ]
  1. ^ a b c d e f g h i 流通会社年鑑 1978年版, 日本経済新聞社, (1977-10-25), pp. 264 
  2. ^ a b 株式会社オギノ 第66期決算公告
  3. ^ a b c d e f 篠原匡「イオンやダイエーを蹴散らす地場スーパー 消費不況に負けない和製テスコ、オギノの強さ」『日経ビジネスオンライン』日経BP社、2008年9月16日付配信
  4. ^ 山梨県発表の統計による

外部リンク[編集]