淀川製鋼所

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索
株式会社 淀川製鋼所
Yodogawa Steel Works, Ltd.
Yodoko building.jpg
本社
種類 株式会社
市場情報
東証1部 5451
1949年5月16日上場
大証1部(廃止) 5451
1949年5月14日 - 2013年7月15日
本社所在地 日本の旗 日本
541-0054
大阪府大阪市中央区南本町四丁目1番1号
設立 1935年昭和10年)1月30日
業種 鉄鋼
法人番号 4120001077591
事業内容 鉄鋼製品の製造、加工、販売
代表者 河本 隆明(代表取締役社長
資本金 232.2億円(2016年3月末現在)
発行済株式総数 1億8,418万6,153株
売上高 連結:1,527億77百万円
単独:997億28百万円
2012年3月期)
純資産 連結:1,397億16百万円
単独:1,209億73百万円
(2012年3月31日現在)
総資産 連結:1,779億56百万円
単独:1,527億13百万円
(2012年3月31日現在)
従業員数 連結:2,452人
単独:1,157人
(2016年3月末現在)
決算期 3月31日
主要株主 日本トラスティ・サービス信託銀行株式会社(信託口) 4.51%
みずほ信託銀行株式会社 2.96%
株式会社りそな銀行 2.90%
(2012年3月31日現在)
主要子会社 高田鋼材工業株式会社 100%
白洋産業株式会社 87.0%
外部リンク http://www.yodoko.co.jp/
テンプレートを表示

株式会社淀川製鋼所(よどがわせいこうしょ、英称:Yodogawa Steel Works, Ltd.)は、大阪府大阪市中央区南本町に本社を置く日本鉄鋼メーカーである。1935年(昭和10年)創業ならびに設立。「淀川製鋼」や「ヨドコウ」とも称する。東証第1部に上場

概要[編集]

1935年(昭和10年)に創業した鉄鋼メーカーである。創業当初、溶融亜鉛めっき鋼板のメーカーとして発足し、現在は「鋼板」「建材」「エクステリア」「ロール」「グレーチング」を製造する。

家庭用・業務用の物置(ヨド物置シリーズ)やカラー鋼板の製造を主幹としている。台湾にも製造拠点(盛餘:センユースチール)を置く。カラー鋼板については業界1位であり、ヨド物置等に使われている。また関西国際空港京セラドーム大阪さいたまスーパーアリーナなどの屋根工事も手がけている。

なお、2004年(平成16年)には家庭用の台所商材(レンジ台など)についての生産を中止した[要出典]

大輪会[1]芙蓉懇談会の会員企業である。

沿革[編集]

  • 1935年(昭和10年) - 会社設立。
  • 1949年(昭和24年)4月30日 - 株式公開。
  • 1987年(昭和62年) - 台湾の盛餘(センユースチール)に資本参加。
  • 1994年(平成6年) - Conzinc Riotinto of Australia Ltd.所有の盛餘(センユースチール)株式を全数取得。
  • 1995年(平成7年) - マレーシアにPCM Steel Processing SDN. BHD.を設立。台湾に台湾淀川(現、淀鋼國際)を設立。
  • 1999年(平成11年) - タイにPCM Steel Processing(Thailand)Ltd.を設立。
  • 2003年(平成15年) - 中国に淀鋼建材(杭州)を設立。
  • 2013年(平成25年) - 太陽光発電システムによる売電事業開始。

[2]

スポンサー活動[編集]

現在
過去
下記のとおり在阪テレビ局制作・全国ネットテレビ番組を提供していた事が多い。

関連会社[編集]

  • ヨドコウ興発株式会社
  • 京葉鉄鋼埠頭株式会社
  • 高田鋼材工業株式会社
  • 淀鋼商事株式会社
  • ヨドコウ興産株式会社
  • 株式会社淀川芙蓉
  • 株式会社佐渡島
  • 東栄ルーフ工業株式会社
  • フジデン株式会社
  • センユースチール株式会社(台湾
  • 淀鋼國際股份有限公司(台湾)
  • 淀川盛餘(合肥)高科技鋼板有限公司(中国
  • 淀鋼建材(杭州)有限公司(中国)
  • PCM Steel Processing SDN. BHD. (マレーシア
  • PCM PROCESSING(THAILAND) Ltd. (タイ
  • YODOKO(THAILAND)CO.,LTD. (タイ)

不祥事[編集]

ヨド物置閉じ込め事故[編集]

2004年(平成16年)8月から2006年(平成18年)8月の間に、ヨド物置に子供や高齢者が閉じ込められる事故が7件発生したことが2007年(平成19年)2月に発表された[3][4]。いずれの事故も人の死傷には至らなかった。事故の起こった製品は2002年(平成14年)7月から2005年(平成17年)5月までに販売したもので、扉を閉めると自動的にロックがかかる仮ロック機能を備えていたが、内側からロックを解除する方法がわかりにくいことが原因であった。これを受け、対象製品について、無料での仮ロック機能排除を実施している[5]

その他[編集]

企業のキャッチフレーズは、「スチール!&アイデア!」であり、2001年平成13年)より広告キャラクターバカボンのパパ・バカボン・ハジメ・ママ)に赤塚不二夫原作の漫画アニメ天才バカボン』を起用している(アニメーション制作はぴえろが担当)。

CMに起用された有名人・キャラクター[編集]

脚注[編集]

[ヘルプ]

関連項目[編集]

外部リンク[編集]