小縣裕介

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索
おがた ゆうすけ
小縣 裕介
プロフィール
愛称 ガッチ
出身地 日本の旗 兵庫県神戸市
生年月日 (1971-09-29) 1971年9月29日(45歳)
最終学歴 関西学院大学経済学部
勤務局 朝日放送
職歴 ゼネラルアナウンサー(2017.2 - )
活動期間 1994年-
ジャンル ニュースキャスター
スポーツ中継
ラジオパーソナリティ
配偶者 武田和歌子(ABCアナウンサー)
公式サイト 小縣裕介のアナウンサープロフィール
出演番組・活動
現在 スポーツ実況(主に野球・サッカー・ゴルフ)
過去 NEWSゆう+
ABCミュージックパラダイス
おっちゃんラジオ(火曜パーソナリティ)

小縣 裕介(おがた ゆうすけ、1971年9月29日 - )は、朝日放送(ABC)のゼネラルアナウンサー

来歴[編集]

兵庫県神戸市の出身で、兵庫県立兵庫高等学校関西学院大学経済学部を卒業。落語家桂吉弥は、母方の遠縁の親戚に当たるという[1]

大学卒業後の1994年に、アナウンサーとして朝日放送へ入社。入社試験では、当初不合格にされそうになった。しかし、当時試験官を務めた道上洋三安部憲幸が、面接時でのフリートークの面白さなどを評価。彼らの強い推薦もあって、清水次郎と共にアナウンサーとして採用された。

朝日放送への入社後は、清水と共にスポーツ中継の実況を担当してきた。スポーツ中継では、主に野球・サッカー・ゴルフを担当。その一方で、音楽番組やスポーツ情報番組を中心に、ラジオパーソナリティを長年務めてきた。ラジオの深夜番組『ABCミュージックパラダイス』では1995年1月から13年余りにわたってパーソナリティを担当。同番組でのリスナー投票をきっかけに、ニックネームの「ガッチ」が放送で定着した。また『F.C.オフサイドトーク』(サッカー情報番組)、『ガッチ The Music』(音楽番組)などのパーソナリティも歴任。日曜日午後のワイド番組『SUPER SUNDAY ガッチとジロー』では、「ジロー」こと清水とのコンビで生放送を進行していた。同番組の終了後も、野球中継やスポーツ関連番組で、スポーツアナウンサーとして清水とたびたび共演している。

趣味はサッカー。審判の免許を持つほか、休日には地元の草サッカーチームでプレーしている。かつては、ABCラジオの『おはようパーソナリティ道上洋三です』でサッカーの話題を扱う際に、「朝日放送で最もサッカーに詳しい"ガッチ"」として電話で出演することがあった。

サッカーの取材歴も豊富で、1997年にはABCラジオのリポーターとして、「ジョホールバルの歓喜」と呼ばれた1998 FIFAワールドカップのアジア第3代表決定戦(日本イラン戦)を取材。FIFAワールドカップでも、フランス1998年)・ドイツ2006年)の両大会に朝日放送から取材リポーターとして派遣された。日韓共催となった2002 FIFAワールドカップでも、自費で取材に奔走している[2]

私生活では、2003年10月に同僚アナウンサーの武田和歌子と結婚。結婚後も、『武田和歌子のぴたっと。』シリーズ(ABCラジオ)などの番組で、武田と共演することがある。また、カレーが大好物で、スキューバダイビングのライセンス、書道2段、英検2級の資格を保有。武田と結婚してからは、夫婦での登山も趣味に加わった[3]

2009年9月14日から2011年9月30日までは、ABCテレビ夕方のニュース番組『NEWSゆう+』に、2代目のメインキャスターとして出演していた。同番組のキャスター就任を機に、野球中継の実況からいったん離れたものの、スポーツアナウンサーとしての活動は継続。2009年12月28日までは、毎週月曜日の同番組本番終了後に、生放送の『F.C.オフサイドトーク』にも出演していた。2010年にも、2010 FIFAワールドカップ期間中に『F.C.オフサイドトーク』の特別番組でパーソナリティ、『マイナビABC チャンピオンシップゴルフトーナメント』のテレビ中継(土・日曜日放送分)で実況をそれぞれ担当。同年9月から2011年3月までの『NEWSゆう+』では、同番組を放送しない週末に自らスポーツ選手へ取材した模様を、月曜日のコーナー「月曜ガッチスポーツ」で自ら報告していた。

その一方で、2011年度のナイターオフ期間には、ABCラジオで『おっちゃんラジオ』火曜日「小縣裕介のガッチ・ザ・グレイト」のパーソナリティを担当。2012年からは、清水と共にデスク業務へ就くかたわら、スポーツアナウンサーとしての活動を本格的に再開している。2015年1月9日には、椎間板ヘルニアで療養中の武田に代わって、『武田和歌子のぴたっと。』の全編でパーソナリティを務めた[4]

2015年の第14回ANNアナウンサー賞で、2015年の夏の甲子園早稲田実業清宮幸太郎の甲子園初ホームランの実況が評価され、特別賞を受賞した[5]

2017年2月1日付で、朝日放送のゼネラルアナウンサーに昇格。これを機に、スポーツ担当のゼネラルアナウンサーのうち、同年の誕生日で定年(60歳)に達する楠淳生が嘱託アナウンサーに移行した。

出演番組[編集]

テレビ[編集]

  • ABC NEWS(不定期、スポーツアナウンサー時代にはプロ野球シーズン中でも担当)
  • 野球中継
  • ゴルフ
  • 『スーパーベースボール』と同じく、2009年9月上旬でいったん降板。2012年度から復帰。

ラジオ[編集]

  • ABCフレッシュアップベースボール実況・ベンチリポーター・ヒーローインタビュアー
    • 『スーパーベースボール』と同じく、2009年9月上旬でいったん降板。2012年度から復帰。
  • 全国高校野球選手権大会中継(実況および選手・監督インタビューを担当、前述)
  • 武田和歌子の野球にぴたっと。(2010年からの『ABCフレッシュアップベースボール』前座番組、実況・ベンチリポーター担当日を中心に出演)
  • 武田和歌子のぴたっと。
    • ナイターオフ期間に放送の『スポーツにぴたっと。』(2010 - 2012年度)→ 第2部(2013 - 2015年度以降)を中心に、スポーツアナウンサーとして不定期で妻の武田と共演。
  • 堀江政生のほり×ナビ(2016年度以降のナイターオフ番組)
    • 『武田和歌子のぴたっと。』第2部時代の企画を引き継いだ第1部(18時台)に不定期で出演
  • ガチ虎!(2016年度以降のナイターイン番組 )
  • ABCニュース(不定期)
    • 『NEWSゆう+』の終了直後には、土曜日の午前中に「ニュースデスク」の肩書で出演していた。ニュースデスク制度の廃止後は、他のスポーツアナウンサーと比べて担当機会が非常に少ない。

主な実況実績[編集]

以前の出演番組[編集]

テレビ[編集]

ラジオ[編集]

  • F.C.オフサイドトーク(番組開始 - 2009年12月28日)司会・進行を担当
  • サッカー関連番組(実況中継など)のスタジオ担当
  • ABCミュージックパラダイス(1995年1月12日 - 2008年3月24日)パーソナリティ
  • ガッチ The Music 土曜朝のカウントダウン - メインパーソナリティ
  • SUPER SUNDAY ガッチとジロー(1999年4月 - 2001年3月)パーソナリティ
  • 突撃!ガッチ DA J
  • HOP CLUBの放課後ダイヤリー(2001年4月6日 - 2004年9月25日)
  • 近鉄バファローズアワー
  • 元気イチバン!!ぶっちぎりプレイボール(2008年度)リポーター、火曜日担当
  • チャレンジャースピリッツ スポーツ応援プロジェクト(2004年度のナイターオフ番組、日曜18:00 - 19:00)
  • MY LUCK MY WAY(2005年度のナイターシーズン番組、月1回程度不定期で放送)
  • ABCラジオ創立60周年記念『みんなでGO!GO!60周年』(2010年11月13日)
  • おっちゃんラジオ火曜日「小縣裕介のガッチ・ザ・グレイト」(2011年度のナイターオフ番組)
  • 民放ラジオ統一キャンペーン 地震への備え(2011年11月7日 - 11日、17:25 - 17:30)
    • 妻の武田がパーソナリティを務めるナイターオフ番組『スポーツにぴたっと。』の放送枠の一部を期間限定で分割。同番組の直前に放送した。
  • オフでもトコトン虎バン主義パーソナリティ(2012年度のナイターオフ番組、『日曜スペシャル』枠で不定期放送)
  • 小縣裕介のちょびっと(2016年1月25日 - 27日)
    • 2日目放送直前の『武田和歌子のぴたっと。』第1部エンディングでは、リスナーから1日目の感想が寄せられ、武田や井之上チャルはその話題で盛り上がっていた。

脚注[編集]

[ヘルプ]
  1. ^ 2014年10月10日にABCラジオで放送された『キチキチきちっと20年、桂吉弥です!』で、吉弥や武田が言及。
  2. ^ 2009年12月28日放送の『F.C.オフサイドトーク』より
  3. ^ 2009年10月17日にABCラジオで放送された『ようこそ!伊藤史隆です』での伊藤史隆の証言より
  4. ^ 和歌子の夫、ガッチです!!(『武田和歌子のぴたっと。』公式サイト内2015年1月19日付「ぴたっと。日記」)
  5. ^ 第14回アナウンサー賞の受賞者が決まりました!”. 2017年4月9日閲覧。

外部リンク[編集]