東芝テック

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動
東芝テック株式会社
TOSHIBA TEC CORPORATION
ロゴ
種類 株式会社
市場情報
東証1部 6588
1962年11月17日上場
略称 テック
本社所在地 日本の旗 日本
141-8664
東京都品川区大崎一丁目11番1号
ゲートシティ大崎ウエストタワー9-10階
北緯35度37分9.83秒 東経139度43分50.91秒 / 北緯35.6193972度 東経139.7308083度 / 35.6193972; 139.7308083座標: 北緯35度37分9.83秒 東経139度43分50.91秒 / 北緯35.6193972度 東経139.7308083度 / 35.6193972; 139.7308083
設立 1950年昭和25年)2月7日
(東京電気器具株式会社)
業種 電気機器
法人番号 8010701016022 ウィキデータを編集
事業内容
  • リテールソリューション事業
  • プリンティングソリューション事業
  • オートIDソリューション事業
  • インクジェットソリューション事業
  • データソリューション事業
  • 海外事業
代表者 錦織弘信(取締役社長)
資本金 399億70百万円
発行済株式総数 5,762万9,140株
売上高 連結:4,768億24百万円
単独:2,493億94百万円
営業利益 連結:179億89百万円
単独:53億58百万円
純利益 連結:112億11百万円
単独:88億75百万円
純資産 連結:1,007億58百万円
単独:778億98百万円
総資産 連結:2,750億55百万円
単独:2,046億71百万円
従業員数 連結:19,980名 単独:3,660名
決算期 3月31日
主要株主 (株)東芝 52.45%
主要子会社 東芝テックソリューションサービス(株)
テックインフォメーションシステムズ(株)
(株)テーイーアール
外部リンク https://www.toshibatec.co.jp/
特記事項:各種経営指標は2019年3月期のもの
テンプレートを表示

東芝テック株式会社(とうしばテック、TOSHIBA TEC CORPORATION)は、東京都品川区に本社を置く電気通信機器メーカーで、東芝グループで唯一の東証一部上場企業である。東芝グループで社会インフラ事業領域(リテール&プリンティングソリューション)の一角を担っている。

概要[編集]

東芝グループの社会インフラセグメントの子会社であり、リテール&プリンティング事業領域を担っている。東芝グループの略称は(テック)を使用。東芝グループでは(テック)以外にも東芝プラントシステム(TPSC)、ニューフレアテクノロジー(NFT)、西芝電機(西芝)の上場企業があったが、2019年の親子上場解消により現在では唯一の上場企業となっている。東芝の車谷暢昭社長兼最高経営責任者(CEO)は2020年4月に、腹心の1人をPOSシステムや複合機などを手掛ける東芝テックの社長候補として送り込み、東芝がグループ再編を進めるなか、行方が注目されていた東芝テックを戦略子会社として扱うことを内外に示した。[1]

会社名の「テック」の由来は、国内リテールソリューション事業で使用している「TEC」(旧社名の東京電気(Tokyo Electric Company)の略称である)が由来である。主要事業は、流通小売業、飲食業などで導入されているPOS(販売時点情報システム)システムを中心とするリテールソリューション事業、主に海外を中心に導入されている複合機を中心とするプリンティングソリューション事業である。リテールソリューション事業においては、国内と海外でPOSシステムのメーカーシェアトップを誇る。

かつては、東芝の社内カンパニーである家電機器社(のちに製造部門として東芝家電製造(株)を設立)の東芝ブランドの照明や掃除機、ミキサーなどの小型家電(現在の東芝ライフスタイル(TLSC)に分社化)の製造も行っていた。

現在は、東芝グループ再建プラン(東芝Nextプラン)の柱として、POSシステムの国内シェアNo.1の強み、電子レシートサービス「スマートレシート」を活かしたデータソリューション事業を東芝及び東芝データと連携・推進している。

沿革[編集]

  • 1919年大正8年)2月 - 間宮勝三郎により株式会社間宮堂が設立される。現在の大仁事業所に社屋を建設し、金庫、加減算機を製造。
  • 1926年(大正15年)4月 - 国内初の金銭登録機を発売。
  • 1928年昭和3年)12月 - 藤山愛一郎が間宮堂を買収、資本金200万円で日本金銭登録機株式会社を設立本格的な金銭登録機の製造の基礎を確立。
  • 1935年(昭和10年) - 日本金銭登録機はアメリカNCRと提携し、同社の日本法人となる。
  • 1940年(昭和15年)1月 - 外資排除により東京芝浦電気株式会社(現(株)東芝)が買収、同社大仁工場となる。
  • 1946年(昭和21年)1月 - 照明器具ではランタン・誘蛾燈、事務機では和文タイプライタを、マツダブランドで製造開始。
  • 1950年(昭和25年)2月 - 東京芝浦電気株式会社(現在の東芝)大仁工場から分離独立し、東京電気器具株式会社設立。
  • 1952年(昭和27年)12月 - 東京電気株式会社に会社名変更(かつての東芝の旧社名と同名)
  • 1962年(昭和37年)11月 - 東京証券取引所2部上場
  • 1966年(昭和41年)10月 - 東芝事務機株式会社を吸収合併。
  • 1969年(昭和44年)8月 - 東京証券取引所1部指定替え。
  • 1994年平成6年)6月 - テック電子株式会社と合併し、株式会社テックに社名変更。
  • 1999年(平成11年)11月 - 複写機事業を親会社の東芝から譲り受け、照明事業を東芝ライテックに譲渡し、現在の社名である東芝テックに改称。
  • 2007年(平成19年)6月 - 家電事業を東芝ホームアプライアンス(現在の東芝ライフスタイル)に譲渡。
  • 2010年(平成22年)10月 - 子会社の東芝テックビジネスソリューション株式会社の事業を統合。
  • 2011年(平成23年)3月 - 国際チャート株式会社をTOBにより、連結子会社とする。
  • 2012年(平成24年)4月- 米IBMリテール・ストア・ソリューション事業(POSシステム関連事業)の買収を発表、POS業界で世界シェア1位になる。
  • 2017年(平成29年)
    • 3月 - 株式会社TOSEIの事業を、新設分割で設立された同名の会社に移管した上で、新会社の株式の90%を株式会社キョウデンエリアネット[2]に売却し、関連会社から離れた[3]
    • 12月 - ナカバヤシ株式会社による株式公開買い付けに応じ、国際チャート株式会社の株式を売却し、連結から除外[4]
  • 2020年(令和2年)2月 - 創立70周年を迎える。
  • 2020年(令和2年)2月 - 東芝がデータソリューション事業子会社「東芝データ」を設立、スマートレシート事業と連携をし、データソリューション事業を強化。
  • 2020年(令和2年)6月 - 代表取締役社長の池田隆之氏が退任、後任として東芝デジタルソリューションズ(TDSL)の社長であった錦織弘信氏が就任。
  • 2020年(令和2年)7月 - プリンティング事業部門が不振であることから事業構造改革に着手。今後はリテールソリューション事業とプリンティングソリューション事業を分割、リテールソリューション事業とデータソリューション事業に注力する見通しである。

主な製品[編集]

コーポレートスローガン[編集]

東芝グループの経営理念「人と、地球の、明日のために。」をもとに、東芝テックグループの経営理念「モノづくりへのこだわりと挑戦 いつでもどこでもお客様とともに」を設定。創立70周年を迎えた2020年にコーポレートスローガン「ともにつくる、つぎをつくる。」を制定した。これまでコーポレートブランドタグラインとして2006年から使用してきた「Leading Innovation」は2019年7月の東芝グループ理念体系改定を受け、廃止となった。

組織[編集]

  • 総務部
  • 法務部
  • 財務部
  • 経営企画部
  • 経営監査部
  • 内部管理体制推進部
  • 商品・技術戦略企画部
  • 品質・環境企画部
  • IT戦略システム部
  • リテール・ソリューション事業本部
  • リテール海外事業推進部
  • プリンティング・ソリューション事業本部
  • IJ事業推進部
  • 生産・調達・SCM統括センター

事業拠点[編集]

  • 本社事業所 - 〒141-8562 東京都品川区大崎1-11-1(ゲートシティ大崎ウエストタワー)
  • リテール・ソリューション事業本部 〒141-8562 東京都品川区大崎1-11-1(ゲートシティ大崎ウエストタワー)
  • プリンティング・ソリューション事業本部 〒141-8562 東京都品川区大崎1-11-1(ゲートシティ大崎ウエストタワー)
  • IJ事業推進部 〒141-8664 東京都品川区東五反田2-17-2(オーバルコート大崎マークイースト)
  • 生産・調達・SCM統括センター 〒141-8562 東京都品川区大崎1-11-1(ゲートシティ大崎ウエストタワー)
  • 商品・技術戦略企画部 - 〒108-0075 東京都港区港南2-15-4 (品川インターシティ)
  • 静岡事業所(三島) - 〒411-8520 静岡県三島市南町6-78
  • 静岡事業所(大仁) - 〒410-2392 静岡県伊豆の国市大仁570  

関連会社[編集]

  • 株式会社東芝
  • 東芝データ株式会社(TDC)- (株)東芝のデータソリューション事業の子会社
  • 東芝デジタルソリューションズ株式会社(TDSL)- 国内リテールソリューション事業(AI、データソリューション活用)にて連携
  • 東芝デジタルマーケティングイニシアティブ株式会社(DMI)- (TIS)のメディア事業を譲渡
  • 東芝ライフスタイル株式会社(TLSC)- かつて東芝ブランドの小型家電を製造していた
  • 東芝グローバスコマースソリューション株式会社(TGCS)- 海外リテールソリューション事業を担当
  • 東芝テックソリューションサービス株式会社(TTSS)- 国内リテールソリューション事業及びプリンティング事業の保守、運用メンテナンスを担当
  • テックインフォメーションシステムズ株式会社(TIS) - 国内リテールソリューション事業のシステム開発を担当
  • テーイーアール株式会社(TER)- 国内リテールソリューション事業の製品修理・再生を担当
  • 東芝テック画像情報システム株式会社(TDOS) - プリンティングソリューション事業の画像情報を研究・開発を担当
  • テックプレシジョン株式会社(TPI)- プリンティングソリューション事業のインクジェットヘッド、トナーの製造を担当
  • ティー・ティー・ビジネスサービス株式会社(TTB)- コーポレート人事総務を担当

脚注[編集]

[脚注の使い方]
  1. ^ 東芝テック、漂流に終止符 東芝データ戦略の虎の子に” (日本語). 日本経済新聞 電子版. 2020年10月6日閲覧。
  2. ^ キョウデンと名が付いているが、同社創業者橋本浩個人が全株式を保有する会社で、同社との資本関係はない。
  3. ^ 子会社の異動(株式の譲渡)に伴う特別利益の計上に関するお知らせ
  4. ^ 国際チャート株式会社に対する公開買付けへの応募に関するお知らせ

外部リンク[編集]