クアーズテック

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動
クアーズテック株式会社
CoorsTek KK
種類 株式会社
本社所在地 日本の旗 日本
141-0032
東京都品川区大崎二丁目11番1号大崎ウィズタワー
設立 2006年10月4日(注)
(エスアイシー・インベストメント株式会社)
業種 ガラス・土石製品
法人番号 8010701018794 ウィキデータを編集
事業内容 セラミックス製品の製造及び販売
代表者 Jonathan D. Coors, Sr.(代表取締役社長)
池本義永(代表取締役専務)
資本金 1億円
売上高 437億6800万円(2019年12月31日時点)[1]
営業利益 65億1600万円(2019年12月31日時点)[1]
経常利益 64億5200万円(2019年12月31日時点)[1]
純利益 78億3300万円(2019年12月31日時点)[1]
純資産 379億9300万円(2019年12月31日時点)[1]
総資産 531億7100万円(2019年12月31日時点)[1]
従業員数 連結 約1,800名(2020年4月1日現在)
決算期 3月31日
主要株主 CoorsTek
主要子会社 SNリフラテクチュア東海 35%
外部リンク http://www.coorstek.co.jp/
特記事項: 当社は(旧)東芝セラミックスのMBOを行う特別目的会社特定目的会社 = SPC)であったが、2007年6月に東芝セラミックスを吸収合併し、旧会社は消滅した。旧会社の設立日は1928年9月4日である。
テンプレートを表示

クアーズテック株式会社CoorsTek, KK[2]石英ガラス耐火物等のメーカーである。

概要[編集]

東芝セラミックス(東芝の関係会社)を前身とする。現在は、米CoorsTek社の子会社。かつてはシリコンウェーハの世界シェアは5%(8位)だったが、2012年に撤退した。

沿革[編集]

  • 1918年 - 前身会社の一つ、東芝炉材が東洋耐火煉瓦株式会社商号で設立。
  • 1928年 - 前身会社の一つ、東芝電興(存続会社)が電気金融株式会社の商号で設立。
  • 1943年 - 東洋耐火煉瓦株式会社が東芝に合併。
  • 1950年 - 東芝から東海炉材株式会社が独立。(東芝炉材の設立)
  • 1954年 - 小国事業所に電力を供給するための赤芝ダム・赤芝発電所(荒川)が完成。
  • 1958年 - 電気金融株式会社が東芝電興株式会社に商号変更。
  • 1959年 - 東海炉材株式会社が東芝炉材株式会社に商号変更。
  • 1961年 - 東芝電興株式会社が東京証券取引所第1部に上場。
  • 同年 - 東芝炉材株式会社が東京証券取引所第2部に上場。
  • 1968年 - 東芝電興が東芝炉材を合併、東芝セラミックス発足。
  • 1972年 - 炭化ケイ素セラミックス発売開始。[3]
  • 1977年 - 小国製造所でシリコンウェーハの製造を開始。
  • 1982年 - 徳山曹達(現、トクヤマ)との合弁による徳山セラミックス株式会社(現、クアーズテック徳山)設立。アメリカに現地法人 Toshiba Ceramics America, Inc. を設立。九州セラミックス株式会社を設立。
  • 1984年 - 東海セラミックス株式会社を設立。
  • 1985年 - 関川電子株式会社(現、グローバルウェーハズ・ジャパン株式会社 関川工場)を設立。
  • 1997年 - 超高純度石英ガラスの開発。[3]
  • 1991年 - 新潟東芝セラミックス株式会社(現、グローバルウェーハズ・ジャパン株式会社)を設立。
  • 1999年 - 長崎東芝セラミックス株式会社(現、クアーズテック長崎)を設立。
  • 2001年 - 執行役員制導入
  • 2004年 - 鉄鋼用耐火物製造部門を黒崎播磨株式会社との合弁による株式会社SNリフラテクチュア東海に移管。
  • 2006年 - MBOにより株式非公開化、東芝から独立することを発表。[4]
  • 2007年 - エスアイシー・インベストメント(カーライル・グループユニゾン・キャピタルの折半出資会社)の完全子会社となり、上場廃止
  • 同年6月1日 - コバレントマテリアル株式会社に商号変更。
  • 2010年2月1日 - 赤芝ダムおよび発電施設を赤芝水力発電株式会社に分社。同年3月までに株式を売却し、当社の連結対象外となる。
  • 2011年8月11日、半導体ウエハー事業を台湾の同業大手、シノ・アメリカン・シリコン(SAS)に売却すると発表。
  • 2011年11月、コバレントマテリアル(株)の事業再編により、半導体ウェーハ事業の全てがグローバルウェーハズ・ジャパン株式会社に集約.
  • 2012年3月、グローバルウェーハズ・ジャパン株式会社の全株式をシノ・アメリカン・シリコン(SAS)社グループに譲渡.
  • 2014年12月、米CoorsTek(本社コロラド州ゴールデン)により買収完了。買収額は明らかにされていない。
  • 2015年10月クアーズテック株式会社に商号変更。
  • 2019年4月1日 - 完全子会社の電興を吸収合併。[5]

拠点[編集]

脚注[編集]

  1. ^ a b c d e f クアーズテック株式会社 第14期決算公告
  2. ^ 会社概要 | クアーズテック株式会社”. www.coorstek.co.jp. 2021年3月2日閲覧。
  3. ^ a b 沿革 | クアーズテック株式会社”. www.coorstek.co.jp. 2021年3月2日閲覧。
  4. ^ The Carlyle Group : バイアウト-ケーススタディ : コバレントマテリアル
  5. ^ 吸収合併公告”. クアーズテック. 2021年3月2日閲覧。

外部リンク[編集]