東芝ホクト電子

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
Jump to navigation Jump to search
東芝ホクト電子株式会社
TOSHIBA HOKUTO ELECTRONICS CORPORATION
Toshiba logo.svg
種類 株式会社
略称 ホクト電子
本社所在地 日本の旗 日本
078-8335
北海道旭川市南5条通23丁目1975
北緯43度45分07秒 東経142度22分47秒 / 北緯43.75194度 東経142.37972度 / 43.75194; 142.37972座標: 北緯43度45分07秒 東経142度22分47秒 / 北緯43.75194度 東経142.37972度 / 43.75194; 142.37972
設立 1950年9月25日
業種 電気機器
法人番号 4450001002129
事業内容 ブラウン管電子銃、フレキシブル回路基板、マグネトロン、サーマルプリントヘッドの製造販売
代表者 村川典男(代表取締役社長)
資本金 9億8,800万円
従業員数 271名(2016年3月末現在)
決算期 3月(年1回)
主要子会社 ホクトサービス[1]
外部リンク http://www.hokuto.co.jp
テンプレートを表示

東芝ホクト電子(とうしばホクトでんし)は、北海道旭川市にある企業東芝の関係会社[2]

沿革[編集]

第二次世界大戦の最中に空襲の危険性が高い工場疎開を計画した東京芝浦電気(現在の東芝)が、北海道庁に適地を打診したことがきっかけである[3]。当時の旭川市議会議員や市当局、商工会議所が一丸となって誘致活動を行った結果、転用可能な建物やガス会社から近い工場敷地があり、労働力が確保し易やすく食糧事情も良い点などにより、1943年昭和18年)に旭川への工場建設が決定した[3]

  • 1945年昭和20年):「東芝旭川工場」として創業[4]
  • 1950年(昭和25年):過度経済力集中排除法により東芝から分離独立し、「ホクト電球工業」設立[4]
  • 1960年(昭和35年):白黒テレビ用ブラウン管製造開始[4]
  • 1967年(昭和42年):「ホクト電子工業」に社名変更[4]
  • 1975年(昭和50年):観測用ブラウン管製造開始[4]
  • 1978年(昭和53年):モノクロームディスプレイ管製造開始[4]
  • 1986年(昭和61年):カラーテレビ管用電子銃製造開始[4]
  • 1990年平成02年):フレキシブルプリント配線板事業開始[4]。電子レンジ用マグネトロン製造開始。
  • 1992年(平成04年):弾性表面波デバイス製造開始[4]
  • 1993年(平成05年):「東芝ホクト電子」に社名変更[4]。電子レンジ用マグネトロン事業開始[4]。投写管、広帯域オシオ管製造開始[4]
  • 1997年(平成09年):サーマルプリントヘッド製造開始[4]
  • 1998年(平成10年):単結晶ウエハ-研磨開始[4]
  • 1999年(平成11年):投写管事業開始[4]。単結晶製造開始[4]
  • 2000年(平成12年):マグネトロン製造を東芝ディスプレイデバイスタイ社に製造委託[4]
  • 2002年(平成14年):弾性表面波デバイス終息[4]。サーマルプリントヘッド事業開始[4]
  • 2003年(平成15年):「東芝ホクト電子タイ」設立し、マグネトロン製造開始[4]
  • 2004年(平成16年):航空機用ブラウン管事業開始[4]
  • 2007年(平成19年):社標を東芝ロゴに変更[4]。DNAチップ事業開始[4]
  • 2008年(平成20年):非医療用DNAチップ製造開始[4]
  • 2009年(平成21年):医療用チップ製造開始[4]
  • 2015年(平成27年):工業用マグネトロン事業開始[4]

製品[編集]

事業所[編集]

脚注[編集]

[ヘルプ]
  1. ^ ホクトサービス株式会社”. 2017年6月27日閲覧。
  2. ^ 国内関係会社(業種・カテゴリー別)”. 東芝. 2017年6月27日閲覧。
  3. ^ a b ホクト電子のあゆみ”. 東芝. 2017年6月27日閲覧。
  4. ^ a b c d e f g h i j k l m n o p q r s t u v w x y z 会社沿革”. 東芝ホクト電子. 2017年6月27日閲覧。

外部リンク[編集]