光る東芝の歌

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索

光る東芝の歌』(ひかるとうしばのうた)とは、日本電気機器製造メーカー・東芝の企業イメージソング。

作詞峠三四郎作曲越部信義1956年発表。

概要[編集]

1956年4月からラジオ東京テレビ(KRT、現:TBS)で1956年4月から松下電器産業(現:パナソニック)の一社提供で放送が開始された「ナショナル ゴールデン・アワー」(「ナショナル劇場」→「パナソニック ドラマシアター」)オープニング曲であった三木鶏郎作詞・作曲の「明るいナショナル」に対抗して東京芝浦電気(現・東芝)が峠と越部に製作を依頼したと言われ、「東芝土曜劇場」(フジテレビ1959年 - 1964年)、および「東芝家族劇場」(NETテレビ、現=テレビ朝日1959年)で使用された。

その後1967年10月から「東芝日曜劇場」(TBS、放送開始は1956年12月)のオープニングテーマ曲として1986年3月まで使用され、日本テレビ光速エスパー」(1967年 - 1968年)では光る東芝の歌をバックにアニメの光速エスパーが動き回るバージョンが使われた(1986年4月からは映像はそのまま音楽だけ『愛の巡り逢い』(ジュディ・オング) に差し替えられた)。同局の「東芝ファミリーホール特ダネ登場!?」(1970年 - 1979年)ではオープニング・エンディング曲としてインストゥルメンタルが演奏されていた(末期では廃止)。またテレビ宮崎では、1980年代に平日の16時台後半に放送された「東芝こどもマンガ劇場」のオープニング・エンディング・CMでもこの曲をアレンジしたオルガン演奏が使用されていた(こちらも1990年代までに『愛の巡り逢い』に変わった)。

一方、東芝日曜劇場と同じ曜日の別の時間帯にフジテレビで放送されていた東芝の一社提供番組(当時)の「サザエさん」ではこの曲は使用されなかったが、その前に放送されていた東芝一社提供アニメ「忍風カムイ外伝」では、本放送時のみOPテーマ「忍びのテーマ」の前後にインストゥルメンタルが流された。このOPはその後の再放送や映像ソフトでは、歌や提供コメントを省いた再放送用バージョンに差し替えたが、2016年発売のブルーレイで46年半ぶりに日の目を見た。

2011年3月11日に発生した東日本大震災に伴う同社の節電啓発・自社節電技術紹介CMにおいて、オルゴール編曲された同曲が、BGMに使用された。その後、天海祐希主演の「ECOスタイル:ママゴコロ家電」シリーズCMのBGMとしても、同曲のインストゥルメンタルバージョンが起用されている。

原曲の演奏時間は28秒であるが、日曜劇場のオープニングでは15秒の枠内に収めるために短縮されたショートバージョンが使用されている。その後、演奏時間が1分のロングバージョンも発表されている。

現在は社会人野球東芝硬式野球部応援歌としても使用されている。

なお、1958年には三木鶏郎が本曲とは別にコマーシャルソングとして「東芝の唄」(歌・伴久美子)を作詞・作曲している。

歌手[編集]

レコード・CD化は長らくされていなかったが、2009年1月にウルトラ・ヴァイヴより発売された「越部信義 CM WORKS」にダークダックス版と東京少年合唱団版が、同年8月にキングレコードより発売された「ダークダックス大全」にダークダックス歌唱の原曲が収録された。

東芝EMIの非売品レコード「東芝ステレオデモンストレーションレコード ステレオへの招待」(品番:3ERS-237、押阪忍のナレーション入り)SIDE 1「光る東芝〜調整 POPURAR」のオープニングにインストゥルメンタルで収録されている。

関連項目[編集]