車谷暢昭

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動
くるまたに のぶあき
車谷 暢昭
生誕 (1957-12-23) 1957年12月23日(63歳)
日本の旗 愛媛県新居浜市
出身校東京大学経済学部
職業株式会社東芝 取締役 代表執行役社長 兼 最高経営責任者(CEO)

車谷 暢昭(くるまたに のぶあき、1957年12月23日 - )は日本実業家東芝取締役 代表執行役社長 兼 最高経営責任者(CEO)。文部科学省国立大学法人評価委員会委員長。経済同友会副代表幹事。マッキンゼー・アンド・カンパニー グローバルアドバイザリーカウンセル メンバー。

人物[編集]

愛媛県新居浜市出身。大阪府立茨木高校東京大学経済学部卒業。

東大卒業後、1980年に旧三井銀行入行。1983年から2年間、旧大蔵省に出向、行天豊雄 国際金融局長(当時)の下、係長として東京オフショア市場創設、日米円ドル委員会に関わる。

旧三井銀行に戻り、国際部門、総合企画部、1990年、旧三井銀行と旧太陽神戸銀行の合併により誕生した旧太陽神戸三井銀行で国際部門の組織統合を担当した。1992年、旧太陽神戸三井銀行は旧さくら銀行に行名変更、東京営業第六部次長として大手石油元売りを担当、1994年から3年間、政財界に大きな影響力を持ち「三井のドン」と言われていた小山五郎の秘書役を務める。1997年、岡田明重が旧さくら銀行頭取に就任すると秘書役から総合企画部に転じ、岡田最側近としてバブル崩壊後の金融危機対応に深く関わる。

不良債権処理に加え、成長戦略を立案、黎明期にあったインターネット技術を捉え、1998年には日本初のインターネット専業バンクのビジネスモデル、更に、コンビニATMバンキングモデルを相次ぎ開発した。同時に資本強化を企図し、主に三井グループを引受先とする約3500億円の緊急自力増資を取りまとめ、政府による大手銀行への公的資金注入にも道筋をつけた。この間にさくら銀行の株式時価総額は倍増し経営危機を克服した。1999年から2001年まで統合戦略室長として旧住友銀行との合併交渉役を担う。

2001年4月、旧さくら銀行と旧住友銀行の合併後は主に経営企画部門を担当、経営戦略を立案した。2002年、経営危機にあった三井生命の再建支援、2003年、合併差益による損失処理を企図したわかしお銀行による「逆さ合併」、2008年、リーマンショック時の流動性危機対応、更に2度の1兆円増資や米国大手金融シティグループから旧日興証券を買収するなど大型案件を手掛けた。

この間、2003年から2005年、王子法人営業部長、2006年、大手商社などを担当する本店営業第三部長、2007年、執行役員経営企画部長、2010年、常務執行役員に就任した。2011年、東日本大震災により発生した福島第一原子力発電所事故に伴う東京電力の経営危機では、メインバンクとして、政府、金融界と協議を重ねて被災者支援、電力安定供給に加え東電支援を両立させる枠組みを裏方でまとめた。2012年、取締役専務執行役員、経営企画部門を統括、2015年、三井住友フィナンシャルグループ副社長と三井住友銀行副頭取を兼務、投資銀行部門、証券事業を統括した。

2017年5月、欧州最大のプライベートエクイティファンドである英CVC キャピタル・パートナーズから招聘され、日本法人代表取締役会長に就任、6月、経営再建中のシャープから招聘され社外取締役に就任する。

2018年2月、経営危機にあった東芝の取締役会指名委員会から東芝代表執行役会長 兼 最高経営責任者(CEO)の指名を受けた。2018年4月、東芝代表執行役会長 兼 最高経営責任者(CEO)に正式就任した。 東芝CEO就任後、東芝メモリーを米国ベインキャピタルに売却し2兆円を現金化、一方、米国ウェスティングハウス売却に加え、英国事業を清算し東芝を破綻寸前に追い込んだ海外原子力建設事業から撤退、LNG事業を仏エネルギー大手TOTALに売却するなど負の遺産処理を加速した。 並行して、家電事業に加えパソコン事業を売却、東芝の事業ポートフォリオをB to B中心に再編した。自己資本比率は30%台に回復、借入返済により東芝は実質無借金となり再生の基礎となる財務基盤強化は大きく進展した。 2018年11月、世界有数のサイバーフィジカル企業に成長するビジョンを示し、5年計画として、東芝ネクストプランを発表した。 2019年株主総会では、取締役12名中、10名(外国籍4名)を社外取締役で構成するグローバル基準に準拠した取締役体制を確立、再生を支えるガバナンス面も強化した。 2019年6月、金融専門誌Institutional Investorが投資家投票を集計した電気・半導体セクターランキングでベストCEOに選出された。 東芝が外部から経営トップを招いたのは土光敏夫以来、53年ぶりとなる。

2020年4月には代表執行役社長 兼 最高経営責任者(CEO)に就任、不正会計問題で2部指定銘柄となっていた東芝は、東京証券取引所及び名古屋証券取引所1部指定銘柄への復帰申請を行った。6月、2019年度決算を発表、第4四半期に発生した新型コロナウィルスによる収益影響を吸収、営業利益は1305億円と前年度に比べ約4倍に急回復、2021年1月、業績やコンプライアンスなどの経営改善を受けて、3年6ヶ月振りに東京証券取引所及び名古屋証券取引所1部指定銘柄に復帰した。 [1][2]

2021年4月、「物言う株主」への対応やCVC キャピタル・パートナーズによる買収提案などへの難しい経営判断が求められる中、幹部級社員の半分が不信任を考えているとの社内調査結果が報道機関にリークされている[3]

ボランティア活動として、大友直人ニューヨーク・フィルハーモニック前指揮者アラン・ギルバートが主宰し、世界の若手演奏家を対象に毎年行われる無償育成プログラム、ミュージックマスターコースジャパンの会長を務める。

略歴[編集]

1957年愛媛県新居浜市生まれ

  • 1980年3月 - 東京大学経済学部卒
  • 1980年4月 - 三井銀行入行
  • 1983年7月 - 大蔵省国際金融局調査課係長
  • 1985年7月 - 三井銀行国際部国際企画課
  • 1986年4月 - 同総合企画部
  • 1990年4月 - 太陽神戸三井銀行国際企画部
  • 1992年4月 - さくら銀行東京営業第六部次長
  • 1994年4月 - 同秘書室秘書役
  • 1997年1月 - 同総合企画部企画課長
  • 1999年11月 - 同統合戦略室長
  • 2001年4月 - 三井住友銀行経営企画部副部長
  • 2003年6月 - 同王子 (東京都北区)|王子法人営業部長
  • 2006年4月 - 同本店営業第三部長
  • 2007年4月 - 同執行役員経営企画部長
  • 2010年1月 - 同常務執行役員経営企画部長
  • 2010年4月 - 同常務執行役員、経営企画部門副責任 役員
  • 2013年4月 - 同取締役兼専務執行役員、経営企画部門責任役員[4]
  • 2015年4月 - 同代表取締役兼副頭取執行役員、投資銀行部門 証券事業責任役員
  • 2017年4月 - 同上席顧問
  • 2017年5月 - CVC キャピタル・パートナーズ 代表取締役会長兼共同代表
  • 2017年6月 - シャープ 社外取締役
  • 2018年4月 - 東芝 代表執行役会長兼最高経営責任者(CEO)
  • 2018年6月 - 東芝 取締役 代表執行役会長兼最高経営責任者(CEO)
  • 2020年4月 - 東芝 取締役 代表執行役社長兼最高経営責任者(CEO)
  • 2021年4月 - 東芝 取締役 代表執行役社長兼最高経営責任者 (CEO) 辞任

脚注[編集]

[脚注の使い方]
  1. ^ 新執行役体制および執行役員制度の導入について東芝 2020年01月18日
  2. ^ 東芝、車谷会長が社長に 権限を集中日経電子版 2020/1/18
  3. ^ 東芝幹部の過半が車谷社長に「不信任」、社内調査で判明-関係者”. ブルームバーグ (2021年4月12日). 2021年4月13日閲覧。
  4. ^ 株式会社三井住友銀行 有価証券報告書 ‐ 第10期
先代:
綱川智
東芝代表執行役社長
2020年 - 2021年
次代:
綱川智
先代:
志賀重範
東芝会長
2018年 - 2020年
次代:
綱川智