東芝燃料電池システム

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索
東芝燃料電池システム株式会社
TOSHIBA FUEL CELL POWER SYSTEM CORPORATION[1]
種類 株式会社
市場情報 非上場
略称 TFCP[1]
本社所在地 日本の旗 日本
235-0017
神奈川県横浜市磯子区新磯子町33番地
株式会社東芝 生産技術センター内[1]
設立 2001年3月30日[1]
業種 電気機器
法人番号 8020001060257
代表者 代表取締役社長 山崎英昭[1]
資本金 3億10百円[1]
従業員数 187名[1]
主要株主 東芝エネルギーシステムズ株式会社 100%
外部リンク http://www.toshiba.co.jp/product/fc/
テンプレートを表示

東芝燃料電池システム株式会社(とうしばねんりょうでんちシステム)は、神奈川県横浜市磯子区に本社を置く東芝グループの燃料電池メーカー。

一般財団法人新エネルギー財団を経由して一般家庭用燃料電池を出荷しているほか、産業用燃料電池も手がけている。

略歴[編集]

東芝グループによる燃料電池事業の略歴。

  • 1978年 - りん酸形燃料電池の開発を始める[2]
  • 1982年 - 50kWりん酸形燃料電池実験プラントを川崎市の浜川崎工場に建設。加圧形としては日本国内で初めて発電に成功[2]
  • 1985年 - 米国UTC[3]と共同で、IFC社[4](現在のUTCFC[5])を米国コネチカット州に設立。当時、世界最大であった11MW級プラントの開発を始める[2]
  • 1991年 - 東京電力の五井火力発電所に11MWの実験プラントを建設する[2]
  • 1995年 - 商用型200kW燃料電池(PC25C型)を出荷[2]
  • 1999年 - 燃料電池形自動販売機を試作[2]。電源供給の困難な場所でも自動販売機の設置を可能にできる。
  • 2000年 - 1kW級家庭用燃料電池の実験納入を始める[2]
  • 2001年 - IFC社との合併会社、東芝インターナショナルフュエルセルズ社を東京都港区に設立[2][6]
  • 2004年 - 東芝の100%出資とし、東芝燃料電池システム株式会社へ改称[2]
  • 2005年 - 1kW級家庭用燃料電池の大規模実証研究事業へ参画[2]
  • 2014年 - 本社を現在地に移転[2]

脚注[編集]

  1. ^ a b c d e f g 会社概要”. 東芝燃料電池システム株式会社. 2016年4月27日閲覧。
  2. ^ a b c d e f g h i j k 沿革”. 東芝燃料電池システム株式会社. 2016年4月27日閲覧。
  3. ^ United Technologies Corporation
  4. ^ International Fuel Cells
  5. ^ UTC Fuel Cells
  6. ^ 東芝インターナショナルフュエルセルズ株式会社の概要について”. 株式会社東芝 (2001年3月16日). 2016年4月27日閲覧。

外部リンク[編集]