志賀重範

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動

志賀 重範(しが しげのり、1953年12月13日 - )は、日本の技術者、実業家。東京都出身。東芝の原子力部門を統括する地位にあり、2016年6月より同社の会長。

経歴[編集]

1953年昭和28年)12月13日東京都に生まれる。1979年3月に東北大学工学部原子核工学科修士課程を修了、同年4月に東芝に入社。原子力システム設計部長などを歴任し、2006年に電力システム社WEC統括事業部長兼ウェスティングハウス(WH社)上級副社長に就任。2008年より電力システム社副社長兼WH社上級副社長、2010年より電力システム社副社長兼WH社会長、2011年より執行役常務兼電力システム社副社長兼WH社上級副社長、2014年には電力システム社社長に就任した。2015年9月より代表執行役副社長[1]2016年6月には取締役、代表執行役会長に就任した[2]2017年2月14日、アメリカにおける原子力事業の巨額損失の責任を取り、取締役と代表執行役を辞任すると発表した。15日付で執行役となり、問題解決に取り組んだのち同年6月の定時株主総会をもって退任する[3]

脚注[編集]

  1. ^ “代表執行役社長の異動および代表執行役会長選定案の決定について” (PDF) (プレスリリース), 東芝, (2016年5月6日), https://www.toshiba.co.jp/about/ir/jp/pr/pdf/tpr20160506.pdf 2017年2月14日閲覧。 
  2. ^ 役員紹介”. 東芝. 2017年2月14日閲覧。
  3. ^ “東芝、志賀会長が辞任 巨額損失で引責 執行役に”. 日本経済新聞. (2017年2月14日). http://www.nikkei.com/article/DGXLASDZ14HP1_U7A210C1000000/ 2017年2月14日閲覧。 
先代:
室町正志
東芝会長
2016年 - 2017年
次代:
車谷暢昭