藤山愛一郎

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索
日本の旗 日本の政治家
藤山 愛一郎
ふじやま あいいちろう
Aiichiro Fujiyama.jpg
1961年頃に撮影
生年月日 1897年5月22日
出生地 東京市王子区
没年月日 (1985-02-22) 1985年2月22日(満87歳没)
出身校 慶應義塾大学中退
前職 日本商工会議所会頭
東京商工会議所会頭
経済同友会代表幹事
大日本製糖代表取締役社長
日東化学工業代表取締役社長
日本金銭登録機代表取締役社長
日本航空取締役会長
国際貿易促進協会会長
所属政党 自由民主党藤山派
称号 従二位
勲一等旭日桐花大綬章
配偶者 妻・藤山久子
親族 父・藤山雷太
弟・藤山勝彦
長男・藤山覚一郎

内閣 第1次佐藤内閣
在任期間 1965年6月3日 - 1966年11月4日

日本の旗 第11代 経済企画庁長官
内閣 第2次池田内閣
在任期間 1961年7月18日 - 1962年7月6日

日本の旗 第88-89代 外務大臣
内閣 第1次岸改造内閣
第2次岸内閣
第2次岸改造内閣
在任期間 1957年7月10日 - 1960年7月19日

選挙区 神奈川県第1区
当選回数 8回
在任期間 1958年5月23日 - 1976年12月9日
テンプレートを表示

藤山 愛一郎(ふじやま あいいちろう、1897年5月22日 - 1985年2月22日)は、日本政治家実業家

外務大臣経済企画庁長官日本商工会議所会頭、経済同友会代表幹事、初代日本航空会長、自民党総務会長を歴任した。

藤山コンツェルン二代目。位階は従二位。勲等は勲一等

来歴・人物[編集]

東京王子王子製紙専務取締役藤山雷太の長男[1]として生まれる。慶應幼稚舎時代、当時の官立崇拝の強い風潮の中、当時第一高等学校(現東京大学教養学部)合格者数第一位を誇った府立一中(現東京都立日比谷高等学校)を受験するも失敗、慶應義塾普通部に進学した[2]。更に慶應義塾大学部政治学科に進むが1918年に病気療養のため中退し、父が築いた藤山コンツェルンの後継者として大日本製糖社長となる。その後、日東化学工業(現在の三菱レイヨン)社長や日本金銭登録機(現在の日本NCR)社長などを歴任した。

1941年に僅か44歳で日本商工会議所会頭に就任した。第二次世界大戦下の1943年には大正製薬創業者の石井絹治郎の葬儀委員長を務めた。1945年3月には熱海の自邸を終戦工作に奔走する高木惣吉少将に提供、その拠点となった。

戦後の連合国軍の占領下で公職追放となるが1950年に復帰。1951年に日商会頭を再任され、その後日本航空(旧法人[3])の初代会長にも就任。その一方で経済同友会代表幹事などを歴任した。

1957年、戦前から藤山が資金援助していた岸信介は将来的な中華人民共和国との関係を重視[4]していたことから「アジア外交のなかでも中共の問題をやってもらう」[5][6]と請われ、民間人ながら岸内閣外務大臣に就任し、財界二世である藤山の政界入りは当時「絹のハンカチ」と称された[7]。秘書には慶應の後輩で自社社員の斎藤文夫を採用した。元々岸は対フィリピン賠償交渉で全権委員に抜擢するなど藤山を重用しており、藤山が産業界に明るいという理由から通産大臣として手腕を発揮してくれることを望み、藤山は岸の度重なる懇請にもかかわらず「産業界には知己が多すぎ、陳情攻めで大変だから」と言って通産大臣への就任を固辞し続けたとされる。就任と同時に持っていた外資系会社の株を全て売り払ったと伝えられ[8]、日商会頭を初めとする202にも及ぶ経済界の要職も辞任した。その際の退職金が莫大なものとなったことから当時施行されていた高額納税者公示制度において1958年度の全国2位にランクされた[9]。翌1958年の第28回衆議院総選挙には自民党公認で、横浜市を基盤とする旧神奈川県第1区(当時は中選挙区制。→衆議院選挙区一覧 (1947-1993)#神奈川県)から立候補して初当選(現職の民間人閣僚が新人代議士候補として総選挙に出馬し当選したのは、1954年に第1次鳩山一郎内閣大蔵大臣として民間から起用された一万田尚登が翌年の第27回衆議院総選挙日本民主党公認で旧大分県第1区から立候補して初当選を果たしたのと、その次の総選挙におけるこの藤山の場合の2例を数えるのみである) 。

外相として日米安保改定と日米地位協定締結を成し遂げるも、その傍ら「日米安保は日中の踏み石にすぎない」[10]とする親中派議員でもあり、外相在任中も日中貿易促進への「支持と協力」[11][12]を再三表明していた。1970年12月に「日中国交回復議員連盟」を結成し、1971年10月には議員連盟団長として日本国と中華民国との間の平和条約を無効とする中華人民共和国との共同声明に調印したことで物議を醸したことがある。政界引退後も石橋湛山の後を継いで国際貿易促進協会第4代会長を務めるなど松村謙三古井喜実らと共に日中国交正常化に心血を注いだ。

岸退陣後は総理大臣の座を目指して1960年7月の自民党総裁選にも出馬するも敗北(池田勇人が総裁に当選)。この総裁選を機に星島二郎江崎真澄小泉純也小泉純一郎の実父)・福家俊一らを擁して岸派から分派、愛正会(藤山派)を結成した。その後は自民党総務会長を経て経済企画庁長官などを歴任。その後総裁選に計3度立候補をするも尽く敗北[13]し、派閥維持の費用などで巨額の私財を政治につぎ込む格好となった。結果として藤山コンツェルンは解体されてしまい[14]、資産の多くを失った[15]。その後、藤山派が細っていくのと同時に、権力闘争にも興味を示さなくなったといわれる。

1967年勲一等旭日大綬章を受章。1976年9月、総選挙に出馬せず政界を引退。衆議院議員選挙連続8回当選。

「藤山現代中国文庫」と言われた中国近現代史料のコレクション(4000点以上の書籍、資料群)を所有し、母校慶應義塾大学に寄贈する話がまとまっていた[16]。しかし、寄贈を前にして1982年2月のホテルニュージャパン火災に巻き込まれ、ホテルに構えていた事務所とともにコレクションも焼失した[16]ホテルニュージャパンは藤山コンツェルンが設立母体となって設立されたが、火災当時は横井英樹の手に渡っていた)。

晩年は趣味の絵画や書画などをし、悠々自適に過ごした。

1985年2月22日死去。87歳没。没後勲一等旭日桐花大綬章従二位が追贈された。

かつての藤山の白金の邸宅は、現在、「シェラトン都ホテル東京」となっている。

家族・親族[編集]

藤山愛一郎

弟に大日本製糖(現・大日本明治製糖)の会長を務めた藤山勝彦、元日東化学工業(現在の三菱レイヨン)の副社長を務めた藤山洋吉日本NCR副社長・菱和航空サービス株式会社会長を務めた田中元彦がいる。

また、父・藤山雷太が一時、伊吹家の養子に入っていたため、愛一郎らの異母兄弟姉妹に伊吹震(元日産生命社長)と伊吹ウタがいる。

妻は大蔵大臣を務めた結城豊太郎の三女、久子(ひさこ)。長男に大日本製糖社長・会長を務めた藤山覚一郎がいる。娘婿に三菱重工業の取締役を務めた西村健三がいるが、西村は桜商会(現・サクラクレパス)の社長を務めた西村斉次郎の三男である。なお西村健三の姪は元皇族の久邇朝建久邇宮朝融王の第2皇子)に嫁いでいる。

愛人は有名女優の細川ちか子であることが広く公にされており、間に2人の子供がいる。細川の死に際しては藤山とその2人の子が葬儀を取り仕切った。

著書[編集]

  • 『社長ぐらし三十年』、 学風書院、 1952年
  • 『お客商売』、 学風書院、 1953年
  • 『私の自叙伝 社長ぐらし三十年』、 学風書院 、1955年
  • 『社長室にて』、 学風書院、 1957年
  • 『私の自叙伝』、 学風書院、 1957年
  • 『私の行き方』、 学風書院、 1959年、 日本の百人全集
  • 『藤山愛一郎画集』、 えくらん社、 1960年
  • 『政治わが道 藤山愛一郎回想録』、 朝日新聞社、 1976年

翻訳[編集]

  • 口紅から機関車まで レイモンド・ローウイ 学風書院 1953

脚注[編集]

  1. ^ 後に請われて大日本製糖社長となり、初代の日本商工会議所会頭を歴任
  2. ^ 『慶應義塾 その退潮も,時の流れか』(三鬼陽之助,光文社 カッパ・ビジネス,1967)
  3. ^ このときの日本航空は1953年に日本航空株式会社法に基づく特殊会社の日本航空(現法人)が設立されたため、新会社に一切の権利義務を承継して解散した。ほとんどの役員は旧法人からの横滑りで新会社の役員となったが、藤山は新会社の役員から外されている。
  4. ^ コン・ヨンスク「岸の東南アジア歴訪と「対米自主」外交」、『一橋論叢』第123巻第1号、一橋大学、2000年1月、 175-176頁
  5. ^ 藤山愛一郎『政治わが道』朝日新聞社、1976年、pp. 2-12.
  6. ^ 岸信介・矢次一夫・伊藤隆『岸信介の回想』185頁、文藝春秋社、1981年
  7. ^ 菊地浩之著『日本の長者番付』65頁、平凡社、2015年2月13日
  8. ^ 読売新聞社「よみうり寸評」2009年12月28日付
  9. ^ 菊地浩之著『日本の長者番付』64-65頁、平凡社、2015年2月13日
  10. ^ 戦後史開封「60年安保”. iRONNA. 産経新聞社. 2016年6月5日閲覧。
  11. ^ 衆議院会議録情報第028回国会外務委員会第20号昭和33年4月9日
  12. ^ 参議院会議録情報第028回国会外務委員会第17号昭和33年4月17日
  13. ^ 1964年池田勇人、同年11月に佐藤栄作1966年に佐藤栄作の再選に敗北。総裁選ごとに得票は増したが、その内情は藤山の資金を目当てにした議員や他派閥で一癖も二癖もある議員が多くて藤山自身を積極的に支持するものは少なかった
  14. ^ 大日本精糖・日東化学は三菱グループが経営権を掌握、日本NCRは米NCR (企業)傘下となった。同系列だったホテルニュージャパン横井英樹に買収されている
  15. ^ このため「絹のハンカチが雑巾に」「最後の井戸塀政治家(私財を投じて政治に没頭し、ついには井戸と塀しか残らなかったという意味)」などと言われた
  16. ^ a b 藤山雷太と愛一郎、そして藤山記念館”. 慶應義塾 (2014年8月27日). 2017年2月21日閲覧。

関連事項[編集]

外部リンク[編集]


公職
先代:
迫水久常
高橋衛
日本の旗 経済企画庁長官
第11代:1961年 - 1962年
第16代:1965年 - 1966年
次代:
池田勇人(事務取扱)
佐藤栄作(事務取扱)
先代:
岸信介
日本の旗 外務大臣
第88・89代:1957年 - 1960年
次代:
小坂善太郎
党職
先代:
赤城宗徳
自由民主党総務会長
第9代:1963年 - 1964年
次代:
中村梅吉
ビジネス
先代:
八田嘉明
高橋龍太郎
日本商工会議所会頭
第9代:1941年 - 1946年
第11代:1951年 - 1957年
次代:
高橋龍太郎
足立正
その他の役職
先代:
高橋龍太郎
東京都共同募金会会長
第3代:1952年 - 1957年
次代:
足立正