品川インターシティ

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索
品川インターシティ
SHINAGAWA INTERCITY
Shinagawa Intercity.jpg
海岸通りより見る品川インターシティ
施設情報
所在地 東京都港区港南2-15-1
座標 北緯35度37分36.8秒
東経139度44分31.1秒
座標: 北緯35度37分36.8秒 東経139度44分31.1秒
状態 完成
着工 1995年平成7年)6月
竣工 1998年平成10年)11月
用途 店舗事務所駐車場
地上高
高さ A棟 144.5m
B・C棟 139.9m
各種諸元
階数 A棟 地上32階地下2階 塔屋1階
B・C棟 地上31階地下3階 塔屋1階
敷地面積 35,564 m²
建築面積 20,640 m²
延床面積 337,119.63
*A棟58,265
*B棟89,946
*C棟89,573 m²
構造形式 鉄骨造(一部鉄骨鉄筋コンクリート造
関連企業
設計 日本設計大林組
施工 大林組清水建設鹿島建設長谷工コーポレーション
デベロッパー 新日鉄興和不動産住友生命大林組
航空写真に見る1984年頃の品川駅周辺。写真右(東側)一帯の着色されているところが貨物ヤードと新幹線の車両基地。現在グランドコモンズやインターシティが建っているところになる。国土交通省 国土画像情報(カラー空中写真)を基に作成
品川インターシティ
ショップ アンド レストラン
SHINAGAWA INTERCITY
Shop & Restaurant
品川インターシティA棟
品川インターシティA棟
店舗概要
商業施設面積 6,832 m²
店舗数 32店
最寄駅 品川駅
品川インターシティB棟(奥)とC棟(手前)。B棟のその奥にA棟が見える。一番手前にインターシティホール

品川インターシティ(しながわインターシティ)は、東京都港区港南品川区北品川にまたがる[1]品川駅東口にあった旧国鉄の操車場跡地の開発プロジェクトの一つ。

概要[ソースを編集]

興和不動産住友生命大林組が開発を担当した。品川駅東口地区再開発地区計画のA-1地区にあたる(品川駅の貨物ヤード跡にあたる。隣接する新幹線車両基地跡のB-1地区は品川グランドコモンズ[2]

1998年平成10年)11月に竣工した。約35,564平方メートルの敷地にA棟・B棟・C棟の3棟からなる高層オフィスビルとShop&Restaurant棟のショッピングエリア、ホール棟からなっている。また南側の品川グランドコモンズとの間には幅45m、長さ400mの品川セントラルガーデンがある。同じく旧国鉄跡地を再開発して誕生した品川グランドコモンズとの再開発計画が中心となって2000年平成12年)頃を境に品川駅東口は交通広場(バスターミナルや地下駐車場)なども整備され、大きく景観が変わった。

歴史[ソースを編集]

  • 1984年昭和59年) - 興和不動産が旧国鉄品川駅東口貨物ヤード跡を取得。(現在の品川インターシティの部分)
  • 1987年昭和62年) - 国鉄が民営化される。それに伴い国鉄清算事業団に貨物ヤード跡地に隣接する新幹線基地の部分が移管され、(品川グランドコモンズなどの部分)ここも追加で開発されることになり、興和不動産の取得部分と一体なって大規模な再開発が検討されることになる。
  • 1990年平成2年) - 東京都、港区、品川区、国鉄清算事業団、JR東日本により「品川駅東口再開発地区計画策定委員会」を設置。
  • 1992年平成4年)6月 - 都市計画決定。
  • 1998年平成10年)11月 - 竣工。
  • 2001年平成13年)- 品川駅東口前に品川インターシティフロントが完成。
  • 2003年平成15年)9月 - 品川駅の東西自由通路が完成。東海道新幹線・品川駅が開業。隣接する品川グランドコモンズ竣工。
  • 2004年平成16年)3月 - 京王品川ビルが竣工。

建物概要[ソースを編集]

品川駅に近いほうからA棟、Shop&Restaurant棟、B棟、C棟、ホール棟が南下する形で建ち並んでいる。また、各ビルとも1階の部分のほか、2階部分にあるペデストリアンデッキ「スカイウェイ」で連絡している。この「スカイウェイ」は隣接する品川グランドコモンズの各ビルにも連絡している。

品川インターシティA棟[ソースを編集]

品川インターシティA棟は、オフィスを中心とした高層ビル。ビルは総ガラス張りでオーバル(楕円)状の形をしたビルとなっている。近鉄エクスプレス日立工機フォーラムエイト 本社、IDECタキロンオージス総研東京本社等が入居している。低層階は飲食店などの店舗が入っている。

  • 地上32階、地下2階
  • 高さ:約144.5メートル

品川インターシティShop&Restaurant棟[ソースを編集]

品川インターシティShop&Restaurant棟(ショップ&レストラン棟)は、A棟とB棟の間にあり、名のとおり、飲食店や各種店舗などが入っている施設である。施設内では略してS&R棟と案内されていることもある。また毎週日曜日には建物の前でフリーマーケットが催される。

  • 地上5階、地下3階

品川インターシティB棟[ソースを編集]

品川インターシティB棟は、オフィスを中心とした高層ビル。造りは隣のC棟とのツインビルとなっている。大林組富士通パーソナルズディーバ (会計システム)フルークジャパン本社等が入居している。低層階は飲食店などの店舗になっている。またB棟には別棟がある。

  • 地上31階、地下3階
  • 高さ:約139.9メートル

品川インターシティC棟[ソースを編集]

隣のB棟とは連接してツインビルとなっている。NECキャピタルソリューション本社、富士通マーケティングニコン本社およびニコンミュージアム企業博物館)、有限責任監査法人トーマツ本部が入居している。かつてはソニー「品川テクノロジーセンター」として利用されていた。

  • 地上31階、地下3階
  • 高さ:約139.9メートル

品川インターシティホール棟[ソースを編集]

品川インターシティホール棟の1階には、各種イベント・セミナー・展示会など、多目的に利用できる最大約700名収容可能な 品川インターシティホールがある。地下1階には、貸会議室などがある。(利用は有料。詳細はそれぞれ問い合わせのこと。)

品川セントラルガーデン[ソースを編集]

品川セントラルガーデンは、品川インターシティと品川グランドコモンズとの間にある緑地スペース。幅約45メートル、長さ約200メートルで、敷地の管理区分により北側は港区の管轄による「汐の公園」、中央部分が再開発地区の公共空地、南側は港区、品川区の管轄による「杜の公園」になっているが、空間的には統一された造りになっている。敷地内には多くの樹木が植わっている他、随所に品川の街の自然をイメージした造形物が置かれている。周辺のビジネスマンなどの憩いの場となっている。

その他関連ビル[ソースを編集]

品川インターシティフロント

品川インターシティフロント[ソースを編集]

品川インターシティフロントは、再開発地区のA-2地区(インターシティはA-1地区)に誕生したビル。2001年に竣工。品川駅東口交通広場そばにあるオフィスビルである。インターシティとは「スカイウェイ」(遊歩道)でつながっている。

  • 地上9階、地下1階

脚注[ソースを編集]

  1. ^ 大半は港区港南になる。品川区は南側の一部分にあたる。
  2. ^ 品川駅東口地区再開発地区計画概要

関連項目[ソースを編集]

外部リンク[ソースを編集]