蚤の市

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
フリーマーケットから転送)
ナビゲーションに移動 検索に移動
ドイツの田舎町の蚤の市
北野天満宮の蚤の市に並ぶ骨董品

蚤の市(のみのいち、flea market、フリーマーケット)は、町の広場などで開かれる古物市。

概要[編集]

の市」flea marketは、フランス語marché aux puces(マルシェ・オ・ピュス)に由来する[1]。このピュス(puces)が蚤(ノミ)の意味であり、英語ではこれを直訳して蚤を意味するfleaからフリーマーケット(フレアマーケット)と呼ばれている[1]。日本語も直訳であり「の市」という言葉および概念を紹介したのは柔道家の石黒敬七とされる[2]

蚤の市(フリーマーケット)の語源になった蚤(ノミ)の由来には諸説ある(歴史も参照)。

日本語では、カタカナでの「フリー」がもともとの「蚤(flea)」から「自由(free)」と混同されてしまった。日本フリーマーケット協会では、日本において蚤の市を開催するにあたり「誰もが気軽に参加出来るように」との思いを込めて本来の「flea market」に代わりより親しみやすい「free market」の英文表記をあえて採用し、同協会の商標ならびにサービスマークとしている[3]。なお、英語のfree marketは、経済学における自由市場のことである。

歴史のある古物市ではガラクタ市、ボロ市世田谷区など)といった名称が使われることもある。

アメリカ西海岸では「Swap Meet(スワップ・ミート:交換会)」「open air market(オープン・エア・マーケット:青空市場)」などと呼ばれることも多い。

各国での歴史[編集]

フランス[編集]

フランスのパリでは19世紀後半には捨てられた物から売れそうなものを選別して商いをするシフォニエと呼ばれる人々がいた[1]。しかし、1870年の改革でシフォニエと呼ばれる人々はパリの街を追われ、北部のサン=トゥアンで古物を取引するヴィラを作って拠点とし活動範囲を広げていった[1]。一説にはサン=トゥアンに古物を買いに訪れた者が、城壁の上から山積みになったガラクタを眺めていたとき「これは蚤の市だ!」と叫んだことが語源といわれている[1]。そして1885年に正式名称としてmarché aux puces(マルシェ・オ・ピュス)と名付けられたという[1]

パリ近郊では、クリニャンクール、ヴァンヴモントルイユの蚤の市が有名である[1]

日本[編集]

日本のフリーマーケット(メリケンパーク

日本各地で行われる蚤の市やガラクタ市は、1990年代以降若者・ファミリー向けの「フリーマーケット」(略称:フリマ)と呼ばれるものが多くなった。従来の「蚤の市」は、神社などの境内で縁日に併せて行われることが多いが、フリーマーケットと称する催しは、主に、競馬場サッカー場などの駐車場、大規模公園などの一角で行われることが多い。東京都内の場合は明治公園代々木公園大井競馬場秋葉原UDXなどで行われるものが規模が大きいといわれる。 尚、日本で同種の市を開催する場合、形態によっては主催者に古物商取引の許可(鑑札取得)が必要な場合がある、

近年、インターネット上でもフリーマーケットが開催される場合が多くなってきている。主に、古くなった生活用品を出すケースが多く、幼児服など短期間しか身につけられなかったものを出品するケースが多い。これらの衣類、生活用品の中にはキャラクター商品なども含まれ、特に人気のあったキャラクター商品の場合、製造元がすでに生産を終了している場合が多く、販売価格も高騰し、新品購入時とほぼ変わらないかそれ以上の値段で取引されるものも多い。

骨董市[編集]

地方都市で開催される骨董市(丹波篠山市
富岡八幡宮で開催される骨董市

骨董市(こっとういち)は、神社仏閣の縁日お祭りに合わせて、食べ物の屋台などとは別に、骨董の市がたち、各所から骨董商やアマチュアなどが品物を持ち寄り開いたりするもの。今日、フリーマーケットとほとんど見分けがつかなくなったりしている。

骨董ジャンボリー全国古民具骨董祭り東京蚤の市のような規模の大きなものから、地方都市の小さな規模のものまで多種多様にある。関東地方では乃木神社骨董市が最も歴史ある市である。

近年では東京蚤の市をはじめ出店業者や販売内容は同様でも、骨董市、蚤の市、アンティークフェアなど名称は多様化の傾向がある[4]

脚注[編集]

[脚注の使い方]

注釈[編集]

出典[編集]

  1. ^ a b c d e f g 畑中ひろこ『ワンテーマ指さし会話 パリ×アンティーク: とっておきの出会い方シリーズ(電子書籍)』情報センター出版局、2011年(part2.蚤の市とは?)
  2. ^ 1.それは“がらくた”か“珍品”か? > 文化/たばこクロニクル > たばこジャーナル > たばこワールド(2016年3月26日時点のアーカイブ
  3. ^ フリーマーケットとは”. 日本フリーマーケット協会. 2018年6月28日閲覧。
  4. ^ 生活骨董50年 竹日 忠司 (著)

参考文献[編集]

  • 莊仲平 (2010年1月21日 (2010-01-21)) [2010] (中国語). 《世界著名跳蚤市場與古董市集》(Exploring the World Famous Flea & Antique Markets). 台北: 藝術家. pp. 224頁. ISBN 978-986-656-569-4 
  • 安野光雅『《蚤の市》』童話屋、日本、1983年10月1日 (1983-10-01)(原著1983年)、40頁(日本語)。ISBN 492-468-415-5
  • 安野光雅(Mitsumasa Anno) (2010年3月1日 (2010-03-01)) [1991] (中国語). 《跳蚤市場》. 台北: 上誼文化實業. pp. 41頁. ISBN 957-969-157-6 
  • Hernández, Paloma Albalá (January 1, 2000) [2000] (スペイン語). Americanismos en las Indias del Poniente: Voces de origen indígena Americano en las lenguas del Pacífico. Lingüística Iberoamericana. IX. Iberoamericana Vervuert. pp. 272頁. ISBN 978-849-510-752-7 

関連項目[編集]

外部リンク[編集]