縁日

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索
新井薬師の縁日(東京都中野区

縁日(えんにち)とは、の降誕、示現、誓願などの(ゆかり)のある日、すなわち有縁(うえん)の日をのことである[1]

概要[編集]

縁日には祭祀や供養が行われ、この日に参詣すると普段以上の御利益があると信じられた。特に、年の最初(または月の最初)の縁日を初(はつ)○○初天神、初観音、初不動など。干支を縁日とする場合は初午、初巳など)と称し、年の最後の縁日を納め(おさめ)の○○または終い(しまい)○○と称される。

近代以降では祭りが催され、露店などが多く出る。明治期には縁日欄が新聞に掲載された[2]

主な縁日[編集]

縁日の屋台[編集]

盆踊りと同様に縁日には伝統的に屋台が出店される場合が多いが、冬季(4月-10月頃を除く時期)の縁日には出店しない場合もある。屋台で見られる商品は、原価の数十~数百倍で販売されていることが多い[独自研究?]

神社に出店する屋台(画面右)

縁日の屋台で扱われる商品やサービスを列挙すると次のようなものがある。

脚注[編集]

  1. ^ 「年中行事事典」p105 1958年(昭和33年)5月23日初版発行 西角井正慶編 東京堂出版
  2. ^ 東京朝日新聞都新聞など確認済
  3. ^ 身延山久遠寺のホームページ
  4. ^ 七面山奥之院のホームページ