コーナン

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動
コーナン商事株式会社
Kohnan Shoji Co.,Ltd.
種類 株式会社
市場情報
大証1部(廃止) 7516
2013年7月15日上場廃止
本社所在地 日本の旗 日本
593-8324
大阪府堺市西区鳳東町六丁637番地1
本店所在地 大阪府堺市西区鳳東町四丁401番地1
設立 1978年9月20日
業種 小売業
法人番号 3120101003135
事業内容 DIY商品の小売を中心としたホームセンター事業
代表者 代表取締役社長 疋田 直太郎
資本金 176億5,800万円(2018年2月末現在)
発行済株式総数 3,468万2,113株
売上高 2,718億円(2013年2月期)
純資産 831億円(2013年2月現在)
総資産 2,528億円(2013年2月現在)
従業員数 正社員2,837人、準社員8,039人
(2018年2月末現在)
決算期 2月末日
主要株主 疋田耕造 9.38%
日本トラスティ・サービス信託銀行(信託口) 6.89%
港南株式会社 5.88%
疋田直太郎 5.17%
日本マスタートラスト信託銀行(信託口) 4.55%
(2013年2月末)
主要子会社 大阪エイチシー株式会社
コーナンロジスティック株式会社
株式会社ビーバートザン
外部リンク http://www.hc-kohnan.com/
テンプレートを表示

コーナンは、コーナン商事株式会社(コーナンしょうじ、Kohnan Shoji Co.,Ltd.)が運営する、ホームセンターコーナン(HC)、コーナンPRO(コーナンプロ)、コーナンホームストック(home stock)の名称でホームセンター近畿地方を中心に営業しているチェーン店舗である。本社は、大阪府堺市西区に所在する。

沿革[編集]

  • 1967年昭和42年)7月24日 - 疋田(ひきた)耕造が港南株式会社を設立。(石油販売事業、ゴルフ場運営事業、航空事業)
  • 1978年昭和53年)9月 - 港南株式会社が経営の多角化のため資本金1,000万円で大阪府堺市熊野町東四丁4番23号にコーナン商事株式会社を設立。
  • 1978年(昭和53年)12月 - 大阪府堺市に1号店、コーナン泉北店を開店
  • 1982年(昭和57年) - ホームセンターリックスを経営する株式会社リックスを買収
  • 1986年(昭和61年) - 本社を大阪府堺市鳳東町四丁401番地1に移転(現在も登記上の本店所在地。港南株式会社の本社があり、疋田米造が運営するコーナンメディカル鳳総合健診センターがある)
  • 1996年平成8年) - 大阪証券取引所第2部に上場。
  • 1999年(平成11年) - 本社を大阪府堺市鳳東町六丁637番地1に移転。子会社大阪エイチシー株式会社を設立
  • 2001年(平成13年) - 大阪証券取引所第1部と東京証券取引所第1部に上場。
  • 2002年(平成14年) - 和歌山県の株式会社まるちょうを子会社化し和歌山コーナン株式会社に商号変更。
  • 2003年(平成15年) - 子会社の和歌山コーナンを吸収合併。
  • 2004年(平成16年) - ディスカウントストアオサダが経営破綻。小戸店(→めいのはま店)、大塔店を取得。
  • 2006年(平成18年) - 大阪エイチシー株式会社の輸入業務及び不動産賃貸事業を、会社分割により承継
  • 2007年(平成19年) - 子会社コーナンロジスティックス株式会社を設立。子会社K・F株式会社(2007年8月8日子会社化)を吸収合併
  • 2008年(平成20年) - 港南株式会社の石油販売事業及び石油製品小売業であるコーナンフリート株式会社(現:エネクスフリート株式会社)を伊藤忠エネクスへ売却[注釈 1]。これにより創業事業である石油製品小売業から手を引く(ホームセンターで一部灯油の取り扱いはある)。なお2016年現在、コーナン湾岸市川モール・ホームセンターコーナン和歌山中之島店・ホームセンターコーナン東出雲店・ホームセンターコーナン一宮今伊勢店の敷地内にはセルフ給油のオートジョイントコーナンが出店している。
  • 2013年(平成25年) - 社長の疋田耕造が、同社の女性取締役の経営する会社との間で、総額1億円超の不明瞭取引を行っていた疑いが浮上。これを受け同社は、第三者機関による調査に乗り出すとともに、同年10月11日に予定していた四半期決算の発表を中止[1][2][3][4]
    • 11月13日 - 社長に疋田直太郎副社長が昇格。疋田耕造社長は取締役相談役に退く[5][6][7]
  • 2016年(平成28年) - ベトナムに子会社を設立、その後ホーチミン市ビンタン区に開業したイオンモールビンタンに出店し日本国外初進出[8][9]
  • 2017年(平成29年) - 小田急電鉄株式会社から株式会社ビーバートザンの全株式を取得し子会社化[10]
  • 2018年(平成30年) - 株式会社ホームインプルーブメントひろせと資本業務提携[11]

店舗形態[編集]

コーナン和泉中央店
大阪府和泉市
コーナン泉大津店
(大阪府泉大津市
コーナン臨海泉大津店
(大阪府泉大津市)
コーナンフレスポ東大阪稲田店
(大阪府東大阪市
コーナンPRO茨木店
(大阪府茨木市)

ホームセンターコーナン[編集]

2000年代以降は品揃えと価格の強化に力を注いでおり、一般向け商品からプロユースまで幅広い必要性に対応できる商品構成を目指している。売り場面積が2,000坪以上の広い店舗もある。

コーナンホームストック[編集]

Deep Discount & Convenience Home Center(安さと利便性を追求した小型ホームセンター)を店舗コンセプトに、人口8,000 - 1万5,000人の商圏を対象にしている。自社開発商品である「毎日が得値品(EDLP)」を核としたコンビニ型ホームセンターで、売り場面積は300坪、取り扱い商品数は2万2,000商品となっている。

コーナンPRO[編集]

建築・塗料・作業用品を核とした職人向け店舗。平日および土曜日の開店時間が朝7時と一般店よりも早く、現場へ行く前に立ち寄れるよう利便性を高めている。また、トラックが店内に横付けまたは乗り入れできる構造の店舗が多く、フォークリフトなどによる大量の資材積み込みに対応している。

店舗の状況[編集]

店舗は近畿を中心に、東北宮城)・関東東京神奈川千葉埼玉茨城)・中部中国四国九州福岡長崎)地方で展開(2018年2月末現在)。

1978年(昭和53年)9月に設立し、同年12月に1号店として大阪府堺市に泉北店が開店した。古い店舗では敷地が狭く手狭な場合も多く、後になり近隣の土地を借り増して別館を建設したり駐車場を増設したりして対応している場合もある。2000年代以降の出店では、自動車での来店を予め見越した郊外型の店舗も多くなってきている。

大阪をはじめ近畿地方を地盤としているが、滋賀県ではアヤハディオが強いこともあり、草津店(コーナン+生鮮スーパーハズイ+ジョーシンの複合型)のみの出店に留まっている(以前存在した大津市雄琴店は2006年2月19日をもって閉店)。2000年代以降では名古屋市や東京、千葉県にも出店し、多店舗化を計っており、経営破綻したオサダが退去した店舗に出店することで、九州に約15年ぶりに再進出した。2016年に日本国外初進出としてベトナムに出店した。

ホームセンターは郊外部に出店することが多いが、コーナンの場合は大阪府中心部にも出店しているのが特徴で、ジョーシン(家電量販店)、ライフ(食品スーパー)、コーナンなどの1棟同居型(コーナン+食品スーパー(地域により異なる)+大型専門店、家電量販店)といったタイプの店舗も多数あり、利便性を獲得している。

山口県および四国地方ではホームストックの出店が多いという傾向がある。

ワークマン(作業服専門店)などに対抗して、早朝から開店する店もある。ただし開いているフロアは原則として資材館(工事資材・工事用品など)のみに限定される。

またぐりーんうぉーく多摩を開発するなど、デベロップメント事業も展開している。

自社ブランド[編集]

SOUTHERNPORT(サザンポート)

コーナンの漢字表記である港南をもじったブランド名。タープなどのアウトドア製品や、自転車に多い。
軽快車は安価であるが、3段変速ローラーブレーキオートライトのいずれかから選ぶことができる。車種もシティサイクルから折り畳み自転車まで幅広く、「パンクしにくい自転車」も開発されている。

LIFELEX(ライフレックス)

生活用品をはじめ、数多くの商品が開発されている。日本国外からの直輸入品に多いが、国内メーカーによるOEM商品もある。

EDLP(エブリディ・ロー・プライス)

国内メーカーによるOEM商品が多いが、原価の高騰もあり、アイテムを縮小してLIFELEXに転換しつつある。
EDLP商品は、チラシ掲載されることがあっても基本的に値下げしない。年中同じ価格で提供することがコンセプトにある。

関連会社[編集]

不祥事[編集]

  • 疋田耕造社長(当時)による不明瞭取引が判明し、2013年11月に辞任(沿革の項を参照)。
  • 同社が販売した輸入電気製品について、安全検査を実施したことを示すPSEマークを取得しないままであったことが判明。同社は2014年5月から該当製品の自主回収を実施し[12]、2014年6月には経済産業省から電気用品安全法違反について行政処分を受けた[13]

関係する人物[編集]

  • 涼紫央(元宝塚歌劇団星組男役ー、疋田耕造の娘。コーナンでは、宝塚歌劇に招待するキャンペーンも行っている。)

脚注[編集]

[ヘルプ]

注釈[編集]

  1. ^ 売却当時の株主は有限会社ケーエヌサービス 66.5%、疋田耕造 32.3%、疋田米造 1.2%なのでホームセンター自体は関係がない

出典[編集]

  1. ^ “コーナン:女性役員の会社に不明朗取引1億円 社長関与か”. 毎日新聞. (2013年10月10日). http://mainichi.jp/select/news/20131010k0000e020235000c.html 2013年11月14日閲覧。 
  2. ^ “コーナン不明朗取引:第三者委員会を設置 社長が謝罪”. 毎日新聞. (2013年10月11日). http://mainichi.jp/select/news/20131012k0000m040054000c.html 2013年11月14日閲覧。 
  3. ^ 当社取締役に関する内部調査の実施に伴う平成26年2月期第2四半期決算発表の遅延のお知らせ (PDF)”. コーナン商事株式会社 (2013年10月10日). 2013年11月14日閲覧。
  4. ^ 平成26年2月期第2四半期報告書の提出期限延長に関する承認申請書提出のお知らせ (PDF)”. コーナン商事株式会社 (2013年10月11日). 2013年11月14日閲覧。
  5. ^ “コーナン商事社長に疋田直太郎副社長 創業社長は引責退任”. 日本経済新聞. (2013年11月13日). http://www.nikkei.com/article/DGXNASDD130O1_T11C13A1TJ2000/ 2013年11月14日閲覧。 
  6. ^ “コーナン、後任は長男 不透明取引で社長辞任”. 共同通信. (2013年11月13日). http://www.47news.jp/CN/201311/CN2013111301001821.html 2013年11月14日閲覧。 
  7. ^ 代表取締役及び役員の異動に関するお知らせ (PDF)”. コーナン商事株式会社 (2013年11月13日). 2013年11月14日閲覧。
  8. ^ “ベトナム社会主義共和国に、子会社設立 コーナン初の海外出店へ” (PDF) (プレスリリース), コーナン商事株式会社, (2016年3月2日), http://www.hc-kohnan.com/corporate/wp-content/uploads/sites/2/2016/07/news_160303.pdf 2017年3月21日閲覧。 
  9. ^ “ベトナム4号店「イオンモールBinhTan」7月1日(金)10:00グランドオープン” (PDF) (プレスリリース), イオンイオンモール, (2016年5月14日), http://www.aeon.info/news/2016_1/pdf/160524R_2_1.pdf 2017年3月21日閲覧。 
  10. ^ 株主(親会社)の変更に関するお知らせ ビーバートザン 2017年4月11日
  11. ^ 資本業務提携に関するお知らせ コーナン商事株式会社 2018年4月27日
  12. ^ お詫びと自主回収のお知らせ コーナン商事株式会社 2014年5月19日
  13. ^ 経済産業省からの電気用品安全法に基づく行政処分について コーナン商事株式会社 2014年6月30日

外部リンク[編集]