タープ

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
タープを使用した簡易フライテント

タープ: tarpaulin[1], tarp)は、日差しを防ぐため[1]の広いである。キャンプに使われる。ターポリンとも呼ばれる。

概要[編集]

布の形状が六角形のタープは、ヘキサゴン型またはヘキサウイング型と呼ばれる。

布の形状が長方形で、6本のポールで支えるタープは、レクタングラー型と呼ばれる。

布の形状がほぼ正方形で、2本のポールで支えるタープは、ウイング型と呼ばれる。

大きさは2メートル程度から6メートルを超える大型のものまである。

グロメットがついた穴が複数空いている広い1枚のを、2本以上のポールペグロープで屋根のように張る。

英語の tarpaulin はタール (tar) を塗ったキャンバス生地の覆い (pall) が語源で、もともと船の上の物を覆うための防水布だった。

現在は多種多様のタープが作られており、自立する蚊帳のようなものもタープの名称で売られている。

語源[編集]

船で使う重い帆布は pall と呼ばれ、防水のためにタール(英語:Tar)を塗ったことから。つづりは様々な変形があったが18世紀に tarpaulin や tarp という語が定着した[2]

脚注[編集]

  1. ^ a b デジタル大辞泉タープ』 - コトバンク。2021年6月24日閲覧。
  2. ^ tarpaulin” (英語). www.etymonline.com. 2022年11月4日閲覧。

関連項目[編集]