タープ

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動
タープを使用した簡易フライテント

タープ: tarpaulin : tarp )は、日差しを防ぐための広いである。キャンプに使われる。

布の形状が六角形のタープは、ヘキサゴン型またはヘキサウイング型と呼ばれる。

布の形状が長方形で、6本のポールで支えるタープは、レクタングラー型と呼ばれる。

布の形状がほぼ正方形で、2本のポールで支えるタープは、ウイング型と呼ばれる。

大きさは2m程度から6mを超える大型のものまである。

グロメットがついた穴が複数空いている広い一枚のを、2本以上のポールペグロープで屋根のように張る。

英語の tarpaulin はタール (tar) を塗ったキャンバス生地の覆い (pall) が語源で、もともと船の上の物を覆うための防水布だった。

現在は多種多様のタープが作られており、自立する蚊帳のようなものもタープの名称で売られている。

日本でタープと呼ばれているものは英語圏ではタープ・テントと呼ばれるものであり(つまりタープで作られたテント)、単にタープとだけ言うと日本で言うブルーシートを指す。 タープもブルーシートも和製英語(和製用法)である。


関連項目[編集]