DCMサンワ

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索
DCMサンワ株式会社
DCM SANWA CO.,LTD
種類 株式会社
市場情報
東証JQ 7430
2015年6月26日上場廃止
本社所在地 日本の旗 日本
038-0003
青森市大字石江字三好69-1
設立 1988年6月1日
業種 小売業
法人番号 3420001000994
代表者 代表取締役社長 中村勝弘
資本金 7億402万円
発行済株式総数 5,280,000株
売上高 単独284億73百万円
連結308億14百万円
(2015年2月期)
純資産 単独53億49百万円
連結58億20百万円
(2015年2月20日現在)
総資産 単独163億64百万円
連結174億96百万円
(2015年2月20日現在)
従業員数 964名
(2015年2月20日現在)
決算期 2月20日
主要株主 DCMホールディングス 100%
(2017年1月31日現在)
主要子会社 ワールドジャンボ
三和部品
外部リンク www.sanwado.com
テンプレートを表示
サンワドーの店舗例(八食店/2008年12月)

DCMサンワ株式会社(ディーシーエムサンワ、DCM SANWA CO.,LTD.)は、北海道青森県秋田県ホームセンターを展開する企業。本社は青森県青森市。かつてはJASDAQに上場しており、青森県内の企業で初めてJASDAQ上場した企業であった。

以前は青森県内のみで店舗を展開していて、店名も「Do Shop Sanwa」(略称:サンワ)だったが、1994年4月に北海道に店舗展開したのをきっかけに店名・社名を「サンワドー」に改めた(それまでの会社名は三和堂だった)。

ホームセンターではあるが、最近は事業展開が多角化してきており、業務スーパー(下記参照)事業も行っている。

沿革[編集]

  • 1966年 - 「三和部品商会」として創業[1]
  • 1972年8月 - 「有限会社三和部品」を設立[2]
  • 1981年2月 - 函館市のホームセンター「ニューウェイ」の営業権を取得[2]
  • 1988年
    • 6月「有限会社三和部品」の法人組織、商号を変更して「株式会社三和堂」とする。
    • 11月 初の第一種大型小売店舗「ドウショップサンワ青森中央店」を青森県青森市大字浜田に新築移転[2]
  • 1991年
    • 2月 - 「株式会社ポイント」を吸収合併。
    • 12月 - 北海道内にホームセンターを13店舗展開している「株式会社松崎」と業務提携。
      • 「株式会社ローヤル」とカー用品専門店「イエローハット」のフランチャイズ契約を結ぶ。
  • 1992年2月 - 「株式会社松田電気商会(形式的存続会社)」と合併。
  • 1994年4月 - 商号を「株式会社三和堂」から『株式会社サンワドー』に変更。同時に札幌川沿店をオープンさせ、北海道に進出。
  • 1995年2月 - 日本証券業協会に株式を店頭登録(後のJASDAQ)、青森県で初の店頭公開企業となる。
  • 2003年9月 - 青森南店を業務用食品専門店「業務スーパー」に業態変更し、名称を業務スーパー青森本店と変更。
  • 2004年7月 - 柏店(青森県つがる市)を、スーパーホームセンター“ザ・サンワ柏店”としてリニューアル
  • 2006年12月 - 弘前桶の口店(青森県弘前市)にスーパーホームセンター"ザ・サンワ弘前樋の口店"としてオープン。
  • 2012年11月 - 同社と家電販売でフランチャイズ契約を結んでいたセキドが家電販売から撤退したため、上新電機と新たに家電販売のフランチャイズ契約を結ぶ。
  • 2015年
  • 2016年
    • 5月 - サンワドー新発寒店を閉店させ、店舗から北海道統括事務所に変更

事業展開[編集]

店舗内にテナントとして展開している。青森県外の店舗にはこれらのテナントは出店していない。

  • Joshin - フランチャイズで展開していた家電量販店。2012年11月まではセキドのフランチャイズ店舗で『でんきのセキド』として営業していた。なお、店舗によってはサンワドー本体で家電販売を行っているところもある。
    • 2016年1月末をもって最後のフランチャイズ店である『ジョーシンサンワドー青森中央店』が営業を終了した為、青森県内からジョーシンの店舗は無くなった。
  • AUTO HOUSE CAL - サンワドー独自のカー用品店。
  • 業務スーパー - 業務用の食料品を中心に販売する。神戸物産のフランチャイズ店舗である。

クレジットカード[編集]

  • 「新・サンワドーカード」 - 日専連系列各社との提携(2007年 - )
(このうち青森県・秋田県の各店舗では日専連ホールディングスより、北海道の店舗ではニッセンレンエスコートより、それぞれ発行している)

その他[編集]

  • 同社の北海道第1号店は川沿店 (札幌市南区)であったが、近隣の石黒ホーマ(当時)の存在もありオープンから2年少々で閉店した。BOM (カメラのキタムラ) (2004年2月閉店) を経て現在はブックオフ川沿店。
  • 社名は顧客・取引先・社員の三つの「和」を大事にするとの思いを込めたもので、また走る犬のロゴマークは戌年生まれである中村勝弘社長(2017年現在は会長)の愛犬をモチーフとしている[1]

出典[編集]

[ヘルプ]

外部リンク[編集]