アサヒペン

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索
株式会社 アサヒペン
ASAHIPEN CORPORATION
Asahi-Pen.jpg
大阪本社
種類 株式会社
市場情報 (旧大証2部)
東証2部 4623
略称 アサヒペン
本社所在地 日本の旗 日本
大阪府大阪市鶴見区鶴見4丁目1番12号
設立 1947年(昭和22年)9月19日
(旭ペイント株式会社)
1940年(昭和15年)10月
(創業:大和塗料工業所)
業種 化学
事業内容 各種塗料、住宅用洗浄剤・補修材等のホームケア用品その他製品の輸入・製造ならびに販売
代表者 代表取締役社長 田中猛
資本金 5,869,017千円
発行済株式総数 48,063,000株
純資産 連結:10,492,808千円
単独:10,691,989千円
総資産 連結:19,568,796千円
単独:17,869,821千円
従業員数 連結:277人
単独:180人
決算期 3月31日
主要株主 株式会社アサヒペン 4.78%
株式会社三井住友銀行 4.76%
株式会社三菱東京UFJ銀行 3.38%
アサヒペン共伸会 3.37%
外部リンク http://www.asahipen.jp/
特記事項:経営指標は 2010年3月 第65期 有価証券報告書※1従業員数は就業人員(当社グループからグループ外への出向者を除き、グループ外から当社グループへの出向者を含む)である。
テンプレートを表示

株式会社 アサヒペンAsahipen Corp.)は、大阪府大阪市鶴見区東京都江東区に本社を置く塗料や各種製品の輸入・製造ならびに販売をおこなう企業である。大輪会メンバーの一社。[1]

コーポレート・スローガンは「暮らしを彩り 住まいをまもる」。[2]

会社概要[編集]

太平洋戦争開始前夜の、1940年に『大和塗料工業所』として大阪市旭区にて発足。1947年に大阪市鶴見区(当時は城東区、現在地)に移転し株式会社に改組。社名も『旭ペイント株式会社』と改称する。

発足当時は業務用塗料をはじめ、各種塗料の製造販売をしていたが、1962年以降は家庭用塗料の将来性に着目し、専業メーカーに転身。1965年、家庭塗料専業メーカーへの転身・脱皮が進むにつれ、社名を家庭塗料の商品名に一致させて『株式会社アサヒペン』と変更。以来、水性塗料、スプレータイプ塗料の開発や、壁紙、ワックスなどの家庭用ホームケアー商品を多数開発し、塗料類はエコマーク認定商品にもなった。

塗料の製造販売の一方で、1970年代から1980年代にかけては、多角化の一環として、ワイシャツのクビ周りや袖口の汚れに、塗って、洗って、汚れを落とす「エリボン」や、流しの詰りを除去する「排水パイプ洗浄剤」などの家庭用洗剤商品を販売していた時代もある(現在、洗剤は製造していない)。現在はハウスケア事業、ガーデニング事業にも進出し、住まいの総合企業としての面目も持っている。

事業所[編集]

大阪本社・大阪支店
東京本社・東京支店
兵庫工場
札幌支店
仙台支店
関東支店
名古屋支店
広島支店
九州支店

主な商品[編集]

塗料[編集]

  • 水性塗料
  • 油性塗料
  • 木部用塗料
  • スプレー塗料
  • ニス・ステイン類
  • うすめ液・はがし剤
  • さび止め・プライマー・補助剤(シーラー)
  • 工作・ホビー
  • 業務用塗料
  • 防水
  • 遮熱塗料 他

塗装用品[編集]

  • ハケ・筆
  • ローラー・コテバケ類
  • コンプレッサー・スプレーガン
  • ヘラ・ブラシ類
  • 塗装用養生用品・マスキング
  • 塗装用容器
  • 塗装用マスク

補修材[編集]

  • 壁面・床面用補修材
  • 充てん剤
  • パテ・接着剤
  • タイル補修剤
  • 洗浄剤補修テープ
  • 屋根用断熱・防水材 他

インテリア用品[編集]

  • 障子紙
  • ふすま紙
  • カベ紙
  • 粘着シート
  • ボーダーシート
  • ガラス用シート
  • 床用マット・すべり止め
  • 結露・断熱対策
  • 施工道具類・障子
  • 施工道具類・ふすま
  • 施工道具類・カベ紙
  • 施工道具類・ガラス 他

ハウスケア用品[編集]

  • 床用ワックス
  • 住宅洗剤
  • キッチン用洗剤
  • カビ用洗剤
  • 防水スプレー
  • シールはがし剤 他

ガーデニング用品[編集]

  • ガーデンテーブル
  • ファニチャーセット
  • ガーデンチェア
  • ベンチ
  • 収納庫ウッドデッキ
  • ウッドリビングラティス
  • フェンス
  • アーチ
  • トレリスプランター
  • フラワースタンドオーナメント
  • アイアン室外機カバー
  • パラソル
  • 花台 他

広報活動[編集]

2006年・銀座

テレビ・ラジオのCMでは、“浪花のモーツァルト”の異名を取るキダ・タローの作曲によるCMソング(唄:スリー・グレイセス)が、今日まで放送され続けている。なお、放映された年代ごとにアレンジされ、曲調はかなり変化している。

スポンサー番組[編集]

現在

  • 無し。
2008年から2014年まで、4月から9月までの半年期間による提供となる。同期間にはレギュラー提供番組が休止になる場合、同じ系列の他番組に振り替えて提供する事がある。2010年2011年はアサヒペン遮熱塗料「もらって楽しいキャンペーン」実施期間である、毎年4月より9月までの半年の期間限定でもあった。なお、2015年以降は行っていない。

過去の提供番組[編集]

その他[編集]

東京・銀座中央通りの京橋2丁目の交差点に面したビルの屋上には同社のネオンサインと、ペール缶と刷毛をかたどった巨大な回転立体看板が存在したが、最近はさらに高いビルに囲まれて目立たなくなってしまい、2009年に撤去された。かつては千代田区岩本町の昭和通り沿いのビル屋上にも同様の立体看板が存在したが、こちらも撤去されて現存しない。

関連項目[編集]

  • 日油(旧・日本油脂)- 1969年に塗料の需要急増に対処すべく合弁で、横浜市に「株式会社 ニッサンアサヒペン」を設立し、家庭塗料の製造を開始する。[3]
  • パピリオ化粧品(旧・伊東胡蝶園)- 1987年帝人から帝人パピリオを買収。化粧品部門のブランドとなったが、やがて化粧品部門から撤退し1990年ツムラに売却。「ツムラ化粧品株式会社」を設立するも、1997年に清算された。
  • キッザニア甲子園- パビリオン『ペインティングウォール』のスポンサーとして参加。

脚注[編集]

[ヘルプ]

外部リンク[編集]