愛の戦士レインボーマン (アニメ)

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動
愛の戦士レインボーマン > 愛の戦士レインボーマン (アニメ)
愛の戦士レインボーマン
ジャンル ヒーロー、ロボットアニメ
アニメ:愛の戦士レインボーマン
監督 岡迫亘弘
脚本 伊東恒久
音楽 北原じゅん
アニメーション制作 土田プロダクション、愛企画センター
放送局 毎日放送
放送期間 1982年10月10日 - 1983年3月27日
話数 全22話
テンプレート - ノート
プロジェクト アニメ
ポータル アニメ

愛の戦士レインボーマン』(あいのせんしレインボーマン)は、1982年秋から1983年春にかけてTBS系列で放送されていたテレビアニメ毎日放送と愛企画センターの共同制作。特撮ドラマ『愛の戦士レインボーマン』のアニメ版である。放送時間は毎週日曜13:30 - 14:00 (JST) 。全22話。

放送日は同時ネット局では1982年10月10日から1983年3月27日まで。ただし、制作局の毎日放送では第55回選抜高等学校野球大会中継の関係で、最終話は1983年4月9日に放映された。

概要[編集]

タツノコプロ製作『超時空要塞マクロス』との2本立てによる、日曜13時30分からの1時間枠「サンデーアニメプレゼント」としてスタートした。

旧作とは大きく異なった姿のレインボーマンや、巨大ロボット「レインボーセブン」の登場、敵組織の死ね死ね団の首領は宇宙人と、設定が一新されており、さらに特撮版では孤独なヒーローだったレインボーマンことヤマトタケシが仲間とともに戦うという、明るいヒーロー活劇として製作された。

監督には特撮版のキャラクターデザインを担当し、同じ川内康範原作のテレビアニメ『正義を愛する者 月光仮面』の監督も務めた岡迫亘弘が就任[1]。岡迫の起用は川内からの指名であったが、当時岡迫は土田プロダクションに所属していたため個人では受けられないと川内に伝えたところ、川内は土田プロダクションを経由しての発注とした[1]

レインボーマンの能力[編集]

特撮版同様「あのくたら さんみゃく さんぼだい」(阿耨多羅三藐三菩提)と唱えて変身し、各化身は基本的に特撮版と同じ術を使う。ただしレインボークロスのような合体術は存在しない。術を多用しすぎたり、修行を怠ると弱くなる。また、使用後は「ヨガの眠り」に就かなければレインボーマンに変身すらできなくなる。ただし特撮版のように自分の意思とは関係なく座禅を組むことはない。初期には「ヨガの眠り」を怠ったことで危機に陥る場面もあった。回復時間は特撮版同様に5時間。

ダッシュ1
月の力を利用する。「月光の術」を使う。重力を使う術もある。
ダッシュ2
火の力を利用する。「火炎の術」を使う。耐熱機能も備えている。敵に火山弾を当てる「溶岩つぶて」なる技もある。
ダッシュ3
水の力を利用する。「水雷砲の術」を使う。長時間水中に潜行することが可能。
ダッシュ4
木の力を利用する。「木の葉の術」を使う。忍者のように木の葉隠れの術を使ったり、葉を硬化させ、手裏剣のように投げる術もある。
ダッシュ5
光の力を利用する。「黄金の術」や「ゴールドフラッシュ」、「ゴールデンアロー」を使う。
ダッシュ6
土の力を利用する。土中を掘り進む「土遁の術」、岩石を周囲に撒き散らす「岩石の術」を使う。性質上、主に地中での活躍が目立った。
ダッシュ7
通常体。太陽の力を利用。掌から青い光輪を連続して放つ「遠当ての術」や「念動力」といった念力系の術のほか、洗脳を解呪したり解毒を促す回復系の呪文も使う(死亡直後の少女を蘇生させたことも)。額のシンボルから「レインボーフラッシュ」を放つ。

レインボーセブン[編集]

大宮博士がダイバダッタの指示によって極秘裏に建造した「Vアーマー」と呼ばれるロボット。レインボーマンが7化身に分身、Vアーマーに合体(合身)することでレインボーセブンが誕生する。アニメ版では分身体が等身大で合体することがなかったため、特撮版のレインボークロスにあたる術といえる。巨大ロボット戦を展開させることが一番の理由だが、各化身の活躍を奪わないようにするための策ともいわれている。セブン時には7化身すべての術を使うことが可能で、その術を利用した必殺技も存在する。1号機は死ね死ね団の罠にかかり破壊されてしまうが、2号機はレインボーマンの額に埋め込んだマイクロチップに組み込まれた設計データをもとにして、秘術「元素集合の術」で無から生成される。そのため、何度破壊されても自己修復することが可能である。ただし、この世に実体化しているだけで、レインボーマンの念力エネルギーを消耗させるらしく、戦いの終了と共に、レインボーマンのエネルギーが欠乏すると、分解消滅してしまう。

武器[編集]

レインボーソード
いわゆる「光の剣」。合掌した手を腕ごと左右に開くことで出現する。特に、決まった攻撃方法や剣技はなかったが、敵への決め技として最も多用された。ダブルソードと叫んで、柄の部分から刀身を反対方向に伸ばして二本の剣にして、二刀流も披露した。
ビッグクロス
最終決戦で正体を現したドンゴロスにとどめを刺した超必殺技。両腕を大きく開いて自分自身を巨大な十字架にして放つ破壊光線。
レインボーフラッシュ
ダッシュ7の時と同じく、額のシンボルから発射される破壊光線。決め技として何度か使用された。
リングシュート
相手を捕えて縛り付ける光の輪。
セブンビーム
目から発射される破壊光線。威力は低いが、速射性、連射性に優れる。
ファイヤーアロー
両手首付近のスリットが開いて発射される、炎の矢。
レインボーバリヤー
建物や人を守るために、手の先からエネルギーを発して出現させるバリヤー。一度出現させれば、レインボーセブンがその場を離れても残る。
グレートハリケーン
腰のバックル状のシャッターが開いて発射される強風。デビルメカを吹き飛ばすほどの威力がある。

キャスト[編集]

スタッフ[編集]

主題歌[編集]

キングレコード K06S-3043

オープニングテーマ - 「愛の戦士レインボーマン」(原題「行け レインボーマン」)
作詞 - 川内康範 / 作曲 - 北原じゅん / 編曲 - 小杉仁三 / 歌 - 水島裕[注釈 1]ヤング・フレッシュ
エンディングテーマ - 「あいつの名前はレインボーマン」
作詞 - 川内康範 / 作曲 - 北原じゅん / 編曲 - 小杉仁三 / 歌 - ヤング・フレッシュ、ロイヤル・ナイツ[注釈 3]
2曲とも、それぞれ特撮版の同曲をアレンジしたものである。ただし、特撮版とはEPレコードの発売元が異なっていた(特撮版は、ワーナー・パイオニア朝日ソノラマの2社)。

各話リスト[編集]

話数 放送日 サブタイトル (絵コンテ)
演出
作画監督 デビルメカ
第1話 1982年
10月10日
宿命の出会い 狭間遊 岡迫亘弘 -
第2話 10月17日 ゆけ! 愛の戦士 小鹿英吉 福田新
第3話 10月24日 戦え! レインボーセブン 秦義人 ドラウダス
第4話 10月31日 恐怖のロボット工場 長谷川康雄 岡迫亘弘 ギザラス
第5話 11月7日 レインボーセブン大爆発! 岡本達也 福田新 ゴライアス
第6話 11月14日 甦れ!! レインボーセブン 小華和ためお
第7話 11月28日 恐怖のダム破壊作戦 秦義人 ジャラダン
第8話 12月5日 狙われた大宮研究所 岡本達也 岡迫亘弘 イダロス
第9話 12月12日 恐怖! 死ね死ね少年団 嵐虹太郎 福田新 モグラート
第10話 12月19日 魔の鬼ヶ崎海岸 秦義人 山下征二 -
第11話 12月26日 ロゼが正体を見た! 岡本達也 福田新 ストドロス
第12話 1983年
1月9日
タンカー破壊作戦! 秦義人 岡迫亘弘 ガバロゲス
第13話 1月16日 地底大洞窟の秘密 (嵐虹太郎)
嵐虹太郎
秦義人
福田新 ギガイドス
第14話 1月23日 盗まれた町 (吉田浩)
岡本達也
山下征二 バララドス
第15話 1月30日 デスノイド改造マシン (小鹿英吉)
秦義人
福田新 マグリカス
第16話 2月13日 炎の中に消えたタケシ 岡本達也 山下征二
第17話 2月20日 富士山を爆破せよ! 秦義人 福田新 ドラグゲス
第18話 2月27日 分解消滅!? レインボーセブン 角谷哲生 山下征二 ガミーラ
テトラドン
第19話 3月6日 Vアーマーのスーパーメカニズム 岡本達也 福田新 テトラゲス
第20話 3月13日 帝王ドンゴロスの秘密 秦義人 山下征二 -
第21話 3月20日 父・一郎は生きていた! 越智一裕 サイコデビルメカ
第22話 3月27日 ドンゴロスの最後 岡本達也 福田新 ギャングラス

ネット局[編集]

特撮版との相違点[編集]

  • タイトルロゴのデザインが若干異なっている。
  • レインボーマンのデザインが大きく異なった姿になっている。
  • 孤独なヒーローだったレインボーマンことヤマトタケシが科学者や民間人の仲間たちとともに戦う。
  • タケシがレスリングの選手で、ダイバ・ダッタに弟子入りした理由は「もっと強くなりたい」というのは特撮版と同じ[3]だが、特撮版のような「アマレス大会で負傷者を出した責任で、部を除名させられる」「プロレスに入ろうとしても技が通用せず」という設定は無くなった。
  • タケシにダイバのことを教えたのは、特撮版ではタケシの先輩・堀田だが、アニメ版は大宮博士となる[3]
  • タケシの家族の姓は、特撮版ではタケシと同じ「ヤマト」だが、アニメ版は「大和」となる(「ヤマト」の姓はタケシのみ[3]。)
  • タケシの母は、特撮版では「たみ」で、おにぎり屋「おふくろ」を経営しているが、アニメ版では「秋子」となり、喫茶店を経営[3]
  • タケシの妹は「みゆき」から「ジュン」に変わり、特撮版のように「交通事故のため脚が不自由」という設定はない[3]
  • タケシの父・一郎は死ね死ね団に拉致されていたのは特撮版と同じだが、特撮版のように死んではいない[4]
  • 敵組織の死ね死ね団は指揮官がミスターKで前線指揮を女性幹部(ハインツ少佐は除く)が執る点は実写と共通だが、帝王ドンゴロスは宇宙人という設定[3]で「デスノイド」と呼ばれるサイボーグ兵士[5]や「デビルメカ」と呼ばれる巨大メカを繰り出す[6]点が異なる。また特撮版のDACなどのような、外部協力者も登場しない。
  • 死ね死ね団の目的は、特撮版では「日本人全滅」だが、アニメ版では「世界征服」に変わっている[7]
  • 死ね死ね団の基地は、特撮版は前期が東京湾の孤島にある「東京湾海堡基地」、後期が高層ビルの一室だったが、アニメ版では一貫して海底に設けられていた[8]
  • 特撮版の旧エンディング「ヤマトタケシの歌」はBGMのみ使用されている[9]が、挿入歌「死ね死ね団のテーマ」は使用されなかった。
  • 特撮版では登場しなかった巨大ロボ「レインボーセブン」が登場し、ロボ戦を展開している。
  • 死ね死ね団は、特撮版は最終的には逃亡したミスターKを残して壊滅したが、アニメ版では完全に壊滅している。
  • 死ね死ね団の女性幹部は、特撮版では大半がレインボーマンに倒されているが、アニメ版の女性幹部フェアリ・ロゼ、パステル・プチは、最期は改心してレインボーマンの危機を救って死亡した[10][11]

脚注[編集]

注釈[編集]

  1. ^ a b 水島裕は声の出演とは別に主題歌のオーディションを受けて起用された。水島自身、アニメ版の主役と主題歌歌手の両方に選ばれたのは偶然だったと述べている。スタッフはあとになって、水島が特撮版の主題歌を歌った安永憲自と同一人物だと知り驚いたという。
  2. ^ 「パステル・プチ」の名前は、往年のフランス女優「パスカル・プティ」のもじりである。
  3. ^ 「あいつを殺せ」のフレーズは、特撮版ではヤング・フレッシュが担当し、アニメ版ではロイヤル・ナイツが担当した。

出典[編集]

  1. ^ a b 特撮秘宝3 2016.
  2. ^ キングレコード発売のシングル盤(K06S-3043)ジャケットの著作権表記より
  3. ^ a b c d e f 『レインボーマン ダイヤモンドアイ コンドールマン大全 70´川内康範ヒーローの世界』 岩佐陽一・編、2002年、双葉社、103頁。
  4. ^ 『レインボーマン大全』105頁。
  5. ^ 『小学館のテレビ名作 愛の戦士レインボーマン・3』小学館、1983年、28-29頁。
  6. ^ 『小学館のテレビ名作・3』 30-31頁。
  7. ^ 『小学館のテレビ名作・3』 22頁。
  8. ^ 『小学館のテレビ名作・3』 23頁。
  9. ^ 『愛の戦士レインボーマンBGM集』キングレコード、1983年、解説書。
  10. ^ 『小学館のテレビ名作・3』 24頁。
  11. ^ 『レインボーマン大全』 104-105頁。

参考文献[編集]

関連項目[編集]

TBS系列 日曜13:30枠(毎日放送制作枠)
前番組 番組名 次番組
ヤングおー!おー!
(1982年4月3日 - 1982年9月19日)
※13:00 - 13:55
レインボーマン(アニメ版)
(1982年10月10日 - 1983年3月27日)
【『サンデーアニメプレゼント』前半枠】
笑いころげてたっぷり枝雀(全国ネット版)
※13:00 - 13:54