第55回選抜高等学校野球大会

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動
日本の旗 第55回選抜高等学校野球大会
試合日程 1983年3月26日 - 4月5日
出場校 32校
優勝校 池田徳島、初優勝、夏春連覇
試合数 31試合
入場行進曲聖母たちのララバイ』(岩崎宏美
選手宣誓 正路晃弘(広島広島商
始球式 瀬戸山三男文部大臣
大会本塁打 16本塁打
 < 19821984 > 
選抜高等学校野球大会
テンプレートを表示

第55回選抜高等学校野球大会(だい55かい せんばつこうとうがっこうやきゅうたいかい)は、1983年3月26日から4月5日(雨で1日順延)まで阪神甲子園球場で行われた選抜高等学校野球大会である。

概要[編集]

  • 記念大会につき、出場校数がこれまでより2校増の32校になる(当時は最多であった)。

日程[編集]

  • 3月26日 - 開会式。
  • 4月1日 - 雨天順延。
  • 4月5日 - 決勝戦。閉会式。

出場校[編集]

北海道
東北
関東
東京
北信越
東海
近畿
中国
四国
九州

組み合わせ・試合結果[編集]

1回戦 - 準決勝[編集]

1回戦 2回戦 準々決勝 準決勝
                           
3月26日(1)            
 広島商 2
3月30日(2)
 横浜商 7  
 横浜商 1
3月26日(2)
   星稜 0  
 星稜 11
4月3日(1)
 熊本工 4  
 横浜商 2
3月26日(3)
   駒大岩見沢 0  
 宇部商 0
3月30日(3)
 久留米商 2  
 久留米商 1
3月27日(1)
   駒大岩見沢 3  
 今治西 1
4月4日(1)
 駒大岩見沢 4  
 横浜商 4
3月27日(2)
   東海大一 0
 高砂南 3
3月31日(1)
 享栄 12  
 享栄 5
3月27日(3)
   泉州 1  
 泉州 6
4月3日(2):延長10回
 取手二 5  
 享栄 1
3月27日(4)
   東海大一 2x  
 福井商 1
3月31日(2)
 東海大一 4  
 東海大一 3
3月28日(1)
   桜美林 0  
 立命館 1
 桜美林 2  
1回戦 2回戦 準々決勝 準決勝
                           
3月28日(2)            
 尽誠学園 3
3月31日(3)
 岐阜第一 5  
 岐阜第一 1
3月28日(3)
   池田 10  
 池田 11
4月3日(3)
 帝京 0  
 池田 8
3月28日(4)
   大社 0  
 長浜北 2
4月2日(1)
 東北 4  
 東北 5
3月29日(1)
   大社 6  
 大社 2
4月4日(2)
 峡南 0  
 池田 2
3月29日(2):延長10回
   明徳 1
 上宮 2x
4月2日(2)
 興南 1  
 上宮 1
3月29日(3)
   明徳 7  
 明徳 10
4月3日(4)
 青森北 0  
 明徳 8
3月29日(4)
   佐世保工 0  
 報徳学園 4
4月2日(3)
 桐蔭学園 1  
 報徳学園 0
3月30日(1)
   佐世保工 1  
 星林 0
 佐世保工 2  

決勝[編集]

4月5日

チーム 1 2 3 4 5 6 7 8 9 R H E
池田 0 0 2 0 0 0 0 1 0 3 12 0
横浜商 0 0 0 0 0 0 0 0 0 0 2 0
  1. (池) : 水野 - 井上
  2. (横) : 三浦 - 森屋
  3. 審判:球審…西大立目、塁審…小林、三宅、中西

大会本塁打[編集]

  • 第1号:高井直継(横浜商)
  • 第2号:藤王康晴(享栄)
  • 第3号:上中勝矢(泉州)
  • 第4号:和田正一(泉州)
  • 第5号:桑原淳也(取手二)
  • 第6号:羽山忠宏(東海大一)
  • 第7号:田島広人(桜美林)
  • 第8号:吉田衡(池田)
  • 第9号:坂本秀樹(大社)
  • 第10号:竹田太(上宮)
  • 第11号:北野薫(明徳)
  • 第12号:谷川和宏(報徳学園)
  • 第13号:岡本透(報徳学園)
  • 第14号:藤王康晴(享栄)
  • 第15号:藤王康晴(享栄)
  • 第16号:信賀正喜(横浜商)

関連項目[編集]

外部リンク[編集]