千葉耕市

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動
ちば こういち
千葉 耕市
プロフィール
本名 千葉 治
ちば おさむ
性別 男性
出生地 日本の旗 日本岩手県
生年月日 (1931-08-13) 1931年8月13日
没年月日 (2001-11-09) 2001年11月9日(70歳没)
血液型 O型[1]
職業 声優俳優音響監督
事務所 同人舎プロダクション(最終)[2]
配偶者 千田啓子
公称サイズ([2]時点)
身長 / 体重 170 cm / 55 kg
活動
活動期間 1955年 - 2001年
デビュー作おやゆび姫
声優テンプレート | プロジェクト | カテゴリ

千葉 耕市(ちば こういち、1931年8月13日[3] - 2001年11月9日[4])は、日本男性声優俳優音響監督岩手県出身[3]日本大学卒業[2]。ラジオ東京放送劇団2期(後のTBS放送劇団)[2]、東京アクタープロ[5]を経て、最終所属は同人舎プロダクション[2]。特技は東北弁[2]。趣味はゴルフドライブ[6]

本名は千葉 治(ちば おさむ)[3]。また一部の作品においては千葉 耕一とクレジットされることもあった。

人物[編集]

ラジオドラマ創成期からの名優で、独立してから晩年に至るまで長く音響監督を務めてきた。

若い頃はNGを出すことが少なくはなく、『ミステリー・ゾーン』のロッド・サーリングの吹替を担当した際、出番が終盤だったにもかかわらず、NGを3回も出してしまい、共演者の目が殺気立ち睨みつけられることも少なくなかったという[7]

音響監督としての代表作はサンライズの『勇者シリーズ』など。役者出身だけに的確なアドバイスなど、若手の声優たちとの親交においてもとても信頼ある人物であった。

没後に出た『ガオガイガーFINAL サウンドトラック2』のパッケージ中には密かに、英語で「この作品を千葉耕市氏に捧げる」と記されている。作品に対して命の火が消えようとも力を尽くした、恩師・先輩への製作者、役者らの敬意と感謝、追悼の念が込められている。

その他に、アニメ『イソップワールド』(1999年にテレビ東京系で放映)を担当中に体調を崩し、入退院を繰り替えしたが、同番組の打ち上げパーティーでは「僕は(病気で)声を失った時に、“俳優としての千葉耕市は死んだ(終わった)”と思った。でも“演出家としての千葉耕市はまだ生きている”と考えるようになった。だからこそ今日まで自分を奮い立たせることができたんだ。人間、希望を捨ててはいけないのだよ」(注:“声を失った”とは、舞台等で観客の耳に届くほどの声量が出せなくなったという意味)と語った。

妻は音響制作プロデューサー、『クルーズ』社長の千田啓子。

後任[編集]

千葉の死後、持ち役を引き継いだ声優は以下の通り。

出演[編集]

テレビアニメ[編集]

1964年
1967年
1968年
1969年
1970年
1971年
1972年
1973年
1975年
1976年
1977年
1978年
1979年
1980年
1981年
1982年
1983年
1984年
1985年
1986年
1987年
1988年
1992年
1994年
1995年
1997年
2005年

劇場アニメ[編集]

1983年
1984年
1986年
1989年
1993年
1996年

OVA[編集]

1985年
1987年
1989年
1992年
2000年

ゲーム[編集]

吹き替え[編集]

俳優[編集]

映画[編集]

ドラマ[編集]

アニメ[編集]

テレビドラマ[編集]

人形劇[編集]

その他コンテンツ[編集]

音響監督[編集]

1973年

1974年

1977年

1980年

1981年

1984年

1986年

1987年

1989年

1990年

1991年

1993年

1994年

1996年

1997年

1998年

1999年

2000年

日本語版演出[編集]

その他[編集]

出典[編集]

[脚注の使い方]
  1. ^ 千葉耕市(ちばこういち)の解説”. goo人名事典. 2020年1月25日閲覧。
  2. ^ a b c d e f 『日本タレント名鑑(1989年版)』VIPタイムズ社、1989年、155頁。
  3. ^ a b c 『声優名鑑』、530頁、成美堂出版、1999年、ISBN 978-4415008783
  4. ^ 「物故者一覧」『出演者名簿(2003年版)』著作権情報センター、2002年12月5日。ISBN 978-4-88526-039-1
  5. ^ 『出演者名簿(1966年版)』著作権資料協会、1965年、229頁。
  6. ^ 『声優名鑑 アニメーションから洋画まで…』近代映画社、1985年、103頁。
  7. ^ 千葉から当時の話を伺った脚本家の三井秀樹のツイートより
  8. ^ 怪盗ルパン813の謎”. メディア芸術データベース. 2016年11月11日閲覧。
  9. ^ 宇宙船サジタリウス”. 日本アニメーション. 2016年6月7日閲覧。
  10. ^ 本編は大林隆介
  11. ^ 地球物語 テレパス2500”. メディア芸術データベース. 2016年8月18日閲覧。
  12. ^ “ラブ・ポジション ハレー伝説”. 手塚治虫公式サイト. http://tezukaosamu.net/jp/anime/82.html 2016年5月3日閲覧。 
  13. ^ 猿の惑星・征服”. WOWOW (2016年6月24日). 2016年7月25日閲覧。
  14. ^ 最後の猿の惑星”. WOWOW (2016年6月24日). 2016年7月25日閲覧。
  15. ^ キングコング”. メディア芸術データベース. 2017年2月11日閲覧。
  16. ^ シネマコリア|韓国映画情報 >>『少年勇者ギルドン』 シン・ドンホン監督ティーチイン”. シネマコリア (2012年6月27日). 2017年3月27日閲覧。