TVプレイバック

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動
TVプレイバック
Kagaku gijyutsukan.jpg
番組の収録が行われていた科学技術館
ジャンル クイズ番組
企画 小牧次郎
出演者 萩本欽一
松田朋恵
石田純一
向井亜紀
ザ・ドリフターズ
ほか
製作
プロデューサー 常田久仁子
制作 フジテレビ
千代田企画
放送
音声形式 モノラル放送
放送国・地域 日本の旗 日本
放送期間 1985年10月6日 - 1989年5月21日
放送時間 日曜 22:00 - 22:30
放送分 30分

TVプレイバック』(テレビプレイバック)は、フジテレビ系列局ほかで放送されていたクイズ番組である。フジテレビ千代田企画の共同製作。フジテレビ系列局では1985年10月6日から1989年5月21日まで、毎週日曜 22:00 - 22:30 (日本標準時)に放送。

概要[編集]

萩本欽一が司会を、松田朋恵がアシスタントを務めていたクイズ番組。萩本は1985年4月から半年間、『欽ちゃんの仮装大賞』(日本テレビ)を除く全ての番組出演を断っていたが、本番組でレギュラー番組への出演を再開した。

番組タイトルの「プレイバック」が示す通り、当初は過去の世相や思い出を題材にしたクイズや、解答者が数分前に見た映像の記憶をたどるクイズなどを出題していたが、後期にはプレイバックという言葉からはかけ離れたクイズも多くなっていった。

番組はその後、萩本から「後進に番組を譲りたい」と降板の申し出があったため[要出典]、1989年5月21日放送分をもって終了。3年7か月間の放送に幕を閉じた。その言葉通り、萩本の後輩である関根勤が司会を務めるクイズ番組『クイズ!早くイッてよ』が後番組として開始された。

出演者[編集]

司会[編集]

  • 萩本欽一 - 立ち位置はステージ正面奥の下手側。司会台が用意されていたがほとんど用いず、ステージを移動しながら進行した。

アシスタント[編集]

  • 松田朋恵(当時フジテレビアナウンサー) - 立ち位置はステージ正面奥の上手側。司会台を用いて進行した。

レギュラー解答者[編集]

ゲスト解答者[編集]

クイズ内容[編集]

クイズの内容は放送時期によって異なり、前期には毎回3コーナー、後期には4コーナーで構成されていた。以下、主なクイズの内容について説明する。

キミ!その時何してた?→キミ!おぼえてる?あの日の事…→キミ!どれに賭ける?[編集]

  • いずれもオープニングの3択クイズだが、「キミ!おぼえてる?-」以前と「キミ!どれに-」とは、問題の内容に違いがある。
  • 「おぼえてる?-」以前は、昔の出来事にちなんだ通常の3択クイズ。一方「どれに-」は、3択ではあるが、選択肢がAから一つ一つ順に示され、解答者の選択権は1回しか与えられずその時点での判断が求められる。例えばAが示された時点で正解と選択した人は、後からB・Cの選択肢を見て変更したいと思っても、変更は認められない。

ファーストチャンス![編集]

  • 「キミ!」シリーズに代わるオープニングクイズ。
  • コーナー初期は、挙手形式のクイズだった。
  • 後期は、ゲストが自ら考えた、ゲストに関する3択クイズを出題し、他の3名が答える。
    • 得点は、正解者とゲストで6点を山分けする。正解者なしの場合はゲストが6点を総取りし、全員正解の場合は解答者に2点ずつ、ゲストは0点となる。

よ〜く見てみよう→Oh!シネマ[編集]

  • 映画のワンシーンを見た後、問題に答える。2問出題。
  • 「よ〜く見てみよう」時代は、今見た映像に関する記憶力を試す内容の問題が出されていたが、「Oh!シネマ」では、記憶力テスト的な問題は減り、映像の続きの展開を予想する問題なども出題された。

HiHi(ハイハイ)ポイント[編集]

  • 「Oh!シネマ」に代わって、番組終了まで行われたコーナー。
  • 簡単な問題を出題し、正解が分かった者は「ハイ!」と挙手をして答える。解答者の指名、正誤判定、得点などは萩本の判断による。一問多答問題や早口言葉の問題、大喜利のような問題もあり、これらの問題では全員に解答のチャンスを与えられ、複数の得点者が出る場合もあった。クイズとしては正解だが、萩本のツッコミに的を射た返答ができなかった、答えがつかえた、元気がなかった、などの理由で無得点ということもしばしばあった。
  • 特に一問多答問題は「 - を五つ言ってください」という形で毎回必ず1問出題された。テンポよく続けて五つ言えずに詰まってしまうと正解にならないため、あわてて言おうとしたがゆえの珍答も多数出た。(例: 握りずしのネタ→なす、落とすと割れるもの→にんじん)
    • なお、解答者には手元に紙と鉛筆が用意されていて、メモを取ることも可能ではあるが、当然見ずに答えなくてはならない。加藤茶がメモを見ながら回答することがあったため、回答する際には向井が手でメモを押さえ、見られなくすることも時折あった。

ババぬきショック![編集]

  • あらかじめ観客にアンケートをとり(例題・「女が嫌がる男のしぐさ」)、その回答のベスト10が発表される。回答は、セット正面のボードに10枚の電灯パネルとして表示される。ただし、それぞれが何位かは知らされず、1位と2位の回答は「ババ」と称される。
  • 解答者は交代で、ババではない回答をひとつずつ当てていく。セーフなら1音のチャイム音が流れ、該当のパネルが消灯するが、ババを引くと「ドカ〜ン!!」と物凄い爆発音が鳴り、葬送行進曲の電子音イントロが流れてスタジオが真っ暗になる演出があった。また、ボード上ではババだった回答のパネルが赤く点滅した。
  • 1位は「大ババ」で3点減点、2位は「小ババ」で2点減点。2枚ババが出るか、ババだけ残るまで続く。
  • コーナー開始当初はババはひとつだけで、問題も観客アンケートに基づくものではなかった。
  • ババが2つになってからは、1枚目のババが出たときはその個所のボードが赤く点滅した後に×型のプラカードを付けていた。2枚ババが出たときは1枚目に出たババとともに赤く点滅し、次のコーナーに入るまで点滅した状態になっていた。

ヒットソングクイズ[編集]

  • スタートから番組のラストコーナーとして、1年に渡り続いた。一つの曲にちなんだ問題が出される。2問出題。解答は○×方式。うち1問目は、ゲストの思い出の曲にちなんだ問題が出された。

ラストチャンス![編集]

  • ヒットソングクイズに代わる最終問題。
  • 初期は2問出題のコーナーで、1問目は一つの問題に対し、10個の答えが画面に映し出され、その中から正解を選ぶ形式で行われた。2問目は挙手形式のクイズ。
    • 後に1問目は「1/10(10分の1)チョイス」というタイトルで、独立したコーナーとなるが、ある回から正解を当ててはいけないクイズ内容に変わり、後の「ババぬきショック!」につながっていく。
    • 2問目は後の「HiHiポイント」にも共通した部分もあるが、問題の難易度はこちらの方が上だった。この形式は、初期の「ファーストチャンス!」に踏襲される。
  • 後期は、普段使う言葉や物の語源を問う3択クイズが1問出題された。全員が答えを出した後、自分の答えを変えてもよい。正解者は3点獲得。

トップ賞[編集]

  • 全ての問題の出題後、得点の一番高い解答者がトップ賞となり、エンディングにて賞品が贈られる。得点のルールについては、次節も参照のこと。
  • 複数人が最高得点で並んだ場合は、同点決勝として即興でもう1問出題され、正解者がトップ賞となる。なお、レギュラー解答者がゲストにトップ賞を譲るケースや、ジャンケンでトップ賞を決めるケースもあった。
  • 賞品は、「大きなつづら」および「小さなつづら」と称された、大きさの異なる二つの箱が用意される。トップ賞の解答者は、中身を見ないでどちらかを選ぶ。
  • 片方は豪華賞品、もう片方はそれよりもやや安価な賞品(極端に安価なものは入っていなかった)で、解答者に選ばれなかった賞品は観客に抽選でプレゼントされる。

得点[編集]

各解答者席の背後に設置された得点パネルは、当番組の開始半年前に終了したフジテレビのクイズ番組『小川宏のなんでもカンでも!』で使われていたものを流用しており、縦・横3個ずつに配置された計9個の正方形の電灯パネルが得点の分だけ点灯する仕組みだった。このパネルでは9点までしか表示できないため、得点のルールに関して以下の変遷があった。

  • 放送開始当初は、9点が満点として扱われ、それ以上の得点を獲得しても無効となった。そのため、同時に何人もが9点で並んだこともあった。
  • 放送中期は、得点が9点を超えるとそれまでの得点がすべて没収されてしまい、1点から出直しとなる、ゲームのおいちょかぶバカラの得点計算に通ずるルールが採用された。すなわち、10点獲得は1点、11点獲得は2点の扱いになった。得点が没収される理由は、萩本曰く「一旦消さないと得点を入れられない」とのことであった。
  • 放送末期は、得点の没収ルールは廃止され、得点が9点を超えた際には10点を表すオブジェが解答者席の上に置かれることになった。得点パネルは得点の一の位に応じて表示された。

上記のほか、「HiHiポイント」のように萩本の裁量で得点が上下する場合もあり、当番組の得点の扱いはユニークなものであった。

ネット局に関して[編集]

  • 系列外の青森テレビ (ATV) とテレビ岩手 (TVI) でも時差ネットで放送されていた。ただし、テレビ岩手では途中打ち切りに終わった。
  • 番組開始時にはフジテレビ系とテレビ朝日系のクロスネット局だった秋田テレビ (AKT) では、同時間帯で『特捜最前線』(テレビ朝日)の時差ネットが行われていたため、本番組は8日遅れの月曜22時00分から放送されていたが、ANN離脱後の1987年4月からはフジテレビとの同時ネットで放送されるようになった。
  • 当時FNSに加盟していた山形テレビ (YTS) とテレビ山口 (TYS) でも時差ネットで放送されていたが、いずれも途中で打ち切られた。
  • 当時九州地区にあった日本テレビ系とフジテレビ系のクロスネット局のうち、この番組を同時ネットしていたのは鹿児島テレビ (KTS) だけである。テレビ長崎 (KTN) では8日遅れの月曜19時30分から、テレビ大分 (TOS) では2週間遅れの日曜22時30分から、テレビ宮崎 (UMK) では2週間遅れの日曜午後から放送されていた。
  • 当時フジテレビ系とテレビ朝日系のクロスネット局だったテレビ熊本 (TKU) も、同時間帯で『日曜洋画劇場』(テレビ朝日)の同時ネットが行われていたため、1週間遅れの日曜午後に放送されていた。

備考[編集]

  • 萩本とドリフターズの共演は、かつて土曜20時台に『欽ちゃんのドンとやってみよう!』(フジテレビ)と『8時だョ!全員集合』(TBS)で激しい視聴率争いを繰り広げたライバル同士の共演として注目された。
  • レギュラー解答者の石田純一と向井亜紀は、この番組で知名度が上がると共に、萩本やドリフターズとの共演により多くのことを学び得ることとなった。石田がトレンディドラマで売れっ子になると、会場から黄色い声が聞かれるようになった。

スタッフ[編集]

  • 企画:小牧次郎
  • 構成:河野洋・飯田まち子
  • 音楽:平岩嘉信
  • 技術:鈴木孝
  • カメラ:伊藤均
  • 映像:水脇学
  • 音声:中村正己
  • 照明:豊沢勝美
  • VTR:西原豪
  • 編集:水村磨
  • 音響効果:小堀叡智
  • デザイン:馬場文衛
  • 美術進行:大野良昭
  • 大道具:大村和夫
  • 電飾:石崎定義
  • メーク:藤崎洋子
  • 写真:櫻井保秋
  • TK:山崎朝子
  • ディレクター:林良三、鈴木高行、杉本修三
  • プロデューサー:常田久仁子
  • 協力:千代田ビデオ浅井企画
  • 制作:フジテレビ、千代田企画

脚注[編集]

[ヘルプ]

注釈[編集]

出典[編集]

フジテレビ系列 日曜22:00枠
前番組 番組名 次番組
アイ・アイゲーム
(1979年10月14日 - 1985年9月29日)
TVプレイバック
(1985年10月6日 - 1989年5月21日)
クイズ!早くイッてよ
(1989年5月28日 - 1992年9月27日)