特捜9

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
Jump to navigation Jump to search
特捜9
ジャンル 刑事ドラマ
放送時間 水曜 21:00 - 21:54(54分)
放送期間 2018年4月11日 - 6月13日(10回)
放送国 日本の旗 日本
制作局 テレビ朝日
監督 杉村六郎
新村良二
長谷川康
吉田啓一郎
脚本 深沢正樹
岡崎由紀子
真部千晶
瀧川晃代
徳永富彦
出演者 井ノ原快彦
羽田美智子
津田寛治
吹越満
田口浩正
山田裕貴
中越典子
原沙知絵
寺尾聰
音声 ステレオ放送
字幕 文字多重放送
外部リンク テレビ朝日公式

特記事項:
初回は15分拡大(21:00 - 22:09)。
第8話は「キリンチャレンジカップ 2018 日本×ガーナ」中継(19:23 - 21:27)のため、30分繰り下げ(21:30 - 22:24)。
テンプレートを表示

特捜9』(とくそうナイン)は、2018年4月11日から6月13日までテレビ朝日系の「水曜21時」枠(水曜 21:00 - 21:54)で放送された日本刑事ドラマシリーズ。主演は井ノ原快彦[1]

同じテレビ朝日の刑事ドラマ『警視庁捜査一課9係』の続編である。

あらすじ[編集]

加納倫太郎の元、集まった個性的な刑事達が盤石のチームプレーで数々の事件を解決してきた警視庁捜査一課9係。しかし倫太郎がテロ対策室のアドバイザーをするために9係を離れた。それでも残ったメンバーは数々の事件を解決していたが、ある事件とある者の手により9係は解散。メンバーは散り散りとなった。

それからしばらくして神田川警視総監は事件の早期解決を目指す「独立した捜査班」の結成を指示。かつての9係のメンバーが再集結することとなり、新しいメンバーも加入。「特捜9」として、事件を解決していくこととなった。

登場人物[編集]

警視庁捜査一課特別捜査班[編集]

浅輪直樹(あさわ なおき)
演 - 井ノ原快彦V6
経歴警視庁新宿中央警察署刑事課 → 警視庁捜査一課9係 → 警視庁渋谷中央警察署刑事課主任 → 警視庁捜査一課特別捜査班主任
階級巡査部長
旧9係解散後、加納倫太郎の娘・倫子と結婚
宝石店を襲撃した強盗犯を追跡中、新宿中央署刑事課の新藤刑事に遭遇し、さらに琴美と一緒にいた宗方に出会い、彼の協力で犯人を確保した[注 1]
宗方から最初に特捜班に召集された。彼からメンバーを集めるように言われ、旧警視庁捜査一課9係のメンバーに声をかけたが、話を聞いてくれたのは矢沢だけだった[注 1]
捜査一課6係から縄文土器の発掘現場で発見された大学講師の遺体の後処理を押し付けられた村瀬から出動要請を受ける。刑事部長から「この件を服毒自殺で決着する」との連絡を受けた宗方から捜査の継続の判断をゆだねられた。事件解決後、宗方から本来は警部補が務める職である主任を任せられる[注 1]
小宮山志保(こみやま しほ)
演 - 羽田美智子[2]
経歴:警視庁捜査一課9係 → 警視庁捜査一課9係主任 → 警視庁二子玉川警察署生活安全課係長 → 警視庁捜査一課特別捜査班
階級警部補
浅輪から特別捜査班の誘いを受けていたが、9係の解散の経緯から「うまくいかないんじゃないかな?」と言って断っている。縄文土器好きのIT企業の社長「長縄俊哉」と会っていたときに野村美穂を目撃し、そのことが手掛かりの一つになる。事件解決後に特捜班のメンバーとなる[注 1]
村瀬健吾(むらせ けんご)
演 - 津田寛治[3]
経歴:警視庁捜査一課9係主任 → 警視庁捜査一課14係長 → 警視庁捜査一課9係 → 警視庁東中野警察署刑事課係長 → 警視庁捜査一課特別捜査班
階級:警部補
浅輪から特別捜査班の誘いを受けていた。捜査一課6係から縄文土器の発掘現場で発見された大学講師の遺体の後処理を押し付けられたため、「特捜班」に出動要請をした。事件解決後に特捜班のメンバーとなるも、主任が自分ではなく浅輪が選ばれた時には不満を露にしていた[注 1]
青柳靖(あおやぎ やすし)
演 - 吹越満[4]
経歴:警視庁捜査一課9係 → 警視庁捜査一課9係主任 → 警視庁捜査一課9係 → 警視庁資材課 → 退職 → 警視庁捜査一課特別捜査班
階級:警部補
2か月前に警察上層部から「警察官を続けたければ、『訳あり女(妙子)』と縁を切れ」と迫られるが、妙子との生活を選んだ為に警察を辞職した。そのことを妙子に隠したまま就職活動を行っていた。
かつてコンビを組んでいた矢沢と浅輪から特別捜査班の誘いを受けていたが、9係の解散の経緯から「戻っても同じ事の繰り返しだろう?」と言って断っている。その後、面接を受けていた調査会社から採用の連絡を受けたが、宗方に会ったことや、採用の連絡を受けたときに妙子の反応を見て、調査会社の内定を辞退し特捜班の一員として警察に復帰する。村瀬との不仲は相変わらずで、浅輪が「特捜9」の主任候補として挙げられた際には、「(主任は)村瀬でなければ誰でも良い」と口にしていた[注 1]
矢沢英明(やざわ ひであき)
演 - 田口浩正[5]
経歴:警視庁捜査一課9係 → 警視庁杉並南警察署総務課主任 → 警視庁捜査一課特別捜査班
階級:巡査部長
浅輪から特別捜査班の誘いを受けた。浅輪に青柳が警察をやめたことを告げ、かつて一緒にコンビを組んでいた青柳を特別捜査班に勧誘するが断られている[注 1]
新藤亮(しんどう りょう)
演 - 山田裕貴[6][7]
経歴:警視庁新宿中央警察署刑事課 → 警視庁捜査一課特別捜査班[注 2]
階級巡査
浅輪が宝石店を襲撃した強盗犯を追跡中に遭遇。協力して強盗犯の一人を確保した[注 1]
刑事部長から特別捜査班への異動を命じられる[注 2]。父親は世田谷南警察署にいた新藤将吾。
宗方朔太郎(むなかた さくたろう)
演 - 寺尾聰
経歴:警視庁人事課(警察庁官房人事課監察官補[注 3])→ 退職 → 警視庁捜査一課特別捜査班長
階級警部
5年前のとある事件をきっかけに退職。2歳の桜庭琴美を引き取り、他界した妻と共に育てていた[注 1]
浅輪が宝石店を襲撃した強盗犯を追跡中、琴美と一緒にいた時に出会い、犯人確保に協力した[注 1]
神田川から直々に特別捜査班班長に「子育て優先」という条件を申し出た上で任命された。神田川の任命理由は「彼が警察を恨んでいるから」とのこと。特捜9のメンバーからは「班長」と呼ばれている[注 1]。当初は人事課に在職していたことになっていたが、本当は5年前、当時首席監察官であった高森の下で働いていたことを明かす[注 3]
三好泰三とは将棋を通じて交流があり、以前、手紙でやり取りしていた[注 4]

特別捜査班の関係者[編集]

浅輪倫子(あさわ みちこ)
演 - 中越典子
パティシエール。旧9係解散後、直樹と結婚。加納倫太郎の娘。旧姓は石川で、これは離婚した後に他界した母(加納の元妻)が旧姓に戻したため。
垣内妙子(かきうち たえこ)
演 - 遠藤久美子(第1話)
クラブ歌手。青柳とは恋人の仲で、現在も青柳と同棲している。
矢沢早苗(やざわ さなえ)
演 - 畑野ひろ子(第6話)
矢沢の妻。
桜庭琴美(さくらば ことみ)
演 - 庄野凛[8](2歳:佐藤恋和[9]
宗方の元にいる少女。5年前に父親である桜庭忠司が母を道連れに心中を図ってしまい(最終回にて殺人と判明する)、自身は押し入れに居たところを宗方に発見される。その後宗方に引き取られ、以降宗方の手で育てられている。宗方のことを「朔たん」と呼んでいる。
桜庭忠司
演 - 吉田悟郎[10](第1話・第6話・最終話)
琴美の父。警視庁練馬東警察署刑事課の元刑事。5年前の事件で証拠の捏造を疑われ、自宅謹慎中に暴力団「龍丸会」の構成員に首吊り自殺に見せかけ殺害される。
桜庭良美
演 - 末永百合恵(第1話・第6話・最終話)
琴美の母。5年前、忠司とともに首吊り自殺に見せかけ殺害される。

警視庁[編集]

柴崎直道(しばさき なおみち)
演 - 清水章吾
刑事部長。
佐久間朗(さくま あきら)
演 - 宮近海斗ジャニーズJr.[11]
鑑識員。
猪狩哲治(いかり てつはる)
演 - 伊東四朗
鑑識員。
特捜班の班長として復帰した宗方のことを「『悪い奴』ではないが、『気を許していい奴』でもない」等と話しており、彼の過去について何らかの事情を知っている模様[注 1]
神田川宗次朗(かんだがわ そうじろう)
演 - 里見浩太朗
警視総監。旧9係を高く評価しており、宗方を特別捜査班班長に任命し、9係メンバーの再結集を託す。
警察の捜査が、官僚からの圧力等によって強制的に中止させられたりする事を「くだらないシガラミ」として不服に感じており、特捜班の設立を考案したのも「『シガラミに囚われない捜査』を行う為の班が必要」という意向によるものである。
加納倫太郎(かのう りんたろう)
内閣テロ対策室長。元警視庁捜査一課9係長で、浅輪・小宮山・村瀬・青柳・矢沢の元上司で、浅輪倫子の父。
前番組で加納役を演じた渡瀬恒彦が逝去したため、神田川や浅輪らの会話の中で名前のみの登場。

関東監察医務院[編集]

早瀬川真澄(はやせがわ ますみ)
演 - 原沙知絵[12]
監察医
広岡巧
演 - 新貝文規
助手。

その他[編集]

高森徹也
演 - 中原丈雄(第1話・最終話)
経歴:警察庁警備局公安課 → 首席監察官 → 国会議員[注 3]法務大臣
マスコミに対しては、妻とペアルックを着るなど仲睦まじい姿を見せており、「暴力の完全撲滅」を目標として掲げている。しかし実際は、妻が共新党幹事長・川勝雄太郎の息子と不倫している「仮面夫婦」であり、また裏では暴力団組織の「龍丸会」と結託しており、自身が関わった不正を暴こうとする者を「龍丸会」の組員に殺害させた上で自殺に偽装するなど、自らの保身の為なら手段を選ばない。
宗方が警察を辞めた5年前と、「9係」が解散させられた1年前に起きた殺人事件を隠蔽し、更にはある人物を使って自身の妻を殺させ、それを迷宮入りさせる事により自分の思い通りのまま事を運ばせて法務大臣から更に上の地位を手にしようとしたが、結局は浅輪達に全てを暴かれたことで逮捕される。

ゲスト[編集]

第1話「一万年の殺人」
第2話「花嫁消失」
第3話「殺人都市計画」
第4話「床下の白骨死体」
  • 三好泰三(元警視庁交通機動隊 副隊長・グループホーム「優の樹」入所者) - 小松政夫
  • 三好加奈子(泰三と節子の娘・フリーライター) - 松岡由美
  • 村田肇(リフォーム工事業者) - 伊東孝明
  • 対馬遙香(グループホーム「優の樹」介護福祉士・泰三の担当) - 沢井美優
  • 三好節子(泰三の妻・去年死亡) - 阪上和子
  • 中原通(シロアリ詐欺師・前科5犯・偽名「西村佑」) - 西興一朗
  • 野村堅太(中原の元詐欺仲間) - 兒玉宣勝
  • 山川高志(大工) - 関健介[22]
  • 小島均(秋葉原の商店主・通称ヒヨコ) - 三島ゆたか
  • 明石利久(害虫害獣駆除専門店「ミツダホームクリーン」社員) - 青木一平
  • チラシ配りのメイド - 小嶋さくら[23]
第5話「殺人ハーモニカ」
第6話「赤い花の殺意」
  • 近藤瑠未(映画プロデューサー) - 遊井亮子[30]
  • 宇田川順一(靴デザイナー・映画「南太平洋の誓い」の撮影中の事故で降板し俳優業引退) - 瀬川亮[24]
  • 宇田川徹(順一の弟・映画「南太平洋の誓い」の主演俳優を務めるはずだった順一の代わりに主演を務める) - 三浦孝太[31]
  • 佐竹恭子(靴職人) - 李千鶴[24]
  • 金子あゆみ(映画「南太平洋の誓い」の続編のヒロインを演じるはずだった女優) - 里久鳴祐果[24]
  • 国井康夫(映画「南太平洋の誓い」の監督) - バッファロー吾郎A[24]
  • 日村太一(映画制作会社「スペースフィルム」社長) - 鈴木一功
  • 映画スタッフ - 木村康雄比佐仁
  • リポーター - 小柳美李
第7話「殺しの紙幣」
第8話「無限大の殺人」
  • 水上洋次郎(おもちゃ会社「ノーニ」社長) - 団時朗[40]
  • 水上康子(洋次郎の妻) - 舟木幸[41]
  • 片山浩之(洋次郎の秘書) - 佐伯新
  • 和田幸太(ハウスクリーニング会社「IN&ON」社長) - 出合正幸[42]
  • 音無奈々(ハウスクリーニング会社「IN&ON」社員) - 岡村いずみ[43]
  • 水上翔(康子の連れ子・おもちゃ会社「ノーニ」営業課 課長) - 森岡龍[44]
  • 広田伸夫(ゲノムアナリシス 社員) - 福本伸一
  • 三沢義孝(おもちゃ会社「ノーニ」専務) - 津村和幸
  • 神崎裕紀(ハウスクリーニング会社「IN&ON」社員) - 恩田隆一
  • 川畑彰(宅配業者) - 園山敬介
  • おもちゃ会社「ノーニ」秘書 - 田口寛子
  • ゴルフ場の従業員 - 羽村純子
  • 和田君代(和田の母・2年前死亡) - 奏谷ひろみ
第9話「連続殺人者X」
最終話「3つの時の殺人」

用語[編集]

※ストーリー内にたびたび登場する施設・会社・組織・部署・事件名・事故名などを記す。

警視庁捜査一課特別捜査班
神田川警視総監が、「事件の早期解決」を目的として新たに設立した捜査班。特捜班の部屋には青柳から9係時代に使っていたコーヒーメーカーが持ち込まれている。1年前、小出智之という男性が死亡し、当時青柳と矢沢が組織犯罪対策課第3課の刑事である並河康弘と組んで捜査に当たり、防犯カメラから容疑者を特定して取り押さえるが、後から防犯カメラに手を加えた事による証拠捏造という捜査ミスだと分かり、並河は謹慎処分の後に自殺し、同時に並河の捏造を把握した上で故意に隠したという身に覚えのない責任を一方的に押し付けられ、刑事部長である柴崎によって解散を命じられた。一度は解散させられて浅輪達は事実上バラバラとなり、当初は「1年前と同じ事の繰り返しになるかも知れない」として、特捜班のメンバー入りに否定的だった(後に、いつかその理由を暴いてやろうと語っている)が、第1話の事件後はメンバー全員が復帰したことでメンバー入りを果たし、更には班長として宗方朔太郎と異動を命じられた新藤亮が加わる。最終回では起きた殺人事件が、1年前の出来事と宗方が関わった過去の事件に関連がある事が判明し、再び解散の危機に瀕したが、それでも事件解決に動き、最後には解決に導いて1年前の雪辱を晴らした。事件後は解散の覚悟を固めていたものの、結局神田川警視総監の寛大な処置により解散せずに残ることとなった。

スタッフ[編集]

主題歌[編集]

放送日程[編集]

各話 放送日 サブタイトル 脚本 監督 視聴率[54]
第1話 2018年4月11日 一万年の殺人 深沢正樹 杉村六郎 16.0%
第2話 2018年4月18日 花嫁消失 吉田啓一郎 15.4%
第3話 2018年4月25日 殺人都市計画 真部千晶 14.5%
第4話 2018年5月02日 床下の白骨死体 岡崎由紀子 田村孝蔵 13.8%
第5話 2018年5月09日 殺人ハーモニカ 瀧川晃代 新村良二 14.3%
第6話 2018年5月16日 赤い花の殺意 吉原れい 13.2%
第7話 2018年5月23日 殺しの紙幣 青山勝・山本南伊 長谷川康 13.0%
第8話 2018年5月30日 無限大の殺人 岩瀬晶子 11.1%
第9話 2018年6月06日 連続殺人犯X 徳永富彦 細川光信 14.5%
最終話 2018年6月13日 3つの時の殺人 深沢正樹 杉村六郎 14.0%
平均視聴率 14.0%[54](視聴率はビデオリサーチ調べ、関東地区・世帯・リアルタイム)

脚注[編集]

注釈[編集]

  1. ^ a b c d e f g h i j k l 第1話より
  2. ^ a b 第2話より
  3. ^ a b c 最終話より
  4. ^ 第4話より

出典[編集]

  1. ^ ““9係”から『特捜9』へ、井ノ原快彦中心にメンバー再結集 新班長に寺尾聰”. ORICON NEWS. (2018年2月19日). https://www.oricon.co.jp/news/2105957/full/ 2018年5月1日閲覧。 
  2. ^ 羽田美智子 (2018年6月6日). 羽田美智子、井ノ原快彦は「本当にすごく良いリーダーシップ」. (インタビュー). マイナビニュース.. https://news.mynavi.jp/article/tokuso-6/ 2018年6月12日閲覧。 
  3. ^ 津田寛治 (2018年6月5日). 津田寛治が語る井ノ原快彦「洞察力が本当にすごい方」. (インタビュー). マイナビニュース.. https://news.mynavi.jp/article/tokuso-5/ 2018年6月12日閲覧。 
  4. ^ 吹越満 (2018年6月3日). 吹越満が語る寺尾聰「良い意味で男が憧れる不良っぽさ」. (インタビュー). マイナビニュース.. https://news.mynavi.jp/article/tokuso-3/ 2018年6月12日閲覧。 
  5. ^ 田口浩正 (2018年6月4日). 田口浩正、新シリーズの撮影は「体感として一番早かった」. (インタビュー). マイナビニュース.. https://news.mynavi.jp/article/tokuso-4/ 2018年6月12日閲覧。 
  6. ^ 山田裕貴 (2018年5月23日). 山田裕貴“特捜班”の洗礼に「結構、試されてるな」. (インタビュー). ザテレビジョン.. https://thetv.jp/news/detail/145401/ 2018年5月30日閲覧。 
  7. ^ 山田裕貴 (2018年6月2日). 山田裕貴「渡瀬恒彦さんが安心して見ていただけるように」. (インタビュー). マイナビニュース.. https://news.mynavi.jp/article/tokuso-2/ 2018年6月12日閲覧。 
  8. ^ プロフィール - ジョビィキッズ
  9. ^ プロフィール - テアトルアカデミー
  10. ^ 吉田悟郎 - Twitter
  11. ^ 宮近海斗 (2018年4月25日). ジャニーズJr.宮近海斗、刑事ドラマ“初”挑戦中「先輩がいて、ホントに安心」. (インタビュー). ORICON NEWS.. https://www.oricon.co.jp/news/2110196/full/ 2018年5月1日閲覧。 
  12. ^ 原沙知絵 (2018年6月1日). 原沙知絵、新シリーズは「今までと違う現場の雰囲気がある」. (インタビュー). マイナビニュース.. https://news.mynavi.jp/article/tokuso-1/ 2018年6月12日閲覧。 
  13. ^ 実咲凜音 - Instagram
  14. ^ 劇場入り&ドラマ出演情報やで(°▽°) - 山本篤 オフィシャルブログ 2018年4月9日
  15. ^ 石原直哉 - Instagram
  16. ^ プロフィール - 中島亜梨沙オフィシャルサイト
  17. ^ プロフィール - 三枝プランニング
  18. ^ 特捜9 第2話、ありがとうございました! - 片岡明日香 オフィシャルブログ 2018年4月19日
  19. ^ テレビ - アミューズ
  20. ^ プロフィール - 高岡事務所 Official Website
  21. ^ プロフィール - 中野笑店
  22. ^ 関健介 - Twitter 2018年4月25日
  23. ^ 小嶋さくら - Twitter 2018年5月2日
  24. ^ a b c d e “『特捜9』意外と子ども好き!? 青柳の株が上がった第5話&第6話の見どころ”. ORICON NEWS. (2018年5月16日). https://www.oricon.co.jp/news/2111491/full/ 2018年5月30日閲覧。 
  25. ^ プロフィール - クラージュキッズ
  26. ^ テレビ - アミューズ
  27. ^ プロフィール - クラージュキッズ
  28. ^ a b テアトルアカデミー - Twitter 2018年5月9日
  29. ^ プロフィール - SRプロダクション
  30. ^ Drama - ボックスコーポレーション
  31. ^ プロフィール - アンセム
  32. ^ a b “『特捜9』新加入のキャラが定着しはじめた第6話&第7話の見どころ”. ORICON NEWS. (2018年5月23日). https://www.oricon.co.jp/news/2112036/full/ 2018年5月30日閲覧。 
  33. ^ 菅井玲 - Twitter 2018年5月16日
  34. ^ a b テアトルアカデミー - Twitter 2018年5月23日
  35. ^ プロフィール - ジョビィキッズ
  36. ^ 特捜9 - Twitter 2018年5月19日
  37. ^ 松本亮 - Twitter 2018年5月23日
  38. ^ ミーアンドハーコーポレーション - Twitter 2018年5月18日
  39. ^ 関口敦史 - Twitter 2018年5月23日
  40. ^ “『特捜9』青柳VS村瀬に第3の男!?&第8話の見どころ”. ORICON NEWS. (2018年5月30日). https://www.oricon.co.jp/news/2112506/full/ 2018年6月12日閲覧。 
  41. ^ プロフィール - SRプロダクション
  42. ^ プロフィール - カートプロモーション
  43. ^ 岡村いずみ - Twitter 2018年5月25日
  44. ^ プロフィール - マイターン・エンターテイメント
  45. ^ a b “山田裕貴『特捜9』でキラリと存在感 「かなりプレッシャーだった」と本音も”. ORICON NEWS. (2018年6月6日). https://www.oricon.co.jp/news/2112991/full/ 2018年6月12日閲覧。 
  46. ^ プロフィール - アンセム
  47. ^ プロフィール - ケイエムシネマ企画
  48. ^ 加藤瑛斗 テレビ朝日「特捜9」第9話 出演 - ギュラ・キッズ 2018年5月31日
  49. ^ 田中瑛祐 - Twitter 2018年6月7日
  50. ^ お知らせ☆ - 濱仲太ブログ 2018年6月5日
  51. ^ 松宮かんな - Twitter 2018年6月7日
  52. ^ 【雪中梨世】2018/6/13 テレビ朝日「特捜9」最終回出演情報(2018/6/11) - クィーンズアベミュー INFORMATION
  53. ^ 脚本を担当させて頂きます。 - 山本南伊 オフィシャルブログ 2018年4月21日
  54. ^ a b “井ノ原快彦主演『特捜9』視聴率14.0%”. ORICON NEWS. (2018年6月14日). https://www.oricon.co.jp/news/2113548/full/ 2018年6月15日閲覧。 

外部リンク[編集]

テレビ朝日 水曜21時枠刑事ドラマ
前番組 番組名 次番組
相棒 16
(2017年10月18日 - 2018年3月14日)
特捜9
(2018年4月11日 - 6月13日)
刑事7人(第4シリーズ)
(2018年7月11日 - 〈予定〉 )