大内厚雄

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動
おおうち あつお
大内 厚雄
生年月日 (1972-03-16) 1972年3月16日(46歳)
出生地 日本の旗 日本
身長 174cm
職業 俳優
配偶者 あり(2010年 - )

大内 厚雄(おおうち あつお、1972年3月16日 - )は、日本の舞台俳優演劇集団キャラメルボックスおよびスーパーエキセントリックシアター映画放送部員[1]大阪府和泉市出身。体重60kg。血液型はO型。

神戸大学工学部卒業後、1995年演劇集団キャラメルボックスに入団。

2010年に元ネビュラプロジェクト社員の一般人と結婚し、2013年9月7日に子供が誕生した事を公表した[2]

出演[編集]

映画[編集]

テレビドラマ[編集]

ラジオドラマ[編集]

  • 青春アドベンチャー『エドモンたちの島』(2002年、NHK-FM) - 椎名淳之介役
  • フリオのために(2005年、NHK-FM) - フリオ役
  • マイ・ストーリー(2006年、MBS)
  • 青春アドベンチャー『月蝕島の魔物』(2012年、NHK-FM) - ニーダム役
  • 青春アドベンチャー『髑髏城の花嫁』(2013年、NHK-FM) - ニーダム役
  • River Side Cafe#7(2013年、TFM系) - 面接官(宮島)役
  • River Side Cafe#12「29歳 アパレル会社勤務」(2013年、TFM系) - 源五郎丸役
  • 青春アドベンチャー『獅子の城塞「我が城を築け!」信長の命で渡欧した石積み職人の遍歴』(2014年、NHK-FM)

CM[編集]

  • サッポロ黒ラベル(1998年)
  • サークルK(1999年)
  • トミー ポケットココロジー(1999年)
  • エイブル(2006年)
  • 午後の紅茶おいしい無糖「おにぎり公式飲料!?」キャンペーン『危うし!?おにぎり公式飲料』編(2013年)

PV[編集]

ドラマCD[編集]

舞台[編集]

太字は主演作品

演劇集団キャラメルボックス[編集]

客演[編集]

  • 『Sheep fucker's exit~殺しのコンチェルト~』(2003年、流山児★事務所) - ミキオ役
  • 『路地裏の優しい猫』(2008年・2009年、ストレイドック・プロデュース) - エイジ役
  • 『Oh! クラウディア』(2008年、レモンライブ) - 秘書・ラウル役
  • 『ペガモ星人の襲来』(2008年、G-up presents) - 岡田良役
  • 『魚人』(2009年、国際演劇協会) - リーディング
  • 田園に死す』(2009年・2012年・2014年、流山児★事務所) - 私役
  • 『棄憶〜kioku〜』(2010年、G-up presents) - 辰沢士郎役
  • 『パパ、アイ ラブ ユー!』(2012年、タクトプレイ・プロジェクト) - デーヴィット・モーティマー役
  • 『どんぶりの底』(2014年上演予定、流山児★事務所)
  • 『SHIP IN A BOTTLE』(2014年、OOPARTS)
  • 『日常是異常』(2015年) - ゲスト
  • 『追憶のアリラン』(2015年、劇団チョコレートケーキ)
  • 『やってみるのだ!』(2015年、ちび太ン家presents)
  • 『またまたやってみるのだ!』(2016年、ちび太ン家presents)
  • 『世界を繋ぐ方法』(2016年、yataPro)
  • 『ケンジ先生』(2017年)
  • 『もっともやってみるのだ!』(2017年、ちび太ン家presents) - 日替わり出演
  • 『眠れない羊』(2018年上演予定、劇団番町ボーイズ☆)
  • 『いつか抗い そして途惑う』(2018年上演予定、劇団イナダ組) - 東京公演のみ出演

演出[編集]

  • 『橋を渡ったら泣け』(2007年、演劇集団キャラメルボックス)

Story Dance Performance Blue[編集]

 大内厚雄の個人ユニットで、自身が脚本・演出・振付・企画・製作を行う。出演メンバーは演劇集団キャラメルボックス劇団員。使用音楽は演劇集団キャラメルボックスで使用した音楽が殆どである。

公演[編集]

  • Blue1『Blue』(2007年、スタジオニンバス)
出演 - 大内厚雄・岡内美喜子・小林千恵
  • Blue2『Blue is near water~水辺に佇む青~』(2010年、中野ウェストエンドスタジオ)
出演 - 大内厚雄・岡内美喜子・畑中智行・小林千恵・左東広之
自身が体験した阪神淡路大震災を元にしたシーンがある[4]
  • Blue3『Blue Sky Red Earth~空は青く 地は赤く~』(2011年、中野ザ・ポケット)
出演 - 大内厚雄・岡内美喜子・畑中智行・原田樹里
  • Blue4『The Blue Rose』(2012年、日暮里d-倉庫)
出演 - 大内厚雄・原田樹里・畑中智行・林貴子・左東広之・岡内美喜子
  • Blue5『Sky and Blue』~空と海の真ん中で~(2018年上演予定)
出演 - 大内厚雄・原田樹里・河内美里・畑中智行

イベント[編集]

2012年4月7日・8日にスタジオニンバスにて、Blue1からBlue3までをプロジェクターでビデオ上映するイベントが行われた。トークゲストは近江谷太朗(8日のみ)・岡田達也(7日のみ)・岡内美喜子・畑中智行(7日のみ)・左東広之・原田樹里。[5]

参考[編集]

  1. ^ スーパーエキセントリックシアターによるプロフィール”. SET公式サイト「週刊!!いんたねっとでSET」. 2012年11月10日閲覧。
  2. ^ このブログ読んでくださっている方へ、お詫びと報告”. あつをの一服日記. 2013年9月7日閲覧。
  3. ^ “キャスト”. 映画「シン・ゴジラ」公式サイト. http://shin-godzilla.jp/cast/ 2016年4月17日閲覧。 
  4. ^ 大内厚雄『Blue is near water~水辺に佇む青~』株式会社ネビュラプロジェクト、2010年初版、72頁解説より引用
  5. ^ “[http://ameblo.jp/atsuwo-o/entry-11182697294.html 2012年 03月04日『ゲスト情報』]”. あつをの一服日記. 2012年9月19日閲覧。

外部リンク[編集]