真柴あずき

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索
真柴あずき
プロフィール
本名 岡山直美
誕生日 (1964-03-20) 1964年3月20日(53歳)
出身地 山口県岩国市
血液型 B型
主な作品
テレビドラマ 雨と夢のあとに
てるてるあした
『菜の花ラインに乗りかえて~Flowers For Another Life』
映画 月とキャベツ
舞台 『四月になれば彼女は』
『彼の背中の小さな翼』


真柴 あずき(ましば あずき、本名:岡山直美(旧姓・佐々木)、1964年3月20日 - )は、日本の女優演出家劇作家脚本家山口県岩国市出身。演劇集団キャラメルボックス所属。夫は俳優のおかやまはじめ

早稲田大学第二文学部卒業。学生劇団「てあとろ50'」を経て、成井豊加藤昌史等と共に1985年、演劇集団キャラメルボックスを旗揚げ。

1993年『四月になれば彼女は』で劇作家デビュー。以後、成井豊と共同(作品のプロットはほぼ彼女が担当)でキャラメルボックス作品の作・演出を年1-2本程度手がける。

また、同劇団員坂口理恵と声優緒方恵美と2009年に劇団「ARMs」を旗揚げした。

作品一覧[編集]

TVドラマ[編集]

映画[編集]

ドラマCD[編集]

舞台[編集]

演劇集団キャラメルボックス[編集]

太字以外は全て成井豊と共同担当している

  • 『四月にれば彼女は』(1993年・2002年)
  • 『ALONE AGAIN』(1994年・2003年)
  • 『俺たちは志士じゃない』(1994年・1998年・2006年) - 2006年は脚本のみ
  • 『ヒトミ』(1995年・2004年・2014年) - 1995年・2004年は脚本のみで役者も兼任、2013年は脚本・演出を担当し出演はしない。
  • 風を継ぐ者』(1996年・2001年・2009年) - 漫画家の渡辺多恵子と友人関係[2]で、1996年『風を継ぐ者』を見た渡辺多恵子はそれをキッカケに『風光る』を連載開始。また、『風光る』単行本10巻の巻末漫画で絵(目だけ描かれていない状態)で登場している。[3]
  • 『あなたが地球にいた頃』(1997年)
  • 『ブラック・フラッグ・ブルース』(1997年・2004年)
  • 『マイ・ベル』(1998年)
  • 『TRUTH』(1999年・2005年)
  • 『MIRAGE』(2000年)
  • 『エトランゼ』(2001年)
  • 裏切り御免!』(2002年)
  • 『我が名は虹』(2004年)
  • 雨と夢のあとに』(2006年・2013年)
  • 『まつさをな』(2007年)
  • 『君の心臓の鼓動が聞こえる場所』(2008年)
  • すべての風景の中にあなたがいます』(2009年)
  • 光の帝国』(2009年)
  • 『エンジェル・イヤーズ・ストーリー』(2009年)
  • 『バイ・バイ・ブラックバード』(2010年)
  • 夏への扉』(2011年) - 演出のみ
  • 賢治島探検記』(2011年) - 演出のみ
  • 降り注ぐ百万粒の雨さえも』(2011年)
  • 流星ワゴン』(2011年)
  • 容疑者Xの献身』(2012年) - 演出のみ
  • アルジャーノンに花束を』(2012年)
  • 隠し剣鬼ノ爪
  • 盲目剣谺返し
  • 『彼の背中の小さな翼』(2013年) - 単独で脚本・演出を担当
  • 『ジャングル・ジャンクション』(2013年) - 脚本のみ
  • 『ケンジ先生』(2013年) - 演出のみ
  • 『あなたがここにいればよかったのに』(2014年)
  • 『涙を数える』(2014年)
  • 時をかける少女』(2015年) - 演出のみ
  • 『君をおくる』(2015年) - 演出のみ

著作[編集]

出演作品[編集]

舞台[編集]

演劇集団キャラメルボックス[編集]

  • 『地図屋と銀ライオン(1986年、渚) - 旗揚げ公演。本来主演のつなみ役する予定だったが、公演寸前で交代となった。[4]
  • 『左腕のガリバー』(1986年、クロ)
  • 『スケッチブック・ボイジャー』(1988年・2005年、夕顔) - 2005年は前田綾とダブルキャスト
  • 『不思議なクリスマスのつくりかた』(1988年・1996年、サリー)
  • サンタクロースが歌ってくれた』(1989年・1992年・1997年・2010年、サヨ)
  • 広くてすてきな宇宙じゃないか』(1990年・2012年、サイゴウ・1992年、オオクボ)
  • 『ヒトミ』(1995年・2004年、佐久間) - 脚本兼任
  • 『さよならノーチラス号』(1998年、真弓・2009年、佐知子)
  • 賢治島探検記』(2011年)
  • 『カレッジ・オブ・ザ・ウィンド』(2015年、タケコ)

ARMs[編集]

  • 『天ノ星ハ昔ノ光』(2009年、春田) - 脚本・演出兼任
  • 『愛すべき娘たち All My Darling Daughters』(2011年・2013年・2017年上演予定) - 脚本・演出兼任
  • 『天ノ星ハ昔ノ光2012』(2012年、春田) - 脚本・演出兼任
  • 『嘆きの花束』(2012年)
  • 『ファイアボール・ブルース』~近田ひさ子の憂鬱~(2014年)
  • 『ピエタ』(2015年)

参考[編集]

  1. ^ 千葉発地域ドラマ「菜の花ラインに乗りかえて~Flowers For Another Life」制作!”. NHK ONLINE. 2013年3月5日閲覧。
  2. ^ 渡辺多恵子『風光る』10巻(小学館)、2005年第15刷、184頁より引用
  3. ^ 渡辺多恵子『風光る』10巻(小学館)、2005年第15刷、184・185・189頁より引用
  4. ^ 加藤昌史『拍手と言う花束のために』ロゼッタストーン、2005年初版、24頁より引用

外部リンク[編集]