スペシャリスト (テレビドラマ)

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索
スペシャリスト
ジャンル 刑事ドラマ
放送国 日本の旗 日本
制作局 テレビ朝日
監督 七髙剛
脚本 戸田山雅司
出演者 草彅剛
南果歩
芦名星
平岡祐太
外部リンク ポータルサイト
土曜ワイド劇場(特別企画)
放送時間 土曜21:00 - 23:06(126分)
放送期間 2013年5月18日 - 2015年12月12日(4回)
プロデューサー 井圡隆(テレビ朝日)
船津浩一(テレビ朝日)
西勇哉(テレビ朝日)
目黒正之(東映)
和佐野健一(東映)
出演者 佐戸井けん太
紺野まひる
江波杏子
大杉漣
連続ドラマ
放送時間 木曜21:00 - 21:54(54分)
放送期間 2016年1月14日 - 3月17日(10回)
プロデューサー 船津浩一(テレビ朝日)
川島誠史(テレビ朝日)
目黒正之(東映)
和佐野健一(東映)
出演者 和田正人
夏菜
吹越満

特記事項:
初回は15分拡大(21:00 - 22:09)
テンプレートを表示

スペシャリスト Specialist』は、テレビ朝日系で放送された刑事ドラマシリーズである。

概要[編集]

無実の罪により10年間服役した経験のある刑事が刑務所で得た犯罪の知識を基に様々な事件を解決していくといった内容の異色のサスペンスドラマ。主演の草彅剛は本作で初の刑事役を演じることとなる[1][2]

2013年から2015年にかけて4回にわたり、テレビ朝日系の2時間ドラマ土曜ワイド劇場」(土曜日21:00 - 23:06・特別企画)で放送。

2016年1月14日から3月17日まで、舞台を京都から東京警視庁へ移し[3]木曜ドラマ』枠で連続ドラマ化された。なお、連続ドラマ版は2時間ドラマ版と違い、プログレッシブカメラでの撮影となっている[4]。連続ドラマ版は、第53回ギャラクシー賞・マイベストTV賞第10回グランプリを受賞[5]

あらすじ[編集]

土曜ワイド劇場版[編集]

見に覚えのない殺人未遂事件の容疑者として逮捕された宅間善人。10年近くの服役生活を続けていた宅間だったが、事件の被害者の意識が回復したことで冤罪であることが判明。出所が決まった宅間は京都府警の高倉紀一郎の勧誘を受け、新設された特別捜査係へ配属されることになる。

配属早々、とある事件の真相をあっさりと解明する宅間だが、特別捜査係主任の姉小路千波は彼の仕事に対する姿勢に反感を持つ。特別捜査係として実績を上げるため、姉小路は新たに4件の殺人事件を持ち込んでくるが、宅間は一見バラバラに見えるこれらの4つの事件がある共通点から一つに繋がっていることに気づく。

登場人物[編集]

警視庁・総合事犯対応係(仮称)[編集]

宅間 善人(たくま よしと)〈38〉[注 1]
演 - 草彅剛
京都府警察本部警務部広報課 → 京都府警察本部刑事部捜査第一課特別捜査係 → 警視庁刑事部総合事犯対応係(仮称)。階級は巡査部長。
犯罪者の心を知り尽くしたスペシャリスト」。
元は広報課に勤める事務職の警察官だったが、10年前に殺人未遂容疑で逮捕。懲役15年の実刑判決を受け滋賀中央刑務所に服役する(後に冤罪だと判明し、出所する)。服役の間に全受刑者の犯罪の技能・手口・心理状態などをデータベース化して記憶し、犯罪に精通したスペシャリストとも言える能力を得た。当時の受刑者番号は244番[注 2]
常に飄々とした態度をしており、自らの感情を正直に伝えることをしない。いち早く重要な情報に気が付いても、それを他のメンバーに伝えようとはせず、伝える場合でも、服役していた頃の知人を引き合いにしたたとえ話を用いて遠回しに言う事が多い。
インドア派らしく、特別捜査係の他の面子が現場に向かっている時でも一人オフィスのソファーで寝ている。そのくせ現場にも行かずに事件を解決に導いてしまうなど、勤務態度に不釣り合いな功績を数多く挙げている。
出所後すぐ特別捜査係への配属を言い渡される。その時すでに上層部の思惑に気付いてはいたが、仕事の条件は悪くなかったため、快く受け入れた。警視庁に異動するまで姉小路小枝の下宿の2階に部屋を借りて住んでいた。
連続ドラマ版から滝道の計らいにより警視庁に異動、第1話で捜査中の事件に巻き込まれて10か月服役した後、総合事犯対応係(仮称)に配属される。滝道から武藤の会話を盗聴したUSBメモリーを受け取ったことに始まり、よその部署から取り寄せた過去に起こった事件のファイルなどから「我々」について探っている。
決め台詞は「分かるんですよ、だって10年入ってましたから」(前述の通り、第1話で捜査中の事件に巻き込まれて10か月服役したため、以後「分かるんですよ、だって10年10か月入ってましたから」に変わった[注 3])。[注 4]
犯罪者達の離反によって空中分解した「我々」の「『我々』に関わる全てを抹殺する」という目的に巻き込まれる形で、「我々」にスカウトされた犯罪者・武藤により、前述の冤罪による10年間の服役を強いられた。逮捕された当初は、誰も手が付けられないほど感情的になっていたが、服役中に「自分を感情的に行動させて廃人にする事が、自分を冤罪に陥れた者達(「我々」)の狙いだ」と気づき、それ以来、自分の感情を率直に表さないようにしていた。
服役直後に法彦が生まれ父親になった事から、連続ドラマ第6話で渡辺麗香の息子・仁に親の思いについて語っている。
連続ドラマ第8話で美也子に会った後、彼女が「我々」にスカウトされた犯罪者・小池智英に毒入りの水を飲まされ危篤状態に陥った際に一時取り乱したが、彼と対峙した時には「殺したい、でも殺さない。刑事だから」と冷静に努め逮捕しようとした。
この直後の状況が誤解されて捜査一課に追われる事となるが、それを逆手に取り、自らの経験を生かしたゲームをネットに流し、真犯人をいぶり出した。
姉小路 千波(あねこうじ ちなみ)〈48〉[注 1]
演 - 南果歩
京都府警察本部刑事部捜査第一課 → 京都府警察本部刑事部捜査第一課特別捜査係主任 → 警視庁刑事部総合事犯対応係(仮称)主任。階級は警部補。
刑事の仕事に強い誇りを持つ「被害者の心に寄り添うスペシャリスト」。
警察官だった夫の竹彦を事件で亡くしてからは、娘の茜を女手一つで育てている。
捜査一課では女性ということで捜査の最前線に立つことが出来なかったが、特別捜査係に移ってからは宅間とコンビを組むことになる。
第4作で高倉本部長から警察学校教官のポストを打診されるも、宅間の身を案じて断った。
連続ドラマ第1話で事件に巻き込まれた宅間を救うために協力し、事件後は滝道の計らいで総合事犯対応係(仮称)に配属される。その際、茜と小枝を京都に残し単身赴任した。
宅間の能力を信頼している一方で、その能力が、彼自身を「犯罪者」へと変えてしまうのではないかと不安を感じている。
京都にいた時は関西弁を話していたが、東京に来てからは標準語で話すようにしている模様(小枝の前では関西弁に戻っている)。
松原 唯子(まつばら ゆいこ)〈29〉[注 1]
演 - 芦名星
京都府警察本部刑事部捜査第二課 → 京都府警察本部刑事部捜査第一課特別捜査係 → 警視庁刑事部総合事犯対応係(仮称)。階級は巡査部長。
京大出身で数か国語も話せる才女だが、その隙の無さが仇となり、コンビを組む相手がいなかった。
連続ドラマ第1話で事件に巻き込まれた宅間を救うために協力し、事件後は滝道の計らいで総合事犯対応係(仮称)に配属される。
我妻 真里亜(あづま まりあ)
演 - 夏菜[6](連続ドラマ)
警視庁刑事部総務課 → 警視庁刑事部総合事犯対応係(仮称)。階級は巡査。
現警察庁長官の白河を伯父にもつ。父親の我妻公昭は10年前に爆発事故で死亡したと思われていた[注 5]
総合事犯対応係(仮称)に異動し、宅間とコンビを組むことになる。
宅間がよその部署から取り寄せた過去に起こった事件のファイルの中に父親の事件の資料を見つけて、かつての自分の家庭教師で城明予備校の事務員である丹羽奈津美に会いに行くが、正体を現した彼女によって監禁される。事件解決後、公昭の葬儀の後に私的に訪ねてきた白河から「公昭君は『我々』の事を調べていなかったか」と問われた事を、姉小路に打ち明けた。
堀川 耕平(ほりかわ こうへい)〈33〉[注 1]
演 - 平岡祐太
京都府警察本部警備部護衛課のSP → 京都府警察本部「刑事部捜査第一課特別捜査係 → 警視庁刑事部総合事犯対応係(仮称)。階級は巡査部長。
以前は警備部に所属していたが、人とのコミュニケーションが苦手で孤立しがちであった。さらに第2作の1年前に、京都観光サミットを訪れた南セザールの要人警護中に、警護対象者が暴漢に爆竹を投げつけられた一件で、自身の教育係だった芳野純香のミスを押しつけられたことがダメ押しとなって特別捜査係に異動してくる。
連続ドラマ第1話で事件に巻き込まれた宅間を救うために協力し、事件後は滝道の計らいで総合事犯対応係(仮称)に配属される。

警視庁[編集]

野方 希望(のがた のぞむ)
演 - 和田正人[6](連続ドラマ)
警視庁刑事部捜査第一課の刑事。総合事犯対応係(仮称)と一課とのパイプ役。階級は巡査長。
実は「『我々』の息のかかった人間」であり、小池智英(本物)に毒入りのカプセルを飲ませて時間差で殺害し、宅間にその罪を着せた上で狙撃して始末しようとするも、発砲前に姉小路達が来たため断念する。
最終話では、宅間のゲームを利用して彼に接触、防弾チョッキを着用した状態で宅間の仕業に見せかけて自らを撃ち、彼を逮捕させようとしたが、事前にその企みを見抜いていた宅間によって一部始終を録画されていたため失敗、逮捕された。

警察庁[編集]

滝道 博喜(たきどう ひろき)
演 - 吹越満(第4作 / 連続ドラマ)
警察庁警備局警備企画課警備対策官。階級は警視正。
連続ドラマ時点では警視庁に出向中で、警視庁刑事部総合事犯対応係(仮称)を新設する。宅間に武藤の会話を盗聴したUSBメモリーを渡す一方で、警察庁長官から何らかの指示を受けていた。
その正体は「我々」のメンバーの一員で、「我々」が"勉強会"だった頃から「我々」に関する全ての情報を閲覧できる立場にいた。白河長官の懐刀として活動する一方で、彼の目を欺いて「犯罪者の有効利用」を独断で行っていた[注 6]
連続ドラマの第8・9話での「殺人トーナメント事件」において、「我々」の基本理念となる小説を書いたのが宅間の元妻・美也子だと知り、最終ターゲットを宅間から美也子に切り替え、小池智英(本物)に、毒入りの水を彼女に飲ませるよう差し向けた。
宅間に正体を突き止められた際、宅間達を京都府警から呼び集めて彼らと真里亜を総合事犯対応係(仮称)に配属させた真意を語り、特に宅間の存在を危険視し監視していた事を明かす。さらに、宅間に真里亜と公昭を殺して自分達の仲間になるよう唆すも、あくまで「刑事」であり続けようとする宅間に拒否される。最終的に松原と堀川の手で逮捕されたが、直後に服毒自殺を遂げてしまう。
白河 仙太郎
演 - 松平健(連続ドラマ第9話〈ノンクレジット〉・最終話)
警察庁長官で、真里亜の伯父。
かつて「我々」のメンバーだった。

京都府警察[編集]

猪熊 佐千夫〈55〉[注 1]
演 - 佐戸井けん太(第1作 - 第4作)
鑑識課長代理(主任) → 京都府警察本部刑事部捜査第一課特別捜査係係長。階級は警部。
本来なら鑑識課長になっていてもおかしくない経歴の持ち主だが、立身出世にはそれほど強い関心を持っていない。
衣笠 哲哉
演 - 春田純一(第1作 - 第4作)
京都府警察本部刑事部捜査第一課課長。階級は警視。特別捜査係を目の敵にしており、事件の捜査に関わることを嫌う。
花園 孝弘
演 - 水橋研二(第2作・第3作)
京都府警察本部刑事部捜査第一課の刑事で、衣笠の部下。階級は警部補。
伏見 和明
演 - 阿部進之介(第4作)
京都府警察本部刑事部捜査第一課の刑事で、衣笠の部下。階級は巡査部長。
高倉 紀一郎〈58〉[注 1]
演 - 大杉漣(第1作 - 第4作 / 連続ドラマ第9話・最終話)(大学生期:井上暉之[7]〈第2作〉)
京都府警察本部副本部長 → 京都府警察本部長。階級は警視監。京都中央大学の卒業生にして「自由の志士」の元メンバー。
宅間のために「京都府警察本部刑事部捜査第一課特別捜査係」を新設した張本人。かつて「我々」のメンバーであった。
第2作の「犯罪ビンゴ事件」にて、「自由の志士」のメンバー・永峰勇樹が書いた論文を公表前に公安へ流した[注 7]事により永峰が自殺してしまったため、真犯人に命を狙われた。
第3作では武藤久志の会話を盗聴し、武藤が「我々」の存在を明かした事に気づく。
第4作で事件の真犯人に銃撃されて致命傷を負い、「『我々』の存在に気をつけるんだ」と言い残して絶命した。

室町家[編集]

室町 美也子〈38〉[注 1]
演 - 紺野まひる(第1作 - 第4作 / 連続ドラマ第8話 - 最終話)
宅間善人の元妻。
宅間の逮捕時には子供を身ごもっていたが、宅間の服役を機に離婚。しかし今でも宅間とは互いに愛情を抱いている。そのため武藤からは「宅間唯一のアキレス腱」と、姉小路からは「船ののような存在」[注 8]と評されている。
宅間が出所した直後に再会し、そこで武藤と交際していることを明かす。だが第3作で、本性を表した武藤に連れ去られ人質となってしまう。
連続ドラマ第8話で上京し、宅間に再会。その後、「『我々』の存在・秘密を知る人物」の1人として、「我々」にスカウトされた犯罪者・小池智英に毒入りの水を飲まされ、危篤状態に陥る。同第9話にて、彼女が大学時代に書いた小説を参考にして宅間が書いたコラムが「我々」の基本理念となった事が判明する。同最終話では、直接描かれなかったものの、意識を取り戻した事が示唆されている。
室町 法彦
演 - 伊賀亮[8](第1作 - 第4作)
宅間と美也子の息子。宅間が服役した直後に生まれたため、第1作にて出所してきた宅間に初めて会う。最初の頃は実の父である宅間に対して沈黙していたが、第4作では美也子の入院中に宅間と仲良く打ち解けている様子が見られた。
連続ドラマ第9話では、美也子が上京している間に姉小路家に預けられていた。

姉小路家[編集]

姉小路 茜〈17〉[注 1]
演 - 宮武美桜(第1作 - 第4作)(幼少期:長田莉乃朱[9]〈第3作・ノンクレジット〉)
千波のひとり娘。下宿している宅間の部屋に入った際、壁に貼られていた新聞記事などから宅間が今も過去の事件に捕われていることに気づいた。
姉小路 竹彦
演 - 加藤重樹(第1作)、吉家章人(第3作)
千波の夫。故人。生前は京都府警察本部西大路警察署地域課の元係長で、階級は警部補。
2002年10月12日、強盗殺人事件の逃走犯・岡崎和馬に刺殺され殉職したとされていたが、真相は武藤による刺殺だった。
姉小路 小枝〈75〉[注 1]
演 - 江波杏子(第1作 - 第4作 / 連続ドラマ第9話)
竹彦の母、茜の祖母、千波の姑。賄い付き下宿屋の主人。
連続ドラマ第9話では、美也子の見舞いに東京を訪れ、宅間の暴走を恐れる千波に発破をかけた。

事件関係者[編集]

大宮 敏郎
演 - 徳井優(第1作 - 第4作)
京阪新聞の記者。宅間が犯人とされた傷害事件の被害者。
第3作では事件の犯人の1人である事が明かされる。宅間が作った京都府警広報キャラクター「キョートマン7」の発案者だが、その真意は織旗誠の事件に関わった司法関係者のターゲットを示すためのものであった。
織旗誠の事件の時、社会部の記者として事件に関する記事を書いたことで織旗誠を死に追いやった「罪悪感」を持っていた。怪文書が届いた5人と被害者遺族2人の計7人で連続殺人グループを結成し、表向きは市民サークル「マッチ棒で有名な建造物を作るサークル」メンバーとして活動しつつも、1人1殺のルールを作り、それに則って暗殺を行ってきた。しかし事情が変わったために武藤によって殴り倒され、昏睡状態に陥ってしまうが、10年の時を経て意識が回復。最後の7件目の殺人を実行するためにリハビリを懸命に行い、退院。そして、最後の7件目として「国会議員」を射殺しようとするも、宅間たちによって阻止され、逮捕される。
北本 正紀〈31〉[注 1]
演 - 斎藤工(第1作 - 第4作)(少年期:竹之内優武〈第1作〉)
京都府警察本部生活安全部サイバー犯罪対策課のチーフ監視オペレーターで、第1作で一連の殺人事件を計画した真犯人。
子供の頃、家族5人を隣人に殺害された過去を持つ。凶行に及んだ隣人もその場で焼身自殺してしまい、恨みや憎しみをぶつける相手を失ったまま成長する。
サイバー空間でネットの誹謗中傷を見ていくうちに犯行計画を思いつき、5人の連続殺人教唆を行う。最後に自分が焼身自殺する事で計画を完遂しようとするが、宅間に阻止され逮捕された。
第2作では裁判を受けており、証人として現れた宅間に「犯罪ビンゴ」が掲載されているサイトへのアクセス方法を教える。
第3作では効率よくネット炎上させるネット書き込みの「虎の巻」とされるUSBを宅間に渡す。
佐神 稚洋〈48〉[注 9]
演 - 上川隆也(特別出演 / 第2作 - 第4作 / 連続ドラマ第9話[10]
滋賀中央刑務所収監の受刑者。犯罪者の依頼に応じて無償で犯罪の計画から犯行方法・逃走手段までの犯行プランを考える天才で、「犯罪脚本家」という通称を持つ。
物語より15年前までは大阪府警察本部の捜査第一課に所属しており、当時はあらゆるジャンルの犯罪に関するノウハウやテクニックを熟知し難解な事件を次々と解決していった名刑事だったが、仕事がつまらないと考えるようになり、退職して犯罪者になった[注 10]。刑事だった経歴上、古今東西の犯罪の手口・最新の警察の捜査技術まで熟知しており、高確率で「完全犯罪」を行うことができる。宅間からは「妙に凝りまくった犯罪の計画」を作る者として認識されている。
「我々」に所属した過去もあり、スカウトされた犯罪者の中でも別格で「アドバイザー」をやっていた。実際「我々」が現在の計画に着手したのは、彼のアドバイスから始まる。
第2作で初登場。真犯人に「犯罪ビンゴ事件」の計画を提供する。宅間によって自爆を阻止された時は敗けを認め、宅間に自身の冤罪と姉小路の夫の事件が繋がってることを話す。
第3作では刑務作業中に接触しに来た宅間に連続殺人事件の背景や解くべき謎などのヒントを与える。
連続ドラマ第8話の時点で、既に刑期を終えて出所していた。第9話にて宅間と対峙した際、「殺人トーナメント事件」は危険過ぎてボツにしたシナリオを「我々」が盗用したものである事、「我々」が組織された経緯とその目的を明かしつつも、自身と宅間の関係性を決して交わることの無い「ネガ」と表現し、宅間との再戦を宣言したが、最終回までその素性や真の目的がはっきりと明かされることはなかった。
武藤 久志
演 - 要潤(第3作・第4作 / 連続ドラマ〈ノンクレジット〉)
警備会社勤務の元刑事。「我々」にスカウトされた犯罪者にして「『我々』の秘密を知る人物」の1人。
第3作の「キョートマン7連続殺人事件」の計画の考案者でもあり、姉小路の夫・竹彦を刺殺し、宅間を冤罪による罠に嵌めた犯人でもある。織旗誠の事件について少なからず「罪悪感」を持つ大宮達を裏で操り、そこで竹彦を殺すことを担当し、実行する。しかし宅間が「我々」の存在に気づいたことを知り、連続殺人計画を中止させてでも大宮を襲い、宅間にその罪を着せた。
本編開始の頃には宅間の動きを探るために美也子に近づき交際していたが、大宮の最後の殺人の失敗を知ると、美也子を連れ去り人質に取る。連続殺人事件・宅間の冤罪の事件・竹彦の刺殺事件と3件の事件の真相を語り、宅間に自殺を強要する。途中現れた姉小路の復讐心を煽るも、狙撃班に射殺された。
我妻 公昭
演 - 羽場裕一(連続ドラマ第3話・第9話・最終話)
我妻真里亜の父。法務省の元職員。公安調査庁所属。「我々」の主要メンバーの一人。
10年前に丹羽奈津美によって爆殺されたと思われていたが、第9話にて自身の死を偽装していた事が判明。
「我々」が解体された後、逃亡した犯罪者達の追跡調査で、「我々」のメンバーの一部が組織防衛の為に犯罪者達を利用していた事を知る。その事実を公表するよう白河長官に迫るが、「もし公表すれば、自分達の秘密を知る者全てを抹殺しようとする『我々』によって、公昭だけでなく、娘の真里亜も危険に晒される」と諭され断念する。
その後、10年前に丹羽奈津美が自分を殺害しようとして引き起こした爆破事件を逆手に取る形で自らの死を偽装し、自身の戸籍・名前を抹消し、「我々」の残党の監視を続けた結果、「我々」が生み出した犯罪者たちを利用しているのが滝道であることを突き止めるが、同時に真里亜が「人質」として極めて危険な立場に置かれていることを知り、真里亜との接触を極力避けていた。

その他[編集]

日暮 勇輔〈58〉[注 1]
演 - 中丸新将(第1作・第2作・第4作 / 連続ドラマ第1話)(大学生期:村田哲司[11]〈第2作〉)
宅間の国選弁護人を引き受けていた弁護士。京都中央大学の卒業生で「自由の志士」の元メンバー。高倉紀一郎とは朋友。
連続ドラマでは事件の真犯人によって殺人事件の犯人とされた宅間の弁護人を担当した。
銭家 円蔵
演 - 田中要次(第1作 - 第4作 / 連続ドラマ第6話(名前のみ)・第8話)
宅間の情報屋、ただし彼への情報料は姉小路が払っている。宅間とは雑居房仲間で、愛称は「銭やん」。
連続ドラマ第6話で、宅間に自らの似顔絵を模したマーク入りの盗聴器発見器を送っている。
連続ドラマ第8話では、「犯罪占い 銭やんの館」店主として登場。宅間に佐神の出所を知らせた。
松ケ崎 巌
演 - 螢雪次朗(第1作 - 第4作)
法務省矯正局大阪矯正管区滋賀中央刑務所の所長。宅間の能力を重宝しており、いくつも借りがあることから、彼が事件の捜査のために滋賀中央刑務所へ潜入する際には毎回惜しみ無く援助している。
看守長
演 - 浜口望海(第2作・第3作)
法務省矯正局大阪矯正管区滋賀中央刑務所の看守長。
第3作では受刑者の外部との不正なやり取りを、金銭を受けて協力したことを宅間に明かされ、拘束されてしまう。

用語[編集]

※ストーリー内に登場するキャラクター・組織などを記す。

京都府警刑事部捜査一課特別捜査係
表面上は捜査一課の支援を目的として立ち上げられた係だが、その実態は、扱いに困る宅間善人という存在を京都府警内で飼い殺しにするための「形の無い監獄」。
第4作で高倉本部長が解体を示唆する。
キョートマン7
宅間が京都府警広報課時代に作ったキャラクターで、キャッチコピーは「京都を守る正義のキョートマン7」。第3作のキーアイテムとなる。
  • キョートマンバイシクル - 制服警官
  • キョートマンウイング - 刑事
  • キョートマンアイ - 刑務官
  • キョートマンアンテナ - 検事
  • キョートマンテンビン - 弁護士
  • キョートマンハンマー - 裁判官
  • キョートマンバンザイ - 国会議員
なお、それぞれの名前はパンフレットの紹介文に書いてあるが、実際に作中で呼ばれる事は無かった。
警視庁刑事部総合事犯対応係(仮称)
連続ドラマにおける宅間達の異動先。実験的な部署であることから「(仮称)」がついている。
実は創設の真の目的は「(滝道自身にとって)不都合な出来事が起きた時に、宅間達をまとめて『処分』できるようにするための『危機管理』」であり、特に危険視していた宅間を監視する為の部署でもあった。
「我々」
犯罪者を集めて有効利用する非公式組織。
元々は、凶悪・複雑化する犯罪や日本国内に潜むテロの脅威に対抗するため、15年前に複数の公的機関[注 11]に所属する人間を集めた"勉強会"[注 12]であった。
宅間が京都府警広報課に所属していた頃、元妻・室町美也子が大学時代に書いた小説を参考に掲載されたコラム「『警察』と『更正を期待できない犯罪者』の関わり」が発端であり基本理念。
「更正を図るよりも、利用すべき。むしろ利用するしかない」という佐神の提言で、武藤など多くの「更正する見込みが無い犯罪者[注 13]」に諜報活動や今後起こりうる犯罪の予測等をさせることで「犯罪者による、犯罪の抑止[注 14]」と言った「犯罪者の有効利用」を図っていた。
ところがある日、集めた犯罪者達が示し合わせて「我々」のメンバーの情報や警察が極秘に保存していたあらゆる犯罪に関するデータを持ち逃げしたため計画は失敗、組織解体後は「自分達の失敗を世間に公表して責任を取るべきだ」とする一派と、自らの黒歴史を封印し「我々」の存在・秘密を知る者たちを1人残らず抹殺しようとする一派といった2つのグループに別れる[注 15]
しかし、現在では「我々」の理念や考え方があまりにも広がりすぎてしまい、「我々」という言葉は単一の組織を表すのではなく、1つの「概念」と化してしまっている。よって、世の中には「我々」の理念や考え方を有する犯罪者(あるいは犯罪者予備軍)が無数に存在する可能性があると、白河は指摘している。

土曜ワイド劇場(特別企画)[編集]

ゲスト(土曜ワイド劇場)[編集]

主要人物は登場人物を参照。

第1作(2013年)
  • 市村 勝幸(JRAの厩務員) - 伊藤洋三郎
  • 本郷 秀一(フリーター) - 野間口徹
  • 木島 大作(滋賀中央刑務所の受刑者) - 城明男
  • 滋賀中央刑務所の看守長 - 森岡豊
  • 友田 安彦(元アパートの大家・滋賀中央刑務所の受刑者) - 湯浅崇
  • 今里 辰治(清水家の隣人・故人) - 松蔵宏明
  • 中島 次郎(滋賀中央刑務所の受刑者) - 藤沢徹衛
  • 滋賀中央刑務所の受刑者 - 杉山幸晴
  • 滋賀中央刑務所の受刑者 - 浜田隆広
  • 高西 隆男(ジェットファイナンス社員・滋賀中央刑務所の元受刑者) - 山本道俊
  • 新井田 栄彦(不動産会社社長・笹部の幼馴染) - 入江毅
  • 笹部 昭文(通販会社社長) - 床尾賢一
  • 笹部 鏡子(笹部の後妻) - 井上紀子
  • 中原 道弘(銀閣小学校教師・小学校教諭殺人事件の被害者) - 川鶴晃裕
  • 鳥飼 永代(専業主婦・山科主婦殺人事件の被害者) - 小畠徳子
  • 青山 潤二(青山美容外科クリニックの外科医・整形外科医殺人事件の被害者) - 井上剛
  • 春日 浩江(ホステス・河原町ホステス殺人事件の被害者) - 中村彩実
  • 友田(友田の妻) - 堀部由加里
  • 村瀬 美樹男(京都市民病院の医師) - 山根誠示
  • 藤岡 希美(京都市民病院の看護師) - 中山京子
  • 清水 徳郎(故人) - 笠井隆介
  • 清水 静江(徳郎の妻・故人) - 秋山佳子
  • 清水 咲子(徳郎と静江の娘・故人) - 紅露朱音
  • 清水 昭三(徳郎の父・故人) - 家辺隆雄
  • 清水 龍子(昭三の妻・徳郎の母・故人) - 田村ときこ
  • 鳥飼(永代の夫) - 下元佳好
第2作(2014年)
第3作(2015年)
  • 加藤 志朗(屋上立てこもり犯・警備会社社員) - さがね正裕 (X-GUN)
  • 加藤 芳子(志朗の妻) - 吉沢梨絵
  • リポーター - 小倉星羅
  • 中島 輝一(京都洛西拘置所の元刑務官・故人) - 浅田祐二
  • 杉山 秋臣(京都地裁の元裁判官・故人) - 及川達郎[16]
  • 久保田 周(人材派遣会社社長・京都地検の元部長検事) - 高谷恭平[17]
  • 星田 翔大(満子の息子・故人) - 仲井大和
  • 織旗 誠(殺人事件の元被告・故人) - 宮前侑平
  • 星田 満子(市民サークル「マッチ棒で有名な建造物を作るサークル」メンバー) - 洞口依子
  • 照屋 勇(市民サークル「マッチ棒で有名な建造物を作るサークル」メンバー) - 高田翔ジャニーズJr.
  • 徳山 郁夫(市民サークル「マッチ棒で有名な建造物を作るサークル」メンバー) - 田中隆三
  • 五木 幸枝(市民サークル「マッチ棒で有名な建造物を作るサークル」メンバー) - 滝沢涼子
  • 常田 信雄(市民サークル「マッチ棒で有名な建造物を作るサークル」メンバー) - 夙川アトム
  • 沢田 篤史(加茂川警察署の副署長・姉小路竹彦の同期) - 国広富之
  • 南 佳代子(弁護士・芸能事務所「スターコートプロダクション」所属) - 山下容莉枝
  • 天谷 裕作(隆治の息子・天谷総研執行役員 秘書室長) - 弓削智久
  • 天谷 隆治(天谷総研代表取締役・元衆議院議員) - 団時朗
  • 岡崎 和馬(強盗殺人犯・故人) - 奥深山新
  • マンション管理人 - 多賀勝一
  • 京都府警警備部長 - 浅井誠
第4作(2015年)
  • 岡崎 森広(フリーター・デリンジャー) - 渡部豪太
  • 田辺 晴文(ラーメンたなべ店主・ハウプトマン) - 中村靖日
  • 磐田 鎮男(嵐山市役所広報課長) - 松尾諭
  • 海老名 未久(桂川市立銀閣中学校の元理科教師・ヤング) - MEGUMI
  • 瀬戸 不二夫(文部科学省大臣秘書官) - 奥田達士
  • 柳瀬 功治(京都府警警備部) - 野仲イサオ
  • 稲城 成重(文部科学大臣) - 神保悟志
  • 那須 周太(元証券会社社員・ポンジ) - 古賀英鉄
  • ロクスケ(元宝石店員・滋賀中央刑務所の受刑者) - 山本禎顕
  • キョウジュ(ITのプロ・滋賀中央刑務所の受刑者) - 森崎正弘
  • ブーチン(元自衛隊員・滋賀中央刑務所の受刑者) - 北川裕介
  • 警察官 - 城土井大智
  • 山田 三太(滋賀中央刑務所の受刑者) - F.ジャパン
  • 須崎 真枝(嵐山市長) - 高橋ひとみ

スタッフ(土曜ワイド劇場)[編集]

放送日程(土曜ワイド劇場)[編集]

話数 放送日 サブタイトル 脚本 監督 視聴率
1 2013年5月18日 無実の罪で10年服役した刑事と殉職警官の妻…
異色タッグが京都を揺るがす4つの殺人連鎖に挑む!
戸田山雅司 七髙剛 19.4%[18]
2 2014年3月08日 全ての犯罪を知る刑事vs.完全犯罪を操る男!
京都の街に現れた謎の暗号…女性議員を狙う殺人計画の罠
16.1%[19]
3 2015年2月28日 無実の罪で10年服役した刑事!7体のフィギュアが結ぶ連続殺人
冤罪の謎が解ける衝撃の結末とは!?
14.8%[3]
4 12月12日 10年服役した刑事が挑む最後の事件!
一般市民が参加する劇場型犯罪ショー!? 着ぐるみ誘拐が導く連続殺人!!
最後に待つのは大切な人の死…衝撃の結末
12.1%[20]

連続ドラマ[編集]

ゲスト(連続ドラマ)[編集]

主要人物は登場人物を参照。

第1話
  • 新宮司 朱子(直兎の妻・旧姓は鳥越) - 石田ひかり
  • 近藤 竜行(新宮司家の顧問弁護士) - 松田賢二
  • 横内 幹也(ライター) - 遠山俊也
  • 新宮司 直兎(小説家) - 金藤洋司
  • バルやん(滋賀中央刑務所の受刑者) - 石塚義之
  • 君原 清香(兼文の娘・先天性の肝臓疾患の患者) - 中川真桜
  • 清香の担当医師 - 吉見幸洋
  • 君原 兼文(新宮司家の執事・新宮司家に清香と住み込み) - 井上順
第2話
  • 山辺 和幸(老舗玩具メーカー「ユキザワトーイ」取締役) - 矢島健一
  • 布田 央彦(ユキザワトーイのキャリア強化室社員) - 小宮孝泰
  • 境野 光朗(ユキザワトーイの警備員) - 金井勇太
  • 戸越(警視庁刑事部捜査一課の刑事) - 山崎画大(最終話にも出演)
  • 板野 朋之(ユキザワトーイ営業部長) - 辻つとむ
  • 板野 晴子(板野の妻) - 阿部朋子
  • みのり(ユキザワトーイ社員) - 徳橋みのり
  • ボラっち(滋賀中央刑務所の受刑者) - CR岡本物語
  • 連城 明弘(ユキザワトーイ営業部社員) - 相島一之
  • 辻岡 益美(ユキザワトーイ開発リーダー) - 雛形あきこ
第3話
第4話
第5話
  • 藤村 毅(俳優) - 神尾佑
  • 真壁 修輔(ヴォルテ文化ホールのスタッフ・元化学工場の経営者) - 東根作寿英
  • 小宮山 月子(元女優・故人) - 片岡礼子
  • 武田 健吾(映画監督) - 山崎大輔
  • 山本 美沙(藤村のマネジャー) - 広岡由里子
  • チャメやん(滋賀中央刑務所の受刑者) - 水野智則
  • ヴォルテ文化ホールのスタッフ - 松尾英太郎
  • 星野 孝之(10年以上前に失踪・白骨遺体で発見) - 田島俊弥
  • 滋賀中央刑務所の受刑者 - 龍坐
  • 草ヶ谷(ヴォルテ文化ホールのスタッフ) - 松崎颯
  • 坂口 徹(滋賀中央刑務所の受刑者) - 大川ヒロキ
  • 滋賀中央刑務所の受刑者 - 柏村栄行
  • ヴォルテ文化ホールの警備員 - 原圭介
  • 試写会の司会者 - 南伊
第6話
第7話
  • 山本 茂文(玄豊会総合病院の事務長) - 袴田吉彦
  • 高沢 憲一(玄豊会総合病院の外科部長) - 池田政典
  • 鳥塚 蕗子(玄豊会総合病院の看護師) - 逢沢りな[22]
  • 馬場 小百合(玄豊会総合病院の案内ボランティア) - 小柳友貴美
  • 湊 修一郎(OVIS tecのチーフエンジニア) - 山本剛史
  • 鮎原 巧(玄豊会総合病院の心療内科医) - 和泉崇司
  • 古堂 麻人(詐欺師) - 鈴木一功
  • 成田 喜和子(玄豊会総合病院の看護師長) - 阿南敦子
  • 室川 典子(玄豊会総合病院の通院患者・妊婦) - 羽里早紀子
  • 新木 勝治(営業マン) - 真田幹也
  • 梶村 隼男(帝徳電機産業のシステムエンジニア) - 黒岩司
  • 猪鹿さん(滋賀中央刑務所の受刑者) - シベリア文太
  • 玄豊会総合病院の眼科医 - 和田武
  • 玄豊会総合病院の消化器内科医 - 植田靖比呂
  • 若い男(オレオレ詐欺の電話を掛ける男) - 亀岡孝洋
  • 帝徳電機産業社員 - 伊住聰志
  • 大城 滋夫(スマートトレンドグループ会長・玄豊会総合病院の入院患者) - 清水章吾
第8話
  • 安西 桂子(15年前に夫に対する保険金殺人の共犯で逮捕されたが不起訴処分) - 井上和香(第9話にも出演)
  • 小池 智英(13年前に同級生を急性薬物中毒死させた疑いで保護観察処分) - 石黒英雄(第9話・最終話にも出演)
  • 牧瀬 照美(14年前に再婚相手の子供を虐待死させた疑いで逮捕されたが不起訴処分) - 及川奈央
  • 郡司 喜作(暴力団「龍翠会」元組長・14年前に傷害致死容疑で逮捕されたが不起訴処分) - 南雲佑介(第9話にも出演)
  • 大木 尚文(会社員・11年前に仲間を転落死させた疑いで聴取を受けたが事故として処理) - 大澤一成
  • 岸田 貴人(上袋警察署上袋東交番巡査) - 神谷まこと(第9話にも出演)
  • 高野 富江(スーパーのパート店員・10年前に母を死体遺棄した容疑で逮捕されたが執行猶予) - 榎本由希(第9話にも出演)
  • ウオちゃん(元空き巣・滋賀中央刑務所の受刑者) - ゆうぞう(インスタントジョンソン
  • ネットカフェ店員 - 酒井和哉
  • 笠置 幸二(無職・12年前に元恋人を殺害した容疑で逮捕されたが起訴猶予処分) - 池田わたる
第9話
最終話
  • 宮前(警視庁刑事部捜査一課の刑事) - 永倉大輔

スタッフ(連続ドラマ)[編集]

舞台が東京に変わったことで、プロダクション担当も東映東京撮影所に変わっている。

放送日程(連続ドラマ)[編集]

  • 2016年1月クールのドラマで唯一全話を通じて2桁となった[24]
話数 放送日 サブタイトル 脚本 監督 視聴率[24]
第1話 1月14日 10年間刑務所にいた刑事!トリックだらけの密室殺人!! 美人妻の空白の300日 戸田山雅司 七髙剛 17.1%
第2話 1月21日 10年服役した刑事!いろはカルタ殺人事件月夜に狙われた女!! 12.5%
第3話 1月28日 時効寸前!殺人罪を消滅させるトリック!? 悪女の復讐!! 14.1%
第4話 2月04日 女刑事・姉小路の罪 5年の嘘!? 京都〜東京2つの殺人の点と線 及川拓郎 11.8%
第5話 2月11日 殺人上映会!死んだ女優から謎の招待状…容疑者は観客全員!? 徳永友一 12.1%
第6話 2月18日 復讐のピアニスト!母子を引き裂く遠隔殺人トリック!! 細川光信 12.2%
第7話 2月25日 病院が巨大密室に!?致死率100%ウイルス ナースの完全犯罪!! 戸田山雅司 11.5%
第8話 3月03日 最終章!殺人トーナメントの標的は宅間!?妻との永遠の別れ… 及川拓郎 10.9%
第9話 3月10日 すべての謎が明らかに!冤罪に陥れた男とついに対決!! 七髙剛 11.3%
最終話 3月17日 さよなら宅間!目撃者は1000人!!命がけの逆転トリック 12.0%
平均視聴率 12.6%[25](視聴率はビデオリサーチ調べ、関東地区・世帯)
テレビ朝日 木曜ドラマ
前番組 番組名 次番組
遺産争族
(2015.10.22 - 2015.12.17)
スペシャリスト
(2016.1.14 - 2016.3.17)

関連項目[編集]

  • 味いちもんめ - 草彅剛と同じSMAPの中居正広主演のドラマ。2013年スペシャルでは草彅剛が宅間善人役で友情出演した[26]
  • 科捜研の女 - 本作と同じく京都府警を舞台としたテレビドラマで、2016年1月14日放送回で、宅間善人が送った荷物が科捜研に間違って届くという設定でコラボレーションした[27]。翌1月21日からはドラマ終了後、本作へのクロスプログラムで善人とマリコが共演する[注 17]

注釈[編集]

  1. ^ a b c d e f g h i j k 年齢は2時間ドラマ版初回の「登場人物(相関図)」による。
  2. ^ この番号は松ケ崎の計らいで永久欠番とされており、滋賀中央刑務所に潜入する時には毎回244番の囚人服を着ている。
  3. ^ 第4話では、真犯人が冤罪被害者でないと見破れた理由を問われた姉小路が「分かるんですよ、あたし。あたしの相方、10年10か月入ってましたから」と答えている。
  4. ^ 最終話では、滝道と対峙した現場に駆け付けた姉小路の問いに対して「分かるんですよ、だって2年10か月一緒にいましたから」と返答している。
  5. ^ 実は丹羽奈津美による爆殺だったのだが、第9話でそれを利用して身を隠していた事が判明する。
  6. ^ 動機は本人曰く「こんな『面白いオモチャ』を使わない手はない」との事。
  7. ^ 悪気があったのではなく、永峰と婚約し子供を宿していた芳野香里から「永峰が革命の旗頭として祭り上げられるのを防いでほしい」と頼まれ、彼女の気持ちに共感した高倉は永峰に論文を破棄するよう訴えたが、永峰がそれを頑なに拒んだ為に、高倉はやむを得ず論文を公安にリークした。
  8. ^ また、この台詞に続けて「宅間が犯罪者でない側に踏み留まっていられたのは、美也子さんという存在があったから」と補足している。
  9. ^ 第2作の初登場で宅間と邂逅した時、宅間の口から言われている。
  10. ^ 理由については、刑事の仕事を野球のバッターに例えた上で「断然ピッチャーがいい」と述べている。
  11. ^ 全国の警察、検察庁、裁判所、公安調査庁や内閣情報調査室等の諜報機関、法務省の官僚、政治家など多岐に渡る。
  12. ^ 元々この"勉強会"に正式名称は無く、会議中にメンバーが頻繁に使う「我々」という言葉がそのまま"勉強会"の名称となった。
  13. ^ 作中宅間はそのような人物を「犯罪が好きで好きで仕方がなくて、殺人ですら心から楽しんでやれる奴」と表現している。
  14. ^ 佐神はこれについて「今思えば、宅間さんを人工的に作る試みだったのかもしれません」と述べている。
  15. ^ 現在は、高倉と白河、真里亜の父・公昭は前者の一派、野方と滝道は後者の一派の一員として、秘密裏に行動している。
  16. ^ それまで小池智英とされていたのは須賀和也
  17. ^ ただし2月11日は直前番組が『徹子の部屋』40周年記念2時間SPになったため、共演クロスプログラムは行われなかった(マリコは元より黒柳徹子とも)。また最終回では直前番組がドラマSP『福田和子 整形逃亡15年』になったため(『科捜研』は前週で終了)、共演クロスプログラムは無し。

出典[編集]

  1. ^ SMAP中居主演『味いちもんめ』&草なぎ主演新作刑事ドラマ2週連続放送”. ORICON STYLE (2013年2月25日). 2016年1月24日閲覧。
  2. ^ 土曜ワイド劇場特別企画 ドラマスペシャル 「スペシャリスト」みどころ
  3. ^ a b “草なぎ剛:主演刑事ドラマの第4弾&連ドラ化が決定”. MANTANWEB. (2015年11月14日). http://mantan-web.jp/2015/11/14/20151113dog00m200025000c.html 2015年11月14日閲覧。 
  4. ^ 機材レンタル担当「ナックイメージテクノロジー」facebook2016/1/13分記事より
  5. ^ “SMAP草なぎ主演「スペシャリスト」マイベストTVグランプリ”. スポニチアネックス. (2016年5月24日). http://www.sponichi.co.jp/entertainment/news/2016/05/24/kiji/K20160524012644400.html 2016年5月24日閲覧。 
  6. ^ a b 夏菜&和田正人、草なぎ剛主演『スペシャリスト』に出演決定”. テレビドガッチ (2015年12月2日). 2016年3月11日閲覧。
  7. ^ プロフィール - アティチュード
  8. ^ プロフィール - エヌ・エー・シー
  9. ^ プロフィール - エヌ・エー・シー
  10. ^ 上川隆也が再び草なぎ剛の前に立ちはだかる!”. Smartザテレビジョン (2016年3月10日). 2016年3月11日閲覧。
  11. ^ 村田哲司 - Twitter 2014年3月7日
  12. ^ プロフィール - ルート
  13. ^ プロフィール - エヌ・エー・シー
  14. ^ 鈴木一輝 - Twitter 2014年3月8日
  15. ^ プロフィール - エヌ・エー・シー
  16. ^ プロフィール - エヌ・エー・シー
  17. ^ プロフィール - エヌ・エー・シー
  18. ^ 草なぎ剛、19.4%の高視聴率刑事ドラマ第2弾決定”. ORICON STYLE (2014年1月28日). 2014年12月30日閲覧。
  19. ^ SMAP草なぎ剛の高視聴率ドラマ第3弾決定 コメント到着”. モデルプレス (2014年10月29日). 2014年12月30日閲覧。
  20. ^ テレビ視聴率ランキング”. インターネットTVガイド (2015年12月25日). 2016年1月3日閲覧。
  21. ^ “【エンタがビタミン♪】矢田亜希子と『スペシャリスト』で共演 草なぎ剛が意味深なセリフ”. Techinsight. (2016年2月19日). http://japan.techinsight.jp/2016/02/yadaakiko-kusanagi-spesialist-18.html 2016年3月11日閲覧。 
  22. ^ 【テレビ出演情報】逢沢りな、「スペシャリスト」で看護士になる!?”. DAILY MORE (2016年2月24日). 2016年2月27日閲覧。
  23. ^ 川島誠史 (2016年3月13日). 草なぎ剛、初の刑事役で新境地 『スペシャリスト』プロデューサーが舞台裏を語る. (インタビュー). クランクイン!.. http://www.crank-in.net/entertainment/interview/41981 2016年3月16日閲覧。 
  24. ^ a b 草なぎ主演「スペシャリスト」最終回視聴率は12.0%!唯一全話2桁”. スポニチアネックス (2016年3月18日). 2016年3月18日閲覧。
  25. ^ ジャニーズドラマがトップ3制覇、綾瀬はるか&堀北真希は爆死! 1月期ドラマ視聴率”. サイゾーウーマン (2016年3月24日). 2016年3月25日閲覧。
  26. ^ 中居正広主演「味いちもんめ」に「スペシャリスト」の草なぎ剛が出演!SMAP初の夢コラボが実現!!”. Smartザテレビジョン (2013年4月19日). 2014年12月30日閲覧。
  27. ^ 「科捜研の女」に“スペシャリスト”草なぎ剛が登場!”. Smartザテレビジョン (2015年12月25日). 2015年12月29日閲覧。

外部リンク[編集]