成井豊

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索
成井豊
プロフィール
別名 成井純彦(なるい すみひこ)
誕生日 (1961-10-08) 1961年10月8日(55歳)
出身地 埼玉県
血液型 B型
主な作品
テレビドラマ 雨と夢のあとに
てるてるあした
舞台 銀河旋律
サンタクロースが歌ってくれた
その他
BS11『宮崎美子のすずらん本屋堂』コメンテーター

成井 豊(なるい ゆたか、1961年10月8日 - )は、日本の演出家劇作家埼玉県出身。演劇集団キャラメルボックス代表。東京学芸大学教育学部附属高等学校早稲田大学第一文学部卒業[1]

早稲田大学時代に学生演劇サークルてあとろ50'に在籍。高校教師を経て、1985年に同窓で、学生時代に下記『不思議なクリスマスのつくりかた』の原案作品である『キャラメルばらーど』を見てその才能を見込んだ加藤昌史に口説き落とされ演劇集団キャラメルボックスを結成。全公演の演出を手掛ける。作風はエンターテインメントファンタジーが基調。現在は同劇団で脚本・演出を担当するかたわら、ENBUゼミナールで演劇の授業を行っている。

耳をすませば』に、声優としてクレジットされている。

作品一覧[編集]

テレビドラマ[編集]

ラジオドラマ[編集]

  • あたしの嫌いな私の声(1992年、NHKFM)
  • 広くてすてきな宇宙じゃないか(1993年、NHKFM)

小説[編集]

舞台[編集]

演劇集団キャラメルボックス[編集]

  • 『柿本サーガシリーズ』(1989年~)
  • 『立川迅助シリーズ』(1996年~)
  • 『スケッチブックボイジャー』(1988年~)
  • 『不思議なクリスマスのつくりかた』(1988年~)
  • 『サンタクロースが歌ってくれた』(1989年~)
  • ハックルベリーにさよならを』(1991年~)
  • 『ナツヤスミ語辞典』(1991年~)
  • 『ブリザード・ミュージック』(1991年~)
  • 『カレッジ・オブ・ザ・ウィンド』(1992年~)
  • 『また逢おうと竜馬は言った』(1992年~)
  • 嵐になるまで待って』(1993年~) - 自身の同名小説が原作
  • 『俺たちは志士じゃない』(1994年~)
  • 『ヒトミ』(1995年~)
  • 『さよならノーチラス号』(1996年~)
  • 『ブラック・フラッグ・ブルース』(1997年~)
  • 『TRUTH』(1999年~)
  • 『ケンジ先生』(1996年~)
  • 『君の心臓の鼓動が聞こえる場所』(2008年)
  • 『エンジェル・イヤーズ・ストーリー』(2009年) - 自身の小説『天使の耳の物語』が原作
  • 『水平線の歩き方』(2011年~)
  • 『ヒア・カムズ・ザ・サン』(2011年~) - この作品をキッカケに有川浩が『ヒア・カムズ・ザ・サン』を執筆した[2]
  • キャロリング』 - 有川浩と原案を共作[3]
  • 『ずっと二人であるいてきた~もうひとつの雨のものがたり~』(2013年) - 原案は柳美里『雨と夢のあとに』だが成井豊がオリジナルで5年後を執筆した[4]
以下の作品は脚本・演出・構成のみ

外部[編集]

脚本[編集]
  • 『ありがとうサボテン先生』(2002年、松竹ミュージカル)
  • 『つばき、時跳び』(2010年、明治座八月公演)
演出[編集]
  • 『進め!ニホンゴ警備隊』(2004年、福澤一座)
  • 『Dr.TV~汐留テレビ緊急救命室~』(2005年、福澤一座)

出演作品[編集]

映画[編集]

テレビ[編集]

  • 宮崎美子のすずらん本屋堂

舞台[編集]

  • 『地図屋と銀ライオン』(1986年、地図屋)
  • 『左腕のガリバー』(1986年、チップス先生)
  • 『百万年ピクニック』(1987年、博士)
  • 『北風のうしろの国』(1987年、レンタロウ)
  • 『子の刻キッド』(1987年、パパ)
  • 『スケッチブック・ボイジャー』(1988年、館長)
  • 『グッドナイト将軍』(1988年、オオシマ)
  • 銀河旋律』(1989年、館長)
  • 『サンタクロースが歌ってくれた』(1989年、監督)

脚注[編集]

  1. ^ 成井豊”. 演劇集団キャラメルボックス. 2014年8月5日閲覧。
  2. ^ 有川浩、朝井リョウ、伊瀬勝良、海猫沢めろん、神永学、佐藤友哉、田辺青蛙、元長征木、吉野匠、滝本竜彦『カドカワキャラクターズ ノベルアクト2』角川書店、2012年7月15日再版、208~220頁より引用
  3. ^ 文藝春秋『別冊文藝春秋 2011年11月発行第302号』文藝春秋、2012年11月1日発行、99~103頁より引用
  4. ^ 『ずっと二人であるいてきた~もうひとつの雨のものがたり~』”. 演劇集団キャラメルボックス. 2014年8月5日閲覧。
  5. ^ サンシャイン劇場35周年記念公演キャラメルボックス2013スプリングツアー『ナミヤ雑貨店の奇蹟』”. 演劇集団キャラメルボックス. 2013年2月5日閲覧。
  6. ^ CSC限定販売 年間観劇チケット「トライアスロンパス」”. 演劇集団キャラメルボックス. 2013年8月9日閲覧。

外部リンク[編集]