ひぐちアサ

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
ひぐち アサ
生誕 1970年5月17日(43歳)[1]
日本の旗 日本 埼玉県さいたま市
国籍 日本の旗 日本
職業 漫画家
活動期間 1998年(平成10年) -
ジャンル 青年漫画
代表作 おおきく振りかぶって
受賞 第10回手塚治虫文化賞新生賞
(『おおきく振りかぶって』)
第31回講談社漫画賞一般部門
(『おおきく振りかぶって』)
テンプレートを表示

ひぐち アサ1970年5月17日[1] - )は、日本の女性漫画家埼玉県さいたま市出身[2]。代表作は『おおきく振りかぶって』。

来歴[編集]

埼玉県さいたま市で生まれる。中学ではソフトボール部に在籍[1]、進学先の埼玉県立浦和西高等学校でも引き続きソフトボール部に在籍する。

その後、法政大学文学部心理学科に進学し[2]、スポーツ心理学を専攻[1]。大学では漫画研究会や写真研究会に所属していた。

大学卒業後の1998年ひぐちアーサー名義でアフタヌーン四季賞(春)に「ゆくところ」を投稿、四季賞を受賞する。同年、『月刊アフタヌーン』(講談社)8月号に「ゆくところ」が掲載され、漫画家デビューを果たす。

以後、『月刊アフタヌーン』で、「家族のそれから」「ヤサシイワタシ」といった、家族のきずななどを描いた内面的な作品を発表する[3]

2003年、それまで描いていた恋愛ドラマや家族ドラマから離れ、高校野球をテーマにした「おおきく振りかぶって」の連載を開始[1]。同作では作者自身の経験を活かしてスポーツ科学やメンタルトレーニングを取り入れ[1]、野球マンガに新たな表現の可能性を示した[3]。そのことが評価され、2006年に「おおきく振りかぶって」で第10回手塚治虫文化賞新生賞を受賞した[3]。翌2007年には「おおきく振りかぶって」で第31回講談社漫画賞一般部門を受賞した[4]

人物[編集]

独特な台詞回しによって登場人物の人間関係を描く作風で、繊細な心理描写が特徴。

2010年6月30日、埼玉県営大宮公園野球場で、埼玉西武ライオンズ主催のゲーム(相手は北海道日本ハムファイターズ)が「おおきく振りかぶって」のコラボレーションで始球式を務めた。

おおきく振りかぶって」の長期休載(2011年)期間中に長女を出産したことを明かしている[5]

作品リスト[編集]

その他の活動[編集]

  • おおきく振りかぶって(テレビアニメ) - 原作者として作品を全面監修。
  • おおきく振りかぶってマスコットフィギュア(ユージン)- 水谷文貴、栄口勇人、泉孝介のフィギュアの監修。

脚注[編集]

  1. ^ a b c d e f ひぐちアサ”. コミックナタリー. 2012年1月17日閲覧。
  2. ^ a b 『おおきく振りかぶって』作品紹介”. 講談社コミックプラス. 2012年1月17日閲覧。
  3. ^ a b c 第10回手塚治虫文化賞新生賞”. 朝日新聞社. 2012年1月17日閲覧。
  4. ^ 過去の受賞者一覧”. 講談社. 2012年1月17日閲覧。
  5. ^ 月刊アフタヌーン 2011年11月号