市川春子

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索
市川春子
生誕 日本の旗 日本 千葉県
国籍 日本の旗 日本
職業 漫画家
活動期間 2006年 -
ジャンル アクションバトルファンタジー
代表作 『虫と歌 市川春子作品集』
25時のバカンス 市川春子作品集II
宝石の国
公式サイト AGAR
テンプレートを表示

市川 春子(いちかわ はるこ、1980年 - )は、日本漫画家千葉県出身。北海道札幌市在住。北海道教育大学美術科卒業。

経歴[編集]

小中高とゲームばかりで、漫画は友だちからオススメを借りることのほうが多く、小学校の頃、『ハイスクール!奇面組』や『こいつら100%伝説』などギャグマンガを、中学では萩尾望都の作品を、高校では『風の谷のナウシカ』や『AKIRA』を読み、衝撃を受ける[1]。大学進学時に北海道に移住。卒業後はデザイン会社に就職してエディトリアルデザイナーをしていたが、ふと、自分の考えを全部盛り込んだもの「ひとりで企画、編集、デザインまでやったら楽しそうだな」を力一杯出来るのは漫画ではないかと思い描き始める。2006年月刊アフタヌーン講談社)誌にて『虫と歌』でデビュー、以降同誌を主な媒体として作品を発表する。『虫と歌』が初めてちゃんと描いた漫画であり、これがダメなら漫画家は諦めるつもりでいた[2]。デビュー後は一貫して読み切りなど短編をメインに発表し、それらは単行本に所収されるかたちで2009年2011年にそれぞれ『虫と歌 市川春子作品集』『25時のバカンス 市川春子作品集II』として上梓された。2012年、今まで書き溜めていたものの完成まで仕上げたことはなかったプロットやアイデアなどの下書きを原型として自身初となる長編『宝石の国』を連載開始する[1][2]

2006年、『虫と歌』にてアフタヌーン四季賞2006年夏の四季大賞を受賞しデビュー。

2007年、『月刊アフタヌーン』(講談社)において読み切り作品が数度に渡り掲載される。

2009年11月20日にそれらの読み切り作品を収めた短編集である初の単行本『虫と歌』が刊行。

2010年、『虫と歌』で第14回手塚治虫文化賞新生賞受賞。

2012年、自身初となる長編連載『宝石の国』を開始。

2017年10月に『宝石の国』がテレビアニメ化され放映開始された[3]

人物[編集]

作品リスト[編集]

  • 虫と歌(2006年月刊アフタヌーン講談社) - アフタヌーン四季賞 2006夏 四季大賞受賞作。同誌付録「四季賞PORTABLE Vol.3 2006夏」に収録。
  • 星の恋人(2007年、月刊アフタヌーン) - 2007年12月号に掲載。読み切り。
  • ヴァイオライト(2008年、月刊アフタヌーン) - 2008年7月号に掲載。読み切り。
  • 日下兄妹(2009年、月刊アフタヌーン) - 2009年12月号に掲載。読み切り。
  • パンドラにて(2009年、月刊アフタヌーン) - 2010年1月号に掲載。読み切り。
  • 25時のバカンス2010年、月刊アフタヌーン) - 2010年9月号、10月号に掲載。前後編。
  • 月の葬式(2011年、月刊アフタヌーン) - 2011年10月号に掲載。読み切り。
  • 三枝先生(2011年、月刊アフタヌーン) - 2011年11月号に掲載。読み切り。
  • 宝石の国2012年 - 、月刊アフタヌーン) - 2012年12月号より連載開始。

書誌情報[編集]

単行本[編集]

  • 『虫と歌 市川春子作品集』 講談社アフタヌーンKC
  • 『25時のバカンス 市川春子作品集II』講談社〈アフタヌーンKC〉
    • 2011年9月23日初版発行、ISBN 978-4-06-310780-7
      • 収録作品 - 25時のバカンス/パンドラにて/月の葬式
  • 『宝石の国-1-』 講談社〈アフタヌーンKC〉
  • 『宝石の国-2-』 講談社〈アフタヌーンKC〉
  • 『宝石の国-3-』 講談社〈アフタヌーンKC〉
  • 『宝石の国-4-』 講談社〈アフタヌーンKC〉
  • 『宝石の国-4- カードゲーム付き特装版』 講談社〈プレミアムKC〉
  • 『宝石の国-5-』 講談社〈アフタヌーンKC〉

装画[編集]

その他[編集]

関連項目[編集]

脚注[編集]

外部リンク[編集]