杉浦日向子

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索
杉浦 日向子
本名 鈴木 順子
生誕 1958年11月30日
日本の旗 日本 東京都港区
死没 2005年7月22日(満46歳没)
日本の旗 日本 千葉県柏市
国籍 日本の旗 日本
職業 漫画家
江戸風俗研究家
エッセイスト
活動期間 1980年 - 1993年
ジャンル 文芸漫画
代表作 百日紅
受賞 日本漫画家協会賞優秀賞(1984年、『合葬』)
日本漫画家協会賞優秀賞(1988年、『風流江戸雀』)
テンプレートを表示

杉浦 日向子(すぎうら ひなこ、本名:鈴木 順子(すずき じゅんこ)、1958年昭和33年〉11月30日 - 2005年平成17年〉7月22日)は、日本漫画家江戸風俗研究家、エッセイスト

兄はカメラマン鈴木雅也。元夫は作家博物学者荒俣宏

生涯[編集]

東京・日本橋の呉服屋に生まれる。5歳上の兄の影響で、ロック・映画などのサブカルチャーに早くから関心を寄せる。

日本大学鶴ヶ丘高等学校時代に大相撲が好きになり、特に魁傑のファンになる(のちに魁傑の弟子の大乃国の大ファンにもなっている)。しかし、数学や物理が好きな理系少女でもあった。

高校卒業後、アート・ディレクターを志望して日本大学芸術学部にエスカレーター入学。しかし講義に興味が持てず、2年で中退。家業を手伝いながら、手描きの友禅の勉強をする。やがて、独学で勉強できる「時代考証」に興味を抱き、朝日カルチャーセンターでの稲垣史生の「時代考証教室」に通い、その熱心さに稲垣に正式な「弟子」として認められ、稲垣の川越の自宅に3年間通った。

22歳の時、雑誌『ガロ』1980年11月号で、吉原を題材にした『通言・室之梅』(つうげん・むろのうめ)で漫画家としてデビュー。時代考証が確かな作品で、その作風は文芸漫画と呼ばれた。同じ『ガロ』出身のやまだ紫近藤ようこと「ガロ三人娘」と呼ばれるが、徐々に他の雑誌等でも執筆するようになり、1980年代の「江戸ブーム」も追い風となり、人気を集める。

浮世絵を下地にした独特な画風に特徴があり、江戸の風俗を生き生きと描くことを得意とした。漫画家としての代表作には、葛飾北斎と浮世絵師たちの世界を描いた連作短編集『百日紅』、99話の怪談を描いた『百物語』がある。

1993年に漫画家引退宣言をし、「隠居生活」をすると発表したが、実際は骨髄移植以外に完治する方法のない血液の免疫系の病を患っており、体力的に無理が利かないために漫画家引退を余儀なくされていたことが、死後明らかにされた[1]

その後は自らのライフワークである江戸風俗や浮世絵の研究家として活動した。また、担当女性編集者と2人での粋な珍道中を描いた、体験エッセイ集三部作『東京イワシ頭』『呑々草子』『入浴の女王』も発表する。エッセイストとしては、漫画家として、あるいはテレビ解説者としてのいずれに比べても大きく笑いの要素が前面に出ており、『がきデカ』『1,2のアッホ』がたとえに引かれるなどギャグマンガの造詣も覗かせている。エッセイでは自分の健康状態にはほとんど触れていないが、今度生まれるときは微生物がいいなどの記述も時おり見られる。

コメディーお江戸でござる』(NHK総合テレビ)では江戸の歴史、風習についての解説コーナーを担当していた[2]2004年春に『コメディー道中でござる』へ番組がリニューアルしたのを期に、作家の石川英輔に解説役をバトンタッチ。2005年7月22日、下咽頭癌のため死去。解説を降板した理由として「念願だった豪華客船で世界一周の旅をする」と称していたが、実は闘病していたことが、死後発表された。

略歴[編集]

人物・逸話[編集]

  • 稲垣史生は弟子に厳しかったが、杉浦に関しては「この人の作品は大丈夫」と太鼓判を押していたという[3]
  • 呉服屋の孫娘として生まれたこともあり、普段から着物を着ていることが多かった。
  • 銭湯好きでもあり、銭湯研究から「路上観察学会」にも参加した。
  • 落語も好きで、8代目桂文楽3代目桂三木助5代目古今亭志ん生のテープなどはすべて揃えていた。子供時代は「巨人大鵬玉子焼き、ではなく、可楽(8代目三笑亭可楽)柏戸・味噌おにぎりだった」とも記している[4]
  • グルメとして知られており、食に関する著書も多い。無類の蕎麦好き(蕎麦屋好き)で、ソビエト連邦が崩壊した1991年[5]仲間と「ソ連」(ソバ好き連)を立ち上げ、その中心として活動した。また、日本酒党でもあり、『コメディーお江戸でござる』番組内での発言からもそれが窺えた。
  • デビュー直後に、70万円を出して、明治時代の雑誌『風俗画報』の全巻揃いを買った。
  • デビューしてしばらくは、近藤ようことともにやまだ紫のアシスタントをしていた。
  • 一見おっとりして見えるが、性格は男性的で、一時はバイクに乗っていた。また、荒俣と結婚した際は「女性的な荒俣と男性的な杉浦とで、似合いの夫婦だ」と評された。
  • 江戸東京博物館」の開館5年前から創設プロジェクトチームに加わる。ただし、杉浦が担当したのは江戸ゾーンではなく、明治初期の銀座を再現した「明治のレンガ街」というミニチュアのデザインであった。

作品[編集]

漫画作品リスト[編集]

  • 合葬(1983年、青林堂、のち、ちくま文庫)
  • ゑひもせす(1983年、双葉社 のち、ちくま文庫)
  • ニッポニア・ニッポン(1985年、青林堂 のち、ちくま文庫)
  • 二つ枕(1986年、青林堂 のち、ちくま文庫)
  • 風流江戸雀(1987年、潮出版社 のち、新潮文庫)
  • 百日紅(一) - (三)(1987年、実業之日本社 のち、ちくま文庫(上下))
  • YASUJI東京(1988年、筑摩書房 のち、ちくま文庫)
  • 東のエデン(1989年、青林堂 のち、ちくま文庫)
  • とんでもねえ野郎(1991年、青林堂 のち、ちくま文庫)
  • 百物語(1993年、新潮社 のち、新潮文庫)
  • 杉浦日向子全集(一) - (八)(1995年、筑摩書房)

著作リスト[編集]

  • 江戸へようこそ(1986年、筑摩書房、のち、ちくま文庫)
  • 路上観察学入門(1986年、筑摩書房)- 赤瀬川原平
  • 大江戸観光(1987年、筑摩書房 のち、ちくま文庫)
  • 江戸アルキ帖(1989年、新潮文庫
  • ウルトラ人生相談(1990年、朝日新聞社
  • その日ぐらし 江戸っ子人生のすすめ(1991年PHP研究所)- 共著/高橋克彦
  • 新潮古典文学アルバム 江戸戯作(1991年、新潮社)- 共著/神保五弥
  • 杉浦日向子のぶらり江戸学(1992年、マドラ出版)
  • 東京イワシ頭(1992年、講談社 のち、講談社文庫)
  • 路上探検隊 讃岐路をゆく(1993年JICC出版局)- 編/路上観察学会
  • 呑々草子(1994年、講談社 のち、講談社文庫)
  • 入浴の女王(1995年、講談社 のち、講談社文庫)
  • 対談 杉浦日向子の江戸塾(1997年、PHP研究所 のちPHP文庫)
  • ソバ屋で憩う(1997年、BNN のち、新潮文庫)- 編著/杉浦日向子とソバ好き連
  • 東京観音(1998年、筑摩書房)- 写真/ 荒木経惟
  • 大江戸美味草子(1998年、新潮社 のち、新潮文庫)
  • いろはカルタに潜む江戸のこころ・上方の知恵(1998年、小学館)- 共著/藤本義一
  • お江戸風流さんぽ道(1998年、世界文化社、のち小学館文庫)
  • 一日江戸人(1998年、小学館文庫 のち新潮文庫)
  • 奥の細道俳句でてくてく(2002年、太田出版)- 共著/路上観察学会
  • もっとソバ屋で憩う(2002年、新潮文庫)- 編著/杉浦日向子とソバ好き連
  • お江戸でござる(2003年ワニブックス のち、新潮文庫)
  • ごくらくちんみ(2004年新潮社、のち新潮文庫)
  • 4時のおやつ(2004年、新潮社、のち新潮文庫)
  • 隠居の日向ぼっこ(2005年、新潮社、のち新潮文庫)
  • 杉浦日向子の食・道・楽(2006年、新潮社、のち新潮文庫)
  • うつくしく、やさしく、おろかなり 私の惚れた「江戸」(2006年、筑摩書房、のちちくま文庫)
  • 杉浦日向子の江戸塾 特別編(2008年、PHP研究所)のち『杉浦日向子の江戸塾 笑いと遊びの巻』(2011年、PHP文庫)

漫画原作[編集]

  • 放流門人魚(ほるもんにんぎょ)- 作画/内田春菊。内田の単行本『ベッドの中で死にたいの』に収録。

テレビ出演[編集]

メディアミックス[編集]

  • 歌舞伎 江戸浮世話 彦三太鼓(1986年)- 短編漫画「ヤ・ク・ソ・ク」を、親交のあった栗本薫歌舞伎脚本にしている。
  • 百日紅 〜Miss HOKUSAI〜(2015年5月9日公開) - 『百日紅』のアニメ映画化。
  • 合葬(2015年9月26日公開) - 実写映画化[6]

関連図書[編集]

脚注[編集]

[ヘルプ]
  1. ^ 松田哲夫による追悼文。さようなら杉浦日向子さん
  2. ^ ただし、最後の2回分は杉浦の手術のため、石川英輔が代理で担当した。
  3. ^ 佐高信『師弟』講談社文庫
  4. ^ 『東京イワシ頭』
  5. ^ 『ユリイカ』2008年10月臨時増刊号
  6. ^ 杉浦日向子の『合葬』が実写映画化、キャストに柳楽優弥、瀬戸康史ら&脚本は渡辺あや”. CINRA.NET (2014年12月10日). 2015年1月20日閲覧。