町田くんの世界

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動
町田くんの世界
ジャンル 少女漫画学園漫画
漫画
作者 安藤ゆき
出版社 集英社
掲載誌 別冊マーガレット
レーベル マーガレットコミックス
発表号 2015年4月号[1] - 2018年5月号[2]
発表期間 2015年3月13日 - 2018年4月13日
巻数 全7巻
話数 全27話
映画
原作 安藤ゆき
監督 石井裕也
脚本 片岡翔
石井裕也
音楽 河野丈洋
制作 CREDEUS
製作 映画「町田くんの世界」製作委員会
配給 ワーナー・ブラザース映画
封切日 2019年6月7日
上映時間 120分
テンプレート - ノート
プロジェクト 漫画映画
ポータル 漫画映画

町田くんの世界』(まちだくんのせかい)は、安藤ゆきによる日本漫画作品。『別冊マーガレット』(集英社)2015年4月号から[1]2018年5月号まで連載された[2]

本作は、作者にとって初のオリジナル連載作品である[3]。勉強も運動も苦手で、機械に弱く、かつ不器用だが、周りの人間から愛される男子高校生の日常を描いており[4]、従来の少女漫画とは異なる主人公像を示したことで高い評価を得た。第19回文化庁メディア芸術祭ではマンガ部門の新人賞に選出されており[5]、第20回手塚治虫文化賞では本作における表現を評価されて作者が新生賞を受賞している[6]

2018年5月25日に発売された単行本最終7巻の帯で映画化が発表され[7]2019年6月7日に公開された。

あらすじ[編集]

本作の主人公・町田一は、勉強も運動も苦手だが、人間が好きで、また周りの人間からも愛されている高校生である。

ある日、一は、授業中に誤って怪我をしてしまい、手当てを受けるために保健室に向かう。そこで、授業をサボっていたクラスメイト・猪原奈々と出会う。不在の先生に代わって奈々が一を手当てするが、手当てが終わった後、奈々は「人が嫌い」と言い放ってその場を去ってしまう。その様子に引っ掛かりを覚えた一は、以降奈々のことを気にかけるようになる。奈々の方も、自分のことを気にかける一に次第に好意を寄せるようになる。

その後、一は幼少の頃に好きだった、幼稚園時代の先生と再会する。その日、先生は結婚写真の撮影の予約を入れていたが、婚活は上手くいかず、一緒に写真を撮影する相手がいないという状況だった。それを知った一は、先生を気遣って新郎役に名乗り出て、先生と一緒に写真を撮影する。

クリスマスが近づいたある日、奈々は一に、クリスマス・イヴに一緒にイルミネーションを見ようと誘い、一もそれに応じる。さらに登下校も一緒にするようになるが、ある朝、一は奈々に、かつて自分が幼稚園時代の先生と一緒に撮った結婚写真を見せ、その写真にショックを受けた奈々は高校を休んでしまう。一はそのことを父親に相談し、父親から、奈々が自分に恋心を抱いていることを指摘される。クリスマス・イヴ当日、奈々と再会した一は、写真を見せられたときの心境を奈々から伝えられ、それに理解を示す。そして約束通り彼女とイルミネーションを見る。一連の出来事の後、一は恋愛について思考を巡らせるようになる。

登場人物[編集]

町田 一(まちだ はじめ)
この作品の主人公。黒髪で眼鏡を掛けた、落ち着いた雰囲気の男子高校生[8]。町田家の長男であり、第1巻の時点では4人の弟妹(ニコ・ミツオ・しおり・けーご)がいる。第2巻では新たな弟・六郎が誕生し、現在は5人の弟妹の面倒を見ている。
勉強も運動も苦手で要領もよくないが、人間が好きで、ごく自然に他者を思いやる言動をとる。他者の恋心にもいち早く気付くが、自分に寄せられる好意に対しては鈍感なところがある[9]
猪原 奈々(いのはら なな)
本作のヒロイン。一のクラスメイト。負傷した一を手当てしたことがきっかけで、一と関わりを持つようになり、次第に一に好意を抱くようになる。
両親は仮面夫婦で、また中学時代にクラスメイトから無視されたという過去を持つ。それ故に登場当初は人間が嫌いであると発言しており、高校の授業もよくサボっていたが、学業成績は優秀である。
栄(さかえ)
一のクラスメイト。教室での座席は一の隣。
小テストで間違えた箇所を一に教えてもらおうとしたことがきっかけで、一と関わりを持つようになる。噂話が好きで、同じ高校の生徒の情報をしばしば一に教えている。

作風[編集]

本作の主人公・一は、「人たらしな人」を描きたいという想いから生まれた[10]。一については、従来の少女漫画のヒーロー像と比較して「あまりにも地味」という評もあるが[11]、作者によると、「行動や気持ちだけで人の心を動かすようなキャラクター」にするため、イケメンであったり、運動が得意であったりといった要素は敢えて盛り込まなかったという[10]

本作は、一を主人公に据えつつ、一の周りの人間にスポットを当てるという形で描かれている[12]。作者によると、一の「人たらし」な部分を読者にも楽しんでもらうために、このような形式となったという[12]。ただし、当初は回ごとに主人公を変更し、その主人公たちに一を関わらせるという形式が考えられており、最終的には担当編集者の意見を踏まえて現在の形に落ち着いた[13]

評価[編集]

第19回文化庁メディア芸術祭でマンガ部門の審査委員を務めた門倉紫麻は、本作について、「勉強も運動も苦手、けれど人が好き、という新たなヒーロー」を登場させた点が審査委員の注目を集めたと述べている[3]。第20回手塚治虫文化賞でも、本作の主人公・一のキャラクター造形が評価されており、型破りなキャラクターが多い少女漫画の男性たちの中でも「全く逆の意味で型破り」と評されている[14]

また、『このマンガがすごい!2016』に掲載されたレビューでは、一と他キャラクターとの交流を丁寧に描くことで「読みすすめるごとに優しい世界が立ちあがってくる」と評されている[15]

賞歴・ノミネート歴[編集]

発表年 部門 対象 結果
2015 第19回文化庁メディア芸術祭マンガ部門 新人賞 町田くんの世界 受賞[16]
このマンガがすごい!2016 オンナ編 町田くんの世界 3位[17]
THE BEST MANGA 2016 このマンガを読め! 町田くんの世界 7位[18]
2015 コレ読んで漫画RANKING BEST50 町田くんの世界 9位[19]
2016 マンガ大賞2016 町田くんの世界 8位[20]
第20回手塚治虫文化賞 新生賞 安藤ゆき 受賞[14]

書誌情報[編集]

単行本[編集]

単行本未収録作品[編集]

  • 町田くんの世界(『別冊マーガレット』2017年8月号別冊ふろく『BETSUMA SPIN-OFF』)

小説[編集]

映画[編集]

町田くんの世界
監督 石井裕也
脚本 片岡翔
石井裕也
原作 安藤ゆき「町田くんの世界」
製作 北島直明(企画・プロデュース)
里吉優也
製作総指揮 伊藤響
出演者 細田佳央太
関水渚
岩田剛典
高畑充希
前田敦子
太賀
池松壮亮
戸田恵梨香
佐藤浩市
北村有起哉
松嶋菜々子
音楽 河野丈洋
主題歌 平井堅「いてもたっても」
撮影 柳田裕男J.S.C.
編集 普嶋信一
制作会社 CREDEUS
製作会社 映画「町田くんの世界」製作委員会
配給 ワーナー・ブラザース映画
公開 2019年6月7日
上映時間 120分
製作国 日本の旗 日本
言語 日本語
テンプレートを表示

2019年6月7日公開。主演は約1000人によるオーディションで選ばれた新人の細田佳央太関水渚のダブル主演[22]、監督は石井裕也[23]

キャスト[編集]

スタッフ[編集]

脚注[編集]

[ヘルプ]
  1. ^ a b c 「ストロボ・エッジ」新作読切が別マに、映画版のメイキングなど収めたDVDも”. コミックナタリー. 株式会社ナターシャ (2015年3月13日). 2017年4月9日閲覧。
  2. ^ a b c 「ふりふら」単行本カバーとマステが別マに、咲坂伊緒生原稿のプレゼントも”. コミックナタリー. 株式会社ナターシャ (2018年4月13日). 2018年4月14日閲覧。
  3. ^ a b 2015年第19回新人賞 - 町田くんの世界”. 文化庁メディア芸術祭 歴代受賞作品. 文化庁. 2017年4月9日閲覧。
  4. ^ 人を愛し、愛される高校生描く「町田くんの世界」2巻で図書カード当たる”. コミックナタリー. 株式会社ナターシャ (2015年11月25日). 2017年4月9日閲覧。
  5. ^ 東村アキコ「かくかくしかじか」が第19回メディア芸術祭マンガ部門の大賞に”. コミックナタリー. 株式会社ナターシャ (2015年11月27日). 2017年4月9日閲覧。
  6. ^ 手塚治虫文化賞大賞は「鼻紙写楽」&「よつばと!」、新生賞に安藤ゆき”. コミックナタリー. 株式会社ナターシャ (2016年4月27日). 2017年4月9日閲覧。
  7. ^ 「町田くんの世界」映画化決定!人を愛し、人に愛される男子高校生の物語”. コミックナタリー. 株式会社ナターシャ (2018年5月25日). 2018年5月25日閲覧。
  8. ^ さゆ (2015年9月29日). “「得意なことが何もない」のに周りから愛されるとある男子高校生・町田くんの秘密”. ダ・ヴィンチニュース. KADOKAWA. 2017年4月9日閲覧。
  9. ^ あなたも町田くんを好きになる!? 今年注目の少女漫画『町田くんの世界』を読むべき3つの理由”. music.jpニュース. エムティーアイ (2016年3月3日). 2017年4月9日閲覧。
  10. ^ a b 粟生こずえ. “別マの異色2タイトルが「このマンガがすごい!」入賞! 次世代を担う2作家を直撃”. コミックナタリー. 株式会社ナターシャ. p. 1. 2017年4月9日閲覧。
  11. ^ 松尾 慈子 (2017年3月17日). “漫画偏愛主義「町田くんの世界」(安藤ゆき)”. 朝日新聞デジタル. 朝日新聞社. 2017年4月9日閲覧。
  12. ^ a b 安藤 ゆき. 『町田くんの世界』安藤ゆきインタビュー 世界はこんなに愛おしい――天然“人たらし”町田くんがあったかかっこよすぎる. インタビュアー:粟生 こずえ. このマンガがすごい!WEB,宝島社.. http://konomanga.jp/interview/61310-2 2017年4月9日閲覧。 
  13. ^ 粟生 こずえ. “別マの異色2タイトルが「このマンガがすごい!」入賞! 次世代を担う2作家を直撃”. コミックナタリー. 株式会社ナターシャ. p. 2. 2017年4月9日閲覧。
  14. ^ a b 受賞作品リスト”. 2016年第20回手塚治虫文化賞. 朝日新聞社. 2017年4月9日閲覧。
  15. ^ 『このマンガがすごい!2016』『このマンガがすごい!』編集部、宝島社、2015年、62-63頁。ISBN 978-4-8002-4731-52017年4月28日閲覧。
  16. ^ 2015年第19回マンガ部門”. 文化庁メディア芸術祭 歴代受賞作品. 文化庁. 2017年4月9日閲覧。
  17. ^ 『このマンガがすごい!2016』『このマンガがすごい!』編集部、宝島社、2015年、26頁。ISBN 978-4-8002-4731-52017年4月28日閲覧。
  18. ^ 「このマンガを読め!」1位はダンジョン飯!コミナタ大賞、このマンに続き”. コミックナタリー. 株式会社ナターシャ (2015年12月18日). 2017年4月9日閲覧。
  19. ^ エンタミクスが今年のマンガBEST50を発表、1位は「僕だけがいない街」”. コミックナタリー. 株式会社ナターシャ (2015年12月19日). 2017年4月9日閲覧。
  20. ^ マンガ大賞2016は野田サトルの「ゴールデンカムイ」に決定”. コミックナタリー. 株式会社ナターシャ (2016年3月29日). 2017年4月9日閲覧。
  21. ^ アオハライド次号で完結、ストロボ・エッジとのポストカードセット付録に”. コミックナタリー. 株式会社ナターシャ (2015年1月13日). 2017年10月27日閲覧。
  22. ^ “映画『町田くんの世界』無名新人をW主演抜てき 岩田剛典、高畑充希、前田敦子ら共演”. ORICON NEWS (oricon ME). (2019年1月22日). https://www.oricon.co.jp/news/2127931/full/ 2019年1月22日閲覧。 
  23. ^ “石井裕也監督、最新作は「町田くんの世界」!少女漫画原作の映画化に挑戦”. 映画.com (株式会社エイガ・ドット・コム). (2019年1月16日) 
  24. ^ a b c “町田くんの世界:実写映画主演に新人2人抜てき 岩田剛典、高畑充希、戸田恵梨香ら豪華キャストも”. まんたんウェブ (MANTAN). (2019年1月22日). https://mantan-web.jp/article/20190121dog00m200049000c.html 2019年1月22日閲覧。 

以下の出典は『集英社BOOK NAVI』(集英社)内のページ。書誌情報の発売日の出典としている。

外部リンク[編集]