ワーナー ブラザース ジャパン

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
Jump to navigation Jump to search
ワーナー ブラザース ジャパン合同会社
Warner Bros. Japan LLC
Warner Bros logo.svg
Hibiya Central Building (2018-05-04) 03.jpg
本社・日比谷セントラルビル
種類 合同会社
略称 WBJ[1]
本社所在地 日本の旗 日本
105-0003
東京都港区西新橋1-2-9
日比谷セントラルビル
設立 1992年5月29日
業種 情報・通信業
法人番号 5010401016820
事業内容 映画上映賃貸業、映画輸入配給等
映画ビデオ・DVDの企画制作・販売
テレビ放映権・ブロードバンド向け映像配信権のライセンス事業
キャラクター商品のライセンス管理
邦画/アニメ/オンライン/家庭用ソフト/モバイルコンテンツ事業
ワーナーブラザースプロパティーの利用許諾及び管理
代表者 社長兼日本代表: 高橋雅美
資本金 272,000,000円
従業員数 230名(2016年3月時点)
決算期 12月
所有者 ワーナー・ブラザース・エンターテイメント・グループ[2]WARNERMEDIA GROUP 100%)
主要部門 ワーナー・ブラザース映画
ワーナー・ブラザース ホームエンターテイメント
ワーナー・ブラザース テレビジョン
ワーナー・ブラザース コンシューマープロダクツ
外部リンク https://warnerbros.co.jp/
テンプレートを表示

ワーナー ブラザース ジャパン合同会社: Warner Bros. Japan LLC)は、エンターテインメント事業を行う日本企業ワーナー・ブラザースの日本法人[3][4]

概要[編集]

事業体制として、映画製作・配給部門「ワーナー・ブラザース映画」(Warner Bros. Pictures)、家庭用ソフト・デジタルコンテンツ部門「ワーナー・ブラザース ホームエンターテイメント」(Warner Bros. Home entertainment、旧ワーナー・ホーム・ビデオ&デジタル・ディストリビューション)、テレビ・映像配信部門「ワーナー・ブラザース テレビジョン」(Warner Bros. Television)、キャラクター商品ライセンス部門「ワーナー・ブラザース コンシューマー プロダクツ」(Warner Bros. Consumer Products)などがあり、社名よりもこれらの名義が使用されることが多い。

米国法人製作作品に加え、日本のコンテンツとして邦画・アニメ・モバイルゲーム・コンテンツアクイジションの4つの事業を展開している[5]

沿革[編集]

1992年5月29日タイム ワーナー エンターテイメント ジャパン株式会社として設立。

2002年に株式会社イーストウエスト・ジャパン、株式会社ワーナーミュージック・ジャパンと合併し、ワーナー エンターテイメント ジャパン株式会社: WARNER ENTERTAINMENT JAPAN INC.)となるが、2年後の2004年にはタイム・ワーナーの音楽部門分離・売却に伴い、音楽ソフト部門を株式会社ワーナーミュージック・ジャパンとして分離される。

2010年、『最後の忠臣蔵』で本格的に邦画製作に参入[6]

2011年ジェネオン・ユニバーサル・エンターテイメントジャパンから川瀬浩平中山信宏などが転籍。ワーナー・ホーム・ビデオ部門がテレビアニメ事業およびゲームパブリッシング事業に参入[3][4][7]すると同時に、音楽レーベル「ワーナー・ホーム・ビデオ」も設立し[8]11月1日には日本レコード協会に準会員として加盟した[9]

2014年4月1日日本動画協会に準会員として加盟。同年5月1日、ワーナー・ホーム・ビデオ&デジタル・ディストリビューションがワーナー・ブラザース・ホームエンターテイメントに改称され[5]、家庭用ソフトのブランド名もワーナー・ホーム・ビデオからワーナー・ブラザース・ホームエンターテイメントに変更された。同時期にはモバイルゲーム事業を開始する[10]

2016年4月1日、ワーナー エンターテイメント ジャパン株式会社から社名・組織変更を行い、ワーナー ブラザース ジャパン合同会社となる[11]

販売[編集]

ワーナー・ブラザース・ホームエンターテイメント(旧:ワーナー・ホーム・ビデオ&デジタル・ディストリビューション部門)が、ビデオソフトおよびワーナー・オンデマンド(映画・テレビドラマ作品の有料動画配信)の企画製作・発売を担当している。

ワーナー・ブラザース映画が制作した邦画作品や、発売権利を保有しているTVアニメーション作品についても同社が発売元となる作品がある。CD店やDVDビデオソフト売場にて新譜販促用の冊子「NEW RELEASE INFORMATION」を毎月制作・無料配布している。ブルーレイディスクソフトの販促キャンペーンに2009年から2013年まで菊川怜を「ブルーなレイ」として起用している。

日本市場にはこれまでワーナー・ホーム・ビデオ(ワーナー・ホーム・ビデオ(初代、ワーナー・パイオニア→ワーナーミュージック・ジャパン))より発売してきたが、1992年に新会社としてタイム ワーナー エンターテイメント ジャパン(後のワーナー ブラザース ジャパン)が映像部門からの現物出資で設立されることになり、同年度以降(正式には6月頃以降)は順次、同社からの発売となる。また、朝日放送制作のテレビバラエティ『探偵!ナイトスクープ』のディレクターズカット版傑作編として映像ソフトが発売されたのも、同社のレーベルからである。

DVDのハリウッドプライス[編集]

ジェネオンエンタテインメント(旧パイオニアLDC)を販売元としてDVD販売においてハリウッドプライスという2000円台でのDVD販売がされてきた。本国アメリカにおけるDVDの販売方針転換[注 1]に伴って、2005年4月以降に発売された商品に対しては2980円[注 2]、あるいは3980円[注 3]に区別されるようになったが、これに対しては値上げとなったため賛否両論が多い。これによる廉価版発売の際、今までに比べて値引率が高くなるようになり、場合によっては3980円の作品がいきなり690円、980円で販売されることがある。また、他の映画会社にある常時1500円程度で購入できる作品の導入も遅く、2008年4月に初めて発売された。ただし、TVドラマなどに関しては現在でも1枚2500円あたりの価格となっている。

その一方で他の映画会社が第3世代光ディスク(当時の「次世代DVD」)などとの兼ね合い上、リリースを削減しているUMD VIDEOを積極的に発売しており、最近では1500円と他のメーカーと比べても安い価格で販売されるようになった。また、Blu-ray DiscHD DVDも発売当初は旧作に関しては3980円程度と、他のメーカーと比べて低価格で発売されていた[注 4]

長い間、販売面においてワーナーとは良好な関係を築き上げてきたジェネオン自身も、親会社である電通ユニバーサル・ピクチャーズの日本法人にジェネオンの全事業を譲渡・合併[注 5]により「ジェネオン・ユニバーサル・エンターテイメントジャパン」に変更される事となり、ワーナーにとっては映画・音楽分野[注 6]においてライバルでもあるNBCユニバーサルの下で事業展開[注 7]する事となった上、近年ではワーナー自身によるアニメおよび主題歌の製作・販売を積極的に行っているため、事業が完全に競合することとなっている。これまで通りの関係を継続するかどうかが注目されていたが、ジェネオン制作のアニメである『とある魔術の禁書目録』の劇場版の配給や主題歌・イメージソングを提供(作曲はジェネオン所属のfripSide八木沼悟志が担当)し、さらにその後スピンオフである『とある科学の超電磁砲』のTVアニメ2期のエンディング曲を提供するなど、少なくとも会社間の関係は現在でも良好なまま維持している模様。

所属アーティスト[編集]

レーベルは「ワーナー・ブラザース・ホームエンターテイメント」(旧ワーナー・ホーム・ビデオ)。

過去の所属アーティスト[編集]

作品[編集]

邦画[編集]

ワーナーも出資した「トワーニ製作作品」については、トワーニを参照のこと。製作・配給した作品の大半が、かつて「トワーニ」として映画作品の共同製作を行っていた日本テレビ放送網との共同製作である。

特記なき限り製作・配給は「ワーナー・ブラザース映画」、発売・販売元は「ワーナー・ブラザース ホームエンターテイメント」(旧ワーナー・ホーム・ビデオ)。

実写映画[編集]

公開日 タイトル 制作プロダクション 備考
2006年
4月29日 キャッチ ア ウェーブ インダストリアル・ピクチャーズ
共同テレビジョン
6月17日 デスノート 日活撮影所 配給のみ / 企画製作:日本テレビ放送網 / 発売・販売元:バップ
11月3日 デスノート the Last name
2008年
2月9日 L change the WorLd 日活撮影所 企画製作:日本テレビ放送網 / 発売・販売元:バップ
3月22日 Sweet Rain 死神の精度 ROBOT 発売・販売元:バップ
4月19日 銀幕版 スシ王子! 〜ニューヨークへ行く〜 オフィスクレッシェンド 発売元:テレビ朝日
10月25日 ICHI セディックインターナショナル
シネマカフェ
発売元:セディックインターナショナル / 販売元:ジェネオン・ユニバーサル
12月6日 252 生存者あり ツインズジャパン 企画製作:日本テレビ放送網 / 発売・販売元:バップ
2009年
3月20日 昴-スバル- パーフェクト ビューティー インターナショナル 日本・韓国・香港・シンガポール合作
4月18日 おっぱいバレー ROBOT 共同製作・配給:東映 / 発売元:エイベックス・エンタテインメント / 発売・販売元:バップ
5月1日 GOEMON KIRIYA PICTURES 共同製作・配給:松竹
9月12日 TAJOMARU トライストーン・エンタテイメント 発売・販売元:アミューズソフト
12月12日 大怪獣バトル ウルトラ銀河伝説 THE MOVIE 円谷プロダクション 発売・販売元:バンダイビジュアル
2010年
1月9日 彼岸島 ミコット・エンド・バサラ
クラゼピクチャーズ
配給のみ / 日本・韓国合作 / 発売・販売元:キングレコード
5月15日 書道ガールズ!! わたしたちの甲子園 日テレアックスオン 配給のみ / 企画製作:日本テレビ放送網 / 発売・販売元:バップ
6月12日 アウトレイジ オフィス北野 共同配給:オフィス北野 / 発売・販売元:バンダイビジュアル
10月16日 インシテミル 7日間のデス・ゲーム ツインズジャパン 初の日本映画海外配給作品
12月18日 最後の忠臣蔵 角川映画 ローカル・プロダクションの本格的第1弾
2011年
6月4日 パラダイス・キス STUDIO SWAN
7月23日 忍たま乱太郎 セディックインターナショナル 発売元:電通 / 発売・販売元:アミューズソフト
10月22日 スマグラー おまえの未来を運べ グラスホッパー!
ジャンゴフィルム
配給のみ / 発売元:講談社、テレビ朝日 / 発売・販売元:ハピネット
12月21日 ワイルド7 ROBOT
阿部秀司事務所
2012年
8月25日 るろうに剣心 C&Iエンタテインメント 発売・販売元:アミューズソフト
10月6日 アウトレイジ ビヨンド オフィス北野 共同製作・配給:オフィス北野 / 発売・販売元:バンダイビジュアル
2013年
4月26日 藁の楯 わらのたて OLM 共同製作幹事:日本テレビ放送網
9月13日 許されざる者 日活
オフィス・シロウズ
10月5日 R100 よしもとクリエイティブ・エージェンシー
ファントム・フィルム
配給のみ / 製作:吉本興業 / 発売・販売元:よしもとアール・アンド・シー
11月22日 すべては君に逢えたから 白組
2014年
1月18日 黒執事 C&Iエンタテインメント
ロックワークス(共同制作プロダクション)
発売・販売元:エイベックス・ピクチャーズ
5月24日 オー!ファーザー よしもとクリエイティブ・エージェンシー 配給・宣伝のみ / 製作:吉本興業 / 発売・販売元:よしもとアール・アンド・シー
5月30日 MONSTERZ モンスターズ ツインズジャパン 製作幹事:日本テレビ放送網 / 発売・販売元:バップ
8月1日 るろうに剣心 京都大火編 ワーナー・ブラザース映画 発売・販売元:アミューズソフト
9月13日 るろうに剣心 伝説の最期編
11月8日 トワイライト ささらさや 日活(企画制作)
ダブ
製作幹事:日本テレビ放送網 / 発売・販売元:バップ
2015年
4月25日 龍三と七人の子分たち オフィス北野 共同製作・配給:オフィス北野 / 発売・販売元:バンダイビジュアル
6月27日 ストレイヤーズ・クロニクル ツインズジャパン 企画製作:日本テレビ放送網 / 発売・販売元:バップ
9月19日 ヒロイン失格 ダブ 製作幹事:日本テレビ放送網 / 発売・販売元:バップ
2016年
3月19日 僕だけがいない街 オフィスクレッシェンド 発売・販売元:KADOKAWA
4月29日 テラフォーマーズ OLM
5月28日 オオカミ少女と黒王子 プラスディー 共同製作幹事:日本テレビ放送網
10月29日 デスノート Light up the NEW world 日活
ジャンゴフィルム
製作幹事:日本テレビ放送網 / 発売・販売元:バップ
11月12日 ミュージアム ツインズジャパン
2017年
2月18日 愚行録 オフィス北野 共同製作・配給:オフィス北野 / 発売・販売元:バンダイビジュアル
4月29日 無限の住人 OLM 製作幹事担当
6月10日 22年目の告白 -私が殺人犯です- ROBOT 製作幹事:日本テレビ放送網
7月14日 銀魂 プラスディー 共同製作幹事:集英社
8月4日 ジョジョの奇妙な冒険 ダイヤモンドは砕けない 第一章 OLM 共同製作・配給:東宝 / 製作幹事・発売元:TBSテレビ / 販売元:TCエンタテインメント
10月7日 アウトレイジ 最終章 オフィス北野 共同製作・配給:オフィス北野 / 発売・販売元:バンダイナムコアーツ
10月28日 先生!、、、好きになってもいいですか? ドラゴンフライ エンタテインメント 共同製作幹事:TBSテレビ
11月11日 一礼して、キス ポリゴンマジック 配給:東急レクリエーション
12月1日 鋼の錬金術師 OXYBOT 製作幹事担当
2018年
2月10日 今夜、ロマンス劇場で フィルムメイカーズ 配給のみ / 発売元:フジテレビジョン / 販売元:ポニーキャニオン
3月10日 去年の冬、きみと別れ C&Iエンタテインメント
4月27日 ママレード・ボーイ プラスディー 共同製作幹事:日本テレビ放送網
7月20日 BLEACH シネバザール
8月17日 銀魂2 掟は破るためにこそある プラスディー
9月14日 3D彼女 リアルガール ダブ
オフィスクレッシェンド
春待つ僕ら オフィスクレッシェンド
2019年
九月の恋と出会うまで
Diner ダイナー

アニメ映画[編集]

公開日 タイトル 制作スタジオ 備考
2006年
7月8日 ブレイブ ストーリー GONZO
2008年
7月12日 GHOST IN THE SHELL / 攻殻機動隊2.0 Production I.G 配給のみ / 発売・販売元:バンダイビジュアル
8月2日 スカイ・クロラ The Sky Crawlers 発売・販売元:バップ
2009年
8月1日 サマーウォーズ マッドハウス 発売・販売元:バップ
2010年
4月24日 劇場版 銀魂 新訳紅桜篇 サンライズ 発売元:アニプレックス / 販売元:ソニー・ミュージックディストリビューション
2011年
3月12日 劇場版アニメ 忍たま乱太郎 忍術学園 全員出動!の段 亜細亜堂 発売元:電通 / 発売・販売元:アミューズソフト
4月29日 豆富小僧 ラピス 3D・2D同時公開 / 制作:創通、豆富映画
5月28日 手塚治虫のブッダ -赤い砂漠よ!美しく- 東映アニメーション 共同製作・配給:東映 / 発売元:東映ビデオ / 販売元:東映
2012年
2月4日 ベルセルク 黄金時代篇I 覇王の卵 STUDIO 4℃ 配給のみ / 企画プロデュース:ルーセント・ピクチャーズエンタテインメント / 発売・販売元:バップ
6月23日 ベルセルク 黄金時代篇II ドルドレイ攻略
7月7日 グスコーブドリの伝記 手塚プロダクション 配給のみ / 発売・販売元:バンダイビジュアル
2013年
2月1日 ベルセルク 黄金時代篇III 降臨 STUDIO 4℃ 配給のみ / 企画プロデュース:ルーセント・ピクチャーズエンタテインメント / 発売・販売元:バップ
2月23日 劇場版 とある魔術の禁書目録 -エンデュミオンの奇蹟- J.C.STAFF 販売元:ジェネオン・ユニバーサル・エンターテイメントジャパン
7月6日 劇場版 銀魂 完結篇 万事屋よ永遠なれ サンライズ 発売元:アニプレックス / 販売元:ソニー・ミュージックディストリビューション
10月26日 劇場版 魔法少女まどか☆マギカ [新編] 叛逆の物語 シャフト 配給のみ / 発売元:アニプレックス / 販売元:ソニー・ミュージックマーケティング
2014年
2月22日 ジョバンニの島 Production I.G 配給のみ / 製作・発売元:日本音楽事業者協会 / 販売元:ポニーキャニオン
8月9日 宇宙兄弟#0 A-1 Pictures 発売元:アニプレックス / 販売元:ソニー・ミュージックマーケティング
2016年
2月13日 劇場版selector destructed WIXOSS J.C.STAFF
7月23日 アクセル・ワールド INFINITE∞BURST サンライズ
12月10日 モンスターストライク THE MOVIE はじまりの場所へ ライデンフィルム
ウルトラスーパーピクチャーズ
XFLAG PICTURES
配給のみ / 製作:XFLAG
2017年
1月21日 劇場版カードキャプターさくら マッドハウス リバイバル配給のみ / 発売・販売元:バンダイビジュアル
3月18日 ひるね姫 〜知らないワタシの物語〜 シグナル・エムディ 製作幹事:日本テレビ放送網 / 発売・販売元:バップ
10月21日 DCスーパーヒーローズvs鷹の爪団 DLE
11月11日 劇場版 はいからさんが通る 前編 〜紅緒、花の17歳〜 日本アニメーション
12月29日 劇場版カードキャプターさくら 封印されたカード マッドハウス リバイバル配給のみ / 発売・販売元:バンダイビジュアル
2018年
6月15日 ニンジャバットマン 神風動画
YAMATOWORKS
10月19日 劇場版 はいからさんが通る 後編 〜花の東京大ロマン〜 日本アニメーション
10月 モンスターストライク THE MOVIE ソラノカナタ オレンジ 配給のみ / 製作:XFLAG スタジオ
2019年
劇場版 ダンジョンに出会いを求めるのは間違っているだろうか -オリオンの矢- J.C.STAFF

テレビドラマ[編集]

  • 相棒(日本ドラマ初)(発売元はテレビ朝日、販売元はNBCユニバーサル・エンターテイメントジャパン)
  • オルトロスの犬(企画協力及び「ワーナー・ブラザース映画ライターズワークショップ」名義で脚本に参加)(発売元はTBSテレビ、販売元はワーナー・ブラザース ホームエンターテイメント(旧ワーナー・ホーム・ビデオ))

テレビアニメ[編集]

ワーナー・ブラザース ホームエンターテイメント(旧ワーナー・ホーム・ビデオ) ジャパン・コンテンツ事業グループ アニメ事業部が担当[11]

開始 タイトル 制作スタジオ 備考
2011年
7月 ロウきゅーぶ! project No.9
Studio Blanc
神様のメモ帳 J.C.STAFF 音楽はランティス
10月 灼眼のシャナIII-FINAL- 映像ソフトの発売・販売元はジェネオン・ユニバーサル
2012年
4月 アクセル・ワールド サンライズ
7月 アルカナ・ファミリア -La storia della Arcana Famiglia- J.C.STAFF 映像・音楽ソフトの発売元はフロンティアワークス
カンピオーネ! 〜まつろわぬ神々と神殺しの魔王〜 ディオメディア 音楽はランティス
10月 ジョジョの奇妙な冒険 david production
To LOVEる -とらぶる- ダークネス XEBEC 映像ソフトの販売元はジェネオン・ユニバーサル
リトルバスターズ! J.C.STAFF 音楽はKey/ビジュアルアーツ
2013年
4月 とある科学の超電磁砲S J.C.STAFF 映像ソフトの販売元はジェネオン・ユニバーサル
7月 ロウきゅーぶ!SS project No.9
10月 ストライク・ザ・ブラッド SILVER LINK.
リトルバスターズ! 〜Refrain〜 J.C.STAFF 音楽はKey/ビジュアルアーツ
2014年
4月 金田一少年の事件簿R 東映アニメーション 音楽はミュージックレイン
ジョジョの奇妙な冒険 スターダストクルセイダース david production
selector infected WIXOSS J.C.STAFF
7月 白銀の意思 アルジェヴォルン XEBEC
9月 テラフォーマーズ ライデンフィルム
10月 SHIROBAKO P.A.WORKS
selector spread WIXOSS J.C.STAFF
2015年
4月 食戟のソーマ J.C.STAFF 音楽はI WILL
ダンジョンに出会いを求めるのは間違っているだろうか
放課後のプレアデス GAINAX
7月 赤髪の白雪姫 ボンズ
GATE 自衛隊 彼の地にて、斯く戦えり A-1 Pictures
監獄学園 J.C.STAFF
10月 ヘヴィーオブジェクト
2016年
1月 少女たちは荒野を目指す project No.9
4月 12歳。〜ちっちゃなムネのトキメキ〜 オー・エル・エム 音楽は日本コロムビア
ジョジョの奇妙な冒険 ダイヤモンドは砕けない david production
テラフォーマーズ リベンジ ライデンフィルム
TYOアニメーションズ
7月 食戟のソーマ 弐ノ皿 J.C.STAFF 音楽はランティス
ねじ巻き精霊戦記 天鏡のアルデラミン マッドハウス
モブサイコ100 ボンズ
10月 競女!!!!!!!! XEBEC 音楽はランティス
Lostorage incited WIXOSS J.C.STAFF
2017年
1月 スクールガールストライカーズ Animation Channel J.C.STAFF
風夏 ディオメディア 音楽はフライングドッグ
MARGINAL#4 KISSから創造るBig Bang J.C.STAFF
4月 ソード・オラトリア ダンジョンに出会いを求めるのは間違っているだろうか外伝
覆面系ノイズ ブレインズ・ベース
10月 食戟のソーマ 餐ノ皿 J.C.STAFF 音楽はランティス
2018年
1月 カードキャプターさくら クリアカード編 マッドハウス 音楽はフライングドッグ
博多豚骨ラーメンズ サテライト
4月 キャプテン翼 david production
ひそねとまそたん ボンズ
Lostorage conflated WIXOSS J.C.STAFF
7月 天狼 Sirius the Jaeger P.A.WORKS
ハイスコアガール J.C.STAFF

OVA[編集]

アニメ映像メディア販売[編集]

映像メディア販売のみを行った作品を列挙する。括弧内の年月は映像メディアの発売時期、制作年度は当時の放送時期。

家庭用ゲーム[編集]

モバイルゲーム[編集]

脚注[編集]

注釈[編集]

  1. ^ それまでは一部の新作における特典ディスクの有無が選べる。
  2. ^ 主にヒットした新作に該当、基本的に1枚組。
  3. ^ 旧作、特典ディスク付き作品に限る。
  4. ^ 現在は旧作、HD DVD化済みのタイトルを含め、価格が統一されている。
  5. ^ 北米地域は除く。
  6. ^ 日本ではエンタテインメント部門はワーナー エンターテイメント ジャパン、音楽部門はワーナーミュージック・ジャパンに相当する。かつてはワーナーミュージックもワーナーブラザースの傘下であったが、現在は投資家グループに売却されたために資本関係は無くなった。
  7. ^ 日本では「ユニバーサル」を冠する会社としてジェネオン・ユニバーサルの他にユニバーサルミュージックがある。ジェネオンの合併先であるユニバーサルピクチャーズジャパンとはかつてユニバーサルミュージックと共にヴィヴェンディの傘下であったが、ヴィヴェンディが音楽部門以外をGEに売却したため、現在はお互いNBCユニバーサルとユニバーサル ミュージック グループという異なる親会社を持ち、資本関係がない。両社も同じ地球儀のマークで事業内容が重複しているものの、現時点では合併する動きが見られていない。

出典[編集]

  1. ^ 【ワーナー公式】利用規約”. ワーナー ブラザース ジャパン. 2016年4月13日閲覧。
  2. ^ 【ワーナー公式】ワーナー・ブラザース・グループ”. ワーナー ブラザース ジャパン. 2016年4月13日閲覧。
  3. ^ a b ワーナージャパン、ライトノベル原作でテレビアニメに参入”. PRONEWS. システムファイブ (2011年6月10日). 2013年2月28日閲覧。
  4. ^ a b ワーナー : アニメ企画事業に参入 第1弾は「ロウきゅーぶ!」と「神様のメモ帳」”. MANTANWEB. 毎日新聞デジタル (2011年6月15日). 2013年6月23日時点のオリジナルよりアーカイブ。2014年5月1日閲覧。
  5. ^ a b ワーナー、福田太一ビデオ代表が邦画事業も統括”. 映画.com (2014年4月20日). 2014年5月1日閲覧。
  6. ^ ワーナーが邦画製作進出 第1作は「最後の忠臣蔵」”. アニメ!アニメ!ビズ. アニメアニメジャパン (2009年11月5日). 2014年5月1日閲覧。
  7. ^ ハリウッド映画とゲームのシナジー効果を活かした国内展開を目指すワーナー エンターテイメント ジャパン「ゲーム パブリッシング事業正式参入 プレス発表会」開催”. 4Gamer.net. Aetas (2011年2月10日). 2013年2月22日閲覧。
  8. ^ アニメソングが席巻、音楽チャート 変わる業界地図”. 日本経済新聞. 日本経済新聞社 (2013年10月28日). 2015年4月6日閲覧。
  9. ^ 入会のご挨拶」、『THE RECORD』No.626(2012年1月号)、日本レコード協会2012年1月17日、 4頁。
  10. ^ ワーナー・ブラザース・ホームエンターテイメント、モバイルゲーム制作・配信事業第1弾「トムとジェリー ざくざくトレジャー」を発表”. Gamer (2014年6月20日). 2015年4月6日閲覧。
  11. ^ a b ワーナーが社名・組織変更、ワーナー ブラザース ジャパン合同会社に移行”. アニメ!アニメ!ビズ (2016年4月1日). 2016年4月13日閲覧。
  12. ^ 「カードキャプターさくら」が4Kスキャン新世代ニューマスターで再Blu-ray BOX化”. AV Watch. Impress Watch (2017年8月3日). 2018年1月5日閲覧。

関連人物[編集]

外部リンク[編集]