マッドマックス (2015年のゲーム)

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索
マッドマックス
Mad Max
ジャンル オープンワールド
アクションアドベンチャーゲーム
対応機種 PlayStation 4
Xbox One
Windows
開発元 Avalanche Studios
発売元 Warner Bros. Interactive Entertainment/WBゲームズ
人数 1人
メディア PS4/Xbox One
BD-ROM
Windows
DVD-ROM
発売日 アメリカ合衆国の旗 2015年9月1日
日本の旗 2015年10月1日
対象年齢 CEROZ(18才以上のみ対象)
コンテンツ
アイコン
暴力犯罪
テンプレートを表示

マッドマックス』(Mad Max)は、Avalanche Studiosにより開発され、Warner Bros. Interactive Entertainmentより2015年9月1日(日本国内では2015年10月1日)に発売された映画『マッドマックス』シリーズのゲーム作品で、オープンワールドカーアクションアドベンチャーゲーム。PlayStation 4Xbox OneWindowsにて発売された。2015年6月20日公開の『マッドマックス 怒りのデス・ロード』の世界に基づいた『マッドマックス』のゲーム作品となっている。

要素[編集]

Avalanche Studiosが開発し、ワーナー・ブラザースのゲーム部門Warner Bros. Interactive Entertainmentから発売される、オープンワールドのアクションアドベンチャーゲームで、プレイヤーはマックスとなり、荒地と化した「ウェイストランド」を舞台に、略奪者により盗まれた愛車のV8インターセプターを取り戻す為、チャムバケットと言う信頼できるメカニックを相棒として連れて行く。車両をカスタムをしたり、スクロタス率いる謎の凶悪な武装集団「ウォー・ボーイズ」などの敵と闘いながら、乾燥して荒野と化した海底に、灯台や放置されたさびられた巨大船があるグレート・ホワイト(The Great White)、人口密度が高く、ガソリンと車両の修理や製造で栄える要塞都市ガス・タウン(GasTown)、不毛の大地が広がるデッド・バレンズ・パス(Dead Barren's Pass)などのエリアを行き逝きしながら危険な旅に乗り出す。またゲームの物語は映画本作の以前の出来事と言う設定にもなっている。

ゲームが開発・発売されるのに当たって、2013年8月14日にWarner Bros. Interactive Entertainment傘下の出版部門のWB Gamesがプロデュースし、ジェイソン・アレクサンダーが描き、DCコミックスのDCエンターテインメントから、マックスの相棒のメカニック、チャムバケットがマックスと出会うまでの内容のチャムバケット視点の短編物語のモーションコミックも出ており[1]YouTube上で無料配布で公開されている為、モーションコミックを見る事が出来る。

登場人物[編集]

マックス(マクシミリアン)・ロカタンスキー(Max "Maximillian" Rockatansky)
声 - ブレン・フォスター
映画シリーズ及びゲームの主人公。略奪者により愛車のV8インターセプターが盗まれる。V8インターセプターを取り戻す為、メカニックのチャムバケットの助けの元、車両をカスタムしながら、チャムバケットを相棒として一緒に連れ危険な荒地を横断する。
チャムバケット(Chumbucket)
声 - ジェイソン・スピサック
マックスをサポートする猫背で奇妙な姿をしたメカニックの男[2]。ガス・タウンのエンジン・ベイで、ウォー・ボーイズ達が乗る車両の為にメカニックとして働いていたが、ある日何らかの啓示を受け、エンジェル・コンバスチョンという天使の受肉した姿である、荒地の「ウェイストランド」で最も強力で最速な車「マグナム・オプス」を造ると言う、宗教的な理念を持つようになった。その観念に駆られガス・タウンのエンジン・ベイで部品を盗む様になったがトラブルとなり、死刑になる前にガス・タウンから逃げ出した。その後、砂漠化した海岸に打ち上げられていた巨大船をガレージにしていた。マックスが車を盗まれるのを目撃し、彼の「マグナム・オプス」を造ると言う宗教的な強迫観念にマックスも協力することになり、共に行動するようになる。マックスの事を、エンジェル・コンバスチョンが遣わした聖人と呼ぶ。
犬(The Dog)
マックスが飼う事となる犬で、元々スクロタスが所有して自分の車両に乗せて連れていた犬。ゲームの最初の方でスクロタス率いるウォー・ボーイズがマックスのインターセプターを奪って持ち去る際、マックスがスクロタスの車両に乗り込んだ。乗り込んだマックスに噛み付くが、スクロタスに邪魔扱いされ、スクロタスに乱暴に暴行を加えられ車両から投げ捨てられてしまう。その衝撃で前右足を負傷してしまう。同じく車両から放り投げられたマックスに敵意が無いと分かるとマックスと一緒に行動し、マックスの新しい仲間となる。足を負傷しているのでマックスは犬をマックスの相棒となるチャムバケットの住処のガレージに連れて、この犬をしばらく飼う事となった。
映画『マッドマックス2』に登場した同じ、オーストラリアン・キャトル・ドッグと呼ばれる犬種だが、ゲームでは毛の模様や色も多少異なってるのと、元々スクロタスが所有していた犬なので、映画の『2』に登場していたマックスの相棒の犬と別である。
グリッファ(Griffa)
声 - ジョナサン・オールダム
マックスが旅の中で度々出会う謎の人物。マックスに様々な助言をしてくれる。
スタンク・ガム(Stank Gum)
声 - ユーリ・ローエンタール
人間の皮膚の皮で作った奇妙なマスクをした精神異常のナイフの奇人[3]。胸にスカリフィケーションを入れている。
マックスとチャムバケットの巨大船のガレージを攻撃したギャング集団のリーダー。
ジート(Jeet)
声 - ジョシュ・キートン
クロスボウを持った男[4]。ライトハウス(Lighthouse)と呼ばれる灯台の砦のリーダー。マックスに興味を持つ。
ガット・ギャッシュ(Gut Gash)
声 - リアム・オブライエン
マックスに協力した老人[5]。ラストバスティオン率いて、座礁したスティール・シップ(Steel Ship)と呼ばれる古い船の残骸の砦に住むリーダー。将来再び海水が押し寄せ、干上がった大地が水で覆われるという教えを説き、民衆を従わせている。右足が悪く杖を持っている。スクロタス率いるウォー・ボーイズに狙われている。
ピンク・アイ(Pink Eye)
声 - エイドリアン・バーボー
長年の闘いで両足を失い、ショットガンを装備した電動車椅子に乗った女性。 優秀なメカニックとして知られる。サイロ(Silo)と呼ばれる古い廃墟の原子力発電所の砦のリーダーで、スタンク・ガムのギャング集団に襲われていた処、マックスに助けられる。
ホープ(Hope)
声 - コートニー・テイラー
スタンク・ガムに囚われていた赤毛の女性。鎖で繋がれた首輪を付けられていた。映画『マッドマックス 怒りのデス・ロード』に登場したミス・ギディの娘で、かつてジョー(イモータン・ジョーの若い頃)率いるバイカーギャングに父親を殺され、母親のミス・ギディと一緒に捕らえられギャング達に育てられた。またグローリーと言う娘がいる。
グローリー(Glory)
声 - マディソン・カールトン
ホープの娘。映画『マッドマックス 怒りのデス・ロード』でマックスの幻覚に登場した少女と同じ名前である。前日譚コミック『Mad Max Fury Road Mad Max #2』にもグローリーは登場しているが、ゲーム版とは共通して同じ処があるものの、設定が異なっている部分がある。
デメンタス博士(Dr. Dementus)
ガス・タウンのかつての支配者。スクロタスに殺された。
ディープ・フライア(Deep Friah)
声 - ロビン・アトキン・ダウンズ
カルト集団セイクリッドファイア(神聖な炎)のリーダー。体中に火傷の跡があり、炎による死を信仰している。ガス・タウンにあるテンプル(Temple)と呼ばれる要塞の様な寺院を根城にし、スクロタス率いるウォー・ボーイズとは宗教的な思想の違いから対立している。
スキャブラス・スクロタス(Scabrous Scrotus)
声 - トラヴィス・ウィリン
ゲームのボス。荒地の「ウェイストランド」を支配し、ガス・タウンと言う要塞都市を支配・管理する。精神異常者。チェンソーの槍で武装。カルト的な彼らの武装集団の中では上の階級に属する。有毒な空気を吸うのを避け、新鮮な空気を吸って呼吸する為のチューブを鼻に付けて酸素ボンベと繋がっている[6]。また、映画『マッドマックス 怒りのデス・ロード』の前日譚コミックの一つ、『Mad Max: Fury Road: Nux and Immortan Joe』によると、イモータン・ジョーの3番目の精神病の息子で、ジョーの息子リクタス・エレクタスとコーパス・コロッサスの兄弟でもある事が判明している。なお、ゲームでは、彼はウォー・ボーイズの彼自身の派閥を率いている。
スクロタスの手下(Scrotus’ Minions)
スクロタスの手下達。「ウォー・ボーイズ(War Boys)」と呼ばれている。彼らのしきたりで、体毛を全て剃いで、スキンヘッドに、白いペンキを頭から塗り、体中に自ら傷を付けている。映画『マッドマックス 怒りのデス・ロード』のイモータン・ジョーの手下達の「ウォーボーイズ」と同一である。15歳~20歳の若者で構成されており、殆どは核の放射能の影響による異なる種類のの病気に苦しんでおり、常に弱っている。30歳まで生きられないかもしれないと言う事を悟って、人々が彼らが生きる理由がない事を知り、彼らは荒地に出て獲物を探して標的にしている[7]
ブラス・キャップ(Blas Cap)
武器・弾薬の工場であるバレット・ファーム出身の経験豊富な「コック」。スクロタス率いるウォー・ボーイズに捕らえられ囚人として連れてかれた。ジートは武器・弾薬を必要としており、彼を救出してジートの砦に迎えたいとしている。
トップ・ドッグ(Top Dog)
声 - JB・ブラン
グレート・ウォッチャーと言う砦を根城にするギャング集団。6人のボスがおり、巨体でマスクをし、斧で武装と6人とも外見は似てるが体に塗りつけているペンキの色やマスクの模様がそれぞれ違う。
リム・ジョビイー(Rim Jobbie)
ギャング集団トップ・ドッグのボスの1人。
スタンプ・グラインダー(Stump Grinder)
ギャング集団トップ・ドッグのボスの1人。マスクなどピンクと青色が混ざったペンキを塗りつけている。
クック・ロッカー(Cock Locka)
ギャング集団トップ・ドッグのボスの1人。
ガスパ・グロープ(Gaspa Grope)
ギャング集団トップ・ドッグのボスの1人。マスクなど黒色をしている。
ピッグ'N'ステッカー(PIG'N'STICKER)
ギャング集団トップ・ドッグのボスの1人。
グート・ヌース(Gut Noose)
ギャング集団トップ・ドッグのボスの1人。マスクと肉体が赤色になっている。
テンダーロイン(Tenderloin)
声 - ニカ・ファターマン
レースにおいて攻撃の補佐をする役目であるパートナー役を務める女。ガソリンが気化したガスをマスクから吸っており、薬物中毒に似た状態になっている。クロウ・ダズルに多額の借金がある
クロウ・ダズル(Crow Dazzle)
声 - デビッド・デ・ラトゥール
ウェイストランド各地で行われる、デス・レースと呼ばれるレースを取り仕切る男。カラスのような黒い羽根を身に纏っている。危険なデス・レースに参加し勝利することは、高い運転技術が必須のウェイストランドにおいて、名声を高める事に繋がる為参加者も多い。同様のレースを主宰するガスタウンとも対立しておらず、非常に立ち回りが上手い男でもある。
アウトクリエ(Outcrier)
声 - マイケル・ビーティー
ガス・タウンにおいて、スクロタスからレースの開催を任されている男。全身に電球を見につけ、携帯用発電機を持たせた恋人兼奴隷の男を常に侍らせている。電球が切れかけ自身の命についても悲観し、マックスに新たな電球の調達を依頼する。
バザード (The Buzzards)
声 - ルシアン・ダッジ
盗賊集団。映画『マッドマックス 怒りのデス・ロード』に登場した同名のロシア系の盗賊集団と同一であるが、ゲームではナイト・リザードと呼ばれるバザードの同系が登場し、ノーザン・トンネル(Northern Tunnel)と呼ばれる多数の廃車が放置されたトンネル跡地エリアやザ・デューンズ(The Dunes)と呼ばれる砂丘地帯の渓谷にある彼らの地下砦エリアなどにいる。車両などにトゲを付けている。
ナイト・リザード(Night Lizard)
荒地の地下施設跡に居住するバザード系の盗賊集団。ノーザン・トンネル(Northern Tunnel)やザ・デューンズ(The Dunes)の地下エリアに住む。彼らがDigglingsと呼ぶ、労働奴隷の小さな子供を使って、地下に埋もれた彼らが必要な宝を得る為、掘って地下の宝を守って暮らす。暗い地下に居住しており、顔などは襤褸布で巻いていおり、不気味に赤く光るゴーグルマスクを身に付けている。

出典[編集]

外部リンク[編集]