ミュージアム (漫画)

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索
ミュージアム
ジャンル サスペンスホラー
漫画
作者 巴亮介
出版社 講談社
掲載誌 週刊ヤングマガジン
レーベル ヤンマガKCスペシャル
発表号 2013年35号 - 2014年10号
巻数 全3巻
映画
監督 大友啓史
制作 ワーナー・ブラザース映画
封切日 2016年11月12日
上映時間 132分
沢村久志
カエル男
小栗旬
妻夫木聡
テンプレート - ノート

ミュージアム』は、巴亮介による日本漫画作品。講談社の『週刊ヤングマガジン』にて、2013年35号から2014年10号まで連載された。また、2016年43号・44号に新作エピソードが掲載された。雨の日にだけ現れ、残虐な猟奇殺人を続ける「カエル男」と、それを追う警視庁捜査一課の刑事・沢村久志を中心としたサスペンスホラー。

2016年には本作を原作とした実写映画が公開。

あらすじ[編集]

家庭を顧みずに仕事に没頭して妻・遥と息子・将太に家出された警察官・沢村久志。ある日、生きながら空腹の犬に喰い殺された女性の事件を担当することになる。

カエルのマスクを被り、レインコートを着て雨の日に殺人を行い、雨雲を追って去る殺人鬼「カエル男」は、自身をアーティストと称して残忍な殺人を繰り返す。やがて、その被害者が全員「幼女樹脂詰め殺人事件」の裁判員制度による裁判員だったことが判明する。息子を連れて家出した沢村の妻もその1人であった。

当初は、有罪判決を受けて自殺した被告・大橋茂の親族による復讐かと思われたが、実は殺人を芸術と呼ぶ「カエル男」こそが真犯人であり、自身の芸術をメディアが作った印象と僅かな物的証拠で無関係の人物の犯行だと決めつけた裁判員に激怒して報復していることに沢村だけが気づく。魔の手は沢村の周辺にまで及び、後輩の西野警部補が拉致されて沢村の目の前で屋上から突き落とされて殺害され、友人宅に身を寄せていた沢村の妻子も「カエル男」の手に落ちてしまう。警察組織を離れ、個人で必死に「カエル男」を追う沢村は、「カエル男」は雨の日でなければ行動できない理由があるのではないかと考え、「光線過敏症」かもしれないと仮説を立てる。専門家を訪ね歩き、資産家の両親を中学生の時に猟奇殺人犯に殺された被害者遺族と思われていた霧島早苗が、自らの手で両親をも「芸術」と呼ぶ殺人の犠牲にした犯人だと沢村は看破した。

自宅のキッチンで、NHK「みんなのうた」で放送された「メトロポリタン美術館(ミュージアム)」を口ずさむ霧島。そんな彼の家に乗り込む沢村だったが、頭に一撃を受けて意識を失い監禁されてしまう。精巧に出来た妻子の生首の偽物を見せられ、作り物と気づかずに泣き崩れる沢村の前に「カエル男」霧島が現れる。3つのエンディングを示す霧島により沢村親子が殺されそうだと悟り、沢村と霧島を追っていた警察官が拳銃を向けるが、追いつめられた霧島は外へ飛び出す。しかし、外は快晴であったため、紫外線により顔が大きく腫れ上がった霧島は意識を失い倒れるのだった。

事件から1年、沢村はトラウマにより警察を辞めてカウンセリングを受けつつ妻子と共に静かに暮らしていた。霧島は未だに昏睡状態であり、遥は取材で無実の人間を死に追いやったことを追及され答えられずに逃げ出してしまう。

書誌情報[編集]

小説[編集]

牧野修により『ミュージアム 公式ノベライズ』として小説化され、2016年10月14日に講談社文庫から刊行された。ISBN 978-4-06-283896-2

映画[編集]

ミュージアム
[MUSEUM]
THE SERIAL KILLER IS LAUGHING IN THE RAIN.
監督 大友啓史
脚本 高橋泉
藤井清美
大友啓史
原作 巴亮介『ミュージアム』
製作 下田淳行
下枝奨
製作総指揮 小岩井宏悦
青木竹彦
出演者 小栗旬
尾野真千子
野村周平
丸山智己
田畑智子
市川実日子
伊武雅刀
大森南朋
松重豊
妻夫木聡
音楽 岩代太郎
主題歌 ONE OK ROCKTaking Off
撮影 山本英夫
編集 今井剛
制作会社 ツインズジャパン
製作会社 映画「ミュージアム」製作委員会
配給 ワーナー・ブラザース映画
公開 2016年11月12日
上映時間 132分
製作国 日本の旗
言語 日本語
興行収入 15.0億円(2017年1月時点)[1]
テンプレートを表示

2016年11月12日公開。主演は小栗旬、監督は大友啓史。カエル男が活躍するということからFROGMANとのコラボも行われた[2]興行通信社調べ「全国映画動員ランキング」で初日動員18万217人、興行収入2億4,449万6,500円を記録、初登場第2位にランクインした[3]

キャスト[編集]

スタッフ[編集]

主題歌[編集]

Taking Off」(アミューズ / A-Sketch
歌 - ONE OK ROCK

受賞[編集]

テレビドラマ[編集]

ミュージアム ‐序章‐』のタイトルで、映画公開に合わせたスピンオフドラマが、2016年10月1日よりWOWOW、10月14日よりGYAO!にて全4話を配信[4]

キャスト(テレビドラマ)[編集]

スタッフ(テレビドラマ)[編集]

  • 原案 - 巴亮介『ミュージアム』(講談社「週刊ヤングマガジン」刊)
  • 監督 - 白石晃士[4]
  • 脚本 - 高田亮[4]、白石晃士
  • 企画 - 青木竹彦、下田淳行
  • 企画協力 - 小岩井宏悦、下枝奨
  • プロデューサー - 大瀧亮、星野秀樹
  • 撮影 - 高木風太
  • 照明 - 秋山恵二郎
  • 録音・整音 - 根本飛鳥
  • 編集 - 宮崎歩
  • 助監督 - 滝野弘仁
  • ラインプロデューサー - 城内政芳
  • 衣装 - 立花文乃
  • メイク - 村木アケミ
  • 特殊造形 - 土肥良成
  • キャスティング - 詫摩大輔
  • スタントコーディネート - 富田稔
  • カエルマスクデザイン / キャラクターデザイン - 澤田石和寛
  • カエル男造形 - 百武朋
  • 劇中曲 - DJ Oggy feat.DJ Mark Luv「What Is It」、Lesblesd featuring DJ Oggy「Culture」
  • 音響効果 - 大塚智子
  • VFXスーパーバイザー - 小坂一順
  • VFXディレクター - 白石哲也
  • コンポジッター - 江部佳奈恵
  • カラーグレーディング - 石川洋一
  • テクニカルコーディネート - 石橋英治 
  • ラボコーディネート - 川島大資
  • スチール - 鈴木淳哉
  • 監督助手 - 國谷陽介
  • 製作主任 - 小林大地
  • 製作進行 - 田中厚朗
  • プロデューサーアシスタント - 髭野純
  • 特別協力 - ワーナー・ブラザース映画、講談社
  • 制作プロダクション - ツインズジャパン
  • 製作 - 『ミュージアム -序章-』パートナーズ(WOWOW、ポニーキャニオン、GYAO)

脚注[編集]

外部リンク[編集]