この記事は半保護されています。(半保護の方針による半保護)

市川実日子

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動

いちかわ みかこ
市川 実日子
市川 実日子
生年月日 (1978-06-13) 1978年6月13日(40歳)
出生地 日本の旗 日本東京都[1]
職業 女優
ジャンル 映画テレビドラマ
活動期間 1994年-
著名な家族 市川実和子(姉)
事務所 スールキートス
公式サイト スールキートス>>mikako_ichikawa
主な作品
映画
とらばいゆ
blue
嫌われ松子の一生
めがね
シン・ゴジラ
テレビドラマ
すいか
喰いタン
小さな巨人
アンナチュラル

市川 実日子(いちかわ みかこ、1978年6月13日[1] - )は、日本ファッションモデル女優東京都出身[1]スールキートス所属。姉は同じくモデル出身の女優の市川実和子

人物

市川実和子の妹として雑誌『Olive』に何度か登場したあと、1994年に同誌の専属モデルとなる。1998年に専属を離れ、『CUTiE』『Zipper』『spoon.』などの雑誌に登場。その後は『装苑』『GINZA』などのハイファッション系の雑誌に登場している。

1998年にホンマタカシ監督の短編映画『How to 柔術』で女優としてデビュー。2003年に初の主演映画『blue』で第24回モスクワ国際映画祭最優秀女優賞を受賞[2]

2016年、『シン・ゴジラ』で毎日映画コンクール女優助演賞[3]第40回日本アカデミー賞優秀助演女優賞を受賞。

趣味は写真手芸

主な出演作品

映画

テレビドラマ

テレビ番組

CM

舞台

著書

  • 『午前、午後。』(2002年、角川書店刊)- フォトエッセイ集。Web版『spoon.』に連載されていた。
  • blue(プチグラパブリッシング刊、2003年) - 川内倫子撮影、写真集

脚注

  1. ^ a b c 市川実日子”. スールキートス. 2016年9月1日閲覧。
  2. ^ a b 市川さんに最優秀女優賞 モスクワ国際映画祭で”. 47NEWS (2002年6月30日). 2015年8月1日時点のオリジナルよりアーカイブ。2016年9月1日閲覧。
  3. ^ a b “毎日映画コンクールで「シン・ゴジラ」が大賞ほか3冠獲得、「君の名は。」は2冠”. 映画ナタリー. (2017年1月19日). http://natalie.mu/eiga/news/217340 2017年1月19日閲覧。 
  4. ^ 市川実日子、「シン・ゴジラ」尾頭ヒロミの長セリフを生再現!”. 映画.com (2016年8月25日). 2016年9月1日閲覧。
  5. ^ “広瀬すず、是枝裕和監督と再タッグ!「三度目の殺人」で福山雅治&役所広司と対峙”. 映画.com. (2017年2月21日). http://eiga.com/news/20170221/1/ 2017年2月21日閲覧。 
  6. ^ “錦戸亮主演×吉田大八監督「羊の木」映画化!共演に木村文乃、松田龍平、市川実日子”. 映画ナタリー. (2016年9月23日). http://natalie.mu/eiga/news/202781 2016年9月23日閲覧。 
  7. ^ “西炯子『お父さん、チビがいなくなりました』が映画化、娘役に市川実日子”. CINRA.NET. https://www.cinra.net/news/20180427-hatsukoi 2018年9月26日閲覧。 
  8. ^ “西炯子原作映画『初恋~お父さん、チビがいなくなりました』全キャスト発表”. CINRA.NET. https://www.cinra.net/news/20180926-hatsukoi 2018年9月27日閲覧。 
  9. ^ 特集ドラマシリーズ「グッジョブ」”. NHK. 2018年4月16日閲覧。
  10. ^ 「篤姫」キャスティング二次発表”. NHK (2007年10月23日). 2018年4月16日閲覧。
  11. ^ “自称肉食系の三浦春馬「武勇伝ない」。新ドラマ「サムライ・ハイスクール」会見”. 映画.com (株式会社エイガ・ドット・コム). (2009年10月7日). http://eiga.com/news/20091007/17/ 2018年4月16日閲覧。 
  12. ^ 私が初めて創ったドラマ「テツトモ」”. NHK. 2018年4月16日閲覧。
  13. ^ “「恋愛ニート~忘れた恋のはじめ方」の新キャスト決定!”. NewsWalker (KADOKAWA). (2011年12月9日). https://news.walkerplus.com/article/26595/ 2018年4月16日閲覧。 
  14. ^ “榮倉奈々、教師役に初挑戦 悪に悪で対抗するダークヒロイン”. ORICON NEWS (oricon ME). (2012年5月31日). https://www.oricon.co.jp/news/2012316/full/ 2018年4月16日閲覧。 
  15. ^ 大河「八重の桜」キャスト発表第二弾!”. NHK (2012年7月19日). 2018年4月16日閲覧。
  16. ^ “医療マンガ「Dr.DMAT」ドラマ化、主演は関ジャニ大倉忠義”. コミックナタリー (ナターシャ). (2013年11月5日). https://natalie.mu/comic/news/102854 2018年4月16日閲覧。 
  17. ^ 土曜ドラマ「55歳からのハローライフ」|おもな出演者”. NHK. 2018年4月16日閲覧。
  18. ^ あらすじ”. 日曜劇場『おやじの背中』. TBS. 2018年4月16日閲覧。
  19. ^ 新春ドラマ特別企画 わが家”. MBS. 2018年4月16日閲覧。
  20. ^ “東山紀之がドラマ版「予告犯」主演で新境地!生田斗真の映画版から約1年後描く”. シネマトゥデイ (株式会社シネマトゥデイ). (2015年4月16日). https://www.cinematoday.jp/news/N0072473 2018年4月16日閲覧。 
  21. ^ 小林聡美主演、「かもめ食堂」の群ようこが脚本を手がけるドラマが12月に放送”. 映画ナタリー (2015年9月29日). 2015年9月29日閲覧。
  22. ^ 山口発地域ドラマ「朗読屋」”. NHK山口放送局. 2016年12月31日時点のオリジナル[リンク切れ]よりアーカイブ。2017年4月8日閲覧。
  23. ^ “吉岡秀隆主演の山口発ドラマ「朗読屋」キャストに吉岡里帆、緒川たまき、市川実日子、前野朋哉、富岡英里子、山下真司、市原悦子”. music.jpニュース (株式会社エムティーアイ). (2016年9月17日). http://music-book.jp/video/news/news/124486 2017年4月8日閲覧。 
  24. ^ 『シン・ゴジラ』長谷川博己&市川実日子、まさかの夫婦役で共演”. シネマトゥデイ (2017年4月8日). 2017年4月8日閲覧。
  25. ^ “鈴木亮平主演「宮沢賢治の食卓」に山崎育三郎、市川実日子ら実力派結集!”. 映画.com (株式会社エイガ・ドット・コム). (2017年4月26日). http://eiga.com/news/20170426/4/ 2017年4月26日閲覧。 
  26. ^ “石原さとみ、“逃げ恥”脚本家とタッグ 解剖医役でTBS連ドラ初主演”. ORICON NEWS (oricon ME). (2017年9月12日). http://www.oricon.co.jp/news/2097097/full/ 2017年9月12日閲覧。 
  27. ^ “賀来賢人×市川実日子が『木皿泉劇場 道草』で共演 魚屋舞台のコメディー”. CINRA.NET (株式会社 CINRA). (2018年4月16日). https://www.cinra.net/news/20180416-kizaraizumigekijo 2018年4月16日閲覧。 
  28. ^ 佐藤浩市の洗礼を受けた新人俳優出演 『Aではない君と』キャスト追加発表”. ORICON NEWS (2018年8月24日). 2018年8月24日閲覧。

関連項目

外部リンク