草村礼子

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動
くさむら れいこ
草村 礼子
本名 野口 禮子
生年月日 (1940-07-05) 1940年7月5日(79歳)
出生地 東京府北多摩郡三鷹町(現:東京都三鷹市
身長 156cm
血液型 A型
職業 女優
ナレーター
ジャンル 舞台
映画
テレビドラマ
配偶者 あり
事務所 ジェイ・クリップ
公式サイト 草村礼子オフィシャルウェブサイト Shall we…?
主な作品
映画
Shall we ダンス?』(たま子先生役)
備考
東京小劇場
テンプレートを表示

草村 礼子(くさむら れいこ、1940年7月5日 - )は、日本女優ナレーター。本名:野口 禮子(のぐち れいこ)。

東京府北多摩郡三鷹町(現:東京都三鷹市)出身。ジェイ・クリップ所属。兄、弟を持つ3人兄弟である。

来歴[編集]

東京都立国立高等学校中退と同時に、劇団炎座の押しかけ研究生となる。

その後、劇団国芸を経て、劇団東京小劇場の幹部女優として16年間活動。『キューポラのある街』ではトミ役を400回以上演じる。

1982年から「いのちと愛」をテーマに、一人芝居・朗読・講演などのライブ活動を開始する。

1996年の『Shall we ダンス?』での田村たま子役で7つの映画賞を受賞し、広く顔が認知されるようになった。

2005年からは「夢のダンス」と称するダンスボランティア活動を行っている。

受賞歴[編集]

出演[編集]

テレビドラマ[編集]

NHK[編集]

日本テレビ[編集]

TBS[編集]

フジテレビ[編集]

テレビ朝日[編集]

テレビ東京[編集]

WOWOW[編集]

映画[編集]

ラジオドラマ[編集]

  • 毎日放送開局55周年記念特別番組 ラジオドラマ「博士の愛した数式」(2006年3月19日、MBS
  • FMシアター「リバイバル」(2010年3月6日、NHK-FM
  • FMシアター「東京 Voice」(2011年1月8日、NHK-FM)
  • FMシアター「海電(UMIDEN)」(2011年5月28日、NHK-FM)
  • FMシアター「静かな大地(前編・後編)」(2011年10月15日・22日、NHK-FM)
  • FMシアター「温もりの値段」(2012年4月21日、NHK-FM)

CM[編集]

脚注[編集]

  1. ^ “山田涼介、『日本映画批評家大賞』新人賞受賞 浅野忠信の激励に感謝”. ORICON STYLE. (2016年5月26日). http://www.oricon.co.jp/news/2072329/full/ 2016年5月27日閲覧。 
  2. ^ miwa×六角精児×大空祐飛 「紅白が生まれた日」 出演者発表第二弾!”. 日本放送協会 (2015年1月26日). 2015年2月4日閲覧。
  3. ^ 松坂慶子6年ぶり主演作「ベトナムの風に吹かれて」撮影中”. 映画.com (2014年12月25日). 2015年6月17日閲覧。
  4. ^ バケモノの子 The Boy and The Beast”. メディア芸術データベース. 2016年8月17日閲覧。

外部リンク[編集]