若山セツ子

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索
わかやま せつこ
若山 セツ子
本名 坂爪 セツ子(さかづめ せつこ)
別名義 若山 セツコ
生年月日 (1929-06-07) 1929年6月7日
没年月日 (1985-05-09) 1985年5月9日(満55歳没)
出生地 日本の旗 東京府東京市中目黒
死没地 日本の旗 東京都調布市
職業 女優
ジャンル 映画
活動期間 1947年 - 1961年1971年 - 1973年
主な作品
テレビドラマ
お祭り銀次捕物帳
映画
青い山脈
次郎長三国志』シリーズ

若山 セツ子(わかやま せつこ、本名;坂爪 セツ子、旧芸名;若山 セツコ1929年6月7日 - 1985年5月9日)は日本女優東京府東京市中目黒出身。谷口千吉は元夫。実践高等女学校卒業。

人物[編集]

1946年東宝ニューフェイス第1期生として東宝へ入社。デビュー作は『四つの恋の物語』(1947年)。

1949年、『青い山脈』での丸メガネの女学生・笹井和子役で人気を獲得。

1952年、『次郎長三国志』シリーズでは次郎長の女房・お蝶を演じた。

戦後第一期の東宝を代表する清純派スター」と云われ、明るく華やかなキャラクターは今日も名作として残されている。

1956年谷口千吉とは離婚。

1961年に病気で引退するが、1971年に週刊誌に取り上げられたのがきっかけで復帰。深夜番組や『お祭り銀次捕物帳』にレギュラー出演したが、次第に奇行が見られはじめ、1973年に出演した『婦系図・前後篇』が最後の出演となった。

1984年に共に暮らしていた母(それ以前には姉も失っていた)を亡くしてから精神状態が悪化し、強制入院させられてから1ヶ月後の1985年5月9日東京調布市の病院で首吊り自殺した。享年55歳。80代としか思えないほどのやつれぶりだったという。

出演作品[編集]

映画[編集]

テレビドラマ[編集]

外部リンク[編集]