若山セツ子

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
わかやま せつこ
若山 セツ子
本名 坂爪 セツ子(さかづめ せつこ)
別名義 若山 セツコ
生年月日 (1929-06-07) 1929年6月7日
没年月日 (1985-05-09) 1985年5月9日(55歳没)
出生地 日本の旗 東京府荏原郡目黒町中目黒(現・目黒区
死没地 日本の旗 東京都調布市
職業 女優
ジャンル 映画
活動期間 1947年 - 1961年1971年 - 1973年
配偶者 谷口千吉1949年 -1956年
主な作品
テレビドラマ
お祭り銀次捕物帳
映画
青い山脈
次郎長三国志』シリーズ
 
受賞
毎日映画コンクール
新人演技賞
1947年おスミの持参金
テンプレートを表示

若山 セツ子(わかやま セツこ[1]1929年昭和4年〉6月7日[1][2] - 1985年昭和60年〉5月9日)は、日本女優東宝の清純派スターの一人として知られている[2]。映画監督の谷口千吉の元妻。本名は坂爪 セツ子、旧芸名は若山 セツコ。

人物[編集]

左端が若山セツ子(1951年)

東京府[1]目黒町中目黒出身。実践高等女学校卒業[1]

1946年東宝ニューフェイス第1期生として東宝へ入社[1][2]。デビュー作は『四つの恋の物語』(1947年)[1][2]

1949年、『青い山脈』での丸メガネの女学生・笹井和子役で人気を獲得し[1][2]、同年に東宝の映画監督であった谷口千吉と結婚。

1952年、『次郎長三国志』シリーズでは次郎長の女房・お蝶を演じた[1]

1956年に夫の谷口によるスキャンダルのため離婚。

1961年に病気で引退するが、1971年に週刊誌に取り上げられたのがきっかけで復帰。深夜番組や『お祭り銀次捕物帳』にレギュラー出演したが、次第に奇行が見られはじめ、1973年に出演した『婦系図・前後篇』が最後の出演となった。

1984年に共に暮らしていた母を亡くしてから精神状態が悪化し[注釈 1]、強制入院させられてから1ヶ月後の1985年5月9日東京調布市の病院で首吊り自殺した。55歳没。

主な出演作品[編集]

映画[編集]

青い山脈』(1949年)。右端が若山セツ子。
薔薇合戦』(1950年)。若山セツ子と鶴田浩二

テレビドラマ[編集]

脚注[編集]

[脚注の使い方]

注釈[編集]

  1. ^ それ以前には姉も失っていた。

出典[編集]

  1. ^ a b c d e f g h i j 東宝特撮映画全史 1983, p. 535, 「怪獣・SF映画俳優名鑑」
  2. ^ a b c d e f 東宝特撮女優大全集 2014, p. 85, 文・中村哲「まだまだいる!忘れえぬ東宝特撮女優たち〈1〉」

参考文献[編集]

  • 『東宝特撮映画全史』監修 田中友幸東宝出版事業室、1983年12月10日。ISBN 4-924609-00-5 
  • 別冊映画秘宝編集部 編 編 『<保存版>別冊映画秘宝 東宝特撮女優大全集』洋泉社、2014年9月24日。ISBN 978-4-8003-0495-7 

外部リンク[編集]