三度目の殺人

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動
三度目の殺人
The Third Murder
監督 是枝裕和
脚本 是枝裕和
製作 小川晋一
原田知明
依田巽
出演者 福山雅治
役所広司
広瀬すず
斉藤由貴
吉田鋼太郎
満島真之介
松岡依都美
市川実日子
橋爪功
音楽 ルドヴィコ・エイナウディ
撮影 瀧本幹也
編集 是枝裕和
製作会社 「三度目の殺人」製作委員会
配給 東宝
ギャガ
公開 日本の旗 2017年9月9日
上映時間 124分
製作国 日本の旗 日本
言語 日本語
興行収入 14.6億円[1]
テンプレートを表示

三度目の殺人』(さんどめのさつじん)は、2017年9月9日公開の日本映画是枝裕和監督のオリジナル脚本による法廷サスペンス[2]。主演は福山雅治

2017年8月30日より開催の第74回ヴェネツィア国際映画祭コンペティション部門への正式出品作品[3]

ストーリー                        [編集]

同僚の摂津から、殺人事件の減刑を目的に助けを求められた重盛は、殺人の前科を持つ三隅の弁護を引き受ける。減刑を勝ち取るために、真実よりも安易な方策を取ろうとするが、事件を調べるうちに、なにか違和感を感じて自分のやり方に不安を覚える。

面会を続けるうちに三隅の供述も二転三転する。三隅が週刊誌に暴露した記事が掲載され、事件は、被害者の妻・美津江と交際していた三隅が彼女に頼まれた保険金目当の殺人となり、世間の耳目を集める。

そんなとき、被害者の娘・咲江が、実父から性的暴行を受けていたことを告白し、それを知っていた三隅が自分を救うために父親を殺したのだと告白した。その方向で弁護を進めようとしたとき、突然三隅が自分は殺してない!と主張する。三隅にそれを信じてくれるのかと執拗に迫られた重盛は混乱する。

三隅は本当に殺人は犯していないのか!?

真実はどこにあるのだろうか!?

登場人物[編集]

重盛
演 - 福山雅治
三隅高司
演 - 役所広司
山中咲江
演 - 広瀬すず
山中美津江
演 - 斉藤由貴
小野稔亮
演 ‐ 井上肇
摂津大輔
演 - 吉田鋼太郎
川島輝
演 - 満島真之介
服部亜紀子
演 - 松岡依都美
篠原一葵
演 - 市川実日子
重盛ゆか
演 - 蒔田彩珠
重盛彰久
演 - 橋爪功

スタッフ[編集]

製作[編集]

2017年2月、是枝裕和監督と福山雅治が再タッグを組む新作のタイトルが『三度目の殺人』に決定し、追加キャストが発表された[2]

作品の評価[編集]

興行成績[編集]

2017年9月9日、10日の初日2日間で興収2億3311万2,600円、動員17万9,256人になり映画観客動員ランキング(興行通信社調べ)で初登場第2位となった[5]

受賞歴[編集]

テレビ放送[編集]

回数 テレビ局 番組名(放送枠名) 放送日 放送時間 放送分数 視聴率
1 フジテレビ 土曜プレミアム 2018年10月13日 21:00 - 23:30 150分 9.5%
2 フジテレビ 土曜プレミアム 2019年10月26日 21:00 - 23:30 150分 7.7%
  • 視聴率はビデオリサーチ調べ、関東地区・世帯・リアルタイム。

脚注[編集]

[脚注の使い方]

外部リンク[編集]