ワンダフルライフ (映画)

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索
ワンダフルライフ
After Life
監督 是枝裕和
脚本 是枝裕和
製作 佐藤志保
秋枝正幸
出演者 ARATA
小田エリカ
寺島進
内藤剛志
谷啓
音楽 笠松泰洋
撮影 山崎裕
鋤田正義
編集 是枝裕和
配給 テレビマンユニオン
公開 カナダの旗 1998年9月11日TIFF
日本の旗 1999年4月17日
上映時間 118分
製作国 日本の旗 日本
言語 日本語
テンプレートを表示

ワンダフルライフ』(英題:After Life)は、是枝裕和監督の、『幻の光』につづき2作目の映画ヴェネツィア国際映画祭などで受賞した前作に引き続き、日本国内よりもアメリカカナダでの評価の方が高く、ハリウッドでのリメイクも決定している。ドキュメンタリー出身の作風を生かし、出演者に簡単な状況設定のみを与え、即興で作られたシーンが多い。その手法は第3作目の『DISTANCE』、第4作目の『誰も知らない』でも引き継がれている。

ストーリー[編集]

「貴方の一番大切な思い出を1つだけ選んでください。」

死んでから死後の世界へと旅立つまでの1週間、死者達は「そこ」で一番大切な思い出を選ぶ。その思い出は、彼らと「そこ」のスタッフ達の手によって映画として再現される。そして、その記憶が頭の中に鮮明に蘇った瞬間、彼らはその「一番大切な記憶」だけを胸に死後の世界へと旅立っていくのだ……。選んでください。貴方の一番大切な思い出はなんですか?

出演[編集]

スタッフ[編集]

  • 監督・脚本:是枝裕和
  • プロデューサー:佐藤志保、秋枝正幸
  • 企画:安田匡裕
  • 撮影:山崎裕
  • 美術:磯見俊裕、郡司英雄
  • 編集:是枝裕和
  • 音楽:笠松泰洋
  • ゼネラルプロデューサー:重延浩
  • 照明:佐藤譲
  • 録音:滝澤修
  • 助監督:高橋巌

受賞歴[編集]

外部リンク[編集]