コンテンツにスキップ

怪物 (2023年の映画)

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
怪物
Monster
監督 是枝裕和
脚本 坂元裕二
製作 川村元気
山田兼司
伴瀬萌
伊藤太一
田口聖
製作総指揮 臼井央
出演者 安藤サクラ
永山瑛太
黒川想矢
柊木陽太
高畑充希
角田晃広
中村獅童
田中裕子
音楽 坂本龍一
撮影 近藤龍人
制作会社 AOI Pro.
製作会社 「怪物」製作委員会
配給 東宝
ギャガ
公開
上映時間 126分
製作国 日本の旗 日本
言語 日本語
興行収入 21.5億円[3]
テンプレートを表示

怪物』(かいぶつ)は、2023年日本映画。監督は是枝裕和、脚本は坂元裕二[4]。主演は安藤サクラ永山瑛太黒川想矢柊木陽太[5]第76回カンヌ国際映画祭において、脚本賞[6]クィア・パルム賞[7]を受賞した。

同じ出来事を複数の視点から描く「羅生門」構造を持った作品である[8]

音楽を担当している坂本龍一は公開前の2023年3月に死去したため[9]、本作が遺作となった。

あらすじ

大きな湖の岸辺の町で起きた雑居ビル火災に始まり、物語は3人の視点で描かれる。

シングルマザーの麦野沙織は、小学5年の息子・湊(みなと)と一緒に消火活動を自宅から眺めている。湊が“普通”に結婚して家族を持つことだけを生き甲斐に働き、子育てする沙織。だが湊は学校で怪我をしたり落ち込んだりと様子がおかしかった。問い詰める沙織に、自分の脳は豚の脳と入れ替わっている。担任の保利(ほり)道敏にそう言われたと話す湊。

担任と話そうと小学校に向かう沙織。だが、保守的な校長や教頭たちは頭を下げるばかりで事を荒立てようとしなかった。何度も学校に押しかける沙織に、湊が同級生の星川依里(より)という少年をいじめていると話す保利。しかし依里はいじめられていない、保利が湊に暴力を振るったと証言した。保護者会で謝罪させられ、退職に追い込まれる保利。


再び雑居ビル火災の夜、恋人にプロポーズする保利。彼は熱心な新米教師だが、教室で暴れる湊を止めようとして肘が湊の鼻に当たり、鼻血を出させてしまった。母親の沙織が学校に来たと聞いて説明しようとするが、女性校長や教頭たちはトラブルを嫌い、保利に謝罪しか許さなかった。校長は学校をスキャンダルから守るためなら、自身が起こした交通事故の責任を愛する夫に肩代わりさせ、刑務所に送ることも辞さない人物だったのだ。

星川依里は友達がおらず、宇宙人と呼ばれて悪童たちの標的になっている少年だった。湊にいじめられた確証を得ようと星川家を訪ねる保利。依里のシングルファーザーの父親は息子を化け物と呼び、頭に豚の脳が入っているから人間に戻そうとしていると平然と保利に語った。

週刊誌に暴力教師と書かれ、恋人も離れて行き、精神的に追い詰められる保利。退職し、引っ越しの準備中に無意識に依里の作文の添削を始めた保利は、文中に隠された湊への恋心を示す文字を見つけた。湊や依里が嘘をついて保利を追い詰めたのは、互いの愛情を隠したい一心からだと気づき、姿を消した湊と依里を沙織と共に探しに行く保利。


雑居ビル火災の夜。ライターを持って出歩き、翌朝の登校時に湊に、深夜2時まで起きていたと話す依里。同性愛的な志向を持つ湊と依里はすでに友達になっていたが、湊はいじめに合う事を恐れ、人前では話さないと依里に約束させていた。湊が教室で暴れ、保利の腕が当たって鼻血を出した時、湊はいじめられる依里から悪童たちの注意を逸らそうとしていたのだ。

依里が見つけたという、廃トンネルの先にある捨てられた鉄道車両を秘密基地にして、二人きりで仲良く過ごす湊たち。湊にとって、“普通”に結婚して家族を持って欲しいという母親の願いはストレスでしかなく、依里は同性愛的な性癖を嫌悪する父親から折檻を受けていた。依里は「ビッグランチ(ビッグクランチの誤用)」が起こると宇宙が収縮を始め、時間が逆行するので、生まれ直す事が出来ると湊に話した。生まれ直す日を迎える準備を始める湊と依里。

依里が転校することになり、別れに怯える湊。大型の台風が接近する中、父親に折檻されて朦朧としている依里を助けた湊は、「ビッグランチが来る」と言って二人で廃電車の秘密基地に向かった。土砂崩れで横倒しになる廃電車。這い出した湊と依里は、「生まれ変わった?」「元のままだよ」と、楽しそうに光の中に走って行った。

キャスト

麦野早織(むぎの さおり)
演 - 安藤サクラ[10]
シングルマザー。
保利道敏(ほり みちとし)
演 - 永山瑛太[10]
湊、依里の担任教師。
麦野湊(むぎの みなと)
演 - 黒川想矢[10](幼少期・黒川晏慈)
早織の息子。小学5年生。
星川依里(ほしかわ より)
演 - 柊木陽太[10]
湊の同級生。小学5年生。
品川友行
演 - 黒田大輔[11]
小学校の学年主任。
神崎信次
演 - 森岡龍[12]
湊が2年生の時の担任教師。
八島万里子
演 - 北浦愛[13]
保利の同僚の教師。
蒲田大翔
演 - 小林空叶[14]
湊、依里の同級生。
広橋岳
演 - 柳下晃河[15]
湊、依里の同級生。
浜口悠生
演 - 金光泰市[16]
湊、依里の同級生。
木田美青
演 - 飯田晴音[17]
湊、依里の同級生。
ミスカズオ
演 - ぺえ[18]
女装タレント。
広橋理美
演 - 野呂佳代[19]
岳の母親。
伏見の夫
演 - 中村シユン[20]
伏見校長の夫。現在、収監中。
鈴村広奈
演 - 高畑充希[10]
保利の恋人。
正田文昭
演 - 角田晃広[10]
湊、依里が通う小学校の教頭。
星川清高
演 - 中村獅童[10]
依里の父でシングルファーザー。
伏見真木子
演 - 田中裕子[10]
小学校の校長。
黒田莉沙
演 - 小畑葵[21]
湊、依里の同級生。
藤森日和
演 - 石橋実都[22]
湊、依里の同級生。
小松瑛多
演 - 志村瑛多[23]
湊、依里の同級生。
前坂恭子
演 - 片山萌美[24]
雑誌の記者。
消防隊員
演 - 松浦慎一郎[25]
保健室の先生
演 - 大田路[26]
タレント
演 - ゆってぃ[27]
テレビ番組に登場するタレント。

スタッフ

製作

脚本

是枝裕和にとって『万引き家族』以来5年ぶりの邦画作品である。脚本を手掛ける坂元裕二とは初めてのタッグかつ、監督デビュー作である『幻の光』以来となる自身が脚本執筆をしない一作となった。

2017年5月13日から8月6日にかけて、早稲田大学の演劇博物館で企画展「テレビの見る夢 − 大テレビドラマ博覧会」が開催された[38]。企画展の関連イベントとして、6月28日、早稲田大学大隈記念講堂で坂元と是枝のトークショーが開かれた[39]。トークショーのあと、坂元は一度是枝に脚本を持って行ってみようかという気持ちがわいたという[40]

2018年、東宝の川村元気と山田兼司は、坂元に「映画の開発をしよう」と話を持ちかけた。「45分くらいの尺感で走り切って、それが3本立てになったらどんな映画になるのか」と川村は話した。監督として是枝の名前を挙げたのは坂元とされる[40]。同年12月18日、川村は是枝に「映画のプロットができたので読んでもらえないか」とメールした[40]。是枝は誰か脚本家と組むならとの質問の際には必ず坂元と即答するほどの大ファンであった。坂元も是枝について「憧れの存在であり、大好きな映画監督。脚本家としての是枝さんも尊敬している」と表現していた。そうした経緯から念願の共同作業が実現した[4][41][42][43]

脚本は2019年から3年かけて書かれた[44][45]。是枝は脚本を最初に読んだ時、「この少年2人は『銀河鉄道の夜』のジョバンニとカンパネルラだ」と感じたという[46]。坂元は是枝との対談で「世の中には被害者の物語が溢れているが、加害者の物語はどんどんなくなり、むしろ描くことが困難になってきている。そのなかでどうすれば自分が加害者になって、お客さんに加害者の主観を体験してもらうことができるのかをずっと考えてきた」と述べ[40]、また、インタビューで「私たちは生きている上で、どうしても他者同士お互いに見えていないものがある、それを理解し合っていかなければならない時に直面した場合どういったことが起こるのか、そしてどうすればいいのか、その複雑さを表現するにはどうすればいいのか、長い間苦しみ悩みながら脚本を書きました」と答えている[47]

脚本は第75回読売文学賞(戯曲・シナリオ賞)を受賞している[48]

撮影

諏訪市立城北小学校
立石公園

主演を務める4人のうち、黒川想矢と柊木陽太については是枝や坂元も審査に参加したオーディションによって選出された[5]。是枝は黒川と柊木に会うと最初に『銀河鉄道の夜』の話をし、読んでほしい、と言った[46]

舞台設定は当初、東京都の西側の区域だった。脚本には、町を南北に分ける形で大きな川が流れているというト書きがあった。駅前での火災や、消防車の走行などのシーンの撮影を、東京都が許可しなかったため、千葉県と長野県諏訪地方が候補地に挙がった。ことに長野には「諏訪地方観光連盟 諏訪圏フィルムコミッション」(本部:諏訪市[49]があり、協力体制が整っていたことから、まずは諏訪に下見に行こうという話になった。2012年にテレビドラマ『ゴーイング マイ ホーム』をロケ撮影を行ったときの信頼感も是枝にはあった。「諏訪圏フィルムコミッション」の宮坂洋介に案内されて行ったのが、2021年3月に廃校となった旧諏訪市立城北小学校だった。是枝は昇降口の吹き抜けや、街と湖が見渡せる教室からの景色を気に入り、撮影地を諏訪に決定した[50][51]。坂元には「大きな川」を「湖」に変えてほしいと依頼した[50]。是枝はメディアの取材に対し、「全体を貫くテーマと湖を重ねてみようと思った」と述べ[44]、「真っ黒い諏訪湖を見たときに『怪物だ』と感じた」と述べている[52]

2022年3月19日〜5月12日、7月23日〜8月12日に長野県諏訪地方(諏訪市岡谷市富士見町下諏訪町)の約25カ所でロケーション撮影がおこなわれた。地元の小学生ら約700人がエキストラとして参加した[53][54][44][55]。舞台となる旧諏訪市立城北小学校は、校名もそのまま「城北小学校」として映し出された[50]。秘密基地の廃電車は富士見町の旧瀬沢隧道の付近にオープンセットとして設営された。製作には、富士見町の建設会社「今井建設」が協力した。同社は2011年からテレビドラマ、映画、CMなどのセット造成に関わっており、本作品ではセットの資材の運び入れの方法も発案した[56][57]。主な撮影場所は下記のとおり[58]

音楽

坂本龍一が音楽を担当した経緯について、是枝は「撮影場所が諏訪に決まって描かれる脚本に風景が明快になった時、夜の湖に坂本龍一さんの曲の響きが重なった」と述べている[59]。映画の編集をしながら坂本の音楽を仮当てし、それに手紙を添えて坂本に作曲の依頼をした。坂本はすぐに是枝へ「全部を引き受ける体力はもう残ってないけど、(仮当てした映画を)観させて頂いたらとても面白くて、音楽のイメージが何曲か浮かんでいるので形にします。気に入ったら使って下さい」と手紙を送り、その後2曲の新曲と一緒に「すでに私が発表している楽曲から自由に使って頂いて構いません」というメッセージを映画の製作陣へ送った[60]

最終的に完成した映画には計7曲が使用された。内訳は新曲が2曲、1998年発売のアルバム『BTTB』から「aqua」、2009年発売のアルバム『アウト・オブ・ノイズ』から「hibari」と「hwit」、2023年1月発売のアルバム『12』から2曲。

2023年3月28日、坂本は東京都内の病院で死去した[9]。全国公開直前の5月31日、全7曲入りのアルバム『サウンドトラック「怪物」』が発売された。

公開

2023年5月16日、第76回カンヌ国際映画祭が開幕。『怪物』は5月17日に同映画祭で上映された[1]。5月18日、『怪物』の記者会見がカンヌで開かれ、是枝、坂元、安藤サクラ、永山瑛太、黒川想矢、柊木陽太が参加した。英国のメディアが、日本映画にみる性的マイノリティ表象の少なさについて質問すると、是枝は「(『怪物』は)LGBTQに特化した作品ではなく、少年の内的葛藤の話と捉えた。誰の心の中にでも芽生えるのではないか」と答えた[61]。さらに是枝は同日、ロイターの取材に応じ、「これらの子供たちの年齢はおそらく、自分たちの性的アイデンティティが十分に形成されていない年齢です。私はそのことにあまり焦点を合わせたくはなかったし、それを特別な種類の関係として考えたくなかった」と述べた[62]

同年5月27日、カンヌ映画祭が閉幕。授賞式前に発表される独立賞として、LGBTに関連した映画に与えられるクィア・パルム賞を受賞した[7]。そして授賞式で脚本賞を受賞した[6]。クィア・パルム審査員長のジョン・キャメロン・ミッチェルは賞の授与に当たり、「世間の期待に適合できない2人の少年が織りなす、この美しく構成された物語は、クィアの人々、馴染むことができない人々、あるいは世界に拒まれている全ての人々に力強い慰めを与え、そしてこの映画は命を救うことになるでしょう」と述べた[63]。同日、フランスの「ル・モンド」はクィア・パルムに言及。「『怪物』は、二人の少年の間に親密な友情がめばえ、それが愛の関係に発展するというプロットを、非常に謙抑的に描いている。映画はある側面において、2022年のカンヌに出品されたルーカス・ドン監督の『CLOSE/クロース』を思い出させる」と報じた[64]

同年6月2日、日本で全国公開された[1]。6月5日、全国映画動員ランキングトップ10(6月2日~4日の3日間集計)が発表。『怪物』は初日から3日間で動員23万1000人、興収3億2500万円をあげ、3位で初登場した[65]。6月はプライド月間にあたっていたが、配給に携わる東宝ギャガは性的少数者に言及するパブリシティを行わず、メッセージも発信しなかった[66]。6月30日、英語字幕付きの上映がTOHOシネマズ日比谷など都内3館で始まった[67]

同年9月10日、第48回トロント国際映画祭で上映された。最高賞の「観客賞」を競うスペシャルプレゼンテーション部門には、『怪物』と濱口竜介監督の『悪は存在しない』が出品された[2][68]

備考

  • 2022年10月12日、ロケをきっかけに、是枝は諏訪市立城南小学校を訪れ、映画制作に取り組む6年1部の児童28人に対し特別授業を行った。児童たちが制作した3本の映画は2013年2月14日、岡谷スカラ座で開かれた試写会で披露された[69][52]
  • 2023年6月2日の公開に合わせて、諏訪圏フィルムコミッションはロケ地マップを作成。諏訪市岡谷市富士見町下諏訪町で撮影された計22か所のロケ地の写真と住所が掲載されている。フィルムコミッション長野県内の劇場などで配布するとともに、特設サイトでも公開した[58][54]
  • 2023年6月9日、諏訪圏フィルムコミッションは岡谷市の商店街「童画館通り」のふれあいホールに「廃電車」のセットの一部を再現。監督、俳優らの120枚を超えるオフショットや小道具を展示した。ホールには、映画公開からわずか1カ月間で、国内外のファン500人以上が訪れた[70][71]
  • 2023年12月27日、バラク・オバマ元米国大統領は、毎年恒例となっている「2023年のお気に入り映画」を公表した。掲げた作品は、自身とミシェル・オバマが製作総指揮として関わった『ラスティン: ワシントンの「あの日」を作った男』『終わらない週末』『ジョン・バティステ: アメリカン・シンフォニー』の3本のほか10本。その10本の中に『怪物』も含まれていた[72]。なお、オバマは5年前にも同じく是枝が監督として製作に携わった『万引き家族』をお気に入り映画として選出している[73]

脚注

出典

  1. ^ a b c d e f 怪物 - IMDb(英語)
  2. ^ a b 是枝裕和監督『怪物』、トロント国際映画祭で北米プレミア 英語圏ならではの質問で大盛況”. ORICON NEWS (2023年9月12日). 2023年9月13日閲覧。
  3. ^ 2023年(令和5年)全国映画概況” (pdf). 一般社団法人 日本映画製作者連盟 公式サイト. 日本映画製作者連盟 (2024年1月30日). 2024年2月2日閲覧。
  4. ^ a b c d “是枝裕和×坂元裕二が初タッグ!映画「怪物」来年公開、「夢が叶ってしまいました」”. 映画ナタリー (ナターシャ). (2022年11月18日). https://natalie.mu/eiga/news/501755 2022年11月19日閲覧。 
  5. ^ a b 石井百合子 (2023年1月5日). “是枝裕和監督の新作『怪物』キャスト発表!音楽は坂本龍一”. シネマトゥデイ. シネマトゥデイ. 2023年1月5日閲覧。
  6. ^ a b 【第76回カンヌ国際映画祭】是枝裕和監督「怪物」に脚本賞 坂元裕二「たった一人の孤独な人のために書きました」”. 映画.com (2023年5月28日). 2023年6月2日閲覧。
  7. ^ a b 【第76回カンヌ国際映画祭】是枝裕和監督「怪物」にクィア・パルム賞 日本映画としては初”. 映画.com (2023年5月27日). 2023年6月2日閲覧。
  8. ^ 稲垣伸寿「怪物」がカンヌ脚本賞 多視点で描かれる「羅生門」構造の映画」『Forbes JAPAN』2023年6月3日。2024年6月26日閲覧。
  9. ^ a b 瀬野木作、大倉たから (2023年4月1日). “亡くなった坂本龍一さん「音楽制作が難しい」体調の中で反対した神宮外苑再開発 「深呼吸し、スマホのカメラを向けることも多々あった」”. 47NEWS. 共同通信. 2023年7月3日閲覧。
  10. ^ a b c d e f g h i j 是枝裕和×坂元裕二『怪物』に安藤サクラ、永山瑛太、高畑充希、角田晃広、田中裕子ら出演”. Real Sound. blueprint (2023年1月5日). 2023年1月5日閲覧。
  11. ^ 黒田大輔 - 株式会社 空(くう)
  12. ^ 森岡龍 - 株式会社マイターン・エンターテイメント
  13. ^ 北浦愛 - 株式会社ヘッドクォーター
  14. ^ 小林空叶 - クラージュキッズ
  15. ^ クラージュキッズ [@courage_kids1] (2023年6月2日). "\6月2日(金)公開🎞️/映画「怪物」に小林空叶、柳下晃河が出演しています✨是非、チェックして下さい🌱". X(旧Twitter)より2024年4月2日閲覧
  16. ^ 金光泰市 - ジョビィキッズ
  17. ^ 株式会社リコロン [@recolon_talent] (2023年6月2日). "是枝監督 映画「怪物」本日より公開です! 飯田晴音、出演しております! 飯田晴音はこの作品をきっかけに演技する楽しみを知り、もっとこの世界で活躍したいと心に決めた 非常に思い入れの深い作品になります。何度も見直したくなるような、素晴らしい作品です。皆様も是非、映画館に足を運んで頂けたら幸いです。". Instagramより2024年4月2日閲覧
  18. ^ a b "ぺえ・西野未姫│映画『怪物』出演". NEWS. 株式会社TWIN PLANET ENTERTAINMENT. 8 June 2023. 2024年4月2日閲覧
  19. ^ "永山瑛太「怪物」で共演の野呂佳代は「同じ中学校です」演技がカンヌで「笑いが起きた」". 日刊スポーツ. 日刊スポーツ新聞社. 3 June 2023. 2024年4月2日閲覧
  20. ^ 中村シユン - 日本タレント名鑑
  21. ^ "小畑葵 映画「怪物」 出演". NEWS. 株式会社ギュラ. 31 May 2023. 2024年4月2日閲覧
  22. ^ 石橋実都 - 株式会社スーパーエキセントリックシアター
  23. ^ 志村瑛多 - ギュラ・キッズ
  24. ^ "片山萌美「その支えは確かなものなのか」ー 『怪物』". 「片山萌美の気になるんですけど…」. 株式会社DOKUSO映画館. 18 July 2023. 2024年4月2日閲覧
  25. ^ AS ACTOR - 松浦慎一郎 公式ウェブサイト
  26. ^ 大田路 - 株式会社 太田プロダクション
  27. ^ "ゆってぃ『怪物』に出演していた!". シネマトゥデイ. 株式会社シネマトゥデイ. 9 June 2023. 2024年4月2日閲覧
  28. ^ 石橋類 - ギュラ・キッズ
  29. ^ 黒宮けいた - MALLOW st.
  30. ^ 石橋琴子 - ギュラ・キッズ
  31. ^ 赤坂優弥 - クラージュキッズ
  32. ^ 庄田心春 - クラージュキッズ
  33. ^ 大北 怜花 - 株式会社スーパーエキセントリックシアター
  34. ^ 溝口凛瞳 - 株式会社スーパーエキセントリックシアター
  35. ^ 田中爽一郎 - MALLOW st.
  36. ^ 今西葵 - 株式会社スーパーエキセントリックシアター
  37. ^ 木月あかり - 株式会社ボックス・コーポレーション
  38. ^ テレビの見る夢 − 大テレビドラマ博覧会”. 早稲田大学演劇博物館. 2023年7月1日閲覧。
  39. ^ 坂元裕二×是枝裕和トークショー ドラマの神様は細部に宿る”. 早稲田大学演劇博物館. 2023年7月1日閲覧。
  40. ^ a b c d 是枝裕和監督と坂元裕二の特別講義をフルボリュームでレポート。『怪物』が生まれた経緯から脚本の構造、解釈までを語り尽くす”. MOVIE WALKER PRESS (2023年6月25日). 2023年7月1日閲覧。
  41. ^ “是枝裕和×坂元裕二、諦めていた相思相愛タッグがオリジナル映画「怪物」で実現!”. 映画.com (エイガ・ドット・コム). (2022年11月18日). https://eiga.com/news/20221118/3/ 2022年11月19日閲覧。 
  42. ^ “坂元裕二×是枝裕和トークショー『ドラマの神様は細部に宿る』”. 青春ゾンビ (早稲田大学). (2017年7月3日). https://hiko1985.hatenablog.com/entry/2017/07/03/132431 2023年5月11日閲覧。 
  43. ^ “是枝裕和監督、脚本家・坂元裕二と初タッグ!5年ぶり日本が舞台『怪物』23年6月2日公開”. シネマトゥデイ (シネマトゥデイ). (2022年11月18日). https://www.cinematoday.jp/news/N0133631 2022年11月19日閲覧。 
  44. ^ a b c 滝沢隆史 (2023年5月16日). “是枝監督が一目ぼれした諏訪湖を望む場所 カンヌ出品「怪物」を撮影”. 朝日新聞. https://www.asahi.com/articles/ASR5D6H6BR52UOOB00V.html 2023年6月9日閲覧。 
  45. ^ 生田綾、吉田薫 (2023年6月9日). “『怪物』是枝裕和監督、3年にわたる脚本・坂元裕二との協業を語る”. CINRA. 2023年7月3日閲覧。
  46. ^ a b 佐々木なつみ (2023年6月10日). “是枝裕和監督、映画『怪物』ラストシーンの編集を変えた意図は? 撮影前には専門家のレクチャーも”. マイナビニュース. 2023年7月3日閲覧。
  47. ^ “コンペのトップバッター、是枝監督の『怪物』が登場!”. FIGARO JAPAN. (2023年5月21日). https://madamefigaro.jp/culture/230521-atsukotatsuta-cannes-report-03.html 2023年5月21日閲覧。 
  48. ^ “第75回読売文学賞 受賞6氏と作品”. 読売新聞. (2024年2月1日). https://www.yomiuri.co.jp/culture/book/articles/20240131-OYT1T50148/ 2024年2月1日閲覧。 
  49. ^ 諏訪圏フィルムコミッション
  50. ^ a b c カンヌで高評価 映画「怪物」ロケ地・諏訪も期待 是枝監督と信州は“深い縁”「特別な場所」”. 長野放送 (2023年6月6日). 2023年7月5日閲覧。
  51. ^ 是枝裕和監督「東京は撮影に非協力的、諏訪に信頼感」…長野県で「怪物」秘話語る”. 読売新聞 (2023年6月27日). 2023年7月1日閲覧。
  52. ^ a b 夜の諏訪湖に「怪物」を見た…是枝裕和監督が長野・諏訪エリアで新作を撮った理由”. 読売新聞 (2023年5月28日). 2023年7月1日閲覧。
  53. ^ 諏訪シネマズに是枝監督「怪物」 認定5作目”. 長野日報 (2023年4月27日). 2023年7月7日閲覧。
  54. ^ a b “「怪物」公開 ロケ地・諏訪地方の劇場も活況”. 長野日報. (2023年6月3日). http://www.nagano-np.co.jp/articles/110645 2023年6月9日閲覧。 
  55. ^ 滝沢隆史 (2023年3月14日). “是枝監督に聞いた「撮影に大切なこと」 先生は巨匠、小6に特別授業”. 朝日新聞. 2023年7月3日閲覧。
  56. ^ JR中央東線の廃線跡に映画「怪物」の廃電車セット 造った建設会社社長「一番大変な現場」 富士見町”. 信濃毎日新聞 (2023年7月5日). 2023年7月7日閲覧。
  57. ^ 映画「怪物」ロケ地の童画館通りで記念展示”. Nagano Nippo Web (2023年6月10日). 2023年7月3日閲覧。
  58. ^ a b 「怪物」ロケ地MAP”. 諏訪地方観光連盟 諏訪圏フィルムコミッション. 2023年7月3日閲覧。
  59. ^ “是枝裕和監督、坂本龍一さんに感謝「ご一緒できたのは自分にとって誇り」”. クランクイン! (ブロードメディア). (2023年5月8日). https://www.crank-in.net/news/127021/1 2023年5月25日閲覧。 
  60. ^ “是枝裕和監督、故・坂本龍一氏とのやりとり明かす 念願の音楽に「とても誇り」”. Music Voice (ミュージックヴォイス). (2023年5月8日). https://www.musicvoice.jp/news/252856/ 2023年5月25日閲覧。 
  61. ^ カンヌ映画祭便り:是枝裕和監督「存在しない怪物を見せる」 カンヌ映画祭記者会見”. 毎日新聞 (2023年5月18日). 2023年7月3日閲覧。
  62. ^ Powell, Alicia (2023年5月19日). “Japan's Kore-eda: sexual identity not the focus in film 'Monster'”. Reuters. 2023年7月3日閲覧。
  63. ^ 是枝裕和監督『怪物』、クィア・パルム日本映画で初受賞!2人の少年の物語に「審査員は満場一致」”. シネマカフェ (2023年5月27日). 2023年7月3日閲覧。
  64. ^ Cannes 2023 : la Queer Palm décernée au film japonais « Monster »” (フランス語). Le Monde (2023年5月27日). 2023年7月3日閲覧。
  65. ^ 映画動員ランキング:『マリオ』5回目の1位、『怪物』3位、『憧れを超えた侍たち』6位初登場”. ORICON NEWS (2023年6月5日). 2023年7月7日閲覧。
  66. ^ 久保豊 (2023年7月5日). “『怪物』に性的マイノリティの子どもたちは救えるのか。「美しい物語」が見えづらくさせたもの”. CINRA. 2023年7月7日閲覧。
  67. ^ 6月30日(金)より、本作の「英語字幕付き上映」が決定致しました!”. 映画『怪物』公式サイト (2023年6月26日). 2023年7月5日閲覧。
  68. ^ Atsuko Kitayama (2023年9月11日). “トロント映画祭、開幕作品に「君たちはどう生きるか」 スト影響も”. ロイター. 2023年9月13日閲覧。
  69. ^ 是枝監督が特別授業、小6が28人で映画制作…主役の児童「考えつかないことを教えてくれた」”. 読売新聞 (2023年2月17日). 2023年7月3日閲覧。
  70. ^ 岡谷 映画「怪物」のセットなど展示始まる 諏訪地域でロケ”. NHK (2023年6月9日). 2023年7月30日閲覧。
  71. ^ 映画「怪物」に弾む商店街 長野・岡谷のロケ地に聖地巡礼”. 中日新聞 (2023年7月24日). 2023年7月30日閲覧。
  72. ^ Brockington, Ariana (2023年12月28日). “Barack Obama reveals his slightly 'biased' top movies of 2023”. Today. National Broadcasting Company. 2024年2月4日閲覧。
  73. ^ 稲垣貴俊 (2018年12月30日). “『万引き家族』だけじゃない ─ オバマ元大統領の2018年注目映画に『ブラックパンサー』など15作品選出、注目の音楽も要チェック”. THE RIVER. 2024年3月9日閲覧。

外部リンク