釜口水門

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
Jump to navigation Jump to search
諏訪湖側から見た釜口水門(北望)
釜口水門(下流側)

釜口水門(かまぐちすいもん)は、長野県岡谷市にあり、諏訪湖から天竜川が流れ出る地点に位置する水門。天竜川の起点である。

歴史[編集]

諏訪湖には31の河川が流入するが、流出河川は天竜川のみである。諏訪湖を取り巻く流域面積は湖面積の40倍にもなり、大雨が降るとたちまち氾濫を招いていた。このため、古くは天正年間頃から治水工事に着手。江戸時代の天明年間、そして明治時代にも手掛けられ、中州の弁天島を取り除くなど排水を促した。

1936年(昭和11年)に、近代的治水設備としての水門が竣工した。だが1950年1961年の洪水では処理能力を発揮できず、改築が決定。1988年に放水量600t/秒の新水門が旧水門から諏訪湖側へ約80mの地点に完成した。これは旧水門処理能力の3倍に当たる。

現在の水門は2段式の6門ゲート(上段は6門、下段は3門)になっており、上段はフラップゲート(飛行機の羽のような形)、下段はローラーゲートになっている。通常は上段ゲートを操作し越流放流を行っている。

構造[編集]

水門南寄りに漁船を通す舟通し水門が、北寄りに階段状になった魚道が設けられている。

周辺施設[編集]

「釜口水門水の資料室」が設置されており、諏訪湖や釜口水門の資料が展示されている。水門の諏訪湖側には遊歩道の橋が設けられているほか、南側には地元出身の「琵琶湖周航の歌」の作詞者小口太郎の銅像が立ち、旧水門建設時にトロッコ牽引で活躍したディーゼル機関車(アメリカ製)が展示されている。その他、水門南側の湊地区湖岸は遊覧船の寄港地など、公園として整備されている。

外部リンク[編集]

座標: 北緯36度3分12.3秒 東経138度3分10.9秒