ベイビー・ブローカー

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ベイビー・ブローカー
브로커
20220602 Broker 브로커 VIP Premiere (2).jpg
VIP試写会にて(2022年6月2日)
監督 是枝裕和[1]
脚本 是枝裕和
製作 ユージン・リー[2]
出演者 ソン・ガンホ
カン・ドンウォン
ペ・ドゥナ
イ・ジウン
イ・ジュヨン
音楽 チョン・ジェイル朝鮮語版[3]
撮影 ホン・ギョンピョ朝鮮語版[4]
編集 是枝裕和[1]
製作会社 ZIP CINEMA
配給 大韓民国の旗 CJエンタテインメント
日本の旗 ギャガ
アメリカ合衆国の旗 Neon
公開 大韓民国の旗 2022年6月8日
インドネシアの旗 2022年6月13日
香港の旗 シンガポールの旗 2022年6月23日
日本の旗ベトナムの旗台湾の旗 2022年6月24日
アメリカ合衆国の旗 2022年7月
ドイツの旗 2022年10月20日
フランスの旗 2022年12月7日
スウェーデンの旗 2022年12月16日
上映時間 129分
製作国 大韓民国の旗 韓国
言語 韓国語
テンプレートを表示
ブローカー
各種表記
ハングル 브로커
発音 プロカ
RR式 beurokeo
MR式 pŭrok'ŏ
IPA [pɯɾo̞kʰʌ̹]
テンプレートを表示

ベイビー・ブローカー』(ハングル브로커; 英語: Broker)は、2022年韓国ドラマ映画。監督は是枝裕和。出演はソン・ガンホカン・ドンウォンペ・ドゥナイ・ジウンイ・ジュヨンら。

本作は、是枝裕和監督初の韓国製作及び韓国語作品で、第75回カンヌ国際映画祭のコンペティション部門正式出品作品である[5]

概略[編集]

何らかの理由で親が育てられない新生児を預かる「ベイビー・ボックス」に預けられた1人の赤ちゃんを巡って、善意と悪意が絡まりながら色んな思惑を持った人々の姿を描き出す人間ドラマ[1][6]

第75回カンヌ国際映画祭では最優秀男優賞(ソン・ガンホ)とエキュメニカル審査員賞の2冠を達成。2022年5月26日夜(日本時間27日未明)に開催されたワールドプレミアでは上映終了後に12分間に及ぶスタンディングオベーションが起こった[7]

日本国内最大級の映画レビューサービス・Filmarks(フィルマークス)で6月公開の映画期待度ランキング1位を獲得した[8]

本作は全世界188か国に販売された[9]。2022年6月8日に韓国、6月16日にインドネシア、6月23日に香港とシンガポール、6月24日に日本・ベトナム・台湾で公開された。今後、7月にアメリカ、10月20日にドイツ、12月7日にフランスで公開予定。

あらすじ[編集]

釜山でクリーニング店を営むサンヒョンは、知り合いで教会の養護施設に勤めるドンスとともに、ドンスの勤務先にある赤ちゃんポストに預けられる乳児を密かに横流しし、子どもを望む夫婦に斡旋する闇の人身売買に手を染めていた。一方、警察の婦人青年課員のスジンは後輩のイとともに彼らをマークし、乳児斡旋を現場で摘発することを狙っていた。

ある雨の夜、教会の赤ちゃんポストの前に若い女性が乳児を置いて立ち去る。車上で張り込んでいたスジンは、その乳児を赤ちゃんポストに預けた。乳児には名前と「いつか必ず迎えに来る」とだけ書かれたメモが付けられていた。ドンスはこの乳児を横流しするため、サンヒョンの自宅に持ち込む。ところが、二人の予想外に乳児の母・ソヨンが教会にわが子(ウソン)を探しに現れた。ドンスはソヨンをサンヒョンの自宅に連れて行く。乳児を斡旋する話を知ったソヨンは、その現場に同行することになる。ウソンを含めた4人はサンヒョンのワゴン車で取引先の浦項に向かう。しかし、相手がウソンを値踏みした言葉にソヨンは激高し、取引は不成立となる。次にサンヒョンが向かったのは、盈徳にあるドンスの育った養護施設だった。在籍する子どもからは兄貴分として慕われるドンスだったが、捨てられたときに「迎えに来る」という母のメモがありながら遂に来なかった過去があった。

スジンは斡旋現場を押さえるために、囮の夫婦を依頼者に仕立てる。しかし、不妊治療法の質問にうまく答えられなかったことで、サンヒョンは夫婦を偽の依頼者と見破ってしまう。ワゴン車にはドンスの後輩の少年が紛れ込み、5人は次の斡旋が来るまで蔚珍で共同生活を送る。その頃、警察では釜山で起きたヤクザ殺人の容疑者がソヨンではないかという話が流れていた。スジンとイは直接ソヨンを呼び出し、協力を求める。サンヒョンの元に、ソウルに住むという夫婦からの斡旋依頼が届く。5人はKTXでソウルに向かい、依頼者と会う。だが依頼者の出した条件は、実子として迎え入れ、ソヨンとは会うことも許さないというものだった。

キャスト[編集]

ハ・サンヒョン
演 - ソン・ガンホ
ベイビー・ボックスに入った赤ん坊の新しい両親を探し、特別な取引をする自称善意のブローカー。
ユン・ドンス
演 - カン・ドンウォン
サンヒョンのパートナー。ブローカー[10]
ムン・ソヨン
演 - イ・ジウン
ベイビー・ボックスに置かれた赤ちゃんの母親。予期せずサンヒョンとドンスの旅路に合流する[11]
アン・スジン
演 - ペ・ドゥナ
ブローカーの旅路を執拗に追いかける刑事[12]
イ刑事
演 - イ・ジュヨン
スジンと共にブローカーを追いかける後輩[13]
ヘジン
演 - イム・スンス

製作[編集]

略歴[編集]

2020年8月26日、是枝裕和が監督と脚本を務め、監督初の韓国制作作品となる新作の製作が発表され、同時に、ソン・ガンホペ・ドゥナカン・ドンウォンの出演も発表された[14][15]。企画は発表の5年前から進行しており、是枝はキャストに関して、ソン・ガンホ、カン・ドンウォンとは釜山国際映画祭を始めとする複数の映画祭での交流が縁での出演であることと、ペ・ドゥナとは2009年に是枝が監督した『空気人形』での主演の後、ペ・ドゥナに次は人間の役で仕事を共にしたいと約束していたことを語った[注釈 1][15][16]。2021年2月、イ・ジウンがキャストに加わった[17]。3月、イ・ジュヨンがキャストに加わった[18]。当初の報道では、正式な英題となる『Broker』と表記するメディアがあった一方、『Baby, Box, Broker』というタイトルで表記するメディアもあった[14][15][19][20]。2022年3月1日、日本での邦題が「ベイビー・ブローカー」に決定したことを配給のギャガが発表。同時に日本公開は2022年内とした[21]。4月11日、韓国にて6月公開を確定させ、ティーザーポスターが公開[22]。4月14日、5月17日~5月28日(現地時間)に開催される第75回カンヌ国際映画祭のコンペティション部門に選出され、正式出品することが決定[23]。合わせて日本でも6月公開が確定し、日本版ポスターが公開[24]。また、カンヌ版のポスタービジュアルが公開[25]。4月29日、日本公開日が6月24日に決定[26]

キャスティング[編集]

サンヒョン役には、最初からソン・ガンホを念頭に置いたと伝えた是枝裕和監督は、ソン・ガンホについて、「韓国の俳優の中で誰と一緒に作品を制作したいかという質問に、いつもソン・ガンホを挙げてきた」と彼に対する愛情を示し、「テイクごとに異なる姿を見せるのが驚きだった。彼が現場にいるだけで大きな力になった」と撮影での印象を明らかにした。ドンス役のカン・ドンウォンについては、「出演した『義兄弟 SECRET REUNION』を印象深く見た。彼を見守りながら、彼が持つ広い肩幅から何かの感情が出るところを撮ってみたいという思いが強くなった」とした。映画『空気人形』以来、是枝監督とは2度目の作品で、スジン役を務めたペ・ドゥナについては、「数年前に4~5枚ほどのプロットを渡した。彼女は、演技で表現しきれない繊細な間隔を埋めるのがまさに天才的に上手だ」と絶賛した。ソヨン役のイ・ジウンについては、「ドラマ『マイ・ディア・ミスター~私のおじさん~』を見て彼女にハマり、後半はイ・ジウンさんが登場するシーンはずっと泣いているような状況で、もうこの人しかいないと思って、オファーしました。」と話した[6]。イ刑事役のイ・ジュヨンに対しては「目に止まる20代の女優たちをたくさん見てきた。その中で『梨泰院クラス』『春の夢』で見せた彼女の演技が印象的だった」と、キャスティングを決心した背景を伝えた[27]

撮影[編集]

主要な撮影は、2021年4月14日からソウル釜山一帯で開始し[28]、6月22日に終了した[29]。撮影完了に際して、ペ・ドゥナが24日、イ・ジュヨンが27日に、監督との2ショット写真をそれぞれInstagramに投稿し、クランクアップを報告した[30][29]

プロモーション[編集]

  • 制作発表会:2022年5月10日、韓国・龍山アイパークモールで行われた[6]。キャストのソン・ガンホ、カン・ドンウォン、イ・ジウン、イ・ジュヨンが登壇。監督を務めた是枝裕和はリモートで参加した。
  • 第75回カンヌ国際映画祭:2022年5月26日~28日(フランス現地時間)に参加。エキュメニカル審査員賞と、ソン・ガンホに男優賞が贈られた。
  • 報道陣向け試写会イベント:2022年5月31日、韓国・CGV龍山アイパークモールで行われた。ソン・ガンホ、カン・ドンウォン、イ・ジウン、イ・ジュヨン、是枝裕和監督が参加[31]
  • VIP試写会:2022年6月2日、韓国・CGV龍山アイパークモールで行われた。キャストと監督が参加。キム・スヒョンイ・ミンホイ・ビョンホン、BTSのVRAIN(ピ)ユ・インナカン・ハンナらが出席[32]
  • 舞台挨拶(韓国):2022年6月11日、12日、18日、19日に行われた[33][34]
  • 凱旋記者会見:2022年6月13日、是枝裕和監督が韓国から帰国後に東京都内で行われた[35]
  • 2022年6月25日、キャストのソン・ガンホ、カン・ドンウォン、イ・ジウン、イ・ジュヨンが来日。ソン・ガンホは『パラサイト 半地下の家族』以来約2年ぶり、カン・ドンウォンは、『ゴールデンスランバー』以来約3年ぶりの来日となる。イ・ジウンは歌手IUとして2016年1月に東京で開催したファンミーティング以来6年5ヵ月ぶりの公式来日で、100人を超えるファンが成田国際空港に集まった[36]
    • 来日舞台挨拶:2022年6月26日、東京都内のTOHOシネマズ 六本木ヒルズ、ユナイテッド・シネマ豊洲、109シネマズ二子玉川で計6回開催。来日キャストと監督が登壇[37]
    • 2022年6月27日、フジテレビ系「めざましテレビ」「めざまし8」にソン・ガンホと是枝裕和監督がスタジオ生出演した。
    • 2022年6月28日、TBS系「THE TIME,」でソン・ガンホ、カン・ドンウォン、イ・ジウン、イ・ジュヨンのSPインタビューが放送された。

興行収入[編集]

韓国[編集]

以下のデータは韓国映画振興委員会の集計に基づく[38]。2022年6月18日、観客動員数が100万人を突破[39]

日付 観客動員数 順位 売上
公開前 - 6,143人 - 56,258,000₩
1週目 2022年6月8日 146,080人 1位 1,398,699,680₩
2022年6月9日 105,534人 2位 991,024,000₩
2022年6月10日 111,803人 2位 1,134,946,170₩
2022年6月11日 224,095人 2位 2,334,935,780₩
2022年6月12日 178,724人 2位 1,848,759,200₩
2022年6月13日 57,670人 2位 563,270,730₩
2022年6月14日 54,111人 2位 522,732,930₩
2週目 2022年6月15日 32,526人 3位 313,391,390₩
2022年6月16日 31,410人 3位 298,865,340₩
2022年6月17日 37,328人 3位 373,806,320₩
2022年6月18日 65,197人 4位 684,927,710₩
2022年6月19日 55,882人 4位 577,219,950₩
合計 1,107,443人 - 11,098,657,200₩ (約11億986万円)

日本[編集]

6月25日と6月26日の全国映画動員ランキングで3位。土日2日間で動員8万6000人、興収1億2200万円を記録。

初日から3日間では動員12万3000人、興収1億6900万円となっている[40]

受賞歴[編集]

2022年 第75回 カンヌ国際映画祭 最優秀男優賞 (ソン・ガンホ)
エキュメニカル審査員賞
第39回 ミュンヘン国際映画祭 ARRI賞[41]

脚注[編集]

注釈[編集]

  1. ^ ペ・ドゥナは『空気人形』ではラブドールを演じていたため。

出典[編集]

  1. ^ a b c ベイビー・ブローカー”. 映画.com. 2022年3月9日閲覧。
  2. ^ Broker”. IMDb. 2022年3月9日閲覧。
  3. ^ 개봉 미정: 영화 브로커 음악작업中 (감독/고레에다 히로카즈)”. 2022年3月9日閲覧。
  4. ^ “Koreeda’s Korean Debut BROKER Completes Production”. KoBiz (韓国映画振興委員会). http://www.koreanfilm.or.kr/eng/news/news.jsp?blbdComCd=601006&seq=5569&mode=VIEW 2022年3月9日閲覧。 
  5. ^ 第75回カンヌ国際映画祭の出品作発表、コンペ部門に是枝裕和やクローネンバーグ” (日本語). 映画ナタリー. 2022年5月3日閲覧。
  6. ^ a b c Inc, Natasha. “【イベントレポート】是枝裕和「ベイビー・ブローカー」キャスティングのきっかけは韓流ドラマ(写真12枚)” (日本語). 映画ナタリー. 2022年5月12日閲覧。
  7. ^ 『ベイビー・ブローカー』カンヌで12分間のスタンディングオベーション!:第75回カンヌ国際映画祭|シネマトゥデイ” (日本語). シネマトゥデイ (2022年5月27日). 2022年6月8日閲覧。
  8. ^ 【発表】映画『ベイビー・ブローカー』6月公開の映画期待度ランキング1位獲得 | FILMAGA(フィルマガ)” (日本語). filmaga.filmarks.com (2022年5月30日). 2022年6月8日閲覧。
  9. ^ '브로커', 전 세계 188개국 해외 판매..홍콩→일본 개봉일 확정” (朝鮮語). 다음영화. 2022年6月14日閲覧。
  10. ^ ソン・ガンホ、是枝裕和監督の韓国映画「ベイビー・ブローカー」で人間味溢れるキャラクターを熱演…スチールカットを公開”. Kstyle. 2022年5月3日閲覧。
  11. ^ IU、初の母親役で新たな挑戦…是枝裕和監督の韓国映画「ベイビー・ブローカー」スチールカット公開”. Kstyle. 2022年5月3日閲覧。
  12. ^ ペ・ドゥナ、是枝裕和監督と12年ぶりの再会…韓国映画「ベイビー・ブローカー」で刑事に変身”. Kstyle. 2022年5月3日閲覧。
  13. ^ イ・ジュヨン、ペ・ドゥナの後輩刑事に変身…是枝裕和監督の韓国映画「ベイビー・ブローカー」スチールカット公開”. Kstyle. 2022年5月3日閲覧。
  14. ^ a b Frater, Patrick. “‘Parasite’s’ Song Kang-ho to Star in ‘Baby, Box, Broker,’ Korean Debut of ‘Shoplifters’ Director Hirokazu Kore-eda”. Variety. https://variety.com/2020/film/asia/hirokazu-kore-eda-broker-song-kang-ho-1234749096/ 2022年3月9日閲覧。 
  15. ^ a b c Noh, Jean. “Kore-eda to make Korean debut ‘Baby, Box, Broker’ with ‘Parasite’ star Song Kang-ho”. Screen Daily. https://www.screendaily.com/news/kore-eda-to-make-korean-debut-baby-box-broker-with-parasite-star-song-kang-ho/5152618.article 2022年3月9日閲覧。 
  16. ^ “是枝裕和監督最新作『ブローカー(仮)』製作発表!ソン・ガンホ、カン・ドンウォン、ペ・ドゥナのキャスティング決定!”. https://www.anemo.co.jp/movienews/newmovie/broker-20200826/ 2022年3月9日閲覧。 
  17. ^ Ramachandran, Naman. “Korean Star IU Joins Kore-eda Hirokazu’s ‘Broker’ Cast – Global Bulletin”. Variety. https://variety.com/2021/biz/news/korea-iu-kore-eda-hirokazu-broker-1234898122/ 2022年3月9日閲覧。 
  18. ^ “이주영, 고레에다 감독 '브로커' 합류...강동원→아이유 호흡 (공식)” (韓国語). http://www.slist.kr/news/articleView.html?idxno=237701 2022年3月9日閲覧。 
  19. ^ Grater, Tom. “‘Parasite’ Star Song Kang-ho To Lead ‘Broker’ For ‘Shoplifters’ Director Hirokazu Kore-eda”. Deadline. https://deadline.com/2020/08/parasite-song-kang-ho-broker-shoplifters-hirokazu-kore-eda-1203024632/ 2022年3月9日閲覧。 
  20. ^ 小峰, 健二 (2020年8月27日). “Kore-eda to team with Song Kang-ho for his first Korean film”. 朝日新聞. https://www.asahi.com/ajw/articles/13672401 2022年3月1日閲覧。 
  21. ^ 是枝裕和監督、初の韓国映画は邦題「ベイビー・ブローカー」! “国民の妹”の出演も発表 : 映画ニュース” (日本語). 映画.com. 2022年4月11日閲覧。
  22. ^ 是枝裕和&ソン・ガンホ&カン・ドンウォン、映画「ベイビー・ブローカー」6月公開” (日本語). K-POP、韓国エンタメニュース、取材レポートならコレポ! (2022年4月11日). 2022年4月11日閲覧。
  23. ^ ONLINE, SCREEN (2022年4月15日). “カンヌ国際映画祭正式出品決定!『ベイビー・ブローカー』豪華出演者から喜びの声到着‼ カンヌ版ポスター解禁! | SCREEN ONLINE” (日本語). SCREEN ONLINE. 2022年5月3日閲覧。
  24. ^ シネマトゥデイ (2022年4月14日). “是枝裕和監督、初韓国映画『ベイビー・ブローカー』カンヌ映画祭コンペ出品!日本公開は6月に決定 | シネマトゥデイ” (日本語). シネマトゥデイ. 2022年5月3日閲覧。
  25. ^ シネマトゥデイ (2022年4月15日). “『ベイビー・ブローカー』カンヌ版ポスター公開! | シネマトゥデイ” (日本語). シネマトゥデイ. 2022年5月3日閲覧。
  26. ^ シネマトゥデイ (2022年4月28日). “是枝裕和監督の初韓国映画『ベイビー・ブローカー』特報公開 | シネマトゥデイ” (日本語). シネマトゥデイ. 2022年5月3日閲覧。
  27. ^ ソン・ガンホ&カン・ドンウォン&IUら出演、映画「ベイビー・ブローカー」是枝裕和監督が豪華キャスティングに言及“一緒に映画を作りたかった””. Kstyle. 2022年5月3日閲覧。
  28. ^ 고레에다 히로카즈의 첫 한국영화 '브로커', 14일 부산서 크랭크인”. 2022年3月9日閲覧。
  29. ^ a b ソン・ガンホ×カン・ドンウォンら主演、是枝裕和監督の韓国映画『ブローカー』クランクアップ!”. 2022年3月9日閲覧。
  30. ^ crank up #broker”. Instagram. 2022年3月9日閲覧。
  31. ^ INC, SANKEI DIGITAL (2022年5月31日). “是枝裕和監督「興奮冷めやらない」 ソウル市内で「ベイビー・ブローカー」試写会イベント” (日本語). サンスポ. 2022年6月2日閲覧。
  32. ^ BTS(防弾少年団)のVからキム・スヒョンまで、是枝監督の映画「ベイビー・ブローカー」VIP試写会へ…豪華すぎると話題”. Kstyle. 2022年6月4日閲覧。
  33. ^ 【PHOTO】ソン・ガンホ&カン・ドンウォン&IU&是枝裕和監督ら、映画「ベイビー・ブローカー」舞台挨拶に出席”. Kstyle (2022年6月11日). 2022年6月14日閲覧。
  34. ^ 【PHOTO】ソン・ガンホ&カン・ドンウォン&IU&是枝裕和監督ら、映画「ベイビー・ブローカー」舞台挨拶に出席”. Kstyle (2022年6月12日). 2022年6月14日閲覧。
  35. ^ 是枝裕和、子役演出に定評も『ベイビー・ブローカー』は「本当に大変でした…」 3時間爆睡時にしっとりシーン撮影”. ORICON NEWS. 2022年6月14日閲覧。
  36. ^ 「ベイビー・ブローカー」キャスト陣来日 成田空港“IU(イ・ジウン)ファン人数”にソン・ガンホも驚き - モデルプレス” (日本語). モデルプレス - ライフスタイル・ファッションエンタメニュース. 2022年6月29日閲覧。
  37. ^ Inc, Natasha. “「ベイビー・ブローカー」ソン・ガンホ、カン・ドンウォンらの来日が決定(動画あり)” (日本語). 映画ナタリー. 2022年6月21日閲覧。
  38. ^ KOFIC 영화관 입장권 통합전산망 :: 영화정보”. www.kobis.or.kr. 2022年6月14日閲覧。
  39. ^ ソン・ガンホ&カン・ドンウォン&IUら出演、是枝裕和監督の映画「ベイビー・ブローカー」観客動員数が100万人を突破”. Kstyle. 2022年6月19日閲覧。
  40. ^ 興収67億円突破!『トップガン マーヴェリック』、国内ランキングで4度目の1位に|最新の映画ニュースならMOVIE WALKER PRESS” (日本語). MOVIE WALKER PRESS. 2022年6月29日閲覧。
  41. ^ ソン・ガンホ&カン・ドンウォン&IUら出演、映画「ベイビー・ブローカー」ミュンヘン映画祭でARRI賞を受賞”. Kstyle. 2022年7月8日閲覧。

外部リンク[編集]