梨泰院クラス

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動
梨泰院クラス
ジャンル テレビドラマロマンス
原作 クァンジン朝鮮語版ウェブ漫画『梨泰院クラス』
演出 キム・ソンユン朝鮮語版
出演者 パク・ソジュン
キム・ダミ
ユ・ジェミョン朝鮮語版
クォン・ナラ
製作
プロデュース イ・サンユン
チョン・スジン
ハン・ソクウォン
ハン・ぺッポン(ベトナム)
放送
放送チャンネル大韓民国の旗 JTBC
世界の旗 Netflix
放送国・地域大韓民国の旗 韓国
放送期間2020年1月31日 - 2020年3月21日
放送時間毎週土曜日 夜10時50分 - 12時30分
回数16
公式ウェブサイト
テンプレートを表示
梨泰院クラス
各種表記
ハングル 이태원 클라쓰
発音 イテウォン クルラス
題: Itaewon Class
テンプレートを表示

梨泰院クラス』(イテウォンクラス、原題:이태원 클라쓰)は、韓国ケーブルテレビJTBCにて2020年1月31日から同年3月21日まで放送されたテレビドラマソウル飲食店激戦区・梨泰院(イテウォン)を舞台に、飲食業界での成功を目指して仲間と共に奮闘する若者たちを描いている[1]。原作は、2017年から2018年まで連載されたチョ・クァンジン朝鮮語版による韓国の同名ウェブ漫画[2]。主演はパク・ソジュン[3]

最終回の視聴率は16.5%を記録し、JTBC史上3位、韓国のケーブルテレビ史上7位の高視聴率となった(2020年時点)[4]

ビデオオンデマンドサービスのNetflixにて、Netflixオリジナル作品として日本を含む世界に配信されている[5]

原作ウェブ漫画は2016年12月27日から連載され、後ピッコマ日本語で正式的に翻訳ローカライズ版『六本木クラス〜信念を貫いた一発逆転物語〜[注 1]の連載も行われた。

ストーリー[編集]

国内最大外食企業・チャンガグループに勤める父親の転勤である田舎に引っ越した高校3年生のパク・セロイ(パク・ソジュン)は、転校先の学校で〝神〟と呼ばれるチャンガグループの御曹司チャン・グンウォン(アン・ボヒョン)に出会う。 正義感の強いセロイはグンウォンの傍若無人な言動に我慢できず、一発殴ってしまい退学処分。父親は20年間勤めていた会社を辞める羽目になる。

さらにグンウォンが起こした交通事故で父を亡くしたセロイは、 グンウォンに暴力を振るい、刑務所行きとなる。チャンガグループを倒すと心に決めたセロイは、梨泰院で「タンバム」という小さな居酒屋を開き、仲間たちと共に再起を目指す。

登場人物[編集]

主要人物[編集]

パク・セロイ(朴世路)
演 - パク・ソジュン、日本語吹替 - 櫻井孝宏[6]
本作の主人公。イガグリ頭。居酒屋『タンバム』(甘い夜)の創業者であり社長。後に株式会社ic代表取締役に就任する。当初は友達も殆どおらず一匹狼であったが、確固たる信念と正義をもち気高さ溢れる高潔な青年。それ故にトラブルになることが多く、この性格が災いして幾度となく窮地に立たされることになる。かなりの頑固者であり、商売上の利益と相反する言動をすることもあるが、結果的に信念を貫き、数々の障害を乗り越えていく。基本的に善人であるが、時折暴力的な面が顔を見せたり物事を強引に進め妙にドライになったりと、チャン会長と似た部分が多々ある。女性に対しては積極的ではなく、キスもしたことがないほど。ただスアには高校時代から思いを寄せており、たびたび言葉や態度でも表す。登場人物の中で唯一、最初から最後まで髪型が変わらない。
チョ・イソ(趙以瑞)
演 - キム・ダミ、日本語吹替 - 松本沙羅[6]
フォロワー70万人を超える人気ブロガーであり傍若無人なソシオパス。IQ162。常に人を食った態度を崩さず教唆や詐術が習性の様になっており、本意が掴みづらく会話で煙に巻く癖がある。その自己中心的な行動でセロイ達を困らせることも多々あるが、天才的な頭脳と若くして才気溢れ確かな観察眼・マーケティング能力を買われタンバムのマネージャーに抜擢される。後に株式会社ic専務理事に就任する。本格的な登場は三話からだが、本作は彼女がカウンセリングを受けているところから物語が始まる。
チャン・デヒ(張大熙)
演 - ユ・ジェミョン朝鮮語版、日本語吹替 - 竹本和正
セロイの宿敵。長家(チャンガ)グループの創設者にして会長。グンウォンとグンスの父。激動の時代に長男として生まれるが、貧しさのあまり兄弟達を餓死させてしまう。二度と家族を飢えさせないと誓いチャンガを屋台から始め、韓国外食産業のトップに一代で育てあげる。その卓越した経営センスはまさに非情そのものであり、利益に敏くスキャンダルは非合法な手を使ってでも強引に揉み消す。また、狙った獲物は逃がさず一度潰すと決めた相手には再起出来ない程徹底的に叩きのめす。その豪腕な経営力で富、地位、名誉を欲しいままにしてきたまさに権威に呑まれた外道。合理性よりプライドを優先したり「一番」にやたらと拘るなど頑固な面が強く、セロイと似た部分が多々ある。スンレによれば、若い頃は人望があり慕われていたような時期があったととれるセリフがある。
オ・スア(呉秀娥)
演 - クォン・ナラ / 幼少期 - オク・イェリン朝鮮語版、キム・ジヨン、日本語吹替 - 藤井ゆきよ[6] /
セロイの高校の同級生で初恋の相手。幼少期に親に捨てられ、チャンガが支援する児童養護施設・ケナリ園で育つ。支援の担当者であったパク部長(セロイの父)とは親子同然の間柄であった。
チャン・グンス(張根秀)
演 - キム・ドンヒ、日本語吹替 - 岩中睦樹[7]
デヒの息子。グンウォンの異母弟。タンバムのスタッフ。
チャン・グンウォン(張根原)
演 - アン・ボヒョン、日本語吹替 - 奥田寛章
デヒの息子(長男)。グンスの異母兄。校内暴力とひき逃げ事故の加害者。チャンガグループ常務取締役。
カン・ミョンジョン
演 - キム・ヘウン朝鮮語版、日本語吹替 - 石塚理恵
チャンガグループのマネージングディレクター。セロイの共同経営者。
チェ・スングォン(崔昇権)
演 - リュ・ギョンス、日本語吹替 - 赤坂柾之[8]
タンバムのホールスタッフ。ギャング出身。セロイの刑務所の同期。株式会社ic本部長。
マ・ヒョニ(馬賢伊)
演 - イ・ジュヨン、日本語吹替 - 菊永あかり[9]
タンバムのシェフ。トランスジェンダー。株式会社icの従業員。
キム・トニー
演 - クリス・ライオン朝鮮語版、日本語吹替 - 村井雄治[10]
タンバムのアルバイト。ギニア出身。スンレの孫。
パク・ソンヨル
演 - ソン・ヒョンジュ朝鮮語版(特別出演)、日本語吹替 - 島田敏[11]
セロイの父。
イ・ホジン(李虎進)
演 - イ・ダウィット朝鮮語版、日本語吹替 - 宮崎遊[12]
セロイが転校した広津高校の学生。校内暴力の被害者。ファンドマネージャー。セロイの共同経営者。
オ・ビョンホン
演 - ユン・ギョンホ朝鮮語版
畜産業の社長。ヘウォンの父。

周辺人物[編集]

チョ・ジョンミン
演 - キム・ヨジン(特別出演)、日本語吹替 - 武隈史子[13]
イソの母。
キム・スンレ
演 - キム・ミギョン
トニーの祖母。梨泰院で顔が利く不動産業の大物。
キム・ヒフン
演 - ウォン・ヒョンジュン朝鮮語版(特別出演)
スングォンが所属する組織のボス。セロイの刑務所の同期。
オ・ヘウォン
演 - チェ・ユリ朝鮮語版
ビョンホンの娘。中学生。
キム室長
演 - ホン・ソジュン朝鮮語版日本語吹替 - 菊池康弘[14]
チャンガグループの会長秘書。
キム・ソンエ
演 - ユ・ダミ朝鮮語版
チャンガグループの会長秘書。
ファン・サンホ
演 - キム・イクテ朝鮮語版
広津高校の校長。
セロイの担任教師
演 - ペク・ソンヒョン
セロイ、スア、グンウォン、ホジンが通う広津高校3年1組の担任。
クク・ブッキ
演 - ハン・イェジ
区長の娘。不良。

特別出演[編集]

チョン・ウンビョル
演 - ソルビン朝鮮語版
セロイが転校する前の高校の友人。
ラジオDJ
演 - キム・ソヨン
キム・ソンヒョン
演 - ユンバク朝鮮語版
グンスの知人。
区長夫人
演 - チャ・ジョンファ朝鮮語版
ホン・ソクチャン
演 - ホン・ソクチョン朝鮮語版
イソの高校の同級生
演 - NC.A朝鮮語版
タンバムのアルバイトの面接に来た男
演 - リミン朝鮮語版
製薬会社の娘
演 - チョン・ユミン朝鮮語版
パク・ジュンギ
演 - イ・ジュヒョク
チャンガグループの部長。チャンガ屋台のシェフ。
最強屋台MC
演 - キム・イルチュン朝鮮語版
ト・ジュンミョン
演 - チョン・ノミン
ジュンミョンホールディングス代表取締役。
スアの店に面接に来た男性アルバイト
演 - パク・ボゴム、日本語吹替 - 河本啓佑[15]

音楽[編集]

オリジナル・サウンドトラック[編集]

梨泰院クラス
オリジナル・サウンドトラック
Various Artistsサウンドトラック
リリース
ジャンル サウンドトラック
時間
レーベル Vlending Co., Ltd.
テンプレートを表示

Part.1[編集]

2020年1月31日リリース
#タイトル作詞作曲アーティスト時間
1.「Still Fighting It」ベン・フォールズベン・フォールズイ・チャンソル
2.「Still Fighting It」(Inst.) ベン・フォールズ 
合計時間:

Part.2[編集]

2020年2月1日リリース
#タイトル作詞作曲アーティスト時間
1.「始まり (시작)」ソ・ドンソンパク・ソンイルGaho
2.「始まり (시작)」(Inst.) パク・ソンイル 
合計時間:

Part.3[編集]

2020年2月7日リリース
#タイトル作詞作曲アーティスト時間
1.「石ころ (돌덩이)」グァン・ジン, イ・チフンパク・ソンイルハ・ヒョヌ朝鮮語版
2.「石ころ (돌덩이)」(Inst.) パク・ソンイル 
合計時間:

Part.4[編集]

2020年2月8日リリース
#タイトル作詞作曲アーティスト時間
1.「僕たちの夜 (우리의 밤)」イ・チフンパク・ソンイルSondia
2.「僕たちの夜 (우리의 밤)」(Inst.) パク・ソンイル 
合計時間:

Part.5[編集]

2020年2月14日リリース
#タイトル作詞作曲アーティスト時間
1.「You Make Me Back」オ・ヒョンジュ, キム・ジンフンキム・ジンフンキム・ウソン
2.「You Make Me Back」(Inst.) キム・ジンフン 
合計時間:

Part.6[編集]

2020年2月15日リリース
#タイトル作詞作曲アーティスト時間
1.「その時その子は (그때 그 아인)」ソ・ドンソンパク・ソンイルキム・ピル朝鮮語版
2.「その時その子は (그때 그 아인)」(Inst.) パク・ソンイル 
合計時間:

Part.7[編集]

2020年2月21日リリース
#タイトル作詞作曲アーティスト時間
1.「私たちは友達だけだろうか (우린 친구뿐일까)」ソ・ドンソンパク・ソンイルSondia
2.「Maybe」Sondia, Miriamパク・ソンイルSondia
3.「Defence」 パク・ソンイル, Fraktal 
4.「私たちは友達だけだろうか (우린 친구뿐일까)」(inst.) パク・ソンイル 
合計時間:

Part.8[編集]

2020年2月22日リリース
#タイトル作詞作曲アーティスト時間
1.「Say」ソ・ドンソン, イ・チフンパク・ソンイルユン・ミレ
2.「Say」(Inst.) パク・ソンイル 
合計時間:

Part.9[編集]

2020年2月29日リリース
#タイトル作詞作曲アーティスト時間
1.「With Us」タイピオンタイピオン, パク, CHKmateVERIVERY
2.「With Us」(Inst.) タイピオン, パク, CHKmate 
合計時間:

Part.10[編集]

2020年3月6日リリース
#タイトル作詞作曲アーティスト時間
1.「直進 (직진)」イ・チフンパク・ソンイルThe VANE
2.「直進 (직진)」(Inst.) パク・ソンイル 
合計時間:

Part.11[編集]

2020年3月7日リリース
#タイトル作詞作曲アーティスト時間
1.「どんな言葉も (어떤 말도)」クォン・ヨンチャン朝鮮語版ホン・ソジンCrash
2.「どんな言葉も (어떤 말도)」(Inst.) ホン・ソジン 
合計時間:

Part.12[編集]

2020年3月13日リリース
#タイトル作詞作曲アーティスト時間
1.「Sweet Night」Hiss noise, V, ADORA, Melanie Joy Fontana, Michel “Lindgren” SchulzHiss noise, V, ADORA, Melanie Joy Fontana, Michel “Lindgren” SchulzV (BTS)
2.「Sweet Night」(Inst.) Hiss noise, V, ADORA, Melanie Joy Fontana, Michel “Lindgren” Schulz 
合計時間:

Part.13[編集]

2020年3月14日リリース
#タイトル作詞作曲アーティスト時間
1.「Brand New Way」Damonパク・ソンイルDamon
2.「Brand New Way」(Inst.) パク・ソンイル 
合計時間:

脚注[編集]

[脚注の使い方]

注釈[編集]

出典[編集]

  1. ^ “パク・ソジュン、梨泰院に現る…ドラマ「梨泰院クラス」宣伝フレーズの前で記念写真”. Kstyle. (2019年12月19日). https://news.kstyle.com/article.ksn?articleNo=2132837 2019年12月19日閲覧。 
  2. ^ “韓国ウェブ漫画、映像化で世界へ進出 Netflixでヒット「梨泰院クラス」など原作から配給までワンストップで生み出す”. Newsweek. (2020年4月22日). https://www.newsweekjapan.jp/stories/culture/2020/04/post-93207.php 2020年4月22日閲覧。 
  3. ^ “パク・ソジュン出演、ドラマ「梨泰院クラス」視聴率14.8%で9週連続の史上最高視聴率を記録”. Kstyle. (2020年3月1日). https://news.kstyle.com/article.ksn?articleNo=2137908 2020年3月1日閲覧。 
  4. ^ “パク・ソジュン出演、ドラマ「梨泰院クラス」視聴率16.5%で自己最高記録を更新…有終の美を飾る”. Kstyle. https://news.kstyle.com/article.ksn?articleNo=2139242 2020年3月22日閲覧。 
  5. ^ “「梨泰院クラス」中毒が続出! 韓国発の青春×復讐ドラマになぜハマるのか”. VOGUE JAPAN. (2020年5月13日). https://www.vogue.co.jp/lifestyle/article/itewon-class 2020年5月13日閲覧。 
  6. ^ a b c Netflix、『梨泰院クラス』『愛の不時着』吹き替え版や『パラサイト』など新配信タイトル発表”. PHILEWEB (2020年12月18日). 2020年12月18日閲覧。
  7. ^ mutsuki_manのツイート2020年12月22日閲覧。
  8. ^ akamasa0831のツイート2020年12月22日閲覧。
  9. ^ Akarin_Kikuのツイート2020年12月23日閲覧。
  10. ^ mriyuzstlのツイート2020年12月22日閲覧。
  11. ^ aoni_officialのツイート2020年12月22日閲覧。
  12. ^ asobu_to_kaiteのツイート2020年12月25日閲覧。
  13. ^ Takeko0223のツイート2020年12月22日閲覧。
  14. ^ kituneishiのツイート2020年12月24日閲覧。
  15. ^ koumoto1118のツイート2020年12月25日閲覧。
  16. ^ “防弾少年団 V&ユン・ミレら参加、ドラマ「梨泰院クラス」OSTアルバムが4月13日より販売”. Kstyle. (2020年3月23日). https://news.kstyle.com/article.ksn?articleNo=2139320 2020年3月23日閲覧。 

外部リンク[編集]