V (歌手)

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動
V(뷔)
V during a photoshoot for Korea Dispatch in Las Vegas, May 2019 02.jpg
基本情報
出生名 キム・テヒョン(김태형)
生誕 (1995-12-30) 1995年12月30日(24歳)
出身地 大韓民国の旗 韓国 大邱広域市 西区
ジャンル Kpop
職業 歌手、俳優
活動期間 2013年 - 現在
レーベル ユニバーサルミュージック
事務所 Big Hit Entertainment
公式サイト 大韓民国の旗 Big Hit Entertainment > BTS
日本の旗 BTS JAPAN OFFICIAL FAN CLUB
日本の旗BTS (防弾少年団) - UNIVERSAL MUSIC JAPAN
キム・テヒョン
各種表記
ハングル 김태형
漢字 金泰亨
発音: キム・テヒョン
英語表記: Kim Taehyung
テンプレートを表示

V(ブイ、: 1995年12月30日は、韓国出身の男性歌手作詞家作曲家音楽プロデューサーであり、男性アイドルグループ防弾少年団(BTS)のメンバーでグループ唯一の俳優 としても活躍。

  • フォトグラファーとアーティストとしての

「Vante」という別名も持つ。

  • 本名は、キム・テヒョン(: 김태형: 金泰亨)[1]
  • 作詞、作曲、プロデュースを自らしたソロ曲「Sweet Night」が韓国ソロミュージシャンとして歴代二番目に高いチャート順位を記録

人物[編集]

防弾少年団では、ビジュアルと魅力的な低音域のサブボーカルとダンサーを務めている [2]。身長179cm、体重63㎏、血液型はAB型[3]、足のサイズは27㎝[4]。デビュー当時ファンからは、可愛らしい仕草などから、四次元や五歳児と呼ばれていた。

日本では、テテという愛称で呼ばれていて テテランドと言われるほど人気が高い。

家族構成:両親、妹弟、伴侶犬の練炭(ポメラニアン)

名前に使われている「亨」の字は、何事もうまくいくようにという意味があり、作名師(名前を付ける仕事)をしている祖父が名付けた[5]

来歴[編集]

大邱生まれ[6]。 柚子茶を入れてくれる祖母と、漢字を教えてくれる祖父の元で育つ[7]。 学生時代にサックス大会で金賞を受賞[8]

デビュー前に半年間、先生について日本語レッスンを受けた後[9]、 2013年6月3日に防弾少年団の7人目のメンバーとして所属事務所の公式ホームページに写真が公開され、同月13日にCDデビュー[10]

2016年2月、MBigTVの番組「イケメンブロマンス」にて、俳優のキム・ミンジェと共演。2人はジム仲間であり、番組中でVの誕生日が祝われ、出演回はNAVERとYouTubeの再生回数が500万回を達成した[11][12]。 10月、防弾少年団のアルバム『WINGS』に収録されているソロ曲「Stigma」がガオンチャートの週間チャートで26位を記録[13]。 12月、KBSの2TV月火ドラマ「花郎」にハンソン役で出演[14]。同ドラマの挿入歌である「死んでも君だよ(: 죽어도 너야)」をリリースし、ガオンチャートのデジタルダウンロード部門で週間18位を記録[15]

2017年、2月日本で「花郎」が先行放送が開始され、3月から本放送が始まった[16]。9月には同ドラマのDVD BOXが発売開始[17]。 12月2日、第9回Melon Music Awardsで「花郎」の挿入歌である「死んでも君だよ」がベストOSTにノミネートされた[18]

作品[編集]

アルバムクレジット曲[編集]

防弾少年団名義。

■作 詞

2013年 ミニアルバム2COOL4SKOOL

  • "Outro : Circle Room Cypher"

2015年 アルバム 花様年華 pt.1

  • "強く抱きしめて(Hold Me Tight)"
  • "興弾少年団"

2015年 アルバム花様年華 pt.2

  • "Boyz With Fun"
  • "Run"

2016 アルバム花様年華: Young Forever

  • "Run (Ballad Mix)"
  • "Run (Alternative Mix)"

2016年 アルバムWings

  • "Stigma"

2020年 アルバムMap of the Soul : 7

  • "Inner Child"

ソロ曲[編集]

防弾少年団名義。

  • Stigma(2016年) - 防弾少年団のアルバム「WINGS」に収録

STIGMA - YouTube

singularity - YouTube

InnerChild - YouTube

デジタルシングル[編集]

  • 4 O'Clock(2017年) - with RM

네시 (4 O'CLOCK)R&V - SoundCloud 2017年BTS FESTAで初めて自作曲を公開した。同じグループのメンバーであるRMと一緒に作業しており、夜明けがテーマで暖かい感性に溢れた曲。

  • Scenery「風景」(2019年1月30日)

풍경 (風景) - SoundCloud 2019年1月30日第二の自作曲である<風景>が公開された。V特有の感性が感じられる叙情的な曲だ。カメラの視点から書かれた歌詞が興味深い。また、詩的な歌詞は海外からも絶賛された。風の音、雪を踏む音、写真を撮る音、フィルムを巻く音などが背景音楽で使用されて聞く楽しさを加える。

  • Winter Bear(2019年8月10日)

Winter Bear - SoundCloud

Winter Bear - YouTube

2019年8月10日の自作曲<Winter Bear>が公開された。初めて歌詞全体が英語で書かれ、MVまで拘って作り上げた作品。

OST[編集]

  • 死んでも君だよ (2017年) - 『花郎オリジナルサウンドトラック』収録 -with JIN

死んでも君だよ - YouTube

  • "BTS World OST Part.2" 『A Brand New Life』 (2019年)-with J-Hope and ZaraLarsson
  • SweetNight (2020年) - 『梨泰院クラス』

Sweet Night - YouTube

DVD[編集]

出演[編集]

バラエティ番組[編集]

レギュラー番組のみ。

  • イケメンブロマンス(MBig TV、シーズン1、2016年) - キム・ミンジェと共演

ドラマ[編集]

レギュラー作品のみ。

  • 花郎 (2016年 - 2017年、全24話) - ハンソン役[14]

音楽番組MC[編集]

  • ミュージックバンクーパク・ボゴムと共演

脚注[編集]

[ヘルプ]
  1. ^ Template:Title
  2. ^ 『韓流ピア2014年11月30日号』ぴあ株式会社、2014年、45頁。
  3. ^ BTS JAPAN OFFICIALFANCLUB”. BigHit. 2018年5月12日閲覧。
  4. ^ 『Cancam』小学館、2014年、259頁。
  5. ^ 『haru*hana Vol.22』東京ニュース通信社、2014年、119頁。
  6. ^ 『haru*hana Vol.25』東京ニュース通信社、2014年、74頁。
  7. ^ 『韓流ぴあ 2014年 4/30号』ぴあ、2014年、49頁。
  8. ^ 【防弾少年団】Vの素顔に迫る!”. 韓流ぴあ. 2018年5月12日閲覧。
  9. ^ 『韓流ぴあ 2013年 11/30号』ぴあ株式会社、2013年、55頁。
  10. ^ 防弾少年団、19歳の美少年「V」を初公開…12日デビューシングルを発売”. Kstyle. 2018年5月12日閲覧。
  11. ^ キム・ミンジェ「防弾少年団 Vと同じジムに通っていた…今も連絡し合っている」”. Kstyle. 2018年5月12日閲覧。
  12. ^ 防弾少年団 V、キム・ミンジェのサプライズ誕生日パーティーに感動“友達にお祝いをしてもらうのは初めて””. Kstyle. 2018年5月12日閲覧。
  13. ^ 2016년 42주차 Digital Chart”. ガオンチャート. 2018年5月13日閲覧。
  14. ^ a b 防弾少年団 V、ドラマ「花郎」で演技初挑戦の感想を語る“ハンソンでいられて幸せだった””. Kstyle. 2018年5月12日閲覧。
  15. ^ 2016년 52주차 Digital Chart” (朝鮮語). ガオンチャート. 2018年5月13日閲覧。
  16. ^ パク・ソジュン&SHINee ミンホら豪華出演ドラマ「花郎(ファラン)」DATVにて日本初放送が早くも決定!”. Kstyle. 2018年5月12日閲覧。
  17. ^ パク・ソジュン主演「花郎<ファラン>」DVD-BOX9月発売!限定特典キャンペーンも”. livedoor news. 2018年5月12日閲覧。
  18. ^ BTS, EXO, TWICE top 2016 Melon Music Awards”. Yonhap News Agency. 2018年5月13日閲覧。
  19. ^ 韓国ドラマ 花郎 DVD オフィシャルサイト”. ポニーキャニオン. 2018年5月12日閲覧。

外部リンク[編集]