パク・ヒョンシク

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動
パク・ヒョンシク
パク・ヒョンシク
生年月日 (1991-11-16) 1991年11月16日(30歳)
出身地 大韓民国
身長 183cm
血液型 AB型
職業 俳優歌手
ジャンル テレビドラマ映画K-POPCM
活動期間 2010年 -
事務所 ユナイテッド・タレント・エージェンシー
公式サイト インスタグラム
Twitter
公式ファンサイト
テンプレートを表示
パク・ヒョンシク
各種表記
ハングル 박형식
漢字 朴炯植[1]
発音:・ヒョン・シ
(パッキョンシッ)
ローマ字 Park Hyung Sik
テンプレートを表示

パク・ヒョンシク(박형식、1991年11月16日 - )は、韓国歌手俳優。ユナイテッド・タレント・エージェンシーに所属している。身長183cm。

経歴[編集]

1991年11月16日に生まれた。家族全員仏教徒で、 ヒョンシクの名前は母と祖母の知り合いの僧侶につけてもらった。名前を漢字で書くと炯植で、光を植えるという意味で、「小さな光が大きな光になるような…心だけでなく全てにおいて大きくなる、大物に育って欲しい」といった願いが込められているという。[1]

2010年1月15日にボーイズグループZE:A(ゼア)でデビューし、グループ内でメンバーのケビンと共にメインボーカルを担当した。ハスキーな声をしていて、低音と高音を使い分ける。本人はバラードを好んでいるが、高校時代にはロックバンドでボーカルを務めていた。

2011年にミュージカル『オオカミの誘惑』で舞台デビューを果たした。2012年に『愛の贈りもの』でテレビドラマでのデビューを果たした。韓国では2013年半ばまでは他のメンバーに比べて知名度が低かった。それでも2013年の年末に授賞式が開催されたMBC演芸大賞ではショー・バラエティ部門で男性新人賞を受賞した。さらに2014年から2015年にかけて放送されて高視聴率を記録した連続テレビドラマ『家族なのにどうして』に出演したことがきっかけで注目され、2014年の年末に開催されたKBS演技大賞ナム・ジヒョンと共にベスト・カップル賞を受賞し、男性新人演技賞も受賞した。2015年6月から7月にかけては連続テレビドラマ『上流社会』に出演し、2015年の年末に開催されたSBS演技大賞でニュースター賞を受賞した。2017年2月から4月にかけては『力の強い女 ト・ボンスン』に出演し、2017年に開催された第1回ザ・ソウル・アワードで男性人気賞を受賞した。2017年にZE:Aのメンバーがそれぞれ別の事務所へ移籍したことがきっかけでグループが事実上の解散状態になり、その後は俳優としての活動を中心にしている。

2019年6月10日に、韓国人男性の義務である兵役のために軍隊に入隊した。2021年1月4日に除隊予定になっている。入隊先は論山(ノンサン)訓練所で、ノンサン市の中央から少し離れた場所にあるヨンム邑(ゆう)に位置する場所[2]。論山(ノンサン)市はプサンソウルの中間あたりに位置する都市で、人口は12万人の地方都市になる。入隊後5週間の基礎軍事訓練を受けた後、首都防衛司令部憲兵機動隊(特殊任務憲兵)で軍生活を続けていく[3]

ヒョンシクは「皆で愛し合おう」を人生のモットーとしている。これは韓国でテレビ放送されているトーク番組『TAXI』でパク・ヒョンシクが語った言葉であり、「誰もが愛する世界になるといいな」と発言して場の雰囲気をなごませたこともある。

出演作品[編集]

テレビドラマ[編集]

放送年度 放送局 タイトル 原題
2012年 SBS
愛の贈りもの~My Blessed Mom~ 바보엄마
2013年 KBS2 シリウス 드라마 스페셜 연작시리즈 - 시리우스
tvN ナイン~9回の時間旅行~ 나인 : 아홉 번의 시간여행
SBS 相続者たち 상속자들
2014年 KBS2 家族なのにどうして~ぼくらの恋日記~ 가족끼리 왜 이래
2015年 SBS 上流社会 상류사회
2016年 KBS2 花郎 화랑
2017年 JTBC 力の強い女 ト・ボンスン 힘쎈여자 도봉순
2018年 KBS2 SUITS/スーツ~運命の選択~ 슈츠
2021年 tvN ハピネス 해피니스

映画[編集]

放送年度 タイトル 原題
2013年 ジャスティン 저스틴
2017年 トロール 트롤
ふたつの光:リルルミノ 두개의 빛: 릴루미노
2019年 8番目の男 배심원들

脚注[編集]

外部リンク[編集]