JIN (歌手)

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
JIN
Jin for Dispatch "Boy With Luv" MV behind the scene shooting, 15 March 2019 06.jpg
「Boy With Luv」のミュージックビデオ撮影時のJIN(2019年3月撮影)
基本情報
原語名
出生名 碩珍(キム・ソクジン、김석진) 
生誕 (1992-12-04) 1992年12月4日(30歳)
大韓民国の旗 大韓民国京畿道安養市
出身地 大韓民国の旗 大韓民国京畿道果川市
学歴 建国大学校 映画芸術学部
ジャンル K-POP
職業
担当楽器 ボーカル・ビジュアル
活動期間 2013年 -
レーベル HYBE
事務所 BIGHIT MUSIC
共同作業者 BTS (防弾少年団)
公式サイト
キム・ソクジン
各種表記
ハングル 김석진朝鮮語版
漢字 金碩珍中国語版
発音: キム・ソクジン
英語表記: Kim Seok-jin英語版
テンプレートを表示

(ジン、: 1992年12月4日[1] -)は、韓国出身の歌手シンガーソングライター。韓国の男性ヒップホップグループBTS(防弾少年団)の最年長メンバーである[2]。本名はキム・ソクジン[3]本貫光山金氏[4]。父親は外資企業の役員、CEO。愛車はポルシェパナメーラランボルギーニアヴェンタドールと言われている[5][2][6]

来歴[編集]

生い立ち[編集]

1992年12月4日大韓民国京畿道安養市で生まれ[7][8]果川市で幼少期を過ごした[9][10] 。 両親がお金持ちで父が社長。

中学時代、韓国の総合エンターテインメント会社・SMエンターテインメントにスカウトされ、一次審査合格の知らせが来るも、詐欺だと思って断った話はファンの間では有名。[11]

高校一年生の頃の夢は新聞記者だったが[12]、 高校二年生の頃に見たドラマ「善徳女王」でのキム・ナムギルの演技に感動し、役者を目指すようになった[13][14][15]

2011年、倍率210倍の建国大学校映画芸術学部に入学した[16][11]。ある日の通学中、Big Hit Entertainment(現 BIGHIT MUSIC)からのスカウトを受け[17]オーディション後に、研修生として入所した[18]
2017年2月22日に同大学を卒業し[19][20]、同年、漢陽サイバー大学経営大学院・広告メディアMBA[21] に入学した[22]

BTSとして[編集]

デビュー当時のJIN(2013年7月撮影)

2013年6月13日、シングルアルバム『2 COOL 4 SKOOL英語版』から「NO MORE DREAM」で防弾少年団としてデビューした[23][24][25]

2016年10月10日に発売された韓国での2ndスタジオアルバム『WINGS』に収録された初のソロ曲「Awake[26][27]」の制作に携わった[2]。この曲は、ガオンチャートのデジタルチャートで週間31位[28]、月間93位[29]、ダウンロードチャートで週間17位[30]、月間77位[31]、ストリーミングチャートで週間97位[32]、BGMチャートで週間90位[33]を記録した[34]ビルボード・ワールド・デジタルシングルソングセールス・チャートで6位を獲得した[35][36][37]

2016年12月、SoundCloudでクリスマスバージョンの「Awake[38]」をリリースした[39]

2017年10月17日、BTSとLINE FRIENDS朝鮮語版CREATORSがコラボレーションした「BT21朝鮮語版」というプロジェクトで、「RJ」と呼ばれるアルパカをモチーフにしたキャラクターのデザインに関わった[40][41]

2018年8月24日、2曲目となる「Epiphany英語版[42][43]」が4thリパッケージアルバムLOVE YOURSELF 結 'Answer'』に収録された[44][45]。デジタルチャートで週間30位[46]、月間63位[47]、ダウンロードチャートで週間6位[48]、月間28位[49]、ストリーミングチャートで週間40位[50]、月間62位[51]、BGMチャートで週間22位[52]、月間84位[53]、モバイル・ベル・チャートで週間26位[54]、月間69位[55]、モバイル・リング・チャートで週間15位[56]、月間52位[57]を記録した[58]。ビルボード・ワールド・デジタルシングルソングセールス・チャートで4位、ビルボード・K-POP・100で5位[59]、ビルボード・HOT CANADIAN・デジタルシングルソングセールス・チャートで28位[60]を獲得した[35][37]。音楽評論家のパク・ヒア氏は、この曲を「『LOVE YOURSELF 結 'Answer'』のソロトラックの中で最も感傷的な感情を歌う曲である」と評価した[61]東南アジアの独立系音楽メディアプラットフォームBandwagonでは、メンタルヘルスの解放に役立つ曲の一つとして紹介された[62]2021年10月14日、同曲のミュージックビデオ[43]が動画投稿サイトYouTubeで再生回数1億回を突破した。[63]

2019年6月7日6月26日に全世界リリースされたモバイルゲーム『BTS World: Original Soundtrack英語版』の2曲目のオリジナル・サウンドトラックとなる「Dream Glow英語版」がデジタルシングルとして公開された[64][65]JIMINJUNG KOOKと共に歌った本作は、イギリス出身の女性歌手であるCharli XCXが参加し、ノルウェー出身のソングライター及びプロデュースチームでありビートメイカーのStargate英語版がプロデュースした[66]。配信後、ビルボード・ワールド・デジタルシングルソングセールス・チャートで1位を記録した[67]

2020年2月21日、3曲目となる「Moon[68]」が韓国での4thスタジオアルバム『MAP OF THE SOUL : 7』に収録された[69]。この曲は、ガオンチャートのデジタルチャートで週間22位[70]、月間47位[71]、ダウンロードチャートで週間9位[72]、月間14位[73]、ストリーミングチャートで週間25位[74]、月間42位[75]、年間98位[76]BGMチャートで週間48位[77]、モバイル・ベル・チャートで週間82位[78]を獲得した[79]。ビルボード・ワールド・デジタルシングルソングセールス・チャートで2位[37]、ビルボード・K-POP・100で12位[59]、ビルボード・HOT CANADIAN・デジタルシングルソングセールス・チャートで27位[60]、ビルボード・イタリア・デジタルシングルソングセールス・チャートで3位[80]を獲得した。 同曲は、音楽専門雑誌『Rolling Stone』が選んだ「歴代最高ボーイバンドの曲トップ75(75 Greatest Boy Band Songs of All Time)[81]」で5位に選出された。 [82][83]

2021年9月29日ColdplayとBTSとのコラボ楽曲である『My Universe英語版[84]』が発表され、Coldplayのボーカリストクリス・マーティンにより、コラボレーションがジンの発案だったと明かされた[85]

2022年8月5日Benny BlancoSnoop DoggとボーカルラインであるJINJIMINVJUNG KOOKとのコラボ曲であるbad decisions [86]が発表された。

ソロ活動[編集]

2016年KBS第2テレビジョンで放送された時代劇花郎」の挿入歌である「死んでも君だよ(英語: It's Definitely You)」をハンソン役で出演したVと共に担当した[87]。この挿入歌は、ガオンチャートのデジタルダウンロード部門で週間18位を記録し[35]、ビルボード・ワールド・デジタルシングルソングセールス・チャートで8位を獲得した[88]12月2日には第9回Melon Music AwardsでベストOSTにノミネートされた[89][90]

カバーソングとして、2015年5月7日Ra.D英語版の「Mom[91][92]、同年12月3日Mate朝鮮語版の「I Love You[93][94]、 また2017年6月14日SUGAが、R&B歌手のSuranをフィーチャリングして発表した「So Far Away[95]」の新たなバージョンに、JUNG KOOKSUGAと共に参加し、リリースした。2018年6月7日Yoon Do-hyun英語版の「In Front Of The Post Office In Autumn[96]」をそれぞれSoundCloudでリリースした[39][97]

ジンはミュージックバンクSBS人気歌謡KBS Song Festival英語版などの韓国の音楽番組の司会者として出演した経験がある[98]

2019年6月4日、BTSのデビュー記念日を祝うイベント「2019 BTSフェスタ」の一環として、ソロ曲「Tonight[99][100]」をリリースした[101][102]。アコースティックバラードは、Big Hit EntertainmentのレコードプロデューサーであるSlow RabbitとHiss Noiseと共に作曲した。作詞はBTSのリーダーであるRMが担当した[103]

2020年12月3日、28歳の誕生日の前日に、ソロ曲「Abyss[104][105]」をリリースした[106][107][108]

2021年6月23日メイプルストーリーのゲームキャラクターデザインコンペティション『MapleStory's 1st Golden Hands Awards[109]』の審査員の1人に任命された[110][111][112]。 同年12月4日、29歳の誕生日に、ソロ曲『SUPER TUNA朝鮮語版』をリリースした。

2021年10月、tvNで放映された智異山(TVドラマ)朝鮮語版のメインOST『Yours朝鮮語版』に参加した[113][114]

2022年10月28日、コールドプレイとコラボしたソロ曲『The Astronaut英語版』を発表した。 同年、11月11日には、韓国の食品会社オットギジンラーメンの広告に出演した[115]

人物[編集]

身長179cm、体重61kg、血液型O型[116]フクロモモンガのオムギ、オデン、クンムルを飼っていた[117][118]。BTSの最年長でビジュアルとボーカル[119]を担当。音域はテノール[120][121]ギターを弾け[122]、ピアノ演奏を披露したこともある[123]。司会進行が得意でSUGAと共にSINと呼ばれる。

デビュー当初は事務所の方針で「ハンサムな顔に似合った、やや静かなクールキャラ」を演じるように言われたという。しかしその後、グループでもっとも「面白い」立ち位置を獲得。親父ギャグをよく言い、人形のように美しい顔とは対照的に「笑い」に貪欲。

韓国の音楽評論家であるキム・ヨンデ氏は2019年に書いた著書『BTS: The Review[124]』の中で、「彼の声は安定した呼吸と強いファルセットを持っている」と述べ、ジンの歌声を「シルバーボイス」と称賛した[125]

コリアタイムスのホン・へミン氏は、ジンの歌声について、「優しく、悲しく、そして自由な精神を持っている」と評価し、ジンのソロ曲である『Epiphany英語版』の「目立つ要素」であると述べた[126]

ジャーナリストのチェ・ソンヘ氏は、アジュ・ニュース英語版に寄稿しており、「Spring Day英語版」や「FAKE LOVE英語版」などの防弾少年団のシングルでジンの声の安定性を示し、B面の「Jamais Vu英語版」は彼の感情的な範囲を示したと書いている[127]

外見からビルボード授賞式に登壇した際に「あの左から3番目の男は誰だ」と話題になり[注釈 1]、「左から3番目の男」がTwitterのトレンドに上がった[6]。その後、様々な公のインタビューでその件に言及され、自らを「ワールドワイドハンサム」と呼び始め[6]、この異名がついた。デビュー当時はクールに決めていたが、現在では親父ギャグや投げキッスを連発する気さくな性格である[要出典][128]

プロデューサーパン・シヒョクはジンの性格について、「メンバーみんな性格が変わったが、長兄であるジンは性格が変わらなかった。とてもとても常識的だ。メンバーが基準線の外に出て行かないようにしてくれている。」と評価している[要出典][117]

2018年、ギャラップが発表した世論調査では、韓国の有名なアイドルランキングで11位にランクインした[129]

2020年12月1日、韓国国会はBTSなどのポップスターが兵役義務を30歳まで延期可能とする 法案を可決したため、ジンは兵役を延長した[130]が、2022年10月入隊延期の取り下げを申請し[131]、12月13日現役入隊した。除隊予定日は2024年6月12日[132]

慈善活動[編集]

2018年、自身の誕生日である12月4日に、韓国動物福祉協会朝鮮語版へ飼料や毛布などの物資を[133]、同じく韓国の動物保護団体である動物保護市民団体KARA朝鮮語版に321kgの食料を寄付した[134]

2019年5月31日、国連児童基金に寄付した金額が10億ウォン(約9100万円)を突破し、高額寄付者の集まり「ユニセフ・オーナーズクラブ」に加入したことが発表された[135]。2018年5月から毎月一定の金額を寄付しており、周囲に寄付の事実を明かしていなかったが、「よい影響力は分かち合うほど大きくなる」という趣旨に共感してオーナーズクラブへの加入を公表した[136][137][138]

作品[編集]

ソロ曲[編集]

No. 発売日 タイトル 配信 投稿元 収録アルバム
1 2016年10月10日 Awake Awake - YouTube
BTS (방탄소년단) WINGS Short Film #7 AWAKE - YouTube
BANGTANTV - YouTubeチャンネル
HYBE LABELS - YouTubeチャンネル
WINGS
2 2018年8月24日 Epiphany英語版 Epiphany - YouTube
BTS (방탄소년단) LOVE YOURSELF 結 Answer 'Epiphany' Comeback Trailer - YouTube
[BANGTAN BOMB] JIN's 'Epiphany' practice - BTS (방탄소년단) - YouTube
LOVE YOURSELF 結 'Answer'
3 2020年2月21日 Moon Moon - YouTube
Moon - YouTube
BANGTANTV - YouTubeチャンネル MAP OF THE SOUL : 7
Proof (album)英語版

シングル[編集]

No. 発売日 タイトル 配信 投稿元
1 2022年10月28日 The Astronaut英語版 진 (Jin) 'The Astronaut' Official MV - YouTube
진 (Jin) 'The Astronaut' Lyric Video - YouTube
진 (Jin) 'The Astronaut' (with Coldplay) @ Coldplay’s Music Of The Spheres Tour in Buenos Aires - YouTube
HYBE LABELS - YouTubeチャンネル
BANGTANTV - YouTubeチャンネル

デジタル配信[編集]

No. 配信日 タイトル 配信 投稿元 備考 脚注
1 2013年10月22日 Adult Child 어른아이 by Rap Monster, Suga & 진 - SoundCloud
어른아이 by 방탄소년단 - YouTube
BTS - SoundCloud
BANGTANTV - YouTubeチャンネル
RM、SUGAとの共同制作。大人と子供の狭間にいる心境をつづった曲。 [139]
2 2015年5月7日 Mom 엄마 (cover) by Jin - SoundCloud BTS - SoundCloud Ra.D英語版のカバー曲。 [92]
3 2015年12月3日 I Love You 난 너를 사랑해 (cover) By Jin Of BTS - SoundCloud Mate(音楽グループ)朝鮮語版のカバー曲。 [94]
4 2016年12月4日 Awake (christmas ver) Awake (christmas ver) by Jin of BTS - SoundCloud 2ndスタジオアルバム『WINGS』に収録されている「Awake」のクリスマスリミックス。 [39]
5 2017年6月14日 So Far Away So Far Away (SUGA, 진, 정국 Ver.) - SoundCloud SUGA、JUNG KOOKとの共同制作。後に韓国の歌手シン・スランとオリジナルトラックを再リリースした。 [39]
6 2018年6月7日 In Front Of The Post Office In Autumn 가을 우체국 앞에서 (cover) By JIN Of BTS - SoundCloud Yoon Do-hyun英語版のカバー曲。 [39]
7 2019年6月4日 Tonight (이 밤; I bam) 이 밤 by JIN of BTS - SoundCloud 「2019 BTSフェスタ」の一環としてリリースした。 [101]
8 2020年12月3日 Abyss Abyss by Jin of BTS - SoundCloud
Abyss by Jin - YouTube
BTS - SoundCloud
BANGTANTV - YouTubeチャンネル
28歳の誕生日前日にリリースした。 [106][107]
9 2021年12月4日 SUPER TUNA朝鮮語版 슈퍼 참치 by Jin of BTS - SoundCloud
슈퍼 참치 by Jin - YouTube
[CHOREOGRAPHY] Jin of BTS ‘슈퍼 참치’ Special Performance Video - YouTube
29歳の誕生日にリリースした。 [140]

OST[編集]

No. 発売日 タイトル 収録アルバム 配信 配信元 備考 脚注
1 2017年6月7日 Dream Glow英語版 BTS World: Original Soundtrack英語版 Dream Glow (BTS World Original Soundtrack) - YouTube BANGTANTV - YouTubeチャンネル JIMINJUNG KOOKと参加した曲。
Charli XCXが参加。
[64][65][66]
2 2017年12月20日 死んでも君だよ英題: It's Definitely You 花郎 OST [MV] 뷔 & 진(V&Jin (BTS)) - 죽어도 너야 (It's Definitely You) [화랑(HWARANG) Pt.2] - YouTube 소니뮤직코리아 Sony Music Korea - YouTubeチャンネル Vと参加した曲 [87]
3 2021年11月7日 Yours 智異山 (TVドラマ)英語版 OST [지리산 OST] Part.4 진(방탄소년단) - Yours (Official) - YouTube
[지리산 OST | MV ] Part.4 진(방탄소년단) - Yours (Official) - YouTube
[지리산 OST | Lyric Video] Part.4 진(방탄소년단) - Yours (Official) - YouTube
에이스토리 ASTORY - YouTubeチャンネル ソロ名義で参加した曲 [141]

クレジット曲[編集]

韓国音楽著作権協会の登録番号は「10005243[142]」を参照。

発売日 タイトル 投稿 投稿元 収録アルバム 脚注
2013年6月12日 Outro: Circle Room Cypher Outro: Circle Room Cypher - YouTube BANGTANTV - YouTubeチャンネル 2 Cool 4 Skool英語版
2015年4月29日 Outro: Love Is Not Over Outro: Love Is Not Over - YouTube 花様年華 pt.1英語版
Boyz with Fun 흥탄소년단 - YouTube
2016年5月2日 Love Is Not Over Love is not over (full length edition) - YouTube 花様年華 Young Forever英語版
2016年10月10日 Awake [26][27] BANGTANTV - YouTubeチャンネル
HYBE LABELS - YouTubeチャンネル
WINGS [2]
2020年2月21日 Moon Moon - YouTube BANGTANTV - YouTubeチャンネル MAP OF THE SOUL : 7 [82]
2020年11月20日 SKIT SKIT - YouTube Be
Stay Stay - YouTube [143]
2022年6月10日 EPIPHANY(JIN DEMO VER.) Proof (album)英語版 [144]
Boyz with Fun (DEMO VER.)
2019年6月4日 Tonight (이 밤; I bam) 이 밤 by JIN of BTS - SoundCloud BTS - SoundCloud
BANGTANTV - YouTubeチャンネル
[101]
2020年12月3日 Abyss Abyss by Jin of BTS - SoundCloud
Abyss by Jin - YouTube
[106][107]
2021年12月4日 Super Tuna 슈퍼 참치 슈퍼 참치 by Jin of BTS - SoundCloud
슈퍼 참치 by Jin - YouTube
[CHOREOGRAPHY] Jin of BTS ‘슈퍼 참치’ Special Performance Video - YouTube

出演[編集]

テレビ番組[編集]

放送局 番組名 役割 備考 脚注
2016 SBS SBS人気歌謡863回 Special MC with RM,ケイ(歌手)英語版 (LOVELYZ), ミジュ英語版(LOVELYZ) [145]
Mnet M Countdown with JIMIN [146][147]
2017 with JIMIN and J-HOPE [148]
SBS ベクジョンウォンの3大天王朝鮮語版
67回(全州代表の味5編)
Guest with J-HOPE [149]
ジャングルの法則英語版
in コタマナド
9部作
29期出演者 Episodes 247–251 [150]
KBS第2テレビジョン 国民トークショー アンニョンハセヨ朝鮮語版
316回
Guest with JIMIN [151]
JTBC 一食ください朝鮮語版
50回(三成洞編)
Guest with JUNG KOOK [152]
冷蔵庫をお願い
94~95回
Guest with JIMIN [153]
KBS KBS Song Festival英語版 MC with サナ(TWICE), チャンヨル(EXO),
アイリーン(Red Velvet),ソラ(歌手)英語版 (MAMAMOO),
ミンギュ(SEVENTEEN),イェリン英語版 (GFRIEND),
カン・ダニエル(Wanna One)
[154]
2018 Music Bank英語版 with ソルビン英語版 (LABOUM) [155]
KBS Song Festival with ダヒョン(TWICE), チャンヨル(EXO) [156][157]
2022 SBS ランニングマン626回 Guest [158][159]

配信コンテンツ[編集]

媒体 番組名 役割 備考 脚注
2022 Youtube もっとつまらないものですがep13(最終回)
[SUB]🚨속보🚨 방탄 진, 얼굴 자체가 진수성찬✨ 차쥐뿔 근본 잃어버려...👥 [차린건 쥐뿔도 없지만] EP.13 #이영지 #진 (ENG/JPN/SPA) - YouTube
Guest イ・ヨンジのWEBバラエティー [160]
Youtube ハルミョンスep103
「53歳の人生で初めて……親しくなりたい男が現れた。BTS ジン×ミョンス 仲良くなってね」 - YouTube
Guest パク・ミョンスのWEBバラエティー [161]

ミュージックビデオ[編集]

配信日 タイトル アーティスト名 配信 配信元 備考
2011年7月25日 No more perfume on you(향수뿌리지마) TEEN TOP [HD MV]No more perfume on you(향수뿌리지마) - YouTube TEEN TOP Official - YouTubeチャンネル [162][163]
2012年4月11日 電話に出ない君に 2AM [162][163]
2012年6月25日 I'm Da One チョ・グォン(歌手)英語版 I'm Da One M/V - YouTube HYBE LABELS - YouTubeチャンネル [163]
2020年5月22日 Daechwita(大吹打) Agust D Agust D '대취타' MV - YouTube [164]

広告[編集]

スチール[編集]

受賞歴[編集]

授賞式名、授賞年、部門、候補者/作品、結果
授賞式 部門 候補者/作品 結果 備考
Melon Music Awards 2017年 最優秀オリジナルサウンドトラック賞 『死んでも君だよ(英語: It's Definitely You)』 ノミネート [89][90]
Asian Pop Music Awards 2021年 Best Film and Television Song (Overseas) 『Yours』 ノミネート [173]
The HallyuTalk Awards英語版 The Best K-Drama OST Of 2021 受賞 [174]
Asian Academy Creative Awards英語版 2022年 Best Theme Song or Title Theme ノミネート [175]
TOP TEN AWARDS朝鮮語版 the Best Artists of K-Drama OST with TTA 受賞 [176]
The Fact Music Awards英語版 Fan N Star Choice Award(個人賞) JIN of BTS 受賞 [177]

脚注[編集]

[脚注の使い方]

注釈[編集]

  1. ^ BTSにおいてジンの基本の立ち位置は左から3番目

出典[編集]

  1. ^ Erica Davies (2021年3月19日). “BIRTHDAY BOY Who is K-pop star Jin from BTS and when is his birthday?”. thesun.ie. 2021年9月25日閲覧。
  2. ^ a b c d BTS: Get to Know Jin Better”. Billboard (2017年6月30日). 2020年5月13日閲覧。
  3. ^ : 김석진金碩珍
  4. ^ 지연주 (2019年3月7日). “‘살림남2’ 김승현 고모 “방탄소년단 뷔X진과 같은 혈통”[결정적장면]” (朝鮮語). newsen.com. 2023年1月4日閲覧。
  5. ^ Coldplay's Chris Martin gifts BTS' Jin a signed acoustic guitar”. bandwagon.asia (2021年9月24日). 2021年9月25日閲覧。
  6. ^ a b c Watch BTS' Jin Bask in Viral Popularity as the Cute One 'Third From the Left'”. Billboard (2017年5月24日). 2021年9月25日閲覧。
  7. ^ Introduction to Anyang City: One of nearest cities from Seoul” (英語). gyeonggido-korea.com (2021年1月29日). 2021年10月18日時点のオリジナルよりアーカイブ。2021年9月28日閲覧。
  8. ^ BTS(防弾少年団)のプロフィール”. モデルプレス. 2021年9月28日閲覧。
  9. ^ The, Crystal (2018年8月11日). “Jin from K-pop superband BTS: his past, his private thoughts and why he's called 'Car Door Guy'”. South China Morning Post. オリジナルの2020年5月23日時点におけるアーカイブ。. https://web.archive.org/web/20200523005105/https://www.scmp.com/culture/music/article/2158784/jin-k-pop-superband-bts-his-past-his-private-thoughts-and-why-hes 2018年10月9日閲覧。 
  10. ^ VACCO-BOLAÑOS, JESSICA (2020年11月6日). “Here's Why Jin Was Chosen To Be In BTS Even Though He Had No Singing Experience”. elitedaily.com. オリジナルの2021年10月22日時点におけるアーカイブ。. https://web.archive.org/web/20211022162505/https://www.elitedaily.com/p/what-did-jin-do-before-bts-his-first-dream-wasnt-singing-35414299 2021年10月22日閲覧。 
  11. ^ a b 최송희 (2019年5月23日). “[BTS 얼마나 아십니까] 인물탐구② 방탄소년단 서브보컬 '진'” (朝鮮語). www.ajunews.com. 2020年5月13日閲覧。
  12. ^ Choi Ji-won (2019年2月15日). “50 facts about Jin of BTS” (英語). kpopherald.com. オリジナルの2021年10月18日時点におけるアーカイブ。. https://web.archive.org/web/20211018220237/http://kpopherald.koreaherald.com/view.php?ud=201902151626099126919_2 2021年10月19日閲覧。 
  13. ^ [팝인터뷰] 김남길 "방탄소년단 영상 잠들기 전 봐..전세계 열광 뿌듯해"” (朝鮮語). pop.heraldcorp.com (2020年1月31日). 2021年9月25日閲覧。
  14. ^ Kashyap Vora (2021年1月12日). “BTS' Jin Had THIS To Say To His Acting Idol Kim Nam Gil At The 35th Golden Disc Awards” (英語). republicworld.com. 2021年9月27日閲覧。
  15. ^ 이지현 (2020年1月16日). “'라스' 이이경 "BTS 진, 같은 연기학원 출신…잘생겨서 유명했다"” (朝鮮語). news1. 2021年10月1日閲覧。
  16. ^ 김민수 (2018年9月30日). “빽빽한 스케줄 소화 중에도 착실하게 학교생활한 '우등생' 방탄 진” (朝鮮語). 10asia. 2023年1月4日閲覧。
  17. ^ Martins, Chris (2017年12月19日). “Inside BTS-mania: A Day in the Life of the K-Pop Superstars” (英語). Rolling Stone. 2020年5月13日閲覧。
  18. ^ Pham, Jason (2019年4月27日). “BTS’s 7 Members Were Discovered in the Most Unconventional Ways” (英語). StyleCaster. 2020年5月13日閲覧。
  19. ^ 손예지 (2017年2月22日). “'V앱' 방탄소년단 진 "대학교 1학년 봄, 등교 중 캐스팅"” (朝鮮語). 10asia. 2021年9月26日閲覧。
  20. ^ 황혜진 (2017年2月23日). “방탄소년단 진, 22일 건국대 영화학과 졸업 “팬들과 함께라 행복”” (朝鮮語). newsen.com. 2021年10月6日閲覧。
  21. ^ 황혜진 (2020年7月7日). “방탄소년단 측 “RM·슈가·제이홉 지난해 대학원 입학, 지민·뷔 9월 입학 예정”(공식)” (朝鮮語). newsen. https://www.newsen.com/news_view.php?uid=202007071405520410 2021年9月26日閲覧。 
  22. ^ Kim, So-yeon (2017年3月2日). “Jin of BTS, Chen of EXO enter graduate school at Hanyang Cyber University”. Kpop Herald. オリジナルの2019年6月12日時点におけるアーカイブ。. https://web.archive.org/web/20211008002848/http://kpopherald.koreaherald.com/view.php?ud=201703021759160392034_2&ACE_SEARCH=1 2018年7月7日閲覧。 
  23. ^ Bangtan Boys 방탄소년단 Revolutionize KPop” (英語). The Daily Dot (2016年5月12日). 2020年5月13日閲覧。
  24. ^ 장진리 (2013年5月20日). “'방시혁의 비밀병기' 방탄소년단, 5월 가요계 출격” (朝鮮語). joynews24.com. 2021年10月7日閲覧。
  25. ^ 박정선 (2013年6月13日). “‘엠카’ 방탄소년단, 데뷔 무대부터 압도적 ‘강렬 군무’” (朝鮮語). osen.mt.co.kr. 2021年10月7日閲覧。
  26. ^ a b Awake”. BANTANTV (2018年1月2日). 2021年9月26日閲覧。
  27. ^ a b BTS (방탄소년단) WINGS Short Film #7 AWAKE”. HYBELABELS (2018年1月2日). 2021年9月26日閲覧。
  28. ^ 2016년 42주차 Digital Chart” (朝鮮語). gaonchart.co.kr. Gaon Music Chart. 2016年10月20日時点のオリジナルよりアーカイブ。2021年9月18日閲覧。
  29. ^ 2016년 10월 Digital Chart” (朝鮮語). gaonchart.co.kr. Gaon Music Chart. 2016年11月10日時点のオリジナルよりアーカイブ。2021年10月13日閲覧。
  30. ^ 2016년 42주차 Download Chart” (朝鮮語). gaonchart.co.kr. Gaon Music Chart. 2016年10月20日時点のオリジナルよりアーカイブ。2021年10月13日閲覧。
  31. ^ 2016년 10월 Download Chart” (朝鮮語). gaonchart.co.kr. Gaon Music Chart. 2016年11月10日時点のオリジナルよりアーカイブ。2021年10月13日閲覧。
  32. ^ 2016년 42주차 Streaming Chart” (朝鮮語). gaonchart.co.kr. Gaon Music Chart. 2016年10月20日時点のオリジナルよりアーカイブ。2021年10月13日閲覧。
  33. ^ 2016년 42주차 BGM Chart” (朝鮮語). gaonchart.co.kr. Gaon Music Chart. 2016年10月20日時点のオリジナルよりアーカイブ。2021年10月13日閲覧。
  34. ^ Gaonchart 2016년 “Awake”” (朝鮮語). gaonchart.co.kr. Gaon Music Chart. 2016年10月20日時点のオリジナルよりアーカイブ。2021年10月13日閲覧。
  35. ^ a b c 국내 대표 음악 차트 가온차트!”. gaonchart.co.kr. 2020年5月13日閲覧。
  36. ^ World Digital Songs (October 29, 2016)”. Billboard. 2017年5月17日時点のオリジナルよりアーカイブ。2018年7月7日閲覧。
  37. ^ a b c Chart History BTS WORLD DIGITAL SONG SALES” (英語). billboard. 2021年10月18日時点のオリジナルよりアーカイブ。2021年9月25日閲覧。
  38. ^ Awake (christmas ver) by Jin of BTS”. BTS (2016年12月4日). 2021年9月26日閲覧。
  39. ^ a b c d e BTS' Jin Releases Cover of 'In Front of the Post Office in Autumn': Listen”. Billboard (2018年6月7日). 2020年5月13日閲覧。
  40. ^ “「防弾少年団」&「ラインフレンズ」のコラボ商品「BT21」が手に入るように!?”. (2017年12月18日). https://kt.wowkorea.jp/news-read/18776.html 2021年9月28日閲覧。 
  41. ^ LINE株式会社 (2018年6月22日). “LINE、無料で使えるLINEスタンプを合計120種類追加”. https://prtimes.jp/main/html/rd/p/000001134.000001594.html 2021年10月1日閲覧。 
  42. ^ Epiphany”. BANTANTV (2018年8月24日). 2021年9月26日閲覧。
  43. ^ a b BTS (방탄소년단) LOVE YOURSELF 結 Answer 'Epiphany' Comeback Trailer”. HYBELABELS (2018年8月10日). 2021年9月26日閲覧。
  44. ^ BTS' 'Epiphany' Comeback Trailer: Watch Jin Sing In The Video”. Billboard (2018年8月9日). 2020年5月13日閲覧。
  45. ^ MERRILL, PHILIP (2018年8月9日). “BTS Begin 'Love Yourself: Answer' With Jin's "Epiphany"” (英語). GRAMMY.com. 2021年10月21日時点のオリジナルよりアーカイブ。2021年10月21日閲覧。
  46. ^ 2018년 35주차 Digital Chart” (朝鮮語). gaonchart.co.kr. Gaon Music Chart. 2018年9月1日時点のオリジナルよりアーカイブ。2021年10月11日閲覧。
  47. ^ 2018년 09월 Digital Chart” (朝鮮語). gaonchart.co.kr. Gaon Music Chart. 2021年10月14日時点のオリジナルよりアーカイブ。2021年10月14日閲覧。
  48. ^ 2018년 34주차 Download Chart” (朝鮮語). gaonchart.co.kr. Gaon Music Chart. 2021年10月14日時点のオリジナルよりアーカイブ。2021年10月14日閲覧。
  49. ^ 2018년 08월 Download Chart” (朝鮮語). gaonchart.co.kr. Gaon Music Chart. 2021年9月18日時点のオリジナルよりアーカイブ。2021年9月18日閲覧。
  50. ^ 2018년 35주차 Streaming Chart” (朝鮮語). gaonchart.co.kr. Gaon Music Chart. 2021年10月14日時点のオリジナルよりアーカイブ。2021年10月14日閲覧。
  51. ^ 2018년 09월 Streaming Chart” (朝鮮語). gaonchart.co.kr. Gaon Music Chart. 2021年10月14日時点のオリジナルよりアーカイブ。2021年10月14日閲覧。
  52. ^ 2018년 34주차 BGM Chart” (朝鮮語). gaonchart.co.kr. Gaon Music Chart. 2021年10月14日時点のオリジナルよりアーカイブ。2021年10月14日閲覧。
  53. ^ 2018년 08월 BGM Chart” (朝鮮語). gaonchart.co.kr. Gaon Music Chart. 2021年10月14日時点のオリジナルよりアーカイブ。2021年10月14日閲覧。
  54. ^ 2018년 35주차 Mobile Chart” (朝鮮語). gaonchart.co.kr. Gaon Music Chart. 2021年10月14日時点のオリジナルよりアーカイブ。2021年10月14日閲覧。
  55. ^ 2018년 09월 Mobile Chart” (朝鮮語). gaonchart.co.kr. Gaon Music Chart. 2021年10月14日時点のオリジナルよりアーカイブ。2021年10月14日閲覧。
  56. ^ 2018년 35주차 Mobile Chart” (朝鮮語). gaonchart.co.kr. Gaon Music Chart. 2021年10月14日時点のオリジナルよりアーカイブ。2021年10月14日閲覧。
  57. ^ 2018년 08월 Mobile Chart” (朝鮮語). gaonchart.co.kr. Gaon Music Chart. 2021年10月14日時点のオリジナルよりアーカイブ。2021年10月14日閲覧。
  58. ^ Gaonchart 2018년 “Epiphany”” (朝鮮語). gaonchart.co.kr. Gaon Music Chart. 2021年10月14日時点のオリジナルよりアーカイブ。2021年10月14日閲覧。
  59. ^ a b Chart History BTS Billboard K-POP 100” (英語). billboard. 2021年10月18日時点のオリジナルよりアーカイブ。2021年10月19日閲覧。
  60. ^ a b Chart History BTS Billboard HOT CANADIAN DIGITAL SONG SALES” (英語). billboard. 2021年10月18日時点のオリジナルよりアーカイブ。2021年10月19日閲覧。
  61. ^ Park, Hee-a. “방탄소년단 (BTS) ´FAKE LOVE´” (朝鮮語). Korean Music Awards. 2019年11月3日時点のオリジナルよりアーカイブ。2019年6月5日閲覧。
  62. ^ kara bodegon,Franchesca Judine Basbas (2021年7月25日). “Songs by Asian artists to help destigmatize and open up the conversation of mental health”. Bandwagon.asia. 2021年9月27日閲覧。
  63. ^ 김예나 (2021年10月15日). “BTS 진 솔로곡 '에피파니' 뮤직비디오 유튜브 1억뷰 돌파” (朝鮮語). 聯合ニュース. 2021年10月17日時点のオリジナルよりアーカイブ。2021年10月17日閲覧。
  64. ^ a b ネットマーブルジャパン株式会社 (2019年6月5日). “BTSを最高のアーティストへと導くマネージャーゲーム『BTS WORLD』6月26日正式リリース決定!”. プレスリリース・ニュースリリース配信シェアNo.1|PR TIMES. 2021年9月26日閲覧。
  65. ^ a b ネットマーブルジャパン株式会社 (2019年6月14日). “BTSを最高のアーティストへと導くマネージャーゲーム『BTS WORLD』 OST<A Brand New Day>を6月14日に公開!”. プレスリリース・ニュースリリース配信シェアNo.1|PR TIMES. 2021年9月26日閲覧。
  66. ^ a b Rhian Daly (2019年6月7日). “Listen to BTS and Charli XCX join forces on new song ‘Dream Glow’Jin, Jimin, and Jungkook team-up with the British star on new track”. NME. 2021年9月26日閲覧。
  67. ^ Xander Zellner (2019年6月18日). “BTS Earns Record-Extending 12th No. 1 on World Digital Song Sales Chart With Charli XCX Duet 'Dream Glow'”. Billboard. 2021年9月26日閲覧。
  68. ^ Moon”. BANTANTV (2020年2月21日). 2021年9月26日閲覧。
  69. ^ Kim, Jae-Ha (2020年2月23日). “BTS' 'Map of the Soul: 7': Album Review”. Variety. 2020年4月25日時点のオリジナルよりアーカイブ。2020年6月19日閲覧。
  70. ^ 2020년 09주차 Digital Chart” (朝鮮語). gaonchart.co.kr. Gaon Music Chart. 2021年10月11日閲覧。
  71. ^ 2020년 03월 Digital Chart” (朝鮮語). gaonchart.co.kr. Gaon Music Chart. 2021年10月11日時点のオリジナルよりアーカイブ。2021年10月11日閲覧。
  72. ^ 2020년 8주차 Download Chart” (朝鮮語). gaonchart.co.kr. Gaon Music Chart. 2021年10月11日時点のオリジナルよりアーカイブ。2021年10月11日閲覧。
  73. ^ 2020년 02월 Download Chart” (朝鮮語). gaonchart.co.kr. Gaon Music Chart. 2021年9月18日時点のオリジナルよりアーカイブ。2021年9月18日閲覧。
  74. ^ 2020년 9주차 Streaming Chart” (朝鮮語). gaonchart.co.kr. Gaon Music Chart. 2021年9月18日時点のオリジナルよりアーカイブ。2021年9月18日閲覧。
  75. ^ 2020년 03월 Streaming Chart” (朝鮮語). gaonchart.co.kr. Gaon Music Chart. 2021年9月18日時点のオリジナルよりアーカイブ。2021年9月18日閲覧。
  76. ^ 2020년 Streaming Chart” (朝鮮語). gaonchart.co.kr. Gaon Music Chart. 2021年9月18日時点のオリジナルよりアーカイブ。2021年9月18日閲覧。
  77. ^ 2020년 8주차 BGM Chart” (朝鮮語). gaonchart.co.kr. Gaon Music Chart. 2021年9月18日時点のオリジナルよりアーカイブ。2021年9月18日閲覧。
  78. ^ 2020년 12주차 Mobile Chart” (朝鮮語). gaonchart.co.kr. Gaon Music Chart. 2021年9月18日時点のオリジナルよりアーカイブ。2021年9月18日閲覧。
  79. ^ Gaonchart 2020년 “Moon”” (朝鮮語). gaonchart.co.kr. Gaon Music Chart. 2021年10月14日時点のオリジナルよりアーカイブ。2021年10月14日閲覧。
  80. ^ Chart History BTS Billboard ITALY DIGITAL SONG SALES” (英語). billboard. 2021年10月18日時点のオリジナルよりアーカイブ。2021年10月19日閲覧。
  81. ^ 75 Greatest Boy Band Songs of All Time From the Jackson 5 to BTS: here are the most scream-worthy boy band songs”. Billboard (2020年7月24日). 2021年9月25日閲覧。
  82. ^ a b BTS・JINがファンへの想い込めたソロ曲『Moon』、ストリーミング再生回数1億回を突破!”. スポーツソウル (2021年9月5日). 2021年9月25日閲覧。
  83. ^ BTSのJIN、作詞作曲したソロ曲『Moon』が計110カ国iTunesチャートで1位を記録!歴代5番目の快挙”. スポーツソウル (2021年7月10日). 2021年10月13日閲覧。
  84. ^ Coldplay X BTS - My Universe (Official Video)”. Coldplay (2021年9月29日). 2021年10月20日閲覧。
  85. ^ Agarwal, Varsha (2021年10月16日). “Chris Martin Reveals Coldplay And BTS Collaboration Was Jin's Idea; Read On” (英語). republicworld.com. 2021年10月20日時点のオリジナルよりアーカイブ。2021年10月20日閲覧。
  86. ^ Template:Https://www.youtube.com/watch?v=BGNkkVrJZks
  87. ^ a b 방탄소년단 뷔X진, '화랑'OST 두번째 주자 출격…오늘 자정 공개” (朝鮮語). entertain.naver.com. 2020年5月13日閲覧。
  88. ^ Chart History Jin It's Definitely You V & JIN” (英語). billboard. 2021年9月25日閲覧。
  89. ^ a b Yonhap News Agency” (英語). Yonhap News Agency. 2020年5月13日閲覧。
  90. ^ a b Ilin Mathew (2017年11月17日). “Melon Music Awards 2017: Winners of Top 10 Artists awards, nominees for category awards” (英語). ibtimes.co.in. 2021年10月7日閲覧。
  91. ^ (英語) 엄마 (cover) by Jin, https://soundcloud.com/bangtan/150507mp3 2020年5月13日閲覧。 
  92. ^ a b BTS’s Jin Shares Heartfelt Letter and Cover of Ra.D’s “Mom” as a Gift for Parents’ Day” (en ). soompi.com (2015年5月8日). 2021年9月24日閲覧。
  93. ^ I Love You (cover) by Jin”. BTS (2015年12月4日). 2021年9月26日閲覧。
  94. ^ a b Bangtan Boys’ Jin Reveals Cover of ‘I Love You’ by Mate” (英語). www.koogle.tv (2021年9月24日). 2019年5月28日時点のオリジナルよりアーカイブ。2020年5月13日閲覧。
  95. ^ So Far Away (SUGA, 진, 정국 Ver.)”. BTS (2017年6月14日). 2021年9月26日閲覧。
  96. ^ In Front Of The Post Office In Autumn (cover) By JIN Of BTS”. BTS (2018年6月8日). 2021年9月26日閲覧。
  97. ^ BTS' Jin Covers Classic Yoon Do-hyun Ballad” (英語). GRAMMY.com (2018年6月8日). 2021年10月21日時点のオリジナルよりアーカイブ。2020年5月13日閲覧。
  98. ^ tf.co.kr (2018年6月7日). “[단독] '빌보드 정복' 방탄소년단 진, 8일 '뮤직뱅크' MC 출격” (朝鮮語). 더팩트. 2020年5月13日閲覧。
  99. ^ Tonight by JIN of BTS”. BTS (2019年6月5日). 2021年9月26日閲覧。
  100. ^ [BANGTAN BOMB] Jin, Recording his first ever composition - BTS (방탄소년단)”. BANTANTV (2019年11月27日). 2021年9月26日閲覧。
  101. ^ a b c Listen to 'Tonight', the first solo song by BTS' Jin” (英語). NME Music News, Reviews, Videos, Galleries, Tickets and Blogs | NME.COM (2019年6月4日). 2020年5月13日閲覧。
  102. ^ yann (2019年6月8日). “BTS’ Jin Dominates SoundCloud With Various Records Broken By Self-Produced Song “Tonight”” (英語). HELOKPOP. 2021年10月20日時点のオリジナルよりアーカイブ。2021年10月20日閲覧。
  103. ^ [V LIVE] BTS Live : MiniMoni😎” (日本語). www.vlive.tv. 2020年5月13日閲覧。
  104. ^ Abyss by Jin of BTS”. BTS (2020年12月3日). 2021年9月26日閲覧。
  105. ^ Abyss by Jin”. BANTANTV (2020年12月3日). 2021年9月26日閲覧。
  106. ^ a b c Delgado, Sarah (2020年12月3日). “BTS Member Jin Releases Birthday Solo Song "Abyss"”. Teen Vogue. 2020年12月3日時点のオリジナルよりアーカイブ。2020年12月3日閲覧。
  107. ^ a b c HIATT, BRIAN (2021年5月16日). “BTS’ Jin on ‘Rock-Style Songs,’ Life Off the Road, and Being Very Handsome”. Rolling Stone. 2021年10月3日閲覧。
  108. ^ [韓流]BTSのJINがソロ曲公開 「燃え尽き症候群」明かす”. 聯合ニュース (2020年12月4日). 2022年7月3日閲覧。
  109. ^ 메이플스토리 - 제 1회 금손 어워즈” (朝鮮語). NEXON Korea. 2021年6月25日時点のオリジナルよりアーカイブ。2021年6月24日閲覧。
  110. ^ Kara Bodegon (2021年6月24日). “Get BTS' Jin to check out your artwork at MapleStory's 1st Golden Hands Awards”. bandwagon.asia. https://www.bandwagon.asia/articles/bts-jin-maplestory-judge-artwork-1st-golden-hands-awards-character-design-award-nexon-hybe-bighit-kim-seokjin-2021 2021年9月25日閲覧。 
  111. ^ Shaw, Luke (2020年11月24日). “BTS announce collaboration with long running MMORPG ‘MapleStory’” (英語). nme.com. https://www.nme.com/news/gaming-news/bts-announce-collaboration-with-long-running-mmorpg-maplestory-2824164 2021年10月24日閲覧。 
  112. ^ “금손 어워즈 심사영상 [메이플스토리]”. MapleStory KR. (2021年9月1日). https://www.youtube.com/watch?v=LukNNXzqTwM 2021年9月25日閲覧。 
  113. ^ 이정현 (2021年10月1日). “BTS 진, tvN 기대작 '지리산' 메인 테마곡 부른다” (朝鮮語). 聯合ニュース. 2021年10月9日閲覧。
  114. ^ Gladys Yeo (2021年10月1日). “BTS’ Jin to sing theme song of upcoming K-drama ‘Cliffhanger’” (英語). NME news. 2021年10月9日閲覧。
  115. ^ JINが「ジンラーメン」のCMに」『聯合ニュース』、2021年11月9日。2022年12月1日閲覧。
  116. ^ BTS JAPAN OFFICIAL FANCLUB” (日本語). BTS JAPAN OFFICIAL FANCLUB. 2020年5月13日閲覧。
  117. ^ a b 【Oh!コーヒーカップ③】パン・シヒョク 性格変わったジョングク、変わらないジン、防弾すべて純粋に” (朝鮮語). OSEN (2017年4月24日07:00). 2017年6月30日閲覧。
  118. ^ Lexi Vollero (2019年6月4日). “Listen to BTS star Jin's new solo song 'Tonight,' a heartwarming ode to his pets” (英語). Entertainment Weekly. 2021年9月26日閲覧。
  119. ^ 安藤, 由美 (2021年10月23日). “現役オペラ歌手が考察…生歌を聞いてこそ、よりうまさを実感するBTSの歌唱力”. 講談社FRaU. 2021年10月23日時点のオリジナルよりアーカイブ。2021年10月23日閲覧。
  120. ^ MENDEZ, MICHELE (2020年9月4日). “All Of Jin's Solo Songs Have Messages As Powerful As His Vocals” (英語). elitedaily.com. 2021年10月20日時点のオリジナルよりアーカイブ。2021年10月20日閲覧。
  121. ^ MOON, KAT (2020年2月19日). “The 12 Most Underrated BTS Songs” (英語). Time.com. 2021年8月30日時点のオリジナルよりアーカイブ。2021年10月21日閲覧。
  122. ^ MICHELE MENDEZ (2021年8月13日). “JIN'S HOBBIES OUTSIDE OF BTS PROVE HE’S A MAN OF MANY TALENTS” (英語). elitedaily.com. 2021年10月18日時点のオリジナルよりアーカイブ。2021年10月19日閲覧。
  123. ^ Eryn Murphy (2019年8月11日). “What Instruments Do The BTS Members Play?” (英語). cheatsheet.com. 2021年10月18日時点のオリジナルよりアーカイブ。2021年10月19日閲覧。
  124. ^ Kim, Young-dae (2019-3-27). BTS - The Review: A Comprehensive Look at the Music of BTS. Seoul: RHK. ISBN 9788925565828 
  125. ^ Matthew Cage (2020年12月20日). “BTS: Jin’s voice receives praise from top music critics” (英語). somagnews.com. 2021年10月13日時点のオリジナルよりアーカイブ。2021年10月13日閲覧。
  126. ^ “사랑하고 싶어”...방탄소년단 진, 리패키지 컴백 트레일러 ‘Epiphany’ 주인공” (朝鮮語). entertain.naver.com. 2019年6月12日時点のオリジナルよりアーカイブ。2020年5月13日閲覧。
  127. ^ Choi, Song-hye (2019年5月23日). “[BTS 얼마나 아십니까] 인물탐구② 방탄소년단 서브보컬 '진'” (朝鮮語). Aju News. オリジナルの2019年6月12日時点におけるアーカイブ。. https://web.archive.org/web/20190612150856/https://www.ajunews.com/view/20190522140732606 2019年5月24日閲覧。 
  128. ^ Thanmay Arun (2021年2月23日). “BTS: 'Hilarious' Hidden Talents Of The Members You Probably Didn't Know About” (英語). ibtimes.com. 2021年10月18日時点のオリジナルよりアーカイブ。2021年10月19日閲覧。
  129. ^ Korea, Gallup (2018年12月18日). “Gallup Korea Daily Opinion: 2018년 올해를 빛낸 가수와 가요 - 최근 12년간 추이 포함”. Gallup Korea Daily Opinion. 2020年5月13日閲覧。
  130. ^ 韓国、BTSの兵役延期を認める法案を可決” (日本語). BBCニュース (2020年12月2日). 2021年3月4日閲覧。
  131. ^ BTSのJINが軍入隊延期取り消しを申請 早ければ年内に陸軍入隊” (日本語). ソウル聯合ニュース (2022年11月4日). 2023年1月18日閲覧。
  132. ^ [韓流]BTSのJIN 動画にサプライズ登場=入隊前に録画” (日本語). ソウル聯合ニュース (2023年1月9日). 2023年1月18日閲覧。
  133. ^ 방탄소년단 측 “진, 생일 맞아 유기견 사료 직접 구입+기부”(공식입장)” (朝鮮語). entertain.naver.com. 2020年5月13日閲覧。
  134. ^ [스브스타] 생일 기념해 유기동물에 사료 321kg 후원한 '방탄소년단' 진” (朝鮮語). SBS NEWS (2018年12月5日). 2020年5月13日閲覧。
  135. ^ BTSのJIN、寄付金1億ウォン超えでユニセフのオーナーズ・クラブ会員に|スポーツソウル日本版” (日本語). スポーツソウル. 2020年5月13日閲覧。
  136. ^ BTSのJINが高額寄付者が集まるクラブへの加入を公表 総額9000万円超” (日本語). ライブドアニュース. 2020年5月13日閲覧。
  137. ^ 됐다, 유니세프한국위원회 | 방탄소년단 진 누적 유니세프 기부금 1억 이상, ‘아너스클럽’ 회원. “방탄소년단 진 누적 유니세프 기부금 1억 이상,‘아너스클럽’ 회원 됐다” (朝鮮語). www.unicef.or.kr. 2020年5月13日閲覧。
  138. ^ 안소영 (2019年5月31日). “방탄소년단 진, 누적 기부금 1억원 이상...아너스클럽 회원” (朝鮮語). 朝鮮日報. 2021年10月8日閲覧。
  139. ^ BTS(防弾少年団)デビュー6周年! 映像から振り返るBTSの軌跡「無名事務所の出身の彼らがファンを獲得した方法」とは?” (日本語). KPOP monster (2019年6月14日). 2020年5月13日閲覧。
  140. ^ BTS・JIN、誕生日迎え新曲「SUPER TUNA」発表” (日本語). 音楽ナタリー (2021年12月4日). 2022年10月27日閲覧。
  141. ^ BTS・JINがメインテーマをソロ歌唱 韓国ドラマ『智異山(チリサン)』OSTが24日配信開始” (日本語). オリコン (2021年11月17日). 2022年10月27日閲覧。
  142. ^ (10005243) 님의 작품목록 입니다. (11개의 작품)” (朝鮮語). komca.or.kr (2018年1月2日). 2021年9月29日閲覧。
  143. ^ 방탄소년단, 새 앨범 전곡 자작곡 승부수…전 멤버 작사·작곡 참여(공식)” (朝鮮語). newsen.com (2020年11月18日). 2021年9月25日閲覧。
  144. ^ 佐藤 (2022年5月15日). “BTSが最新アルバム『Proof』にかける想い 3枚の収録曲や特徴にフォーカス” (日本語). リアルサウンド音楽部. 2022年7月3日閲覧。
  145. ^ “[단독] 방탄소년단 랩몬스터·진, '인기가요' 스페셜 MC…러블리즈” (朝鮮語). tvreport.co.kr. (2016年5月14日). オリジナルの2019年3月27日時点におけるアーカイブ。. https://web.archive.org/web/20190327091615/https://www.tvreport.co.kr/?c=news&m=newsview&idx=893532 2018年7月7日閲覧。 
  146. ^ [BANGTAN BOMB] Jin&Jimin M countdown Special MC - BTS (방탄소년단)” (朝鮮語). Youtube. Bangtan TV (2016年12月16日). 2019年12月9日時点のオリジナルよりアーカイブ。2018年10月14日閲覧。
  147. ^ “‘인기가요’ 방탄소년단, 지민+진..샤이니와 같은 팀인 줄 ‘훈훈 외모’” (朝鮮語). go.seoul.co.kr. (2016年10月14日). オリジナルの2016年10月24日時点におけるアーカイブ。. https://web.archive.org/web/20211008024131/https://go.seoul.co.kr/news/newsView.php?id=20161024500001 2021年10月8日閲覧。 
  148. ^ “승승장구 방탄…진·지민·제이홉, '엠카' 스페셜MC 발탁” (朝鮮語). OSEN. (2017年9月27日). オリジナルの2019年3月27日時点におけるアーカイブ。. https://web.archive.org/web/20190327090048/http://osen.mt.co.kr/article/G1110740273 2018年7月6日閲覧。 
  149. ^ OSEN (2017年1月7日). “'3대천왕' 방탄소년단 진 “다이어트 위해 닭가슴살 2팩 하루 버텨”” (朝鮮語). オリジナルの2021年10月8日時点におけるアーカイブ。. https://web.archive.org/web/20211008025357/https://www.chosun.com/site/data/html_dir/2017/01/07/2017010700476.html 2021年10月8日閲覧。 
  150. ^ Hwang, Hye-jin (2016年11月4日). “방탄소년단 측 "진 '정글의법칙' 술라웨시편 출연확정"” (朝鮮語). オリジナルの2019年3月27日時点におけるアーカイブ。. https://web.archive.org/web/20190327091210/http://www.newsen.com/news_view.php?uid=201611041056210410 2018年10月5日閲覧。 
  151. ^ 김하진 (2017年3月13日). “'안녕' 진, 아재개그 퍼레이드..폭소vs냉담” (朝鮮語). オリジナルの2021年9月27日時点におけるアーカイブ。. https://web.archive.org/web/20210927054410/https://tenasia.hankyung.com/topic/article/2017031363124 2021年9月27日閲覧。 
  152. ^ 강서정 (2017年9月27日). “[Oh!쎈 컷] ‘한끼줍쇼’ 이경규vs방탄소년단 진, 눈알 굴리기 대결” (朝鮮語). オリジナルの2021年9月27日時点におけるアーカイブ。. https://web.archive.org/web/20210927033406/http://osen.mt.co.kr/article/G1110740658 2021年9月27日閲覧。 
  153. ^ 정지원 (2021年9月25日). “[공식입장] 방탄소년단 진·지민, '냉부해' 뜬다…"10월 방송"” (朝鮮語). オリジナルの2021年9月27日時点におけるアーカイブ。. https://web.archive.org/web/20210927033124/http://osen.mt.co.kr/article/G1110739055 2021年9月27日閲覧。 
  154. ^ Herman, Tamar (2017年12月30日). “BTS Performs Rock Remixes of 'DNA' & 'Not Today' at 2017 KBS Song Festival”. Billboard. オリジナルの2019年4月1日時点におけるアーカイブ。. https://web.archive.org/web/20190401113608/https://www.billboard.com/articles/columns/k-town/8085629/bts-dna-not-today-2017-kbs-song-festival-video 2018年7月6日閲覧。 
  155. ^ “[단독] '빌보드 정복' 방탄소년단 진, 8일 '뮤직뱅크' MC 출격” (朝鮮語). tf.co.kr. (2018年6月7日). オリジナルの2019年11月22日時点におけるアーカイブ。. https://web.archive.org/web/20191122024423/http://news.tf.co.kr/read/entertain/1724998.htm 2018年7月6日閲覧。 
  156. ^ Kim, Ju-ae (2018年12月13日). “[공식입장] 엑소 찬열·BTS 진·트와이스 다현, 'KBS 가요대축제' MC 확정” (朝鮮語). X Sports News. オリジナルの2019年6月12日時点におけるアーカイブ。. https://web.archive.org/web/20190612155933/https://entertain.naver.com/read?oid=311&aid=0000932790 2018年12月13日閲覧。 
  157. ^ TARA MARTINEZ (2018年12月28日). “BTS May Perform Their Solo Songs At KBS Gayo Daechukjae, So Here's How To Stream The Event” (英語). elitedaily. https://www.elitedaily.com/p/heres-how-to-stream-2018-kbs-gayo-daechukjae-to-catch-bts-rumored-solo-performances-15571872 
  158. ^ “ "같은 이름, 정반대 삶" BTS 진X지석진, 커플룩 입고 만났다 (런닝맨)[MD리뷰]” (朝鮮語). mydaily.co.kr. (2022年10月24日). https://m.mydaily.co.kr/new/read.php?newsid=202210231844651944#_DYAD 
  159. ^ “BTS's Jin to appear on upcoming episode of SBS's 'Running Man'” (英語). allkpop.com. (2022年10月23日). https://www.allkpop.com/article/2022/10/btss-jin-to-appear-on-upcoming-episode-of-sbss-running-man 
  160. ^ “BTS(防弾少年団) ジン、ウェブバラエティ「もっとつまらないものですが」への出演を予告!可愛いダンスから飲酒まで(動画あり)” (日本語). news.kstyle.com. (2022年10月8日). https://news.kstyle.com/article.ksn?articleNo=2203037 2022年10月27日閲覧。 
  161. ^ “パク・ミョンス、入隊を控えたBTS(防弾少年団) ジンを応援…番組共演後のエピソードも語る「縁を大切にする良い友達」” (日本語). news.kstyle.com. (2022年11月12日). https://news.kstyle.com/m/article_amp.ksn?articleNo=2205431 2022年11月18日閲覧。 
  162. ^ a b Bunnie Moreau (2021年7月13日). “Netizens Spot Predebut BTS’s Jin In These Music Videos”. koreaboo.com. https://www.koreaboo.com/stories/bts-jin-predebut-cameo-rare-teentop-2am/ 2021年9月28日閲覧。 
  163. ^ a b c KIKI (2021年7月13日). “Phát hiện Jin từng làm vệ sĩ, phải kết hôn bất đắc dĩ trước khi là thành viên của BTS” (ベトナム語). kenh14.vn. https://kenh14.vn/phat-hien-jin-tung-lam-ve-si-phai-ket-hon-bat-dac-di-truoc-khi-la-thanh-vien-cua-bts-20210714172607606.chn 2021年9月28日閲覧。 
  164. ^ Sarah Deen (2020年5月24日). “BTS’ Jin and Jungkook explain their cameo in Suga’s Daechwita music video” (英語). metro.co.uk. https://metro.co.uk/2020/05/24/agust-d-mixtape-suga-new-video-bts-jin-jungkook-cameo-12751610/ 2021年10月1日閲覧。 
  165. ^ [오뚜기 진라면] 마침내 진심이 통했다! 진라면 좋아해~!❤️ - YouTube
  166. ^ [오뚜기 진라면] 우리는 진심이 닮았으니까! 진라면 좋아해~!❤️ - YouTube
  167. ^ [오뚜기 진라면]라면의 진심! 진의 진라면 먹방 보면서 오늘도 진라면❤️ - YouTube
  168. ^ [오뚜기 진라면]맛있다, 진심! 설렘 가득 진라면 기다리는 순간❤️ - YouTube
  169. ^ bandwagon.asia (2022年11月13日). “BTS' Jin stars in new reality mini-series, 'Drunken Truth,' on BANGTANTV”. bandwagon.asia. https://www.bandwagon.asia/articles/bts-jin-to-star-in-new-reality-mini-series-drunken-truth-on-bangtantv-chef-baek-jong-won-guest-astronaut-watch-youtube-2022 2022年11月18日閲覧。 
  170. ^ RS EDITORS (2022年11月13日). “Jin’s Love for Ramen Helped Him Land This New Campaign”. rollingstone.com. https://www.rollingstone.com/product-recommendations/lifestyle/bts-jin-ramen-ottogi-brand-collaboration-buy-online-1234630208/ 2022年11月18日閲覧。 
  171. ^ 에뛰드 [@etudeplay] (2013年2月17日). "[모맨트st.착한남자] 힙합 아이돌 그룹 방탄소년단 '진' 평소 모맨트st 착한남자 비비&왁스로 티 안나게 촉촉 빛나는 피부와 볼륨감 있는 투블럭 컷으로 스타일링한데요~뭘 좀 아는군! 멋진 음악 기대할게~♥" (ツイート) (朝鮮語). Twitterより2021年9月28日閲覧
  172. ^ Bunnie Moreau (2021年7月13日). “Jin’s Predebut Modeling Photos Prove He Was Always Worldwide Handsome”. koreaboo.com. https://www.koreaboo.com/stories/bts-jin-predebut-modeling-photos/ 2021年9月28日閲覧。 
  173. ^ Mhaliya Scott. “EXO, ITZY, BLACKPINK Lisa, Rosé and More Nominated at China's 2021 Asian Pop Music Awards” (英語). kpopstarz.com. 2022年10月25日閲覧。
  174. ^ Tegan Sweeting. “BTS Jin’s “Yours” Is Officially “The Best K-Drama OST Of 2021,” According To “The HallyuTalk Awards”” (英語). koreaboo.com. 2022年10月26日閲覧。
  175. ^ Moon, Wan-sik (2022年10月5日). “방탄소년단 진 'Yours', AACA 베스트 테마송 韓대표곡 선정..본상 최종 후보” (朝鮮語). MT Star News. 2022年10月8日時点のオリジナルよりアーカイブ。2022年10月5日閲覧。
  176. ^ Kang Min-kyung (2022年6月2日). “[종합] 방탄소년단 진 'Yours', 'K-Drama OST 아티스트' 1위…백현 제쳤다” (朝鮮語). 10Asia. 2022年10月15日閲覧。
  177. ^ リアルサウンド編集部 (2022年10月9日). “BTS JIN、『2022 THE FACT MUSIC AWARDS』受賞トロフィーをアップ JUNG KOOK&J-HOPEとの「可愛すぎる」写真も” (日本語). リアルサウンド. 2022年10月14日閲覧。

外部リンク[編集]

ストリーミングサービス