tvN

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動
tvN
Logo tvN.svg
開局日 2006年10月9日[1]
所有者 CJ ENM
映像方式 1080i
スローガン 즐거움엔 끝이 없다(楽しさは終わらない)
大韓民国の旗 韓国
言語 韓国語
本社 ソウル特別市麻浦区上岩洞上岩山路66
関連チャンネル O tvN
X tvN
ウェブサイト http://tvn.tving.com/tvn
視聴可能
衛星放送
KTスカイライフ 20チャンネル(HD)
tvN
各種表記
ハングル 티브이엔
発音 ティブイエン
テンプレートを表示

tvN(ティーヴィーエヌ)は、韓国のエンターテインメント企業CJ ENMが運営するテレビチャンネル。チャンネル名は「Total Variety Network」[2]の略で、2006年10月9日に開局した[注釈 1]。主に20代から40代の男女を視聴ターゲットに据えており[2]、ドラマやバラエティをはじめとする番組コンテンツを放送している。2009年からは、FOXインターナショナル・チャンネルズを通してアジア地域に送出している[2][3]

また、姉妹チャンネルとして2015年9月に開局した中高年層を対象とするO tvN(オーティーヴィーエヌ)、2018年1月に開局したミレニアル世代の視聴者を対象とするX tvN(エックスティーヴィーエヌ)がある[4][5]

スローガン[編集]

2017年より「즐거움엔 끝이 없다(楽しさは終わらない)」をスローガンとして掲げている[6]

過去のスローガン[編集]

  • 2006年:색다른 TV(一味違うテレビ)[6]
  • 2008年:What is your Ntertainment? [6]
  • 2011年:TV를 바꾸는 TV(テレビを変えるテレビ)[6]
  • 2012年:Asia No.1[6]
  • 2013年:No.1 Trend Leader[6]
  • 2016年:즐거움의 시작!(楽しさの始まり)、Content Trend Leader[6]

主な番組[編集]

tvNのドラマ番組は、アジアやアメリカなど様々な国に輸出されている。中でも『愛の不時着』、『応答せよ1988』、『トッケビ〜君がくれた愛しい日々〜』はtvNで最高の評価を記録している。『愛の不時着』の最終回は、本国で21.683%の視聴率を記録し、韓国のケーブルテレビ史上3番目に高い記録となった。また、tvN製作のドラマとしては初の視聴率20%超えを記録したドラマとなり、脚本・演出・演技の面においても高く評価された。また、『応答せよ1988』も最終回の視聴率が18.8%、『トッケビ』の最終回の視聴率は18.680%と、いずれも高い数字を記録している。

デジタルコンテンツ事業[編集]

FacebookYouTubeを通じて、インターネット番組を制作・公開している。2019年1月からは、既存の「フンベイカリー(흥베이커리)」と「スタジオオンスタイル(스튜디오 온스타일)」を統合再編して「tvN D」に改称した[7]

tvN Dには、以下11のデジタルスタジオが存在している[8][9]

  • tvN D ENT:デジタル芸能専門テレビ
  • tvN D story:デジタルドラマ専門テレビ
  • Slice D:Kファッション、Kフード、Kミュージックなど、Kカルチャー全般を扱う。
  • On Style:ビューティー、スタイル専門。
  • M2:ミュージック基盤アーティスト密着型コンテンツ
  • ムプムプ(뭅뭅):最新映画コンテンツ情報など
  • スタジオダイア:YouTubeインフルエンサー中心コンテンツ
  • ダダスタジオ:商品レビュー中心のVコマース
  • プレンディススタジオ:広告主オーダーメイドコンテンツ[10]
  • tvN D VAVA
  • tvN D CLASSIC

脚注[編集]

注釈[編集]

  1. ^ 開局当時は同じCJグループ傘下のCJサウンド(씨제이사운드、のちにCJ tvNに社名変更)が運営していた。[1]

出典[編集]

  1. ^ a b 씨제이티브이엔(주) 2020년 기업정보사람인
  2. ^ a b c 윤홍근, 한국 방송사CommunicationBooks 2013年2月25日 p. 69-72
  3. ^ Fox International Channels launches Korean GE channel tvN in Hong KongTelevision Asia Plus、2020年7月5日閲覧。
  4. ^ O tvN 측 “개국 2주년 특집…7일 간 ‘재미와 의미’ 전한다””. 서울경제 (2017年9月4日). 2020年7月5日閲覧。
  5. ^ [Y현장 "실험적인 오락채널"...XtvN, tvN의 발칙한 동생이 온다(종합)]”. YTN (2018年1月22日). 2020年7月5日閲覧。
  6. ^ a b c d e f g 시기 별 주요 이슈tvN
  7. ^ 디지털 콘텐츠 시장에서 밀레니얼 세대 최적 공략 방법은 '이것'?”. 채널CJ(Naver포스트) (2019年3月14日). 2020年7月5日閲覧。
  8. ^ CJ ENM, 9개 디지털 전문 스튜디오 통해 올해 콘텐츠 1만 5천개 선보인다”. Business Korea (2019年1月28日). 2020年7月5日閲覧。
  9. ^ tvN D公式サイト
  10. ^ CJ ENM, 올해 디지털 콘텐츠에 총력···”4천만 구독자 확보하겠다”“BLOTER”2019年1月27日、2019年8月13日閲覧

外部リンク[編集]