毎日放送 (韓国)

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動
毎日放送
Maeil Broadcasting Network
MBN Logo.jpg
種類 MBN
本社所在地 大韓民国の旗 韓国
ソウル特別市麻浦区上岩山路48-6 TV CHOSUNビルディング
設立 1993年9月23日
代表者 洪斗杓(会長)
資本金 4220億ウォン(2011年)
売上高 3千478億6千9百万ウォン(2018年)
従業員数 544人(2019年1月31日)
主要株主 朝鮮ホールディングス(有)
(株)DYホールディングス
朝鮮日報(株)
外部リンク http://www.mbn.co.kr
テンプレートを表示

株式会社毎日放送(メイルほうそう、朝鮮語: 매일방송)は韓国の放送局である。略称はMBN毎日経済新聞傘下で、ケーブルテレビ向け総合編成チャンネルを運営している。日本近畿広域圏を放送範囲とする同名の毎日放送 (MBS) とは無関係である。

概要[編集]

1993年9月23日、毎日経済TVとして創業、1995年3月1日に開局した。

2002年4月30日から2005年7月3日までの間はアメリカのCNBCと業務提携し、チャンネル名をMBN-CNBCとしていた[1]

2011年12月1日以降、MBNは総合編成放送となり、チャンネル名を「毎日放送」に変更、ケーブルテレビ、KTスカイライフ、IPTV向けに放送を開始した。

2020年10月30日放送通信委員会は2011年の総合編成チャンネルの承認過程において、役員名義で資本金を違法に納入したとして、放送法違反で6カ月の業務停止処分を下した。これにより、6カ月の猶予期間ののち、2021年 5月からの業務停止期間中は放送が中断される予定だった。しかし、「既に違法時効を是正しているにもかかわらず、行き過ぎた処分が下された」とするMBNが、放送通信委員会に対する業務停止処分の効力停止を求める仮処分をソウル行政裁判所(ソウル行政裁)に申請、ソウル行政裁は「6カ月の業務停止でMBNに回復不可能な損害が発生する懸念がある」として、2021年 2月24日、効力を一時的に中断する決定を下し、当該処分の適正性を判断する一審判決が出るまで、これまで通りに放送を継続できることになった[2]

主な番組[編集]

ニュース[編集]

  • グッドモーニングMBN (굿모닝 MBN)(平日4:50~7:00放送)
  • 生放送 毎日経済 (생방송 매일경제)(平日7:00~8:00放送)
  • MBNニュース8(MBN 뉴스 8)(平日19:40~20:40、週末19:40~20:30放送)
  • MBNニュースワイド (MBN 뉴스와이드)(平日18:10~19:40、土 08:40~10:00、日 08:40~10:00、10:00~11:20、週末18:20~19:40放送)

時事·教養[編集]

  • 私は自然人だ (나는 자연인이다)(水 21:50~23:00放送)

脚注[編集]

[脚注の使い方]
  1. ^ CNBCはその後SBSと提携しSBS-CNBCチャンネルを開局、2020年12月31日まで放送を続け、翌2021年1月1日からSBSBizにリブランドしている
  2. ^ MBNの業務停止効力中断(朝鮮日報) blogspot.com、2021年2月25日更新、2021年11月5日閲覧

関連項目[編集]

外部リンク[編集]