FOXニュース

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動
FOXニュース
開局日 1996年10月7日
所有者 21世紀フォックス
映像方式 480i (SD)
720p (HD)
スローガン "Move Forward"
"Fair & Balanced"
"We Report. You Decide."
"The Most Powerful Name in News"
アメリカ合衆国
言語 英語
放送エリア アメリカ合衆国と世界
本社 ニューヨーク
関連チャンネル FOXビジネス・ネットワーク
フォックス放送
Sky News
Sky News Australia
SKY TG 24
ウェブサイト Foxnews.com

FOXニュース(フォックスニュース、英称:FOX News Channel、略称FNC)は、アメリカ合衆国ニュース専門放送局である。1996年ルパート・マードック所有のニューズ・コーポレーション(現21世紀フォックス)が、当時NBCの経営者ロジャー・アイレスを社長にして設立した。

概要[編集]

1996年10月7日の放送開始時には1700万世帯という状態だったが、放送契約を結んだケーブルテレビに奨励金を支払うというキャンペーンを行い、視聴可能世帯を増やしていった。アメリカにて8000万のケーブルテレビと衛星放送加入者に視聴されており、海外でも視聴できる。2005年にラジオ局「Fox News Talk」を衛星ラジオで開始。2007年に経済ニュース「Fox Business Network」を立ち上げた。2008年からハイビジョン放送を開始した。

主にニューヨークのスタジオで制作されている。中立報道を心がけていると主張しており、Fair and Balanced(公平公正)と We report, You decide(我々は報道する、判断するのはあなた)をモットーにしている。トークラジオ形式の番組が人気となり1990年代末からCNNから視聴者を奪い始め、2000年からCNNと視聴者数で拮抗。2001年アメリカ同時多発テロ事件を機に一気にCNNを引き離し、現在も視聴者数首位の座を守っている。

2010年の英ガーディアン社による世論調査では、「最も信頼できるニュース放送網は?」との問いかけに、米国民の過半数がFOXニュースを上げている[1](2位のCNNは39%)。

2017年、セクハラの口止め料として5人の女性に対して1300万ドルあまりを支払っていた問題で4月20日、FOXニュースの人気番組『オライリー・ファクター』の司会者であるビル・オライリーがFOXニュースに復帰しないことで合意したと親会社の21世紀フォックスが発表した。[2]

日本での放送[編集]

一時期NHK BS1で放送されていた。

FOX NEWS
基本情報
運営(番組供給)事業者 ニューズ・ブロードキャスティング・ジャパン株式会社
放送(配信)開始 1997年8月1日
放送(配信)終了 2004年7月31日
ジャンル ニュース
スカパー!プレミアムサービス(標準画質)
放送事業者 ニューズ・ブロードキャスティング・ジャパン株式会社
チャンネル番号 Ch.740
放送開始 1998年6月1日
放送終了 2004年7月31日
特記事項:
※1997年8月1日 - 2000年3月31日の間、スカイエンターテイメント(現ジェイ・スポーツ)にて放送。
2001年12月1日 - 2008年7月31日の間は「FOX NEWS/NATIONAL GEOGRAPHIC」(ナショナルジオグラフィックチャンネルとの混合編成)として放送。

1997年8月1日、パーフェクTV!(現スカパー!プレミアムサービス)でニューズ・コーポレーション(現21世紀フォックス)とソフトバンクが立ち上げた衛星放送プラットフォームJスカイB」系の番組供給会社・スカイエンターテイメント(現ジェイ・スポーツ)で放送開始。また、1998年6月1日にはニューズ・コーポレーションの子会社・ニューズ・ブロードキャスティング・ジャパン(現FOXインターナショナル・チャンネルズ)でも放送開始。2000年3月31日にスカイエンターテイメントで放送が終了するまで2つのチャンネルで放送されていた。

その後、2001年12月から2002年7月まではナショナルジオグラフィックチャンネルとの混合編成チャンネルとなったが、2002年8月に分離、再び単独チャンネルとなった。しかし、2004年7月31日をもって日本での放送を終了している。

報道姿勢について(FOX効果)[編集]

FNCの報道について、保守的・共和党寄りであり、2000年代前半には視聴率競争でCNNを抜き、「FOX効果」が注目された。

ルパート・マードックの意向もあってアメリカ同時多発テロ事件を機に、愛国心一色の報道姿勢を明確にした。テレビ画面に放送局のロゴが表示されるが、終日星条旗を流し始めたのはFNC、および同時放送していた地上波のFOXテレビ(同じくニューズ・コーポレーション傘下)だった。アンカーはみな星条旗バッジを身に着けた。

イラク戦争でもテーマ曲を勇ましいマーチにしたり、米軍がイラク大統領官邸に突入する模様を独占中継に成功、退役軍人をコメンテーターに起用する(これはどこも同じ)などの姿勢を続けた。イラク戦争はFNCがCNNより多くの視聴者を獲得。一方でイラク戦争において、衛星中継車まで同行した従軍報道は連合軍の立場に沿った取材・中継となった事、CNNでアメリカにとって都合の悪いニュースを放送するにも細部のルールを用いて細心の注意を払っていた事が明らかになる、など一連の報道姿勢が注目された。これをFNCが9・11からの愛国色の強い報道姿勢に倣って継承していったとして、「FOX効果」と呼ばれた。

中立報道を掲げるスローガンと共に、保守的傾向があるとされる。実際にFNCのキャスターにビル・オライリーショーン・ハニティー、グレン・ベック、ニール・キャブートなど保守的傾向の強い人材が起用され、大統領候補争いで注目を浴びた共和党のマイク・ハッカビーも週末のトーク番組を担当している。共和党関係者ではサラ・ペイリンカール・ローヴがFNCに専属コメンテーターとして出演している。スタジオでのトークやインタビューにおいて、キャスターのキャラクター(性格・個性・信条)が放送に大きく反映されている。それまでのアメリカメディアは大まかに「TVはリベラル、ラジオ(トークラジオ)は保守」という色分けがあり、その認識下では異色の存在として登場した格好となる。2004年、共和党の全国党大会の大統領候補による指名演説中継は全てのチャンネルで視聴者数トップになり、2008年度もトップに輝いた。FNCを「最も信頼するニュースソース」と答える人のほとんどが保守思想・共和党支持者である[3]。一連の動向から、視聴者は個人の信条に合った番組にあわせて視聴する先有傾向が伺える。

マイケル・ムーア制作の映画「華氏911」では、2000年大統領選挙での偏向報道やイラク戦争を煽ったとして、同局をジョージ・W・ブッシュ政権のお抱えテレビ局として批判している。またドキュメンタリー映画『Outfoxed』は、FNCが共和党寄りに偏向していると指摘している。しかし、「偏向というならば他のテレビ局こそ民主党大統領候補者を賛美する一方、共和党候補者に対しては揶揄するような報道を繰り返しており、民主党寄りに偏向しているのであって、上記の批判は民主党系メディアの視点からの攻撃に過ぎない」との反論があるように、共和党支持者と民主党支持者の立場によって見方が変わる(共和党に有利なように報道し競争相手を潰しているのであり、リベラル派を陥れるようにしている訳ではない)

「Fox News Sunday」にて、司会のクリス・ウォレスはクリントン元大統領に「政権担当時、ビンラディンに対してなぜ何もしなかったのか」と質問し、クリントンは激怒して反論した(クリントンがビンラディンへの対策をすすめていた事実と異なる質問であったため)。地球温暖化対策を求めることをリベラルの「ヒステリー」だと決めつけ、国際的な合意であるとリベラル勢力の間では考えられている温室効果ガス排出規制の必要性に対して懐疑的な論者を持ち上げたり、『不都合な真実』で名を売ったアル・ゴア元米副大統領の自宅の高額な電気代を報じた。銃規制に対しても批判的であり、2007年のバージニア工科大学銃乱射事件直後の番組で、あるコメンテーターは「大学側が銃規制を行ったのが問題なのであり、学生が武装していれば犯人が32人も撃ち殺す前に射殺できた」と学生の銃所持を肯定する発言をした。

ブッシュ政権や共和党と強いつながりがあり、正・副大統領を含めブッシュ政権の閣僚などがよく出演しており、狩猟中に誤射事件を起こした副大統領リチャード・チェイニーが事故後最初に同ニュースにテレビ出演した。トニー・スノー元大統領報道官(en:Tony Snow)はFOXの元キャスターである。

バラク・オバマ政権発足後も視聴者数は伸びており、オバマ政権に対する批判の急先鋒を担う(MSNBCが2006年からブッシュ政権を批判したように)。これらについてオバマ政権のコミュニケーション担当責任者アニタ・ダンは2009年10月、「FNCは事実関係を無視し、ニュース報道を偽装した世論誘導を行っている」と非難した[4]

基本的には記者取材のほか、全米のFox加盟局、イギリスSky Newsなどと連携して速報体制を敷いている。しかし、キャスターやコメンテーターのキャラクターが前面に出ており、影が薄い。

情報の裏付けが乏しい伝聞やデマに対するチェック体制が甘い為に、他のメディアに比べ物議を醸す報道も多い。オバマ大統領がインドネシア時代に通っていた学校ではイスラム過激派の教育を行っていたという放送を行ったが、CNNがジャカルタの特派員に取材させたところ誤りであった事が判明し、「FOXは取材すべきだ」と苦言を呈された。

主な番組[編集]

  • Fox & Friends
  • America's Newsroom
  • Your World
  • Glenn Beck
  • Special Report
  • Fox Report
  • The O'Reilly Factor(ビル・オライリー
  • Hannity
  • On the Record

FOXグループ向け番組[編集]

地上波ネットワークのFOX加盟局は大都市を中心に朝やプライムタイムにローカルニュースを放送したり、3大ネットワークと違って全国ニュース番組は無い。FNCは日曜朝の討論番組「Fox News Sunday」を配給し、FNCでも放送している。他に大統領選挙や一般教書演説などの重要時に特別番組を配給し、シェパード・スミスらがアンカーを務める。

FNCでお昼に放送していた「DaySide」の出演者による朝のトーク番組「The Morning Show」を2007年1月から2年半放送した(シンジケイションでの放送)。他にシンジケイション向けにヘラルド・リベラが司会を務める情報番組を制作したが、週末のFNCにての放送に切り替えた。2007年にはマイネットワークTVに向けた情報番組の制作が計画されていた。

関連人物[編集]

脚注・参照[編集]

外部リンク[編集]